@KOBAのムービー!ムービー! 

映画感想のブログ!!
自分勝手な感想です!

『デモンズ』『デモンズ2』『マネーピット』『ウエスト・サイド物語』TV放映時吹替音源募集中

2021-07-28 21:29:57 | ホントの日記

 株式会社フィールドワークスさんが、ランベルト・バーヴァ監督のホラー『デモンズ』(1985年)、『デモンズ2』(1986年)(標準モード)のTV放映時の吹替音源を募集しています。
 

デモンズ』1980年代後半あたりに関西地区にて放送。
 声の出演:土井 美加、秋元 羊介、小宮 和枝

 入手希望期日:2021年6月末日

デモンズ21989年4月27日TV東京「木曜洋画劇場」放送。
 声の出演:井上 和彦、高島 雅羅、朝戸 鉄也ほか
 3倍Hi-Fi録画は確保済なので、標準モード録画のみ募集中。
 
 入手希望期日:2021年6月末日

 

また、『マネー・ピット』、『ウエスト・サイド物語』(1979年初回ノーカット版を調査目的で)も募集中です。

『マネー・ピット』1990年TBS系「水曜ロードショー」放送。
 声の出演:大塚 芳忠、高島 雅羅、江原 正士ほか
 随時募集。

『ウエスト・サイド物語』1979年1月4日(21:05-23:55)
 権利元の依頼による調査目的の募集です)
 声の出演:大竹しのぶ、国広富之、沢田研二
 入手希望期日:2021年5月24日

 吹替音声をお持ちの方で、提供可能な方は、株式会社フィールドワークスさんまで。
 https://www.fieldworks.ne.jp/

コメント

『スケアリー・アパートメント』

2021-05-05 21:59:34 | ホラー

スケアリー・アパートメント MALASANA 32
MALASANA 32(2020年スペイン、フランス)
 監督:アルベルト・ピント
 脚本:ラモン・カンポス
    ジーマ・R・ネイラ
    ダヴィッド・オリア
    サルヴァドール・S・モリナ    
 出演:ベゴーニャ・ヴァルガス
    イヴァン・マルコス
     ベア・セグラ
    セルヒオ・カステヤノス
    ホセ・ルイ・デ・マダリアガ

 ■ストーリー■
 1972年、兄弟で遊んでいて、近寄ってはいけないと言われている部屋にビー玉を転がしてしまい部屋に入ったフリアン。その部屋で椅子に座ったまま死んでいる老婆を発見するのだった。
 4年後の1976年、田舎から大都会マドリードのアパートの4階に越してきたオルメドの一家。父親マノロ、母親カンデラ、長女アンパロ、長男ペペ、末っ子ラファエル、祖父の6人だったが両親が働いている間、ラファエルの面倒を見るように言われるのだった。その家では、扉が勝手に閉まったり、扉の下からのぞき込むと部屋の中に怪物の足が見えたりと不気味なことが起こっていた、、。
 
 ■感想■
 幽霊が出るアパートを舞台にしたスペインのホラー映画。
 今作もGEO先行レンタル作品です。GEO先行レンタルで作品ですが、超マジメな正統派ホラー映画です。GEO先行レンタルでなく劇場公開しても大丈夫なくらい普通の作品です。

 自分的には、ごくごく普通の作品と思いましたが、作品の紹介ページによると、【シッチェス・カタロニア国際映画祭】で観客賞を受賞したと宣伝されています。IMDbでは今のところアワード受賞歴に入っていないみたいです。
 スペインでは、本国で週末興行収入ランキング初登場第3位、4週連続ベスト10入の大ヒットを記録したらしいです。
 
 時代設定はフランコ政権後の時代ということですね。フランシスコ・フランコがファン・カルロスを後継者に任命したのが1969年なので、そのすぐあとっていうことですね。

 日本では幽霊映画というと古臭い印象がありますけど、世界的にはホラーのジャンルとして人気が高いんでしょうね。
 つい最近記事を書き直したピーター・ストラウブ原作のホラー映画『ゴースト・ストーリー』(TV題:『ゴースト殺人事件 黒衣の死美人』)(1981年)も王道のストーリーの幽霊物でした。
 ジョン・カーペンター監督の『ザ・フォッグ』(1980年)も幽霊物ですし、ジョージ・C・スコット主演のオカルト『チェンジリング』(1979年)も、マリオ・バーヴァ監督の『ザ・ショック』(1976年)も幽霊物でした、、。
 凄く話題になった『イット・フォローズ』(2014年)も、広く考えれば幽霊物といえば幽霊物ですよね、。
 
 ゾンビ映画でもなく、魔女物でもなく、幽霊屋敷物でもなく、エクソシスト系でもない幽霊物って、良く考えるとコンスタントに作られ続けていますね。
 今作の場合、幽霊屋敷(幽霊部屋??)物なのかもしれないですけど、、、。
 海外のホラー映画ファンて、幽霊物が好きなのかもしれないですね、。

 幽霊映画度   ★★★★
 定番度     ★★★★
 スペイン映画度 ★★★★
 
 なんか★マーク多くなっちゃいましたけど、ド定番のストーリーなので、ひねくれた作品が好きな映画ファンは注意!!
 他に何も観る作品がないときなら観ても良いかも??

コメント

『ビハインド・ユー その「何か」は、鏡の中にいる』

2021-05-04 23:09:43 | ホラー/オカルト

ビハインド・ユー その「何か」は、鏡の中にいる
BEHIND YOU(2020年アメリカ)
 監督:アンドリュー・メシャム
    マシュー・ウェドン
 脚本:アンドリュー・メシャム
    マシュー・ウェドン
 出演:エリザベス・ビルクネル
    アッディ・ミラー
    ジャン・ブロバーグ
    フィリップ・ブローディ

 ■ストーリー■
 1979年、寝る前に洗面所に行ったアンジェラが鏡の中に連れていかれるのだった。
 40年後、母親を亡くしたオリヴィアとクレアの姉妹は、母親の姉の叔母のベスの家へ預けられることになる。ベスは最初、断るがやむを得ず、父親が海外にいて連絡がつかないこともあり預かることにするのだった。ベスは、姉妹に11時消灯したら朝まで部屋から出ないようにする、また、地下室には行かないといった家のルールを伝えるのだった。食事でベスの友人チャールズが作った食事でクレアはアレルギー反応を起こすのだった。隠し味にピーナッツバターを使っていたためだった。
 そんなとき、オリヴィアは壁の中に隠された鏡を発見し、のぞきこむく部屋の様子が映っている鏡に幽霊らしきものを見るのだった。また、クレアは、ぬいぐるみに誘われるように地下室に入ってしまうのだった。地下室では、母親のふりをした霊がクレアをそそのかして現れようとしていた。

