プリミティヴクール

シーカヤック海洋冒険家で、アイランドストリーム代表である、平田 毅(ひらた つよし)のブログ。海、自然、旅の話満載。

スリン島の長期滞在者

2012-02-29 05:54:08 | タイ南部カヤックトリップ
H_465_2

H_499_2

 (タイ南部カヤックトリップの続き記事です)。

 スリン島は簡素なコテージかテントサイトしかなく、だけどそれがよかった。
 あんまりワーッと観光客が殺到するわけではないので、静かに過ごしたい人には最適ですが、海以外ほんとに何もないので、ダメな人は全くダメでしょうね。まあ海はきれいなので日帰りか1,2泊ならば感動するでしょうが・・・。ぼくはカヤックで島を隈なく漕ぎ回ったり、潜ったり、またちょっと集中して考えたり書いたりすべきことがあったから10日ほどでも足りないくらいでしたが、この人一体何をやってんだろう、大丈夫か? と心配になるくらい何もせず日がな一日ハンモックに揺られている、自炊して半分住んでいるようなヨーロピアンも結構しました。

 聞くと30日とか、40日とか滞在している人も結構いました。
 しかもそういう連中は毎年のように来るらしい。
 皆、口をそろえて言うには、タイも色々周ったけれど静かで何もないこの島が一番居心地いいとのこと。
 レオナルド・ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」って映画にもあったけれど、「楽園志向」みたいなものなのか、ある種の西洋人は海辺で全く何もせずかなりの日数を過ごすということも苦にならないどころか、それを好んで求める心理ってのもあるのかな、と思いました。アジア系の我々にはない感覚ですね。実際、日本人はほとんどいず、11月の開島から2月現在まで、日本人は1人か2人しか来てないとレセプションのねえちゃんも言っていました。コリアンや中国人はちょこちょこいましたが2,3日で帰る人がほとんどでした。まあ、本などは長期滞在のみなさんよく読んでらっしゃいましたが、別にこう、一生懸命読んでいる風でもなく、全体として、常にボーっとしている感じでした。

 しかしそう見えるだけで実は頭の中では高速回転でいろんなことを考えているのかもしれない。実はぼくがカヤックで出かけている時に死ぬほど忙しく何かをやっているのかもしれない。まあそれはないだろうけど。ぼくはカヤックを漕いでいる時よりハンモックで揺られている時の方が脳内高速回転状態だったのですが、日本人はそういう内面がどこか表に出てしまいますね。皆さんとは違ってぼくのハンモックの揺られ方ってのはどうもソワソワした感じでまだまだ修行が足りないなあ、ハンモック道ってのも奥が深いなあ、と思っていました。集中しすぎたり、入り込んで考え過ぎたりするとだんだん「オエー」ってなってきたりしたのでそういうときはそこらにいるテントサイトの誰かを捕まえて世間話などをしました。
 
 実にいろんな国籍の人たちがいましたが、イタリア人とドイツ人とフランス人が多かったですね。意外とスウェーデンとか北欧の人が少なかったけれどいるにはいた。イスラエル人、イギリス人、ニュージーランド人、オランダ人、インド人、ハンガリー人、タイ人、コリアン、それから地球の裏側、アルゼンチンから旅してきてる学生もいました。そのうちだんだんめんどくさくなってきてどこの国の人か聞かずしゃべっていました。素性がよくわからんかったりするがよく聞くと学校の先生だったり、あるいは本当に何者なのか分からない人もいて、面白かったです。ヨーロピアンは堅気でも、1~2カ月くらいのホリデーは普通のようですね。日本もそうなればいいのに、ならないのは、実は貧しい国だからなのかもしれないなと思うことがあります。

 やはり個人主義が発達しているヨーロピアン。フレンドリーでありつつもあまり人の領域に立ち入ってはこない傾向にある。ある種のアジア系の人は、特に大阪のオッサンなどは初対面でいきなりずけずけと本音で迫ってくるノリもあったりしますが、彼らにそういう習慣はないのだろう。加えて、日常から離れてバカンスに来ているからか(ほとんど日常になってる連中も多いが)、極力当たり障りのないように話を持っていく感じがするなという気がしました。
 と感じたのはやはり、こちらが日本人と見るとどうしても東北の津波や福島の原発事故の話になったりするんだけど、大丈夫か? という程度で話がとどまってそこからは突っ込んでこないことからでした。それはこちらがそんなに英語がうまくないから話が発展しないんだとかそういうことではなく、やはり気遣いを感じるのでした。あまりへヴィーなところには触れないでおこう、というような。

