Riyo(里誉)’s クレヨン

世田谷区桜新町のスピリチュアルカウンセリングサロン「フォルテネージュ」です☆

いのちの四次元ジグゾーパズル説

2011-11-29 | フォルテネージュ



あなたが心からしたいと思うことは、
それがほんとうのあなた自身を表すことである限り、

必ず、その実現に必要な、さまざま状況を、宇宙は準備してくれる




あなたが歌いたいと思えば、
歌うためのステージが用意され、
あなたの歌を聴きたいという人が必ず現れるし、


あなたが大会社の社長になりたいのであれば、
あなたの会社へ出資したい人や、協力体勢や、経営知識や人的資源が、
必ず、あなたに向かって、準備される

 

 

だってね、
宇宙は、そんなふうにできている


それは、こんなイメージなんだ






 

私たちの正体はね、四次元ジグゾーパズルのピースなの


ひとつひとつのピースは、
時空を超越した、独特なかたちをしていて、
でも、それが、ピタッとはまる環境が、必ず周りにあるはずなんだ


自分のオリジナルなかたちを思い出して表現すれば、


自分の突起がはまるくぼみを持った他のピースが、
自分のくぼみに入ってきてくれる突起を持つ他のピースが、
宇宙のどこかに、必ず、あるの

だって、もとは、ひとつだったんだもの



飛び散ったガラス細工のすべてのかけらを
完璧につなぎあわせれば、元のかたちが再現可能



私たち、命のすべてで、
ひとつの母体を創っているから、


だから、
すべてはひとつ、私たちはひとつ、っていうんだよね





 

 

必死になって、探さなくても、
本当の自分になっていけば、
だいじょうぶ、自然と引き寄せられるよ

それは、気持ちの波動が教えてくれる


鬼が手の鳴る方向へ行くように、
目隠しされていても、私たちが、心から曇りなく喜べる方向へ行きさえすれば、


心配も問題も、すべては幻想










                        ハートサポートサロン「フォルテネージュ」
                            
                            

コメント (2)

過去も未来もない、いましかない、ってこんなこと

2011-11-26 | チャネリング、透視


ある月曜日、ふと頭に浮かんだこと、

「今週中に、フォルテの誕生日の車のナンバーを見る。」

ちょうど、願望と予言の中間だったよ


 

そんなことを思ったなんて、
忘れかけていたその週の金曜日、

夕方、フォルテを連れて散歩中、
いつも通るコースにある、
とある治療院の来客用駐車場に停まっていたの


フォルテの誕生日のナンバーの車が


しかも、ひらがなは、「ふ」だった・・・
ふぉるての「ふ」

 

 

 

 

そして、その直前にお会いしたクライエントさんの、
大切な御縁のあるかたの誕生日も、
同じ日だったんだ









ものごとは同時に起こっているって思った。


未来も過去もない、いましかない。
ただ、この時間空間が限られた物理次元で分かるように、
「エゴ」が理解しやすいように、
時間を追って経験するよう、ものごとを起こしているだけ。

だから、分かる
経験することが分かる
「見たい」と思うことは、すなわち「見る」ということで、
願望は、すなわち、実現するということで、

だから、心に浮かぶんだ。

その波動は、おなじものを引き寄せていく。
それは、哲学とか、精神論でなく、物理学だ









その翌月には、
長年の夢のひとつが叶ったよ。


その夢が叶うことについて、私、とても静かな確信があったから、
「叶いますように!」みたいな、ギリギリ感がなくて、


ああ、そうなるんだねって感じだった

とはいえ、叶った瞬間は、
歓喜と恍惚で絶叫しちゃったんだけどね



 


私は、この魔法を、皆に教えるって決めた

そして、そう決めた途端に、
それを教えて欲しいというひとが、現れるのも、知ってるの

 

 




                          ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                             

コメント (4)

SMAPの新曲に想う

2011-11-23 | フォルテネージュ


SMAPの新曲「僕の半分」、もう、聴いたかな?

 


私、初めて聴いたときから、
むちゃくちゃ、気に入っちゃって、



メロディもすぐに覚えて、
歌詞まで書き出して、

かなり、はまっているよ

 

せつないバラードで、
聴いていると、毎回、うるうるきちゃう




 

 

この歌はね、
いまの日本に必要なことを教えてくれていると思うんだ

「悲しいことがあった年の終わりを、
悲しんで終わるという、あたりまえのことをしよう」

 



「がんばろう!」とか、「たちあがれ!」とか、
元気に笑顔で復興しよう、みたいな、
輝かしいヒューマニズムももちろん大事なんだけど、


「激励」ばかりじゃ、「半分」って思う

 

 

 

 

 

「悲しみをちゃんと悲しめるのはひとつの能力だ」
そう言ったのは、誰だったっけ?