 ■感想■
 ある家の鏡の中にいる邪悪な何かの恐怖を描くオカルト映画。

 叔母のベスは、オリヴィアに、この家には呪われているとか説明してましたけど、なんで住み続けてたんでしょうね、、。
 そうしないと、映画にならないですけど、、、。
 
 オリヴィアに「あれ」を打ち負かすために服役後、家に戻ってきたとか言ってますけど、、、。
 基本的には家に住んでいただけで何もしていなかったんですよねー、。

 霊能力者とかに協力してもらって何とかならなかったものかと、、。
 まるっきり違う方向の作品になっちゃいますねー。
 
 どうやら今作の邪悪な何かは家にとりついているみたいなんで、幽霊屋敷物ってコトですよね、、、。

 1979年になぜ突然現れたのか??
 
 それに、あの家って、郊外の普通の家なんですよね。森に中とかにある家でなく、普通の郊外の家、、、。
 そんなー、町中に幽霊屋敷??
 あれ、でも、『ヘルハウス』(1973年)のベラスコ邸も街中だし、ラッツ一家が住んでたアミティヴィルの家は郊外の普通の家、アルゼンチン映画の幽霊屋敷物『テリファイド』(2019年)の家も町の中の感じでした、、。すいません、、。
 幽霊屋敷は、森の中って、勝手に思い込んじゃってました、、、。


 幽霊屋敷物は傑作が多いから、こんな普通の特長ない作品だと、すぐに忘れちゃいそうです、、。

 「そんな家紹介しちゃダメだろー」と思わず不動産屋に突っ込みたくなる『怪奇!血のしたたる家』(1971年)、リチャード・マシスン原作の大傑作ホラー『ヘルハウス』、ダン・カーティス監督の『家』(1976年)、ロバート・ワイズ監督の『たたり』(1963年)のリメイク『ホーンティング』(1999年)、250分超えのスティーヴン・キングのミニシリーズ『スティーヴン・キングのローズレッド』(2002年)、等々、今までも色んな魅力を持った作品がたくさん作られているのに、なぜ、この地味地味な作品を作っちゃたんでしょうか??


 今まで幽霊屋敷物のホラー映画を、全然観たことがない映画ファンには、それなりに面白く観れるかもしれないですけど、、、。
 

 ■日本語吹替キャスト■
 オリヴィア、アンジェラ:浪瀬 麗子
 クレア        :林 良恵
 ベス         :大谷 理恵
 チャールズ      :大塚 智則
 カミラ        :観月 秦多
 若いベス       :川端 秦
 若いチャールズ    :林 勇希
 レイチェル      :津田 夏那

オムニバスのアミカスのホラー映画。

大傑作。リチャード・マシスン「地獄の家」の映画化。

アルゼンチンのホラー映画。

 



コメント

『サイレンシング』

2021-05-03 00:03:33 | スリラー

サイレンシング
THE SILENCING(2020年カナダ、アメリカ)
 監督:ロビン・プロント
 脚本:マイカ・ラナム
 出演:ニコライ・コスター=ワルドー
    アナベル・ウォーリス
    ヒーロー・ファインズ・ティフィン
    ザーン・マクラーノン
    メラニー・スクロファーノ

 ■ストーリー■
 野生動物保護区の管理をしているレイバーンは、5年前に娘グウェンが行方不明になり探し続けていた。ある日、のどに傷がある少女の死体が森の中の川で見つかるのだった。森を探索して、保安官は凶器と思われる矢じりが木にささっているのを発見するのだった。矢じりを捜査すると、それは違法な狩猟用の投弓器アトラトルの物だと分かるのだった。
 一方、レイバーンが保護区に設置した監視カメラを壊す謎の人物を見つけ、森に行くと弓で襲われるのだった。帰宅後、監視カメラに逃げる少女と、それを追う弓を持った人物が映っているのを発見するのだった。レイバーンは少女を救うため、森の中へと向かうのだった。
 保安官は違法なアトラトルを製造しているムーンブラッドを聞き込みに行くが不在のため手がかりは得られなかった。レイバーンは、川のそばにいた少女モリーを発見し、彼女を連れ家へと向かうのだが、、、。

 ■感想■
 山あいの田舎町を舞台にしたスリラー映画。
 面白くなりそうな作品ですが、いまいち盛り上がらず、ごくごく普通のTVムービーなみの作品でした。
 
 淡々とした感じで、盛り上がらない、、。
 それが今作の1番の特長でしょうか??良い意味でも、悪い意味でも。

 犯人はすごく怪しそうな保安官の弟ブルックス?のわけないし、もちろん、もっともっと怪しそうなアトラトルを製造して犯罪にも手を染めているムーンブラッドでもなさそうだし、、。
 レイバーンの別れた奥さんとつきあってる警官ブラックホークに違いない!!
 と、勝手に思い込んでたら、全然違ってました、、。

  全然期待していなかったのと、どんなストーリー化知らずに観たので、ミステリー度は高く感じちゃいました、、。
 てっきり人間狩りをするサイコ殺人鬼vsベテランハンターみたいな映画だと思ってました、、。
 すごーくマジメな作品でした。

 ミステリー度  ★★★
 アクション度  ★
 スリラー度   ★★
 
 町中で犯人の物と思われる車を発見して、跡をつけて車の持ち主が隣人に貸したって言っているのに、なぜ、1人で犯人と思われる人物の家にいくんでしょうか??(後でわかります)
 
 勝手に家に入って、案の定、犯人に注射打たれて眠らされちゃうし、、。

 また、犯人、すごーく弱そうなのに、狩猟用のカッコしたらすごく強くなっちゃうし、、。

 って、主人公のレイバーンは、警察に犯人を渡す気はなかったんですよね、復讐にならないから。
 犯人の家に1人で行って!!とか、突っ込むところでなく、ちゃんと考えて行動してたってコトですね。
 盛り上がりに欠けるものの脚本しっかりしてます。
 スリラー映画ファンは、ヒマつぶしには良いかも??

