平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

希望が広がる皐月賞

2016-04-17 19:51:56 | 競馬
 僕が密かに狙っていたと書き、枠が不利でも3番手に上げたディーマジェスティの圧勝。素直に馬券を買った人は単勝30倍で大儲けしたと思います (*^^*)

 レースはペースが早くなり、リオンディーズが暴走気味に早仕掛けになったのも幸いしましたが、共同通信杯の結果からもディーマジェスティの強さは予想されたのです。

 気狂いばかりの競馬の掲示板ですが、そこそこ前のスレッドで、ディーマジェスティを皐月賞馬券内に指名したら、その根拠を質問されたので答えたことがあります。その理由は、共同通信杯がタフなレースで内容が良い。それまでに戦ってきたレースを見返すと強いなど。ちゃんとログを保存していたので掲載します (;^ω^)

545 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/03/08(火) 12:54:56.42 ID
皐月賞(良・晴れ) 1:58.2
1着サトノダイヤモンド
2着マカヒキ 1/2
3着ディーマジェスティ 1
4着リオンディーズ 3/4

550 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/03/08(火) 13:03:01.13 ID
>>547
陣営が中山こなせると思ったからホープフルに登録
タフなレースとなった共同通信杯の高内容
デビューからのレースを見返すと強いと感じる

 今読み返したらレス番号間違えてた orz。それはさておき、順位は違いますが3月8日時点で今回の1着から3着まで(降着しなかったら4着まで)当たっています。実は、ディーマジェスティの共同通信杯は左脚が感染症で万全ではなく、今週の競馬ブックの誌上パドックでの馬体は見違えるほど良くなっていたのです。気に入ったので常に開いていたほど (; ・`ω・´)

 馬が強いかどうかは相手関係もあり分かりにくいですが、それこそビデオテープが擦り切れるほど繰り返して見ることで段々と本当の力が見えてきます。だから負けたとはいえ、サトノダイヤモンドの評価を下げる必要も感じません。今回は太かったから最後の伸びを欠いた。おそらく、サトノダイヤモンドは右回りが苦手で、それで陣営も目標を左回りのダービーとしていたのだと思います。弱点を晒す訳にはいかないから言葉を濁していたようですが。

 ディーマジェスティは二ノ宮厩舎と蛯名騎手というコンビですが、エルコンドルパサーとナカヤマフェスタで2度の凱旋門賞2着という悲劇のコンビ。凱旋門賞は切れるだけの馬では勝てず、タフなレースに強い底力が必要とされます。ディーマジェスティのハイペースとタフなレースに強い体質と、普段はおとなしい精神的な強さは凱旋門賞向きで、この馬で悲願の凱旋門賞制覇が期待できます。たとえ日本ダービーで負けたとしても、夢をつかむために前向きに行くべきです。

 2着のマカヒキは想定したように川田騎手のロスがあって、向こう正面で届かないと思いました。やはり下手でした。もともとスタミナではディーマジェスティの方が上で、スローで上がり勝負になる凱旋門賞でも展開次第で勝ち負けになると思います。

 サトノダイヤモンドは皐月賞とダービーの二冠を取ったら凱旋門賞には向かわず菊花賞に向かうとオーナーが明言。ところが凱旋門賞に行きたい生産者のノーザンファームと池江調教師には3冠を取る気持ちがなく、6kg増という緩い仕上げで負けを想定しての3着。これでダービーを取れれば凱旋門賞に向かえます。これくらい腹黒くなければ凱旋門賞は勝てないかも。褒め言葉ですけど (;´Д`)

 ディーマジェスティの牝系は凱旋門賞連覇のトレヴと同じだとか。ますます楽しみになりますね。それにしても、イシノサンデー以来の皐月賞馬を生産した服部牧場は偉い。

 怪しげな数字の11着に終わったプロフェット(prophet)の意味は預言者。その上の10着が地殻変動のウムブルフ。ノーザンファームの経営する一口馬主のサンデーレーシングから1頭も出てないとか、競馬の世界にも地殻変動が起こっているようです。なお、マジェスティの発音はジェにアクセントが来るのではなく、最初のマにアクセントが来るのです。映画『アマデウス』で、サリエリがマジェスティと恭しく口にするシーンを参照あれ。マジェマジェしてはいけません (-_-;)

    エフライム工房 平御幸
コメント (9)