 

 

 

 

 

悲しいときは、
しっかり、悲しみ尽くすのが、いい

そして、できれば、
大切な誰かに一緒にいてもらったら、もっともっと、いい

 

 

 

 

 

SMAPスタッフったら、そういうことまで考えて、
この曲を選択してるよ、きっと

なかなか、やるじゃん!!!


 



                   ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                       

コメント

私が創った心地良くない出来事たち

2011-11-22 | フォルテネージュ

 

私が最近,創ったできごとは

こんな感じ

「まったく身に覚えがないことで,責められる」とか,
「幸せ感じて生きているのに,それではダメだと言われる」




なぜ,そんなできごとを創ったかを考えるより,
そのできごとから,何を結論づけたか,ってことから,アプローチしたほうが,
なんだか,いい感じがしたよ

 

 





そうだなあ,
いろいろ思ったけど,

最終的には,

「私のことは,私が決める!」っていう,強い決意だった

どんなに真実が見通せるひとの言う言葉でも、
どんなに素晴らしいサイキックなひとの天の声も、

そのひとが見る、そのひと版の「里誉」であって、
里誉が見る里誉じゃない

 

私は、決して、
私以外のひとに、
私のことを、明け渡さない


私は、自分とちゃんとつながって、
主に仕える執事のように、
その高貴さを敬い、その意志の実現に奉仕する


そうでなければ、私は、ひとに、
説得力を持って、話せやしない

 

 

 

そんなふうに、改めて、大切なコネクトを力強く感じていたら、

私が、どうして、
こんなに、あまり,心地良くないできごとたちを創ったか,

はっきり、分かったんだ


そして、分かった途端に、じんわり、楽しく、なってくる


できごとは、
自分が何を信じているかによって、
まったく、違った存在のしかたをするんだよね










                   ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                        

コメント (3)

ゲシュタルトな覚知

2011-11-20 | フォルテネージュ


このまえ、瞑想してて、

ふたりの天使にいざなわれて、
宇宙の真ん中にある、聖なる宮殿に行くときね、




天使が私の両腕をそれぞれ違う方向に引っ張るものだから、


からだが、
まるで悪魔の実を食べたゴム人間のように伸びて伸びて、

 


天空の宮殿に着いたとき、

私、天球そのものになってたんだ

 







そして、そのとき思ったよ




 

輝く星や楽しい雲や
張り切ってる嵐や

美しい雪や
官能の雨や
無邪気な虹や
サイケデリックなオーロラや

颯爽とした彗星や
見つめられない太陽や
磁力の月や


そんなたくさんの
希望のシンボルたちを


すべて、内側にたたえて


でも、けしてそのひとつひとつではない、

 

私は、空なんだ、
紺碧の空のほうなんだって、ね









                   
                      ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                         

 

 

コメント

目の前に現れた誰かを信頼できるひとにする

2011-11-18 | フォルテネージュ


どんな状況でもいいんだけど、

いま、あなたの目の前に、新しい誰かが現れたとするじゃない?




そして、いまからそのひととの間で起こることってのは、
まだ何も決まっていない

まったくの中立状態だよね





そのとき、

このひとが、信頼できるひとかどうか、
よくよく、観察して、吟味してやろうって思っていると、
いつしか、相手は、十分信頼できない人になる(ように見える)かも知れない

そして、その警戒心が、
「うわあ、騙された!こいつ、詐欺師だ!」なんて(感じる)出来事を創るかも知れない

 





反対に、

このひとが信頼できるかどうかなんて思いさえも浮かばず、
ただただ、関係のなかで、自分が自分らしくあることに集中していると、

同じ相手でも、完璧に、100%信頼のおけるステキな人だと感じる出来事を創る

こういうこと、体験したひとも、多いのではないかしら?