 

コメント

『バッド・ヘアー』

2021-05-02 00:07:01 | ホラー

バッド・ヘアー
BAD HAIR(2020年アメリカ)
 監督:ジャスティン・シミエン
 脚本:ジャスティン・シミエン
 出演:エル・ロレイン
    シェイ・フェイロー
    リナ・ウェイス
    ケリー・ローランド
    ラヴァーン・コックス
    ヴァネッサ・ウィリアムズ

 ■ストーリー■
 1989年、TV局RMVで働くアナは、新番組でアフリカ系アメリカ人の音楽で視聴者参加のカウントダウン番組を提案する。その企画に興味を持った上司ゾラから、髪を直すよう言われ、紹介されたヘアサロン”ヴァージーズ”で特別な人毛で出来たエクステを埋め込むことに、、。
 その晩痛みに耐えながら、アナは昔話の「コケ頭の少女」の物語を読むのだった。それは、奴隷のアフリカ系アメリカ人少女が森で黒いコケに覆われた木を見つけ、コケを頭に付けたところ、彼女の髪が白人を襲うという物語だった。
 TV局の会議で痛みのあまりうまく対処できなかったアナだが、番組の企画はスタートするのだった。
 そんなとき、大家のタネンがアナの部屋にやってきて、アナを襲うとするがアナの髪が伸びタネンを襲い殺してしまうのだった、、、。


 ■感想■
 不気味なエクステをつけた女性が起こす事件を描いたホラー映画。
 動画配信サービスのアメリカHuluが製作した作品です。
 ランニングタイム102分と少し長めで、、、。
 エクステが大家のタネンを襲う、最初の事件らしい出来事が起きるまで映画が始まってから48分!!

 ここまでの丁寧な描写、、。
 監督&脚本のジャスティン・シミエンが描きたかったのはコッチのドラマ部分なのかな??と思っちゃいます。
 ホラー映画にすれば、ホラー映画ファンも観るし、、。

 1989年を時代設定しているのは何なんでしょう?
 この頃は、アフリカ系アメリカ人の社会進出が今よりも厳しかったから、設定したっていうことなんでしょうか??なおかつヒロインが女性ということもあるのでしょうか??
 もう1つ、今作のテーマである音楽!
 アフリカ系アメリカ人の音楽を、白人が支配するメディアの世界で商品化してヒットをたくらむグラントの存在でも明らかですが、時代的にちょうどそういう時代だったんでしょうか??

 自分は、洋楽も邦楽も音楽関係全然分からないので、、、理解度が超低いので、、、。
 自分は面白く感じれなかったですが、、、

 
 洋楽が好きな映画ファンが観たら面白く感じられるかも??


 

 延々と、TV業界のヒロインのアナの仕事のシーンとか描いてますもんね。ホラー映画っていうより、普通のドラマって感じですからね、、。TVの音楽番組の会議のシーンとか特に、、。

 純粋なホラー映画として作る気はなかったんでしょうねー。でも後半とかはけっこうホラー映画っぽくなっちゃうんですが、、。
 ヒロインが、このエクステから解放される方法は、すごーくあっけない。
 ホラー映画としては、かなりバランスが悪い感じです。

 1989年でなく、今でも、アフリカ系アメリカ人の社会的立場は、かなり厳しいんでしょうね。
 こういう作品を観て、少し考えてね、。ってコトなんでしょうね。

 

 

コメント

『スパルタン 皆殺しの戦場』

2021-05-01 08:53:07 | アクション

スパルタン/皆殺しの戦場
KNUCKLEDUST(2020年フランス、イギリス)
 監督:ジェームズ・カーマック
 脚本:ジェームズ・カーマック
 出演:モー・ダンフォード
    カミール・ロウ
    ケイト・ディッキー
    エイミー・ベイリー

 ■ストーリー■
 地下格闘技が行われているクラブ”ナックルダスト”で、出場者の1人ハードエイトがクラブのルールを破ったため殺されようとしていた。家族のクリッシーのもとにも殺し屋が差し向けられていた。ハードエイトはローボーンと対決しようとしていたが、、。

 □■□ネタバレ少しあり□■□
 今作が面白いと思った方も読まないで下さい!

 ■感想■
 地下格闘クラブで命を狙われる男を描くアクション映画。
 全編、アクション、アクションと思っていたら、キャラクターの紹介も早々に、最初の敵ローボーンを始め主人公が拳銃を撃ちまくり、格闘しないで勝ちまくり!!
 
  「え、何この映画、、??」
 
 「格闘して、強敵を倒していくのでは??」

 ローボーンとか、ハッピーとか、ティクトックとか、ジェレマイアとか登場人物が字幕で紹介されるのですが、すぐ死にます、、。
 紹介シーンとか不要、、。これって、監督のユーモアなんでしょうか??
 登場人物がクレジットつきで紹介されてもすぐに退場していく(しかも。説明が違う、、)『フィースト2 怪物復活』(2008年)がなければ、少しだけ面白く感じたかもしれないですけど、、、前に違う作品で、この意味のない登場人物紹介もっとうまく面白く使われてました、、。
 ちなみに『フィースト2 怪物復活』でなくて、シリーズ3作目の『フィースト3 最終決戦』(2009年)だったかも??2作目、3作目両作で使われていたかも??あー、、記憶があやふや、、。
 1作目の『The FEAST ザ・フィースト』(2005年)では、どうだったか忘れちゃいました、、。

  次から次へと現れる敵を倒していきます、。チャック・ノリスか、スティーヴン・セガール??
 監督&脚本のジェームズ・カーマックはアクション映画が好きなのはわかるんですが、、、。
 低予算すぎて、ほとんどZ級映画になりかかってます!!
 ランニングタイム105分も長すぎー、。あと20分くらい短くても良かったのでは??
 今作が85分か105分で、印象はずいぶん違ってくると思うんですが、、。

 格闘シーンもなく、強すぎる主人公が暴れるだけの作品に105分! 
 
 想像していた作品と違いすぎ!!

 
  日本版のDVDのパッケージから見て、ダニエル・ラドクリフ出演の『ガンズ・アキンボ』(2019年)狙いなんでしょうか??
 
