平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

セラピスト浅田真央の資質

2007-12-31 23:34:02 | 古代史と聖書
 新年明けましておめでとうございます。今年は真央ちゃんとファンにとって良い年になるよう祈願し、喜びに満ちた一年になるよう努めたいと思います。今年も昨年に引き続きご愛読よろしくお願い申し上げます。

 さて、昨年の元旦掲載は『安藤選手擁護論』でしたが、その意気込みが世界選手権制覇へと偶然にも繋がったので、今年は真央ちゃんでスタートしたいと思います。新春のテーマは、「セラピスト浅田真央の資質」です。真央ちゃんに癒されるというファンが多いのですが、その本質は何処にあるのか?それを独自の血統理論で語りたいと思います。

 今でこそ、一年の始まりはこの季節ですが、グレゴリオ暦導入以前のユリウス暦の時代は一ヶ月ずれていたのです。有名なのはノストラダムスの1999年7の月(ユリウス暦)の解釈が、グレゴリオ暦の現在では8月となるという説です。僕の解釈では、7の月は「7番目の月」という意味で、今の暦では9月なのですが、今回は触れません。それで、日本の旧正月の本質は何かというと、それはエクソダス(脱出)として知られる、前1292年に起こったイスラエルのエジプト脱出の記念日なのです。この時、エジプト全土に災いがもたらされたのに、家の扉(鴨居)に羊の血を塗ったイスラエルの家のみ災いが過ぎ超したので、「過ぎ越し」といわれるのです。これが鳥居の赤の由来です。

 イスラエルでは過ぎ越が4月の行事とされていますが、クフのピラミッドに刻まれた預言の解釈からも、冬至後の52日目となる、現在の日本の旧正月がふさわしい事となります。このように、太陽の死と再生を意味する冬至は、一年の起点としてふさわしく、それでギリシャ時代にはセラピス神を祭ったのです。セラピス神を祭る、冬至の太陽の死と復活に対する行事が、現在のクリスマスに受け継がれているのです。ところが、ギリシャ由来と思われているセラピス神ですが、意外にも日本人の祖先が神様なのです。

 セラピス神というのは、エジプトがマケドニア(ギリシャ)に統治された時代に生まれた神で、エジプトとギリシャそれぞれの神を合併させたものとされています。しかし実体は、エジプトの牛神のアピス(Apis)と、セラ(Sera)という人名を組み合わせたもので、Sera+Apis=Serapis(セラピス)なのです。これが、ギリシャ語のセラピストやセラピー、ラテン語ではテラピーの始まりで、セラピス神が癒しの神だったので、癒しをセラピーと呼ぶようになったのです。

 こうなると、セラピス神の名前の由来となったセラという名前が気になりますね。そして、この名前を説明できる資料は、旧約聖書の『歴代志上7章-24』にある、「エフライムの娘セラは、上と下のベテホロン及びウゼンセラを建てた」という記述しかないのです。一般の聖書学では、セラが建てたのは死海の西にある要塞と考えられていますが、時代が全く合わない事から、イスラエルがエジプトにあった前18世紀の、上エジプト(テーベ)と下エジプトのハトホル神殿がベテホロンとウゼンセラではないかと僕は考えています。なぜならば、セラのお父さんはエジプト宰相ヨセフの息子エフライムで、トート神と崇められた医療・芸術・建築の神だったからです。

 古代エジプトの神々は象徴で表されていますが、その根本にあるのは意外にも五行です。中国で生まれたとされる五行が、実はエジプト時代のイスラエルにルーツがあったのです。これは、紙や漢字と同じで、イスラエルが残した遺産に過ぎないのですが。それで、ハトホル女神の肌が黄色なのは、これは日本人と同じアジア系である事を表したものです。その証拠に、日本人特有の鉢巻(ハチマキ)をしていますし、縮れ毛のエジプト人には使えない直毛用の繊細な櫛が残されています。この櫛を活用できるのは日本人女性だけなのです。ハトホルは日本人女性がモデルだったのです。詳しくはこちら

 僕はこのブログにおいて、真央ちゃんは北イスラエルの王族エフライムの子孫と度々書いていますが、エフライムの父ヨセフと祖父ヤコブがエジプトにもたらしたのは、医療、美術工芸と音楽の芸術、建築、農業、などエジプト文化の大半です。特にエフライムの時代、エフライムは尊いので朱鷺の形をしたトート神と呼ばれ、娘のセラが世界初の癒しの施設ウゼンセラ(セラの偉大な善)を造ってハトホル女神として崇められたのです。これが、現在の日本で国鳥がトート神を表した朱鷺、癒しの施設がセラのラテン読みであるテラ(寺)と呼ばれる由縁です。

