tontonのお弁当日記

tontonが作るお弁当。娘も息子も社会人となり家を離れ、夫と猫のはーちゃんの3人暮らし。登山とウォーキングが大好き!

酢飯のお弁当と、熊野古道小雲取越えと大雲取越えPart.3

2020-12-03 06:49:06 | 熊野古道小雲取越・大雲取越と、お弁当
おはようございます。

寒々しい朝です。

今日のお弁当

・鮭と青菜の酢飯ごはん
・焼肉
・ブリ大根煮
・蕗+薄揚げ煮
・かぶ+わかめ甘酢
・豆腐+かぶ葉味噌汁
・りんご


さてさて、熊野古道の続きです。

2020.11.21の朝、熊野本宮をスタートして小雲取越えを歩いてきたtonton夫婦。

里山へ降りて来て、渡し場へ。



昔は船で渡っていたのですが、今は立派な橋があります。

川沿いの廃屋



 

この辺りには集落が。きっと渡し場の渡船や川魚の漁を生業にしていたのですねぇ。
人のぬくもりが感じられる集落です。
 
と、ここからまた登り坂

 

紅葉を見ながら登ると、養蜂しているようで巣箱がいくつか並んでいます。



坂をの上ると峠があり



 

小さなお社も。 可愛い千手観音さん?
・・・山から下りたらすぐに宿かと思っていたのに、なかなか宿は見えません。
たまらずお参りがてら休憩です。

さぁもうひと頑張り

 

峠を越えてまた集落に入り、欄干の低い橋を渡ります。

 

烏が食べたのかな?

校門に到着



今日の宿、小口の家は廃校になった小学校を改装して作られた宿です。
小雲取越えと大雲取越えの間にある小口には、ここともう一軒民宿があるだけなんですよ。



エントランス

 

鈴木みきさんもいたしたのですね。
明るいオーナーさんが迎えてくれました。

廊下には小学校の痕跡が。

 

こんなお洒落な談話室もあります。

お部屋とお風呂

 

tontonは一番風呂です

部屋に戻って待望のビール



この日は、本宮からやってきた私達は早い到着。
でも那智大社から来た人たちは疲労困憊の様子。
チェックインしている若い男子も、いや~参りましたって。
こんな若い子でも大変な道を、私達おじさんおばさんは、明日大丈夫なのかしら?

夕食



元気な従業員さんが明るく配膳してくれます。
ここの皆さんは仲良く楽しくお喋りしながらお仕事しているのが気持ち良いです。
そして一品一品にラップがしてあったのですよ。本当に頭が下がります。
しかし、換気のせいで少し寒い…ので。



体を温めないとね
一人の人は、窓側を向いて同方向で座って食べています。
そして私達は、このように向かいの人との間にしきりが。



コロナ対策も万全です

こうして美味しい夕食を食べて、ゆっくり眠りに就いたのでした。
明日はいよいよ大雲取越えです。頑張るぞっ

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« すき焼き煮のお弁当と、熊野... | トップ | 青梗菜たまごあんかけのお弁... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