 最後の方で明かされるドンデン返しも、必要なかったのでは??
 アクション映画から、突然ミステリー映画系に、、、。ミステリー映画の要素がなくて、単純なストーリーの方が良かったような気が、、。

 

 

コメント

『フェブラリィ 消えた少女の行方』

2021-04-30 00:48:08 | ホラー

フェブラリィ 消えた少女の行方
FEBRUARY(2015年カナダ)
 監督:オズグッド・パーキンス
 脚本:オズグッド・パーキンス
 出演:エマ・ロバーツ
    キーナン・シブカ
    ルーシー・ボーイントン
    ジェームズ・レマー
    ローレン・ホリー

 ■ストーリー■
 2月、全寮制の学校で休みに入ろうとしていたが、キャサリンとローズの2人の生徒は親が迎えに来ないため数日学校で過ごすことに。ローズは両親に冬休みの開始日を間違って伝えていたのだ。
 夜、バス亭で待つポーツミスまで行こうとしているジョアンという女性を親切な夫婦ビルとリンダが車でホテルまで送ってくれるのだった。ビルはジョアンに、9年前に亡くなった娘のローズに似ていたので声を掛けたというのだった。その話を聞いたジョアンはトイレに駆け込み個室で笑い出し、ジョアンの身分証を得るために殺した女性のことをフラッシュバックで思い浮かべるのだった、、。
 

 □■□ネタバレあり□■□
 今回、作品をほめてない上にネタバレしてます!!

 ■感想■
 オズグッド・パーキンス監督&脚本のホラー映画。
 オズグッド・パーキンスは、『サイコ』(1960年)、『北海ハイジャック』(1980年)、『グローリーボーイ』(1984年)のアンソニー・パーキンスの息子さんです。
 『グレーテル&ヘンゼル』(2018年)の記事を書く前に、オズグッド・パーキンス監督の今作の記事を書きます、、。
 
 すごーく単純なストーリーの作品を、時間軸をずらして、同じ役を違う俳優が演じて、わざと分かりにくくして何の得があるのか、、、??
 時間軸を9年前と現在にずらす以外にも、ちょこちょこずらしていて本当にわかりずらい、、、。
 すごーく単純なストーリーだから、分かりにくくして93分持たせたというコト??
 時間軸を普通にしたら、本当に記憶にも残らないくらい単純なストーリーの映画です、、。
 
 キャサリンとジョアンが同じというのがオチだけで、しっかり観ていたら、60分くらいでストーリーが分かっちゃう系、、。
 同じ役を違う俳優が演じるって、頭が良いと思ったんでしょうか??
 フランス映画のサスペンス映画『迷宮の女』(2003年)くらい凝ったストーリーと演出だったら良いですけどこんな単純なストーリーでこんな映画的トリックを使うなんて、、。

 なんで、いまどき、こんな作品撮っちゃったんでしょう??
 『エクソシスト』(1973年)がブームになったころならまだしも、、。

    施設に入院していたキャサリンが、看護師を殺して脱走して、ローズの両親も猟奇的に殺して終わりって、、、。ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(1978年)の冒頭15分くらいの内容しかないのでは??
 今作を観るなら、もう1度『ハロウィン』を観た方が良かった!!
 
 バス亭でジョアンを送ってくれる夫婦の夫ビル役を演じているのが、ジェームズ・レマー。
 ジェームズ・レマーを見たのは、動物パニック系の『アンナチュラル』(2015年)以来でした、、。『アンナチュラル』でも良い役演じてました、、。
 奥さんのリンダ役を演じているのは『乱気流 タービュランス』(1997年)、『スクリーム・オブ・バンシー 殺戮の妖精』(2011年)のローレン・ホリー。最近はずーとTV中心で活躍しているみたいですね。

 エクソシスト系のシーン、ありますけど、ホラー映画でなくサスペンス映画で良いんですよね、、、。
 キャサリンの頭(精神)が不自由になったっていう理解で、、。9年前から、。
 観終わった後に、結局何が言いたかったのー??って思っちゃいました、、。
 

 分かりずらくしてる度 ★★★
 ホラー映画度     ★
 2度と観ない度    ★★★★★

 

コメント

『デス・アプリ 死へのカウントダウン』

2021-04-29 00:12:00 | ホラー

デス・アプリ 死へのカウントダウン
YOU DIE SCARICHI L'APP. POI MUORI(2018年イタリア)
 監督:アレッサンドロ・アントナチ
    ダニエル・ラスカー
    ステファノ・マンダーラ
 脚本:アレッサンドロ・アントナチ
    ダニエル・ラスカー
    ステファノ・マンダーラ
 出演:キャロラ・クデモ
    シモーヌ・バレンチノ
    エリカ・ランドルフィ
    アリス・ピアノ
    ミコル・ダミアーノ

 ■ストーリー■
 エヴァはボーイフレンドから携帯を借りてトイレでアプリをダウンロードし、親から電話が来たから帰ると言って帰宅してしまうのだった。
 アージアは、ヴィオラとレオと家でホラー映画を観ることにしていたが、ポップコーンがなくヴィオラとスーパーマーケットに行く。スーパーで、ある若者から携帯電話が壊れているので貸して欲しいと言われ貸すのだった。その若者はエヴァのボーイフレンドだった。
 家でホラー映画を観る3人だったが、一休みしているときにレオがアージアのスマホを触って、アージアのスマホのカメラが起動していることに気づくのだった。そのアプリにはタイマーがついていて残り時間が23時間4分になっていた。そのアプリのカメラでは部屋にいるはずのない少女が映っているのだった。不気味なアプリですぐに削除しようとするが削除しても復活してしまうのだった。レオは、携帯に詳しいマルコにこの件を話し、アプリを調べてもらうのだが、、、。

 ■感想■
 入れたら最後、幽霊が見えるようになって、24時間後には幽霊に襲われてしまうスマホのアプリを描いたイタリアのホラー映画。
 今作もGEO先行レンタル作品です。最近、ずっとGEO先行レンタル作品の記事ばかりです。
 GEO先行レンタル作品、ノーチェックだったのですが、久しぶりに行ったら観なければいけない作品が多くありレンタルしてきたので、、、。
 アメリカのスマホの死亡予想時間を知らせるアプリを描いたティーンホラー映画『カウントダウン』(2019年)と、同じようなテーマの昨品です。
 でも、今作はイタリア製ということもあり、アメリカとヨーロッパの考えの違いがでたのか、まるっきり違う雰囲気の作品になりました!!

