プリミティヴクール

シーカヤック海洋冒険家で、アイランドストリーム代表である、平田 毅(ひらた つよし)のブログ。海、自然、旅の話満載。

愚かなものよのう

2021-04-14 17:18:00 | 海がたり 黒潮ストリート
 放射能汚染水海洋放出の件、ほんとガクっとくる。マスコミも漁業関係の風評被害うんぬんの問題に閉じ込めてるけど、実は日本文化とか日本人の自然観とか環太平洋黒潮文化の価値観とか、そういうスケールの問題。それから東京湾や大阪湾に流せとかいう意見もナンセンス、海を尊ぶ自然観はどこにいったのか?

 汚染水ではなく処理水という言葉に替えているけれど、流す物質の総量は同じなわけで、また希釈して流すといっても海水の総量スケールからしたらそのまま垂れ流すのも同じなわけで、汚染水には変わらない(物質を化学分解して消すわけじゃないから。そうなるには数万年かかる)。

 加えて、炉心融解して地中深く高濃度に汚染された土壌が地下水により海に流されている状況を調べようがなく(入っていけないため)、その件にも10年間ほとんど触れられていない現状、また学校で誰もが習ったはずの「生物濃縮」という観点がなぜか無視されて、額面の値だけしか触れられない状況、また海流とは複雑怪奇なヌエのような動きをするもので、福島沖の水も反流分流の作用により西日本や南日本にもやってくるというのに福島限定の話に閉じ込めようとするメディアの言説など(根本的な海の知識がない)、色々おかしいなと違和感を覚えるし、そういう違和感を感じなくなったら、アウトドアマンとして終りだと思っている。

 何本か前の記事で海と陸は水によってつながっていることについて書いたけれど、つまりはそういうことで、水を汚染させること、汚染した水を流すことは罪なのよ。海に流せばどこか遠い関係のないところに消えうせるように思いがちだけど、その実、身体の一番深い内部に返ってくるわけ。なぜなら人間もまた7割以上海水と同じ成分でできているから。そして海水は2000年かけて実際に地球一周する媒体であり、その過程で70億の人間の内外にも出入りする。

 外部に汚染を垂れ流せばやがて内部に返ってくることは、日本人は水俣病やイタイイタイ病の教訓に学んでるはずなんだけどね。自然と共生する持続可能な生活スタイルが1万年以上続いた縄文時代の文化的断片が未だに残るうえ、原爆投下や公害や原発事故の苦しみを経た21世紀の日本こそ、世界に向けた未来への持続可能性のビジョンを指し示すことのできる立場であり、考えようによってはこれ以上ないチャンスでもあるのに、最悪の手を打つことになるわけだ(科学者や専門家にはなぜか、そういう全体へのまなざしがない。タコツボ化した専門性を追う要素還元主義思考だから。そして政治家や官僚は基本的に徹底的な自然音痴。音痴が武道館でコンサートするようなもの)。福島の風評というレベルではなく、日本という国家ブランドイメージとして最悪のチョイス。

 実に愚かなものだと思う。まずはこの愚かさをきちんと愚かだとその違和感を意識し、表明することこそが、カヤッカーやサーファーやsupに携わる人間の自然な姿であると私は考える。

ラッキーハッピー・ゴールデンスネイク

2021-04-13 18:11:01 | 近江八幡桜花見

 運気上昇、ラッキー・ゴールデンスネイク。

 近江八幡水郷にて


水郷の春

2021-04-12 09:05:00 | イベント















 近江八幡水郷カヤックツアー。
 桜は例年より速く、散ってしまっていますが、春のうららかな風情が存分に味わえています。


和歌浦デイトリップ

2021-04-08 19:45:00 | 紀伊半島
 














 昨日、和歌浦をカヤッキング。
 和歌川の河口部に砂が溜まって砂嘴状になった場所で、今はコンクリートが多いですが、人工物のない大昔には風光明媚な景勝地として万葉集にも詠まれています。
 
 「若の浦に 潮満ちくれば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴鳴きわたる」山部赤人
 
 河口の干潟に潮が満ち込んできて、水辺の芦原でエサをついばんでいる鶴(おそらくシラサギかアオサギ)が鳴いている、という超なにげない、なんの変哲もない情景が詠まれています。ですが、実は日本全国、この干潟というものがどこもかしこも埋め立てられてしまっていて、その超なにげない、なんの変哲もない、だけど風情ある情景が稀有なものになってしまっています。
 
 ここ和歌浦では、それが辛うじて残っていますが、いかんせん水質がよくなく、健全な干潟とはいいがたいものがあります。しかし干潟とは生き物のゆりかごであり、生物多様性の源泉でもある、また水質を浄化する空間でもあってなくてはならないものです。海という自然にとって、干潟に棲む微生物の働きが大事なんですね。
 