 で、そういう気遣いは心地よい半面、アジア人にとってはドライに思えるのも確かで、なんかこう、もうちょい湿り気があってもいいかなという感覚でしたが、その中でイタリア人だけはちょっと違うなという感じがしました。原発の話をしていて、事故後も原発賛成派の人もまだまだ多い、日本は地震の活動期に入り地震の巣のような真上に原発が稼働していたりもするが、脱原発の動きはそんなに大きなうねりにもなっていない、というような話をすると、マウリシオというイタリア人は、「何やってんだ、革命起こせよ革命!!」と唾を飛ばして繰り返しました。
 以後彼はぼくを見るたびにこぶしを握って「革命!!」と言ってくるのでした。
 こういうノリは嫌いではなかったです。


スピードボートでスリン島へ

2012-02-28 09:07:03 | タイ南部カヤックトリップ
H_268

G
 アンダマン海の俯瞰図。

H
 この真ん中らへんがスリン島。その上のクリスティー島ってのはミャンマー。

F
 北島と南島に分かれるスリン島。さらに小さな離島も衛星のようにある。

 (タイ南部カヤックトリップの続き記事です)。

 スリン諸島にはクラブリ港を出てスピードボートで2時間ほどで着きました。
 ちょうどタイ本土から50キロほどの距離で、それより沖、つまり西に行くと数年前に行ったアンダマン・ニコバル諸島までひたすら海、海、海です。一方南に行くとダイビングで人気のあるシミラン諸島があり、さらにプーケットやクラビ沖の島々、トラン沖の島々、マレーシア国境と続いてゆきます。一方すぐ北が国境で、水平線から見えてる30キロほど沖合の隣島は、ミャンマーとなります。
 
 このアンダマン海エリアは、何より多島海が特徴的なんですね。
 中でも恐ろしいほどの数の島だらけのミャンマー沿岸部は、
 「メルギー諸島」と呼ばれています。
 軍事政権下、外国人の渡航がほぼ閉ざされていることも相まって、
 東南アジア最後の秘境エリアと言われるゾーンです。
 しかしミャンマーは徐々に開放に向かっています。
 いずれメルギー諸島も門戸が開かれることでしょう。
 その時にはぜひカヤックトリップしたいと思っています。

 一方タイ側は完全に開かれていて、10年20年前は未開の地だった島々も、
 ヨーロピアンの旅人が入っていき、徐々に観光化されていきました。
 そうなると少しずつ俗化してムードが崩れるので、
 さらに別の島、別の島へと好事家たちの触手が伸びてゆきます。
 それにつれてどこも秘境ムードはなくなり、
 もうタイには観光の手アカのついていない島はないと言われています。

 海辺っていうのは歴史などを売りにするわけではなく、
 自然がボーンとあるだけなので、エコ思想とか何かちゃんとしたコンセプトがないと
 変にレジャーとかリゾートの側面のみが強調され、
 だんだんダサくなっていく傾向があります。
 特にタイの場合、屋台などが自然発生的に猥雑に集まる分にはいいけれど、
 逆にそれが海辺の開発ってことになると、どうも取りとめがなくなってしまう。
 で、次の島、次の島~、となっていくわけですね。
 ミャンマーのメルギー諸島はそうならなければよいが、と思います。
 都会は猥雑が面白いけれど、自然はもっと思想性のようなものを持ちつつ
 センスよく共生するってのが大事なんだと思いますね。
  
 でもまあ多くの島はプーケットやサムイ島などを除いてガンガン開発されているわけでもなく、
 ちょっと調べればそれなりにのんびりした南国ムードが漂う島もいっぱいあって、
 またカヤックを漕ぎ出せば観光のにおいの全くしない場所にも
 漕ぎだせるわけで、普通に楽しむ分には問題ない。
 基本的にぼくはこの、独特のとろみを帯びたエメラルド色の海水と、
 次々と展開される島々のシルエットが美しいこの海域が好きなのです。
 