 『カウントダウン』は興味本位で自分でダウンロード、今作は知らない間に誰かがダウンロードと言った違いもあり、今作の方がほんの少し、登場人物たちが状況を理解するのに時間がかかります。と言っても、ランニングタイム94分の作品なので、ヒロインは、あっという間に自分の置かれている状況を理解しちゃいます。

 『カウントダウン』は、いかにもアメリカのティーンホラー映画という感じで想像通りの展開になりますが、、今作は、救いのない後味の悪い展開に、、、。

 イタリア映画度 ★★
 恐怖度     ★★
 女優が美人度  ★★★★(好みの問題ですね。。)

 今作の監督&脚本のアレッサンドロ・アントナチ、ダニエル・ラスカー、ステファノ・マンダーラの3人、今後も要チェックです!!日本で公開されたら見逃さないようにしないと、、。

 ホラー映画ファン必見の1本(だと思います、、。違ってても怒らないでネ)


 ■日本語吹替キャスト■
 アージア    :相馬 優    レオ    :佐々木 大地
 ヴィオラ    :月本 こうこ  クラウディア:一ノ瀬 香織
 フィリッポ   :岩崎 武    マルコ   :尾堂 智也
 マイク・バトラー:根津 拓未   エヴァ   :井原 春香

コメント

『デーモンズ・ゲート 冥界への扉』

2021-04-27 22:54:37 | ホラー/オカルト

デーモンズ・ゲート 冥界への扉
ASTRAL(2018年イギリス)
 監督:クリス・マル
 脚本:クリス・マル
    メイケル・マル
 出演:フランク・ディレイン
    ヴァネッサ・グラッセ
    トレヴァー・ホワイト
    マーク・エイケン
    ダムソン・イドリス

 ■ストーリー■
 クレア・ハーマンは施設を退院するが、その後、自宅で自殺してしまうのだった。
 アレックス・ハーマンは大学の講義で、人間には見えない次元を幽体離脱することで知ることが出来るかもということを知り、自らを実験台にして幽体離脱を行おうとするのだった。
 youtubeやネットで調べて、自ら幽体離脱させることに成功!!死者と話すことが出来るということで死んだ母親と話ができるとと思ったものの、会話も出来ず、その日からアレックスの周りには黒い影が現れるようになってしまうのだった!!そのうち、アレックスの友人にも黒い影が見えるようになり、心配になたアレックスはネットで検索して専門家レフラーに会いに行くのだった。精神科医レフラーはアレックスがしていたペンダントに興味を持ち会ってくれたのだった。レフラーはアレックスの母親クレアの主治医で、退院させた医師だったのだ。罪ほろぼしで会って、退院させた医師が相談に乗るのかと怒るアレックスだったが、やがて、黒い影は、アレックスのガールフレンドのアリッサの前にも現れるのだった、、。

 ■感想■
 幽体離脱を描くホラー映画。
 今作もGEO先行レンタル(2021年2月10日)作品です。
 幽体離脱したら見えなかったものが見えるようになるとか、死者と会話ができるとか、、。
 映画の冒頭に、説明の文字が出てきて、”脚色はあるものの事実に基ずくもので、真似をしないように”と注意が出てきます!!
 事実に基ずいてるのに、アマイモンが出てきちゃいます、、、。
 「え、なんで??」

  やはり、映画の冒頭に、実話であるみたいな説明が出るホラー映画『人間まがい』(2013年)もあるから、全然OKですけど、今作を事実に基ずくとかって必要なんでしょうか??
 プラスになっていないような、、。

 アマイモンも最後の方にちょこっと登場するものの、何もせずにすぐにどっかに行っちゃいます、、。
 
 エクソシスト系の作品だと思って観はじめたら、イギリスのティーンホラーでした。
 ランニングタイム83分なので、すぐに観終わるので、ホラー映画ファンだったら観ても良いかも??みたいな作品です。
 
 ティーンホラー度  ★★★
 エクソシスト度   ★
 あっけないオチ度  ★★

 で、オチは最近の映画なので、ひねくれていて、子どものころから見えていたんじゃーん!!幽体離脱関係なかったのー??みたいなオチでした!!
 


 ■日本語吹替キャスト■
アレックス・ハーマン  :福原 かつみ
アリッサ・ホッジ    :引坂 理絵
ミッシェル・コリンズ  :水島 マミ
ガレス・パウエル教授  :岩崎 洋介
ジェームズ・レフラー  :松川 裕輝
ベン・ローレンス    :水野 駿太郎
ジョーダン・ナイト   :伊藤 聖将
カリーナ・リチャードソン:九里 柚貴 

コメント

『デッド・フィッシュ』

2021-04-26 18:03:34 | サスペンス

デッド・フィッシュ
DEAD FISH(2004年イギリス、ドイツ)
 監督:チャーリー・スタドラー 
 脚本:アダム・クルートナー
    デイブ・ミッチェル
 原案:チャーリー・スタドラー
    トーマス・ガイガー
 出演:ゲイリー・オールドマン
    アンドリュー・リー=ポッツ
    エレナ・アナヤ
    ビリー・ゼイン
    テレンス・スタンプ
    ロバート・カーライル

 ■ストーリー■
 煮え切らない態度の恋人エイブに愛想をつかしたミミは、エイブから借りたケータイ電話を駅でひったくりに遭い、ひったくりを追いかける。ミミに追われたケータイ電話泥棒は、駅にいた殺し屋リンチになぎ倒されるのだった。リンチとミミが同じケータイを使っていたため、ケータイを取り違えてしまうのだった、、。

 ■感想■
 イギリスのコメディ調のサスペンス映画。
 2009年に観たのに、記事にしてませんでした、、、。観たのは2009年ですが、製作年度は2004年の作品です。5年間、公開(DVDスルーでも)されなかったのは、それなりだったから??
 でもゲイリー・オールドマンのファンは、すごく楽しめるかも??
 
 実は、ほとんど今作の記憶がない、、。タイトルくらいしか覚えていない、、。
 わずか11年前なのに、、。
  ほとんど笑えなかった気が、、。当時のノートと思い出しながら少し感想書きます、、。
 実は、ストーリーだけ下書きしていて、途中になっていたので記事にします。ストーリーや感想でおかしなところあったらすいません、、。

 殺し屋役のゲイリー・オールドマン、借金取りのロバート・カーライルとメジャーな俳優が出演していますが、主人公はアンドリュー・リー=ポッツ。
 いつものDVDのパッケージに騙されて借りて観ちゃいました、、。
 
  その他にはテレンス・スタンプ、ビリー・ゼインまで出演しています。2004年当時としてはこの出演者で劇場未公開なんで、絶対に何かあるはずと思わないと、、。

 ゲイリー・オールドマンが笑えないのに、歌うシーンがあったり、、。

 なんだかんだ色々あって、最後は一同集合してストーリーがつながるみたいな、当時流行したスタイルの作品です、、。

 アクション度 ★
 サスペンス度 ★
 コメディ度  ★★★(コメディ度高いですが笑えるって意味でないです) 