 

 

多次元的存在である相手のどの部分が自分の現実として現れるかってのは、
自分がどの周波数を出すかによって、決まってくるんだと思うの

それは、相手が、もし、ホンモノの詐欺師であって、
自分を騙そうとして近づいてきたとしても、

自分の意図が他にあれば、

詐欺師が、「なんとなく、たまにはいいひとになってみようか」っていう気分になったり、
究極、詐欺しようとしたのに、うまくいかなかったり、

詐欺しているのに、まったく、自分には被害者の感覚がなかったり、

そんな不思議なことが起こるんだと思うの

 

 

 

 

このひとはこういうひと!なんて、決まっていることは何もない
それでも、ひとは、言いたくなるけど、

それを決めた途端に、そういうひとを創る


だから、判断したくなったときには、
そのひとはどうあれ、
そのひととの間で、どんな経験をしたいかを決めれば、

自分とそのひととの経験が、楽しく操作できちゃうって思うんだ


だから、もう、
初対面のひとだって、こわくないよ

だって、私たち、結局、自分自身としか、出逢えないもんね









                      ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                           

コメント (2)

わたしは誰になるのかなあ

2011-11-17 | フォルテネージュ


私、ご飯を食べるとき、
ときどきなんだけど、

「あなたたちはこれから私になるのよ  よろしくね 」

って、声をかけたりするんだけどね








そうなると、

いま、仲良し4人グループで、
分けっこしながら食べようとしているチョコレートパフェは、

誰に食べられるかで、
おおきな運命の分かれ目ってことになる








パフェのなかでも、

ウェハースのあの部分は、
セレブにスピリチュアルを探求するマダムとして生きることになり、

アイスクリームのその部分は、
研究の才能豊かな、明るくさっぱりした秀才として生きることになり、

生クリームのこの部分は、
繊細で感受性の強い、文芸少女として生きることになり、

バナナのその部分は、
我が子のように植物を育てる母性人として生きることになる・・・









誰かがスプーンですくってそのまま食べるかと思いきや、
隣の誰かが、パクって横取りしたとしたら、
そのパフェ分子にしてみれば、
その一瞬で、行く先が変わっちゃったんだもんね





そうかと思うと、
グラスのへりについたまま、
流しで洗われて、排水溝から海へと向かうチョコクリーム分子もあったりして・・








ちょっとした神様のいたずらで、
もとは同じパフェを構成していた分子たちが、
いろんなところに旅立つことになるなんて、

わあお、冒険スペクタクルだあね~

 

 

 

 

                        ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                           


コメント

完璧な未完成

2011-11-15 | フォルテネージュ

 

たまあにこういう体験をするのっていいんだよね
いつもと違う立場になれるから


お友達が,ヒーラー修行中で,
ちょっとした練習相手になってって頼まれたから,

ヒーリー役になったのね





オーラやチャクラの状態をチェックして,
整えていってもらったんだけど,
結構,良い感じでね,

あまり,大きな「問題」ってやつがなかったんだ

始めに,「私は神,完璧な存在」って,ひそかに心で確認したから,
それが,そのまま反映されたかな・・!

 

ふくらはぎのエネルギーの流れも,
とっても良い!ってほめられて,
自分のグラウンディングのチカラが,嬉しかったんだけどさ

そのとき,なんか,にわかに,
ちょっとした,いたずら心が働いてきて,遊んでみたくなって,

大地から自分の根っこを抜いて,宇宙をさまよってみたの

そしたら,すぐに,ヒーラーさん,
「あれ,いま,流れてない・・」って,わかっちゃった

 

 

 

 

ははは
もう,これだけ,あなたの才能は間違いない!

ぶっちぎりの合格だよ~~


ヒーリング、超、気持ちよくって、楽しかったぁ












「私は第五チャクラが弱い」とか,
「私はグラウンディングが弱い」とか,
みんな、自分の弱点を意識するけど,

一瞬で,変えられるってこともあるって思う

思う存分表現しているところを,
大地に根を張っているところを,

自分の意識にすえてみるんだ

弱いと思うから,そのとおりの現実を創造する


宇宙は完璧ってことは、
ひとりひとりも完璧ってことだから、
私は、私を信頼するって、いつも思っているよ

そして同時に,



私は,永遠に未完成

だから、金じゃなくて銀が、好き

 

 

 

 

                                   ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                                         

コメント (2)

罪悪感なくひとのせいにする体験

2011-11-11 | フォルテネージュ


たとえば、こういうことなの





「人のせいにすることは良くないことだ」

こんな考えって、一生懸命生きてる人には大抵あったりするじゃない?
普通に育ってきた私たちは、
当然のこととして、意識にも上らないほど、信じて疑わない




でも、あるときね、

私、無性にある人のせいにしたくなった
その人は、
自分勝手に振る舞うだけじゃなく、
あろうことか、友達である私を悪者にしてきたんだ




冗談じゃない

超腹が立って、その人をこきおろしたのね

自分でも理解できないくらい、
その気持ちが止まらなかった

相手だって、負けてないから、
同じ波動で、返してきた
ふたりして、相手のせいにし合ったんだ



罪悪感なく、徹底的に、
「いけないことしてる」みたいな気持ちなしにやりあったの


 

 

 

知ってる?

