中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

平成最後の

2019年04月03日 | 日記
この枕詞が使えるのも今月末まで、そして今日、まさに平成最後の春の選抜高校野球が終わりました。
地元民にとって駅周辺がデンジャラスゾーンと化する春と夏の高校野球期間、そしてプロ野球の阪神巨人戦の日。
駅まで自転車で通う人によると、この期間は少し遠回りして道順を変えるか、もしくはバスを使うしかないと言うほど駅周辺は混雑するのです。

母の通院でお世話になっている介護タクシーの運転手さんも、この期間は「すみません」と言いながら、いつもとは違う道を通って往復するのですが、それはこの地に住む者の宿命ともいえます。
京都など、各地の観光地と言われる場所に住む人達は皆さん、きっとこんな思いをしているのでしょう。

そんなことを思いながら毎年の風物詩ではありますが、ようやく明日から平和な駅前が戻ってくると思うと、やはりちょっとホッとします。
孫が来て嬉しい、そして帰ってくれて嬉しい、と思うおじいちゃん、おばちゃんの気持ちがよくわかるのでありました。
コメント