 

 

コメント

『ハード・ナイト・フォーリング』

2021-04-24 23:30:56 | アクション/刑事・探偵

ハード・ナイト・フォーリング
HARD NIGHT FALLING(2019年イタリア、アメリカ)
 監督:ジョルジョ・ブルーノ
 脚本:アレッサンドロ・リッカルディ
    ジョルジョ・セラフィーニ
 原案:アレサンドロ・リッカルディ
 出演:ドルフ・ラングレン
    ナタリー・バーン
    ハル・ヤマノウチ
    マリオ・オピナート

 ■ストーリー■
 インターポールの捜査官、マイケルは武器密輸の捜査のあと、ロッシーニ邸で行われるパーティに参加する。久しぶりに会う妻メアリーと娘ダイアナも一緒に呼ばれていた。盛大なパーティの途中で武装集団が襲撃してくるのだった。メアリーとダイアナと逃げるマイケルだったが、途中でメアリーが人質として捕われてしまうのだった。マイケルはインターポールの仲間の捜査官に連絡、武装集団からメアリーや人質を救い出そうとするのだった、、、。

 ■感想■
 ドルフ・ラングレン主演のイタリアのアクション映画。
 奥さんを人質に取られながらも犯人グループに立ち向かうドルフ・ラングレンの活躍を描くはずなんですが、、、。
 全然盛り上がらず、ユルユル、、、ただアクションシーンが映っているだけ。
 最初の武器密売組織とのシーンも本編と関係なし、、。
 ランニングタイム、わずか85分の作品なのに。だれまくりで緊張感が異様に低い、、。アクション映画で、それなりにアクションシーンもあるのに全然盛り上がらない!!

 音楽と編集がもっとちゃんとしていればもう少し面白くなったかもしれないですけど、、。

 
 もちろん、ストーリーが、1番どうしようもないんですが、、。
 襲われるロッシーニの娘サラが、武装集団と組んでいたとか必要ないような無駄な設定が、、、。
 武装集団も武装してるのに、ドルフ・ラングレンや、ラングレンの仲間にやられまくり、、。
 それに、ドルフ・ラングレンもほとんど活躍せず、、。良いところは同僚(部下??)のエマ役のナタリー・バーンに持っていかれてるし、、。
 武装集団も、半分くらいはナタリー・バーンが倒してる??

 今作を観た映画ファンの多くは、ドルフ・ラングレンの活躍シーンが観たいと思っているはずなのに、それがあまりない!!それが、しっかりあればストーリーが少し穴だらけでも、全然きにならないのに、、(多分)

 こういったB級、C級系のアクション映画に言ってもしょうがないんですけど、なぜ、いまどきの作品なのに、インターポールの捜査官たちが主人公なんでしょう??
 インターポールって、現場に出て行って銃やナイフを振り回すような捜査官っているんでしたっけ??1970年代の情報があまりオープンでなかった時代の作品なら良いんですけど2010年代の作品で、この主人公たちの設定って??


 監督は、低予算のゾンビ映画『ラスト/ナイト』(2016年)のジョルジョ・ブルーノ。
 脚本の1人が『ゲーム・オブ・デス』(2010年)、『レイジング・コップス』(2013年)、『アウトレイジ・ギャング』(2013年)、『ジャスティス・ウォー 正義の代償』(2013年)、『追跡者の掟』(2019年)のジョルジョ・セラフィーニなんで、期待もしていなかったんですが、想像通りのデキの作品でした、、、。
 でも、ジョルジョ・セラフィーニって、ドルフ・ラングレンの作品でけっこう脚本書いているんですよねー。上記の『レイジング・コップス』、『アウトレイジ・ギャング』、『ジャスティス・ウォー 正義の代償』、『追跡者の掟』と今作と、ドルフ・ラングレン出演作を5本も、、。相性が良いんでしょうか??
 出演は、ドルフ・ラングレンより活躍しちゃっているナタリー・バーン。『マーメイド NYMPH』(2014年)、『アウェイクン 監禁島』(2015年)等に出演しています。


 ■日本語吹替キャスト■
 マイケル :綿貫 竜之介 ゴロー :頼 孝延  エマ  :後藤 唯  メアリー :大久保 藍子
 ロッシーニ:満仲 和樹  サラ  :古屋 綾香 ジュナ :清里 孝也 ダイアナ :知 愛
 マリアーニ:斎藤 響   スコット:小林 全  フランク:新井 啓能 ガブリエレ:岩見 聡文
 ビアンキ :渡部 康大  サルディ:松島 潤  ヤンコ :板垣 優稀

 

コメント

『ランニング・デッド』

2021-04-21 23:34:54 | ホラー/ゾンビ

ランニング・デッド
THE CLEARING(2020年アメリカ)
 監督:デヴィッド・マタロン
 脚本:デヴィッド・マタロン
 出演:リアム・マッキンタイア
    アンドリー・スミス
    スティーヴン・スワドリング

 ■ストーリー■ 
 トムは、娘のミラとちょっとしたことが原因でケンカになってしまい、妻のアドバイスにしたがい修復のため2人の時間を作ることに。週末、キャンピングカーで2人でキャンプに、、、。
 最初はキャンプを嫌がっていたミラですが、徐々に父親のトムと打ち解け始めるのだが、突然、キャンピングカーにゾンビが襲い掛かるのだった。キャンピングカーの外にいたミラに逃げるよう指示をして、ゾンビを倒していくトム。
 ミラはキャンピングカーとは違う方向に逃げてしまい、トムはキャンピングカーに群がるゾンビと攻防戦を繰り広げるのだが、あるとき、ゾンビが向かってきた方向にミラの来ていたジャケットが転がっているのを発見するのだった。


 ■感想■
 GEO先行レンタル(2020年10月7日)のゾンビ映画。
 途中、レンジャーを助けるシーンがありますが、このレンジャー自体、どうしようもない奴で途中退場、、、。
 このレンジャー登場するシーン、ストーリーにからむワケではないので必要なかったのでは??

 ランニングタイム88分で実質本編79分の作品なんで、そのシークエンスをカットしたら本編65分くらいになっちゃいそうですけど、、。
 でも、『ベルリン・オブ・ザ・デッド』(2010年)みたいに、ランニングタイム63分でもしっかり面白いゾンビ映画もありますからねー。

 今作はゾンビ映画としては、普通の面白さの作品でした。
 Z級でもZZ級でもなく、傑作でもない、、。

 熱狂的なゾンビ映画ファンだけ楽しめるレベルの面白さ!