人のせいにすると、自分の顔が歪むの
そして、息が荒くなってきて、
自分が非力な存在に思えて、
なんか、生きてくのって大変って感じになる

そして、自分のせいにされると、
顔があげられなくなって、
なんか、生きてちゃいけない感じになってくる


うわあ、これって、楽しくないぞぉー










で、思ったことはね、

人のせいにすることって、
何が良くないかって言ったらさ、

ただ、気分が良くないんだ
カラダに良くないんだ



道徳なんか考えなかったよ
ひたすら、「これは私が味わっていたい感情じゃない」ってことがはっきりした

こういうことは、もちろん、想像できるけど、
意識的に、実感する必要があったみたいなの










さて、

私たちは、こんなふうに、お互いのせいにし合ったところで、
なんか、やっぱ、やめようってことになった



数分後には、何もなかったように、
共通の趣味の話なんかになっちゃった









こんなふうにして、またひとつ、
私という観察意識が、未知を既知にしたんだって思ったよ


・・・味わっていたくなかったけど、
なんか、楽しかったってのも、ホントなんだ

要は、私、「人のせいにすること」が、どんな感情だか、感じたくて、
こんな出来事を創ったんだもん



 





                      ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                         


コメント

なりきり女優宣言!

2011-11-10 | フォルテネージュ


何ヶ月か前まで、

私のアイデンティティは巫女だったのね


天からのご神託を受け取って、
必要なひとに届ける

神とひととを結びつける役




だけど、あるとき、
巫女である限り、表舞台に出られないことに気づいた

ひっそりとこもって、
聖なる生活を続けることに、飽きてきたのさ







だから、自分のアイデンティティを変えることにしたの

あれこれ、悩んで決めたのが、




                    女 優   






何も、テレビや舞台に出るってことじゃなく、
誰かに認めてもらう必要もなく、
ナリキリ女優になっちゃうわけさ

 

 

我ながら、いいアイデアだと思うのは、
女優にアイデンティティを持つと、
何にでもなれるんだ

好きなとき、求められるとき、
あらゆる役割を演じちゃえばいいんだもん

ずっと演劇部だったし、
アマチュア劇団にも入ってたし、

これだよ~って、思った







 

これまでとおり、宇宙からのメッセージを伝えるときは巫女の役、
悩める人に接しているときはカウンセラーの役、
何かを教えているときは先生の役、

戦士になったり、職人になったり、ギャンブラーになったり、思想家になったり、
魔女になったり、アイドルになったり、主婦Aになったり、宇宙人になったり、

かなり、いろんなステージが、
自動的に用意されるようになってきて、

いま、楽しんでいる最中なの







 

感謝されこそすれ、批判される覚えのない人から、
強く反発されたときには、
私は、その瞬間だけ、そのひとの母になる

ああ、母親ってのは、子どもから、こういうことされるんだなあって実感する



ビオダンサでステキな女性と踊っているときは、
私は、その瞬間だけ、男になる

ああ、男性ってのは、こんなふうに女性を心地良くさせたいって思うんだって知る

 

 

 

 

 

それにともなって、
なんだか背筋が伸びてきて、
肌なんかもキレイになったとほめられちゃったり、
まつげがびよ~んと伸びてきたり、

そんな怪奇現象も起きているよ

 

とっても、オトクな、女優ってアイデンティティは、
これからも、手放せないなあって思ってる

 

 

 

 

                                      ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                                           

コメント (2)

絶対信頼の次元にオートフォーカス

2011-11-07 | フォルテネージュ


不安や恐怖に向かうとき、
必要なのは、

勇気じゃないんだって

パラドクシカルだけど、
勇気を持つことで、不安の存在を強めることになるのかもね

 

 

 

不安や恐怖を目の前にしたとき、
一番大きなチカラとなるのは、


“信頼”なんだ


いま起きていることへの信頼
自分への相手への信頼

宇宙は完璧であるということへ確信










対処すべき課題も、
解決すべき問題も、
本当は何もなくて、

いま起こっていることは、失敗なんかじゃなくて、
ここから教訓を得るための反面教師なんかでもなくて、
耐えなきゃならない痛い修業でもない

そうとしか思えないのは、
ただ、自分で、

「苦しまなければ成長できない」とか、
「私はどこか欠陥がある」とか、信じ込んでいるだけ










ものごとは多次元で同時に存在しているからね、

意識を定めた次元と同じ次元のものごとと遭遇することになる

「これは信頼できない・・・!」ってことに意識を定めたら、
「信頼できない」ことが、自分の目の前に現れて、
「ほらね、やっぱり・・・」って思う


でも、これってね、自分が選んでいるだけなの
初めから、ものごとの「信頼性」とやらが
決まっているワケじゃない
自分が選んで、その次元のありようと遭遇するの


これは空想や精神論じゃなくて、
物理学、科学なんだと思う











だから、この際、
自分のしていることを何が何でも信頼するって次元に生きてみない?