 戦後の経済発展最優先の社会状況では、なんの意味もないものとして軒並み埋めたてられてしまったわけですが、時代がかわり、生物多様性と水質浄化に寄与する干潟の重要性が取り沙汰されるようになってきました。そしこれからその価値はますます高まっていくと思われます。
 
 ぼくらカヤッカーとしては、万葉集の時代、いったいどれほど美しかったのかと想像してしまいます。奈良時代には、ときの聖武天皇がここの景観をいたく気に入り、何が何でもこの景観を守れと命じたと言われます。
 河口の奥に玉津島という小島があって、今は周囲が埋め立てられ、一つだけ島として残っているのですが、いにしえには何個も島が並んでいたようです。そしてこんな歌が詠まれました。
 
 「玉津島 見れどもあかず いかにして 包み持ち行かむ 見ぬ人のため」
 
 玉津島の美しい景色はいくら見ても飽きることがなく、いっそこの景色を包んて都に持ち帰りたいものだ、都で待つ家人に見せてやりたいから、という意味です。
 
 その片鱗みたいなものは漕いでいて、なんとなく感じますが、でも、ほど遠い世界です。高台から遠目でみたらいいんですが。

海と山のつながり

2021-04-06 23:28:43 | 紀伊半島

 昨年、大峰奥駈道を歩いて以来、ちょっと気になっていた玉置山に再度いってみた。ま、確認のためというか。

 やはりここは、海と山のつながりが表現された、縄文文化直系の空間だとはっきりした。その象徴が一番上の写真。敷き詰められた白い玉石は熊野灘の海岸線から持ち寄られたやつで、海を表している。一方、奥の黒っぽく丸い岩は山のスピリットを意味している。両者の融合。

 海と山は、水によって分かちがたくつながっていて、木はただ木として存在するのではなく、また魚はただ魚として存在するのでもない。空の鳥も、アリも、コケも、葉っぱの上に転がる朝露も、そしてニンゲンも、すべてがハーモニーをなしていて、過不足なく、音楽的なメロディを奏でている。そんな森羅万象のつながりが、このシンプル極まりないただの岩と石ころによって表現されているってわけ。それが縄文直系の世界観ってやつだけど、時空を超えてそのままで残されていてすごいなと思った。人新世といわれるこの時代、自然界が奏でるつながりの音楽性を感じることこそ、ほんとのエコロジー思想だと思う。


サンセット

2021-03-25 19:12:00 | SUP




 


 
 今日のサンセット。




裸足のチャリ旅人

2021-03-20 23:42:00 | 日記









先日、偶然うちに立ち寄ったチャリ旅人。世界中をかれこれ7年ほど旅してるらしい。去年南米にいるときにコロナパンデミックが起こったので、日本に帰ってきて国内旅に切り替えたとのこと。

 北米南米のあちこちの先住民村を訪れた話とかかなりディープで面白い。こういう奴らが未来を開いていくのだろう。これから大阪、淡路島を経由し、四国、さらに西に向かうらしいので、見かけたらお声掛けを。福の神みたいな2人だから。

マッド・サイエンス

2021-03-11 11:51:16 | 日記
 東日本大震災とともに原発事故から10年になる。当時、枝野幸男氏が繰り返していたことを思い出す。「ただちに健康には影響がありません」と。で、10年が経ったわけだけど結局、健康への影響はどうなったのだろうか? 今、保険業界なんかが盛んに「国民の2人に1人はガンにかかる時代です」と宣伝してるけど、それと因果関係はないのだろうか? 
 
 もっと言うと、以前アメリカやフランスが太平洋で水爆実験を繰り返していたけれど、それを換算すると、広島型原爆を11年間毎日一個ずつ落としていったのと同じ総量の放射能が環境に排出されたと言われている。それとガン時代との因果関係はどうなのだろうか? 
 
 いずれも因果関係など調べようがなく、関係あることを科学的に証明するのは困難だけど、それ以上に関係ないことも絶対に証明はできない。
 結局、地球環境とか、人々の心と身体の健康への目配りのない科学とは、どんなにテクニカルに優れていても、たとえノーベル賞を取ったとしても、それはどれもみなマッド・サイエンスだ、というのが東日本大震災の教えだと思う。

高野山への道

2021-03-08 12:50:00 | イベント









東日本大震災以後、犠牲者への哀悼とオルターナティブな未来へのビジョンを込めて、3.11の前後の土日に祈りの聖地である高野山への巡礼道を歩くことを行なってきましたが、昨日がその10回目となりました。 

