家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

越屋根の思わぬ効果

2006年08月23日 | 我が家のスペシャルな事情
 
 
これまで、越屋根のことを何回か書いている。
低い地窓から涼しい空気を取り込んで越屋根の高窓から熱気を逃がすという通風、高い位置からの採光、天井が高くなることによる開放感など、当初から期待していた効果を実感しているのだが、想定外の効果にも気づいた。

我が家の周囲には高い建物がほとんどない。大抵は2階建てである。
我が家も2階建てだが、越屋根が頭一つ飛び出ているような格好になっている。
それが思わぬ効果を生んでいるようだ。

一つは風。
そもそもは冒頭にいったように地窓から高窓という通風ルートを想定しており、たしかにそのような通風は実現しているのであるが、逆に越屋根の方から風が入ってくることがあるのである。
海と山に挟まれた広くはない平野の中間点にある当地区は、海風、山風をある程度受ける。
そんな環境ゆえ、時折、越屋根が海風をとらえるのだ。
このとき部屋にいると、風を上から受けることになり、ちょっと面白い感覚を味わえる。

もう一つは音。
障害物が少ないため、越屋根が集音器のようになって遠くの音を拾ってくる。
他の物音が少ない早朝とか夜に、遠くから聞こえる電車の音というのもちょっと風情があったりする。
比較的騒々しい時間帯に余計な音を拾ってくることもあるわけでいいことばかりではないのだけれど、幸い私はそういう時間に家にいないので不快に思うことは少ない。

こんなことで喜んでいる自分はおめでたい人間なのだが、それでいいと思っていたりする
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 正統派流しそうめんの道 | トップ | 築200年の家で暮らしのプ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
集音器 (m-louis)
2006-08-24 03:03:04
なるほど一つひょっこり飛び出したが故の集音器ってわけですね。

しかし、海を向いてるということは、とりあえず東京や大阪からの garaikaさんをネタにした噂話までは入ってこなさそうですね(^^;)



音に関しては結構それだけでも色々エントリーできそうだなぁ。
音をひろう (garaika)
2006-08-24 23:12:02
波音なんか聞こえてきたらサイコーなんですけどね。

そこまではいきません。

だけど、遠くの花火の音はきっちり拾いますよ。

噂話は聞こえないせいか、くしゃみはしないなあ(笑)。

コメントを投稿

我が家のスペシャルな事情」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事