 そしてここスリン諸島は国立公園として保護されていて、
 簡素なコテージかテントでしか宿泊することはできません。
 大きく北島と南島のふたつに分かれていて、
 それぞれ外周15~20キロほどになります。
 北島には深い入り江があって、カヤック探索するのに面白い島でした。
 一方南島には海洋漂泊民「モーケン人」の集落があって、
 そこを訪れたりしました。
 さらに離れた小さな小島などにも漕ぎまわったりしました。

 で、北島の方にテントサイトがあって、そばに併設された簡素なレストランがあるんですが
 結局スリン島には結局10日くらいいましたね。
 あちこち移動しつつ漕ぎまわり見て回る派のぼくにとっては、
 かなり一カ所に長居した部類に入ります。

 実は今回、カヤックを始めてアイランドストリームを起こしたり色々旅したことや考えたり勉強してきたことが何年も経っていい感じで熟してきたので形としてまとめ上げたいと思っていまして、その意味で島ごもりしたということもあります。ひとつ区切りをつけて次に進みたいという段階なんですね。朝夕はカヤックを漕ぎシュノーケリングし、昼間はハンモックに揺られながら書き物など、夜は同じくキャンプ泊しているいろんな国からの旅人と雑談、という感じで過ごしていました。
 長すぎる滞在にはさすがに飽きますが、そこそこ滞在するにはいい島です。
 何より雰囲気、居心地がとてもよい島でした。

H_093
 島の西側、外洋側は断崖や岩がごつごつしていて、なかなか荒々しかった。干満の具合によって、結構早い潮流や潮波もでていました。荒れたらやばいフィールドでしょうね。

H_153
 一方島の本土側には隠れた美しいビーチが無数にある。

H_186
 あまり標高が高くない島で2004年末にはインドネシア・スマトラ島地震の影響で津波も来た。幸い大きな被害はなかった模様だが、何千年単位でみると島を飲み込むようなやつも来てたんだろう。

H_191
 奥へ奥へとパドルを進めたくなるいい入江がある。

H_224
 北島と南島の間の水路。重なった島の見え方がいい感じ。


フリーダム

2012-02-28 03:39:31 | タイ南部カヤックトリップ
H_042

H_029

 (タイ南部カヤックトリップの続き記事です)。

 知ってる人には言うまでもないことですがバンコクには「カオサンロード」という世界中の旅人が集まる界隈があります。周辺にはゲストハウス、旅行会社、レストラン、バー、雑貨屋、土産物屋、マッサージ店、屋台などがぎゅうぎゅうにひしめき、24時間360日賑やかです。いつもタイに入るとまずここに来て長距離バスなどのチケットを手配して一泊するのですが、ぼくは夜ちょっと外れの道端のバーでビールを飲みながら道ゆく人たちを観察するのがとても好きです。

 でかいザックを背負って意気揚々と歩く白人のねえちゃん。はげかかってくたびれた感じの白人のおっさんとやたらボディコンの服を着てパッツンパッツンの体を強調したタイ人ギャルのあやしいカップル。7,8人くらいのグループで土産物屋をはしごしてワイワイ言いながら物色しているコリアンやチャイニーズ。海外ではなまっちろい感じがより一層際立つ日本の学生グループ。ごついタイ人のオカマ。妙になれなれしく体にタッチしてくる60前後の隣りのバーの呼び込みのおばちゃん。アジアの熱気に疲れて神経を半分やられちゃったような危ない顔をしてブツブツ独り言をいってるメガネのドイツ系白人。50代にもなってゴムでできたネズミやヘビやクモやサソリを道端に置き、通りがかった人の驚いた表情を見て腹を抱えて大笑いするおっさん。やたら上手いがうらぶれたヒッピーって感じの汚い髭もじゃの白人ブルースギタリスト。ごくたまに混じるアフリカ系黒人と、次から次へと湧いて出るように現れる白人の大群・・・。

