ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

「障がい者の旅行を考える会」が20周年

2019年04月30日 23時53分42秒 | 障害者の自立

写真・図版

 障害者が自由に旅行できる社会を目指し活動をしてきた「障がい者の旅行を考える会」が発足20年を迎えた。これまでに国内37回、海外36回計73回のツアーを実施し、延べ1320人が参加した。代表で自らも重度障害者の佐藤孝浩さん(55)は「また連れて行ってと言われるのがうれしい。これからもできる限り活動を続けていきたい」。

 20周年の節目となる今年は、4月に南イタリアとローマを9日間で回るツアーを企画した。介助ボランティア3人を含め14人が参加。6人が車いすだったという。世界遺産のポンペイ遺跡やアルベロベッロなどを回った。

 佐藤さんは20代の頃、建設作業現場で労災事故にあい、首から下がまひする障害を負った。家族のサポートを受けながら旅行をするなかで、同じように障害を持つ人と一緒に旅行をしたいと考え、1999年に同会を立ち上げた。

 当時は「バリアフリー」という言葉が浸透していない時代で、旅行会社との交渉では、障害者が連れ立つ旅行を不安視する雰囲気があったという。しかし、会の認知度が上がり、障害者の旅行ニーズが認識されるようになったという。

 欧州、北米、アジアの各地を旅行してきたが、最も多いのがハワイの11回。観光地として人気が高いことに加え、バリアフリーの設備が充実しているからだ。

 佐藤さんは「ハード面など進んだ部分もあるが、心のバリアフリーは進んでいないところもある。誰もが参加できる社会になってほしい」と話した。

 秋にも国内、海外のツアーを企画するという。問い合わせは佐藤さん(090・7321・1880)まで。

2019年4月30日          朝日新聞

コメント

障害者施設利用者が製造・販売 常陸太田にオープン 地元食材使い好評

2019年04月30日 23時35分37秒 | 障害者の自立

社会福祉法人「朋友会」 「社会復帰支援の拠点に」

     常陸太田市内の障害者施設の利用者が製造・販売を行うパン店「ひまわりパン」が同市金井町にオープンした。市役所前にある店は地元の食材を使った商品などが好評で、昼食時には多くの市民らでにぎわっている。

      4月1日に同店を開いたのは、同市で障害者の就労支援などを行う施設を運営する社会福祉法人「朋友会」。パン店では、施設の利用者である10~50代の男女10人が開店約2時間前の午前8時ごろから厨房(ちゅうぼう)で職員と共に働く。生地の仕込みから焼き上げまでの作業のほか、レジでの会計や接客も行っている。
コメント

障害者施設の困り事解決 羽咋LC、掃除や補修

2019年04月30日 23時17分23秒 | 障害者の自立

 羽咋ライオンズクラブ(LC)の十五人は二十七日、羽咋市大川町の地域活動支援センターIII型のNPO法人なぎさ工房リヴを訪れ、奉仕活動として掃除や補修をした。

 二〇一二年から、毎年訪れている。施設の要望を聞き、今回は雨どいの補修、網戸の張り替え、窓掃除などをした。

 羽咋LC事業委員長の宮谷貞行さん(72)は「障害者の人ができないことを、代わりに私たちが、という気持ち」と笑顔。施設長の田村志津子さん(69)は「力仕事や、高所の作業は本当に頼りになる。力の足りないところを補ってもらって、ありがたい」と感謝した。 

雨どいを直す参加者たち

2019年4月30日           中日新聞

コメント

両陛下の「旅」全国2巡 障害者・ハンセン病にも心寄せ

2019年04月30日 22時58分18秒 | 障害者の自立

 「全国をめぐり、多くの人々と向き合いたい」

 天皇陛下は繰り返し周囲に思いを語り、皇后さまと各地への「旅」を続けてきた。

 両陛下そろっての外出は「行幸啓(ぎょうこうけい)」と称される。即位後初の地方への行幸啓は1989年5月、全国植樹祭出席での徳島県訪問だった。2日間の短い日程ながら、国民との距離を近づける「平成流」を印象づけた。

 車の移動の際、昭和天皇は防弾ガラスの窓を閉めたが、両陛下は窓を開けて沿道の人たちに手を振った。広い道路では対向車線に一般車を通行させ、私服警官が目立たないよう警備する「ソフト化」が図られた。

写真・図版

両陛下の「旅」主な訪問先

 おことばにも変化がみられた。全国植樹祭の式典では自らを「私」、出席者を「皆さん」と呼び、簡易な言葉で語りかけた。

 「できるだけ早い時期に各地へ」

 陛下は「旅」へのそんな思いも…

朝日新聞          2019年4月29日

コメント

視覚障害者10人死亡=駅ホームで転落・接触-10~17年度、負傷も5人・国交省

2019年04月29日 15時43分15秒 | 障害者の自立

 全国の駅で列車に接触して死亡した視覚障害者が2010~17年度に計10人に上ることが27日、国土交通省への取材で分かった。18年度も視覚障害者の死亡事故は発生しており、ホームドア整備など防止策の加速が求められそうだ。

目で指で「読める」点字=若手デザイナー発案、庁舎に採用

 国交省によると、10~17年度に視覚障害者がホームから転落したトラブルは計605件、ホームで列車などと接触した事故は計15件。同期間中の負傷者も5人いた。  注目されるきっかけになったのは11年1月に起きた事故。JR山手線目白駅(東京都豊島区)でマッサージ師の男性=当時(42)=が線路に転落し、列車にはねられ死亡した。

 国交省はこの事故を受け、1日の平均乗降客数が1万人以上の駅を対象に、視覚障害者が転落の危険性を把握できるよう警告用点字ブロックの整備を鉄道各社に要請。また、同10万人以上の駅では点字ブロックに加え、ホームドアの整備も優先する考えを示した。  ホームドア、警告用点字ブロックのいずれかは18年3月末時点で、同10万人以上の全275駅で整備された。また、同1万人以上の2161駅中93.3%の2017駅でも整備され、100%達成も視野に入る状況だ。  ただ、ホームドアの導入はまだ全体の一部にとどまり、視覚障害者が犠牲になる事故は近年も続いている。16年8月には東京メトロ青山一丁目駅(港区)で盲導犬を連れていた会社員男性=当時(55)=が線路に転落し、列車にひかれて死亡。17年1月にもJR京浜東北線蕨駅(埼玉県蕨市)で盲導犬を連れたマッサージ師の男性=同(63)=が転落し、列車にはねられて亡くなった。  JR富木駅(大阪府高石市)で17年10月、白杖(はくじょう)をついていた無職男性=同(59)=が、18年9月には東急大井町線下神明駅(品川区)で鍼灸(しんきゅう)師の男性=同(71)=がそれぞれ転落し、列車にはねられて死亡する事故が起きている。

時事ドットコムニュース        2019年04月28日

コメント