ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

アビリンピック:自分たちの力を試す 10種目、60人競う−−吉備中央 /岡山

2012年07月02日 00時58分03秒 | 障害者の自立
 障害者が職業技能を競う「岡山県障害者技能競技大会」(アビリンピック岡山大会)が30日、吉備中央町吉川の国立吉備高原職業リハビリテーションセンターであった。10種目に約60人が出場し、日ごろの取り組み成果を披露した。成績優秀者は10月に長野県で開かれる全国大会に出場す

 岡山障害者職業センター(北区中山下)が、障害者に対する理解や認識を深め雇用促進や地位向上を図ろうと、79年から開催している。知的障害者が対象のビルクリーニングや喫茶サービス、身体障害者らが参加した電子機器組み立てやワード・プロセッサなどが競われた。

 ビルクリーニング種目には、県内の会社員や高等支援学校などから8人が出場。ごみが散乱した16平方メートルの模擬オフィスで、モップやほうきなどを使用して、床やデスクの清掃作業を行った。資機材の適切な持ち方や、指さして清掃場所が点検できているかなどが審査された。

 ビルクリーニング種目に初出場した県立岡山瀬戸高等支援学校2年の岡崎悠さん(16)=総社市=は「学校でも清掃の授業があり、自分の力が試せる良い機会だった」と話した。

 各競技の金賞は次の通り。(敬称略)

 ワード・プロセッサ=菱川陽介(旭化成アビリティ水島営業所)▽データベース=富田望実(国立吉備高原職業リハビリテーションセンター)▽ホームページ=山根和人(旭化成アビリティ水島営業所)▽DTP=篠原加代子(同)▽電子機器組み立て=宮本真二(パナソニック吉備)▽喫茶サービス=竹井義信(ベネッセビジネスメイト)▽パソコンデータ入力=岡本蓮(サンクルール)▽ビルクリーニング=岡崎悠(県立岡山瀬戸高等支援学校)▽オフィスアシスタント=神谷雅子(ベネッセビジネスメイト)


毎日新聞 2012年07月01日 地方版

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 障害者との共生考えよう 西... | トップ | 知的障害者らカフェ開業 那... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ハテナ)
2019-05-27 23:18:43
こんにちは、感想ではありませんご了承ください。
この記事、下部の黄色い文字の名前が並んでる部分を削除していただけないでしょうか。

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事