自分がそう感じたのであれば、
自分がそう動いたのであれば、

それはあなたの真実であり、BINGOなんだ


もし、そこで、他の人と相容れない感じがあったときには、
彼らも自分も満足する次元にシフトしよう

パラレルワールドは、自由に往き来できるんだ


信頼することで、恐怖も不安も変容して、
すべてが自動的に整っていくようにできている


自分が心地良い次元にシフトしたら、
それ以外のことは起こり得ないんだ













                                ハートサポートサロン「フォルテネージュ」
                                    

                                     

コメント

ニューバージョンのアップロード開始

2011-11-04 | フォルテネージュ


あなたはいままで、
誰かの要求に必ず応えてあげられることに
アイデンティティを持ってきた



どんな無理難題でも、
あなたの持つ幅広い持ち駒を駆使すれば、
的確に、その人のニーズに応えてあげられる・・・

あなたは、それをすることに喜びを感じていたし、
それをしてこそ自分らしさだと思ってきたよね




実際、あなたにはその才能があることを、
いままでのいろんな事実が物語っている

それは誰が見ても明らかなことだよ

 

 

 

 

でも、いま、
そんなに、あなたの中に、流れないものがあるんだとしたら、

何か、違う自分を展開させてもいいってことなんだ







いままで、
“やりたくないけど、何となく、やったほうがいい”って気がして、
その“何となく”を、インスピレーションだと思って、やってきたよね


相手に向かってセンサーを伸ばし、
あなたは本当に魅力的にこなしていた
その経験はホントに充実していたね


でも、いま、

相手のニーズに応えてあげることで、
自分のニーズが満たされてた時代が終わったんだと思うよ












あなたが“やりたくない”なら、それはやっぱり、“やりたくない”んだ











さあて、これからは、ニューバージョンでいくよ
センサーを自分に向かって伸ばしてみよう









深い自分につながって、
自身のニーズに応えるとき

これまで、外側の磁力がたくさん鍛えてくれたから、
どんなにわがままな要求でも、軽くあなたの守備範囲でしょ?

実際、あなたは、
たぶん、相当なわがままで、
それに応えるための、これまでのストレッチだったんだと思う

“わがまま”ってのは、
“我(われ)のままに、意のままに、アップロード(実現)する”って、ことだからね









あなたが誰かにYesを言ってもNoを言っても、
自分が自分に心からのYesを言ってるならば、
あなたは宇宙の完璧さを見ることになる





 

                                 ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                                      

コメント

洗脳のプロ!!!

2011-11-02 | フォルテネージュ



「里誉って、洗脳のプロだね」って言われたのね

言ったその人は、

過去の私の発言について、
憤りを込めて、
そして、たっぷりの皮肉でもって、

責めのエネルギーを躊躇なく発してた







聞いていて、とても痛かったんだけど、

一日経った朝、

突然、「洗脳のプロ」って言葉が、輝き出したんだ









だって、なんたって、
脳を洗っちゃうんだからさぁ~~

きれいなものが大好きなんだから、ここまでくると、ハンパないじゃん
徹底的な“美の追求”って、それでしょ、まさに







いや、なにより、

それって、カウンセラーとして、ものすごい強みじゃない?

相手の価値観を変えて、思考や行動を変えるってことなんだから、

説得力があって、信頼感があって、カリスマ性なんかもあったりしないと、
なかなか、洗脳ってできないものね







そう考えていくと、
ものすごい、褒め言葉、なんだって、気づいたよ








やったぁ
私は、洗脳のプロ~







これからも、会う人たちを、
じゃんじゃん、マインドコントロールしちゃうんだ

「こう考えたら、楽しいよ~、ラクだよ~、人生キラキラになっちゃうよ~、
しかも、それは、自動的に、一生あなたの中で起こり続けて、
あなたは、本当のあなたになっていくよ~~



 

 

里誉流ワクワク洗脳、
これから、ますます、絶好調を更新していくので、
不気味に思う人は、決して、近寄らないでね



 

 

さて、
私がこんなに嬉しくなってるんだから、
言った本人も、不可思議な喜びを感じていると思うのだけれど・・・







                  ハートサポートサロン「フォルテネージュ」

                      

コメント