 まあカオサンロードあたりは半日も居たら飽きるし歩くととても疲れちゃうエリアですが、腰かける場所というか、露天で飲むときのちょっとした座る角度によって、すごく超都市感とひなびた片田舎感が絶妙に混じり合う空気感が形成されて、面白いです。こちらが歩くのではなく、向こうから歩いてくる人を低い目線から眺めるのが、味わい深いのです。

 で、今回もカオサンで一泊した後、スリン諸島に向かいました。まず夜行バスで10時間ほど走ってラノーンというミャンマーの国境の町に行き、そこでさらに早朝別のバスに乗り換えてクラブリという田舎町に着きました。全くぱっとしないイナカですが、夜になると屋台やマーケットがたくさん出て(写真上)、それなりに居心地のよいところです。タイの屋台とか、なんかこうテキトーな感じがしてかつバイタリティがあって、大好きですね。日本にも屋台村とかがありますが、あんなのほんとに管理されたフードコートみたいな感じで全然面白くない。屋台は、自然発生的で雑然としたええかげんな感じこそ、いいんです。
 日本でも規制なければ、それこそニートの連中とか主婦の人とかが屋台やれば、お客付けばそこそこ食っていけるわけだし、失業対策にもなるし社交場が生まれるし経済も回るし、やりゃあいいのになあといつも思います。
 まあ衛生上および道路交通法の関係でできないんだろうけれど、日本はあまりにがんじがらめで窮屈になりすぎている。多分社会全体がカッチリしすぎて閉塞感にうんざりするから、若者は引きこもっちゃうんだろう。

 この町に「Tom & Am Tours」というトラベルエージェントがあって、今回そこでスリン諸島へのボートチケットをアレンジしてもらいました。テントやシュノーケルセットの貸し出しもあるけれどその辺は全部持ってきているのでチケットだけお願いしました。往復で1600バーツ(¥3700くらいか)、オープンチケットで帰路日時はいつでも前日に決めればOKというのがいい。彼らは10年前にゼロから店を始めたというご夫婦で、すごく親切で親しみやすかったです。以前無一文の日本人が来て、1ヶ月ほど泊めてやっていたということもあったそうです。スリン諸島が開かれている乾季(11月~5月)に毎日働き、その他のシーズンはちょこちょこ働き、1ヶ月ほどは全く働かずドイツで休暇を過ごすらしい。自分のカヤックを持ってきたんだというと、「いいね、スリンはカヤックにも向いてる。フリーダムを感じることができるよ」とTom。
 タイ人というか日本人を含むアジア人がなかなか使わない「フリーダム」という言葉をなにげに使うあたり、世界中からいろんな人がたくさん来るんだろうな、と思ったのだった。
 フリーダム、いいよな。

H_270


カヤックトリップする理由 遊びと人間

2012-02-28 01:28:06 | タイ南部カヤックトリップ
H_130

 (タイ南部カヤックトリップの続き記事です)。

 タイのカヤックトリップから帰ってきました。
 海外から帰ってきていつも真っ先に感じるのは、日本って清潔で整然とした国だなってことですが、特にタイのような東南アジア特有の渦巻くような猥雑、乱雑なエネルギーを感じた後、すごく落差を覚えます。
 いやに静かな国だな、と。
 
 タイにはバンコクから入り南部のアンダマン海沿岸を旅し、再びバンコクに戻って帰ってきたわけですが、まず日本はこの一カ月足らずでだいぶ春の香りのする空気に変わった気がしました。そして風の中を貫く、肌に染みいるような、空気の清冽さ。これは熱帯独特の肌にまとわりつくようなねっとりした空気を味わった後にこそ強く感じる爽やかな透明感なのですが、このなじみの感覚はやはり好きですね。空気の透明感によって、自然のフィーリングを味わうアウトドアアクティヴティにおいても、より深み、奥行きあるものになるんだろうなと思います。特に見た目の絵葉書的美しさだけじゃなく、感性に訴えかける世界においてね。