 『ゾンビ・リミット』(2013年)、『ゾンビサファリパーク』(2015年)、 『CURED キュアード』(2017年)のような、傑作とは比べられないですけど、すごくつまらないワケでもない、一般の映画ファンからすると、すごーく中途半端なホラー映画に、、、。

 主人公のトムはゾンビに襲われまくりですけど、娘のミラは森の中で安全??なぜ??

 トムが強すぎ!!
 チャック・ノリスか、ドルフ・ラングレンか、ジェイゾン・ステイサムのように強い!!
 最後の爆発シーンでも、ゾンビの集団のみやられて、自分は大丈夫みたいな、、。

 なぜか、キャンピングカーの周りにしかゾンビがいなかったようで、、、、なぜ?
 コメディ映画なら良いですけど、真剣なゾンビ映画でそれはないでしょ!!

  ところで、最後、山からどうやっておりるんでしょうか??山とか町にゾンビはいないの??
 ラジオの放送とかで、ゾンビは征圧したので、町は大丈夫みたいな音声が入れば良かったのに、、。
 それとも、どこかで説明してましたでしょうか??

コメント

『DOOM ドゥーム アナイアレーション』

2021-04-20 22:36:15 | SF/モンスター・怪獣

DOOM ドゥーム アナイアレーション
DOOM ANNIHILATION(2019年アメリカ)
 監督:トニー・ジグリオ
 脚本:トニー・ジグリオ
 出演:エイミー・マンソン
    ドミニク・メイファム
    ルーク・アレン=ゲール
    ジェームズ・ウェバー・ブラウン
    クレイトン・アダムス
    ニーナ・バーグマン
    ルイス・マンディロア

 ■ストーリー■
 ユナイテッド社のネバダ州の秘密基地と火星の衛星フォボスの基地にて瞬間移動の実験が行われていた。古代に作られた”ゲート”と呼ばれる瞬間移動装置を改造し完成させたのだった。ネバダ州のバーンズ博士は、ゲートを通りフォボスの基地へと瞬間移動に成功するが、ゲートを通り抜けたバーンズ博士は爪が伸び外見が変わっていた。
 ジョーン・ダーク中尉が任務を失敗したため、警護の任務を与えられた海兵隊特殊部隊がフォボスへと向かっていた。フォボスの基地では、ベトルーガー博士が、バーンズ博士の実験の失敗を認めようとせず、自らゲートを通り、ネバダ州の基地へ瞬間移動しようとしていた。海兵隊がフォボスの基地へ着いたとき突然電気が止まり異常事態が発生する。海兵隊は、音声から基地内で停電以外の事態が起きていることを知り、武装し基地内に入って行くのだった。
 基地内では、恐ろしい姿になった研究所員たちが海兵隊員たちを襲ってくるのだった。

 ■感想■
 FPSのビデオゲーム”DOOM”を映画化したSci-Fiアクション映画。
 監督&脚本は『カオス』(2005年)、『プリズン・ダウン』(2013年)、『S.W.A.T. アンダーシージ』(2017年)のトニー・ジグリオ。
 カール・アーバン、ドゥエイン・ジョンソン出演で映画化された『DOOM ドゥーム』(2005年)はなかったことに、、。というより設定が変わって、原作のゲームに近づけるよう、今作では地獄の門が開いたことになっています。
 今作もGEO先行レンタル作品(2019年12月25日)ですが、こんな普通に面白い作品もGEO先行レンタルって、、、。
 家の近所にGEOが無かったら、大変です!!

 映画的には『エイリアン2』(1986年)か『エイリアンネーター』(1989年)か『バイオハザード』(2002年)かって感じで、どこかで観たコトあるような展開で安心して観ていられます(あれ、ほめてない??)
 
 前回の映画化が設定が変わっていたのと、製作年が2005年と15年も前なので、リブートってコトなんえしょうが、低予算のためか微妙な感じの作品に、、。前作は当時の金額で製作費6,000万ドルの大作でしたからね、。
 今作は製作費いくらなんでしょう??

 登場人物も、特に強そうなイメージの俳優でなく、リアルと言えばリアル。海兵隊員に見えるかは別として、、。あ、いました、強そうなイメージの俳優ルイス・マンディロア。だけどなぜか牧師役??

 ポップコーン映画度   ★★★
 どこかで観たことある度 ★★★
 続きが気になる度    ★★★
 
 
 前回の映画化作品『DOOM ドゥーム』と今作を足して2で割ったら面白い作品になったような気が、、。
 今回も製作費が6,000万ドルくらいあれば、、。
  
  ランニングタイム96分なんで、あっという間に終わっちゃいます。え、ここで終わりみたいな感じです。続き作る気100%みたいな、、。(そうでもないのかな??)
 原作のゲームのファンはわからないですけど、原作を知らない映画ファンは、けっこう楽しめる作品になっているはず!! 

 

コメント

『DOOM ドゥーム』

2021-04-19 00:31:27 | SF

DOOM ドゥーム
DOOM(2005年アメリカ)
 監督:アンジェイ・バートコウィアク
 脚本:デヴィッド・キャラハム
    ウェズリー・ストリック
 原案:デヴィッド・キャラハム
 出演:カール・アーバン
    ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)
    ロザムンド・パイク
    ラズ・アドティ
    イアン・ヒューズ

 ■ストーリー■
 2026年、ネバダ州の砂漠で考古学者が火星の古代都市へと続く入り口を発見した。その入り口は“アーク”と名づけられた。しかし、20年経っても、なぜアークが作られたのか、火星の住人がどうなったのか解明されていなかった。
 火星にあるUACのオルドゥヴァイの秘密研究所から救助の依頼が来る。被験者が脱走、研究所を封鎖したとの通信のあとカーマック博士の研究所との連絡が途絶えてしまった。海兵隊の特殊部隊RRTSは、危険を排除し市民を保護しUACの財産を奪回するため火星へ飛ぶのだった、、、。

 ■感想■
 『DOOMドゥーム アナイアレーション』(2019年)の記事を書くので、かつての記事(2006年8月18日)を加筆修正しています!!かつての記事の修正版ですいません、、、。
 
 FPS(ファーストパーソンシューター)のビデオゲーム「DOOM3」の映画化作品。
 ドウェイン・ジョンソンが海兵隊の隊長役で出演してるんで、てっきり、ザ・ロックVSエイリアンみたいな作品だと勝手に想像していたんですけど、、、すこーし違ってました。
 
 ハリウッド作品も素直じゃないですネ!
 ちなみに、今作って、本国アメリカでも、ドゥエイン・ジョンソン主演って宣伝されたんでしょうか??
 もう、ドゥエイン・ジョンソン出演っていうだけで、勝手にアーノルド・シュワルツェネッガーが怪物と戦う『プレデター』(1987年)みたいな作品を想像しちゃいました。
 そう思っていたら『エグゼクティブ・デシジョン』(1996年)でした、、、。わかりにくいですか??
 