 これまで紀州を中心として様々な自然場所でガイドツアーやイベントを開催してきましたが、漫然とやってきた活動を含めて、実は結構大事な意味があったんじゃないか、これからは打ってきた点と点を線で結び、より良いものとして育んでいく段階に入ってきたのかもしれないな、と思いつつ歩きました。

 下界から山上まで歩くと、金剛峰寺の前でゴマ焚きが行われていました。

雲雀山

2021-03-04 11:41:00 | 紀伊半島


 
 雲雀山から眺める有田川と広がる町並み。ここもうちのお店から続く熊野古道上にある。ジョギングして往復するのによい。


カヤックトリップ的1コマ

2021-03-03 21:48:00 | 新聞記事



毎日新聞連載コラム「シーカヤックで地球再発見」、44回目は南インド・ラーメッシュワラム島のお話です。何気ない庶民の日常に触れるような旅を、またできる日が来てほしい。

ご興味ある方は写真拡大してご覧ください。

黒瀬川構造帯

2021-03-01 06:36:00 | 湯浅湾ツアー











湯浅湾に走る黒瀬川帯上にある島々へ。4億年前の地層であり、南方植物の北限であり、北方植物の南限である時空のクロスロード地帯だけど、別にパワースポットとして知られるわけでもなく、人知れずただずむところに、高級感が漂っています。

ソングライン

2021-02-20 00:45:00 | アート・文化



第三作目の書き下ろし著書「ソングライン」(仮題)の第一稿を何とか書き上げた。と言っても完成を100点とするとまだ21点くらい。これからノミとカンナでじっくり仕上げていく。
 紀伊半島各地の自然場所や聖地を、「歌」「音楽」「和歌」でシンクロさせ、DJのように数珠つなぎでつないでつないでつなげてゆき、見えてくるその先は? という内容。前二作で探求したテーマをより深めてゆくお話。

 日本は明治から戦後にかけて今に至るまでことごとく自然を破壊してきた国だけど、もう別の道を行かないとヤバイだろう、という危機感から書いていますが、真正面から切り込むとスローガンみたいになってしまうので、それより音楽という「美」で整えていきつつ、あくまで作品として新たなる自然文化のあり方の道を探っています。
 まだここに書くのもあれだけど、マイペースでやってると終わらんので、己にプレッシャーをかけつつ、年末か来年頭には刊行できるようにと。

 なお、昨年末に出た新刊「黒潮ストリート」、こちらともつながっているので、よろしくお願いします。

UFOの島

2021-02-17 17:38:00 | 紀伊半島




















 
 先日、南紀の枯木灘にあるすさみ町、江須崎を訪れた。

 ちょうど黒潮の流れに向かって突き出た地形になっていて、植生もなかなか凄い。まるで黒潮に乗って異次元からやってきたUFOのような島、江須崎。エスという語呂も不思議。

 と言っても植生も実のところ、シイ、イヌマキ、ホルトノキの原生林も人の手によって、だいぶ枯れてしまっているようだ。さしものUFOも人為にはかなわないのか。いっそのこと黒潮の源流までワープし、エネルギーチャージしてからまた再び帰ってきて欲しいものだ。

 なおここにはハカマカズラという亜熱帯植物がある。写真下から二番目の黒っぽいツル草がそう。沖縄から黒潮に乗ってやってきたやつだが、その実は数珠みたいな形で昔は実際に数珠用として京都の仏具屋に売られていたようだ。紀伊半島におけるハカマカズラの大きな群落がここと、あと南方熊楠で有名な田辺湾の神島になる。それからその最北限が湯浅湾の黒島だ。
 
 そんな植生と黒潮感覚の変化を最も敏感に感じることができるのがシーカヤックである。
 

 
 

西行庵にて

2021-02-17 17:05:00 | 紀伊半島









 先日、吉野にある西行庵を訪れた。西行が見ていた目線のその先に興味がある。
 まあそれはそれは渋い、老人趣味だと思われるかもしれんけど、ホコリをかぶったような古いものの中から、新たな現代的価値を見いだしていくことに面白みがある。

 余談だが、よくあるビジネス書や自己啓発本などに書かれている効率化や生産性などをいくら追求しても現実などまず変わらない。むしろこういう、一見どんくさいような文化的探求のほうがやがて現実を変えてゆく糧になりうる。

 下から二番目の写真は西行の時代(1000年前)からあった水場で、それについて和歌が歌われている。また江戸時代に松尾芭蕉がここを訪れ、俳句を詠んでいる。その辺の関係が一番下の写真のボードに記載されているわけだが、そういう時空を超えた文化の継承は面白い。 
  
 両者に共通する、歴史に貫かれるものはなんなのだろうか?