 渦巻くような都会のエネルギーという意味においては、管理主義や閉塞性が強まり年々活力がなくなっている日本よりタイやベトナムなど東南アジア諸国の方が遥かに面白いですが、逆にアウトドアをディープに楽しむフィールドと考えるならば日本の方がぜんぜん面白いと思います。中緯度に位置し、四季が顕著で、黒潮エッセンスの影響を受けた照葉樹林文化。日本の山、海、川のよさ、空気の清冽さ、透明感、奥行きの深さ。自然文化の歴史の深さ。これも外から見ないとなかなか見えづらいことなのですが、大事にしなきゃだめだと思いますね。
 逆に言うと日本に住むなら都市ライフより断然アウトドアライフに限ると思います。
 またここにこれからの日本の可能性も宿っていると思います。

 と言っても世界は広く、特にカヤックのような自然に対してムキ出しの敏感な乗り物に乗って旅すると、世界はもっともっと広いものだと改めて思い知ることができます。だから世界を旅するのです。縦軸と横軸みたいなもので、ホーム(日本)で自然観をぐっと深めていき(縦軸)、そしてアウェイ(海外)で広げてゆく(横軸)という捉え方。ぼくはカヤックでメシを食っているけれどあえて誤解を恐れず究極的に言うと、別にカヤックそのものにそれほど興味を持っているわけではない。カヤックに乗って見えてくる感性の世界に対して興味を持っているわけです。
 カヤックを通して繋がる本物の海世界、自然の世界。
 というかそこに最もダイレクトに繋がるツールだからこそ、カヤックにこだわっているのです。 
 だからこそ国内外カヤックトリップをするわけですね。
 もし匹敵するくらい深いものがあるならば、別にシーカヤックじゃなくてもよいと思っています。

 ブログにしてはちょっと濃い、マジメな話になっちゃっいますが、自分が生まれ、死んでいく間に、日常の生活とは別に、世界の本質とは何か、自然とは何か、宇宙とは何か、っていうような本質的な事と己自身とがどこまで深くかかわれるかってことによって、人生の価値も深みを増してくるだろうと思います。
 そういうものを「コスモロジー」と言います。
 で、自分自身のコスモロジーを追求してゆくことこそが、本当の豊かさだと思います。
 特に何でもかんでもカネカネ主義というか、経済効率第一主義の今の世の中でそんなもの追求すべくもないし下手すりゃ新興宗教行きとなってしまいますが、そのどちらにも吸収されることなく絶妙のバランスを取れるのが自然の遊び、海の遊びってやつなんだと思います。

 今の時代、そういう遊びを絶対持っておいた方がいいと思います。
 パチンコとかビンボーくさいものじゃなく、己の存在と戯れる本物の遊びね。
 そしてぼくは、消費文化が行きつくしたこれからは、ある程度の部分、遊びで経済を回していけばいいと思っています。
 永遠の右肩上がりを志向する資本主義経済なんて、とどのつまりゲームなのだから。
 どうせなら「人間性の味方」を志向するゲームをしたいものです。


トリップの途上

2012-02-17 12:27:43 | タイ南部カヤックトリップ
こんにちは。
ぼくは今、タイにカヤックトリップに来ております。
先日までミャンマー国境近くのスリン諸島に滞在し、
現在、弊社でもツアーを行うクラビーという町にいます。
これからさらにトランという地に南下し、その沖に
ある多島海をリサーチします。

スリン諸島には「モーケン人」という、海洋漂泊民も住んでいまして、
彼らの村をカヤックで訪れたりしました。なおスリン諸島の北のミャンマーの海岸には
さらに「メルギー諸島」という何万もの小島が点在する美しい多島海が広がって
おり、多数のシージプシーが暮らしていたりして非常に興味深いのですが、
今はまだ外国人の渡航が禁止されています。

しかしミャンマーは年々開放に向かっています。
やがてメルギー諸島も渡航がオープン化されるでしょう。
フォールディング(折りたたみ)カヤックを持ってあちこちこぎまわる
カヤックトリップとは、多島海にこそ向いている旅のスタイルです。
開放後全く観光ズレしていない新鮮な旅ができるであろうミャンマー。
その動向はしばらく目が離せないところです。
一方タイは非常に旅しやすい国で、世界中の旅人の目にさらされた観光、
ツーリズムはある意味、日本よりも進んでいます。
月末に帰国しますが残りの日々、有意義なリサーチをしたいとおもいます。