 ゲームの映画化作品だし、屈強なスーパーマンのドゥエイン・ジョンソンがモンスターをバンバン撃って退治していくのをポップコーンでも食べながら観るのにちょうど良い作品なんだろうなぁ~。とか思っていたのに!
 
 観ているうちに気づくことに、、。
 「あれ、主人公は、ザ・ロック演じる軍曹じゃなくて、カール・アーバン演じるリーパーだった、、、」
 
 ザ・ロックも後半の最後の方までは、一応、ヒーローっぽいんですが、、。

 ブルーレイのパッケージでもドゥエイン・ジョンソンがメインに、、。
 こういう観客をダマすようなミスディレクションって“好き”ですよ!

 でも、今作の敵って、エイリアンじゃないし後味悪いです!
   
 ザ・ロック率いる特殊部隊も非情だし、エンターテイメント映画なのに変にリアルで、、、。シューティングゲームの映画化作品なんだから、もう少しノーテンキなアクション映画だと思ってました。原作になったゲームの知識がなくて、すいません、、。
 Sci-Fiというよりホラーって感じなんですかね??原作のゲームでは地獄の門を開いてしまうのが、今作の場合は科学的に生み出された怪物が登場します!!
 
 あと、火星の研究所が舞台のせいか、画面が暗いです!暗すぎ!、何が起きてるのかわからないです!
 暗すぎ!暗すぎ!
 低予算のSF映画だったら誤魔化すために暗くしてもしょうがないですけど、制作費6,000万ドルの大作なんだから、もう少し明かるい画面で、やって欲しかったかも??

 ビデオゲームの映画化なので、ファンに気をつかったのか、クライマックスで1人称のシューティングシーンが用意されています。
 Sci-Fiアクション映画ファンなら、楽しく観れるはず!!

 

コメント (4)

『事件物件 呪縛の連鎖』

2021-04-18 23:10:38 | ホラー/オカルト

事件物件 呪縛の連鎖
THE WITCH IN THE WINDOW(2018年アメリカ)
 監督:アンディ・ミットン
 脚本:アンディ・ミットン
 出演:アレックス・ドレイパー
    チャーリー・タッカー
    アリヤ・バレイキス
    グレッグ・ノートン

 ■ストーリー■
 サイモンは12歳の息子フィンを連れてニューヨークからバーモント州の田舎の湖の湖畔にある家にやってきた。サイモンは古い家を転売目的で購入して、フィンと家を改装しようとしていたのだ。
 早速、家を改修しようとしたところ、近所に住むルイスから、この家の噂を耳にするのだった。以前、この家に住んでいたリディアという女性は周りから魔女と呼ばれいたが、あるとき事件が起きた。夫と息子が農機具に巻き込まれて死亡してしまった。そして、窓辺に座って外に向って座っていたが、ある夏全然動かなくなってしまい、もしやと思い周りの住民が家に行くと心臓麻痺で死んでいたという家だった。
 フィンは家の中からおかしな音がするのに気づくのだった。そして、ある日、2階の窓辺に老婆の姿を発見するのだった。

 ■感想■
 魔女と呼ばれていた女性が住んでいたと言われる家を購入した(転売目的ですが、、)男を描くオカルト映画。

 ランニングタイム77分と、超短めなので、あっという間に観れちゃいます。
 ストーリーは良く分からないですが、吹替えもついているし、77分だしギリギリ及第点って感じの作品でしょうか??

 タイトルは、某日本映画に便乗した感じですが、なぜ邦画のタイトルに便乗??
 間違えて借りられる確率は、異様に少ないはず。
 しかも、今作のようなホラー映画を観ようと思っている映画ファンが、逆に気づかず観ないような気が、、。
 今作もGEO先行レンタル(2021年2月10日)作品ですが、同じようにGEO先行レンタル作品で便乗タイトル作品でオランダのホラー映画『風鳴村』(2016年)がありましたが、、、。このタイトルは逆効果な気がしちゃうのは自分だけ??

 全然怖くないです。ジョージ・C・スコット主演、ピーター・メダック監督の『チェンジリング』(1979年)よりも怖くないオカルト映画です!!
 近所に住むルイスから、「この家は不動産屋から聞いたかもしれないけど、以前、魔女と呼ばれていた女性が住んでいた家だよ」って言われた時点で、想像がついちゃうような展開が待ち受けています。

 でも、音楽とかで怖がらせるようなシーンもなく、77分しかないのに、離婚して妻ビヴァリーに預けていた息子フィンとの交流を延々と描いていて、ホラー映画というより、ファミリー映画だったっけ??みたいな中だるみもおかげで、本当に怖くない作品になっちゃってます。
 家の改修シーンとか、そんなに必要??

 監督&脚本のアンディ・ミットンはそこまで考えていたのでしょうか??
 アンディ・ミットンは今作以外の作品も、『リクイッド・ウッズ 樹海』(2010年)、『WE GO ON 死霊の証明』(2018年)で日本で作品が公開されています。オムニバス映画『5 FEARS ファイブ・フィアーズ』は未見です。
 今までの作品の中では1番良かったかも??短いしストーリーも幽霊屋敷(魔女)物の定番的なストーリーでわかりやすくて、、。

 最後の方の展開で、どうやら以前住んでいたのはやはり魔女だったらしいコトが分かりますけど、結局なぜ家に閉じ込められていたのか??何をしたかったのか不明のまま終わっちゃいます、、。

 ニューヨークのような大都会に行きたかっただけ??

 ホラー映画度      ★★★
 魔女の行動の意味不明度 ★★
 タイトル便乗度     ★★★★★

 怖くないと言っても、一応ホラー映画としてって意味ですので、ホラー映画が苦手な方や、ホラーが怖いと思っている小さなお子さんは観ないように、、。

 なんか不思議な作品を観た印象を持ちました!!

 ■日本語吹替キャスト■
 サイモン :山下 大穀
 フィン  :北村 さちこ
 ルイス  :川端 快彰
 ビヴァリー:高橋 春香

コメント