 真央ちゃんは、世界初のセラピスト(セラピス徒)であるセラと同じく、エフライムを先祖とする芸術と癒しの血統にあるのです。また、セラピス神の活動時期が太陽の死と再生の冬至前後にあるので、冬季のスポーツであるフィギュアスケートで世界を癒す事になるのです。真央ちゃんの丸顔は、尊(トート)と言われた先祖エフライムの特徴であり、これがやがて北イスラエル系の宗教である仏教の尊顔として伝えられたのです。仏像の縮れ毛は、ルーツが黒人世界のエジプトにある事を伝えているだけなのです。

 さて真央ちゃんは、エジプト時代のイスラエル発祥の五行では、意外にも水徳で黒がシンボルカラーです。陰陽道では逆のシンボルを用いる事もありますから(火星探知衛星のマリナー)、その時は火徳の赤が良い事になります。最近頻繁に用いる青は、木徳のシンボルカラーなので、イエスが生まれた甲寅(キノエとら)の木を暗示します。これが真央ちゃんの背負う十字架なのですが、生まれた月の乙酉(キノトとり)からはちゃんと木徳の青となっています。それで、生まれた1990年は庚午(カノエうま)は金徳の白なのです。何か、真央ちゃんがよく使う色が表れていますね。ちなみに、真央ちゃんと韓国選手は生まれた日が近い事もあり、殆ど同じです。

 以上、五行から真央ちゃんのラッキーカラーの説明を行いましたが、僕自身は土徳の金色なので、土克(こく)水の関係で、水徳の真央ちゃんや韓国選手を支配する事になります。それで、表立っての真央ちゃん応援は出来ないのです。せいぜい、水が漏れないように土盛りする程度しか支えられないのです。その代わり、韓国選手を封じる事は出来ますから、こちらに専念します。皆さんに真央ちゃんの応援はまかせます。この一年間、真央ちゃんが無事である事を祈り、新年の抱負とさせて頂きます。

     エフライム工房 平御幸
コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仕事納め

2007-12-30 17:54:39 | Weblog
 本日をもちまして今年の仕事納めとさせて頂きます。一年間ありがとうございました。来年は、今年の元旦に『安藤美姫擁護論』を掲載して世界選手権優勝となった縁起を担ぎ、『セラピスト浅田真央の資質』を元旦掲載とする予定です。その後、『城田待望論の危険性』などを予定していますので、今年に引き続きご愛読よろしくお願いします。では、皆様が良いお年を迎えられますように心よりお祈りいたします。

     平御幸
コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お知らせ

2007-12-21 02:52:40 | Weblog
 このブログを応援して下さっている皆さんに感謝しています。しかしながら、十数年もお正月が来ない生活をして来ましたので、流石に疲れが出ました↓。体力と気力が回復しないので、コメントの返事がまともに出来ないかもしれません。


  <⌒/ヽ-、___ ウーンウーン 蟻巻念は◎ロックドゥカンブ○ポップロック▲ウオッカ
/<_/____/   △メイショウサムソン★ドリームパスポート☆インティライミ zzz
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   

 これからは、体調と相談しながら更新とコメントの管理をしたいと思います。真央ちゃんや世界中の選手達を守るための、心温まる応援と、不正に対するささやかな力強い抵抗をお願いします。日本選手権前には元気になって、精一杯の応援が出来ればと思っています。

 なお、コメントは訪問者が共有できる貴重な情報源でもありますから、今までのようにご自由にご活用下さい。

     エフライム工房 平御幸 
コメント (35)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お正月は楽しんで厄払い

2007-12-20 20:41:35 | Weblog
 お正月が近い事もあり、注連縄(しめなわ)や幣帛(へいはく)の一種である紙垂(しで)で飾られた、縁起物のお正月飾りが出回る季節となりました。普段は何気なく用いるお飾りですが、これらには深い知恵が隠されています。只のデザインではなく、一つ一つが神の象徴となっているのです。これを解説しながら、真央ちゃんを守る厄除けを伝授します。

 注連縄を立てて観察すると、左回りで撚(よ)られている事が分かります。これは、聖書の奥義である、左回りで木に絡み付く蛇(絶対神)を表しているのです。『民数記』21章8~9に、モーセが青銅の蛇(火の蛇)を造って竿の上に掛けたとあります。これが神社でよく見かける青銅の龍の原型なのですが、蛇が絡まる方向が左回りの3回転半と決まっているのです。左回りの3回転半というとトリプルアクセルがそうですが、トリプルアクセルには聖書の奥義が山のように隠されているのです。また、この左回りで木に絡み付く蛇をデザインしているのが紙垂(しで)=幣帛です。

 紙垂(しで)は紙に切れ目を入れて雷の形に折ったものですが、雷もイエス(=ヤハウェ)の象徴です。そして、紙垂(しで)の折り方も、左回り3回転半が基本ですが、左右に広げた七支樹(メノラー)をデザインしたものだけ、反対側に右回り3回転半の紙垂(しで)が加わる事になります。3.5+3.5=7となる訳です。この紙垂(しで)により、モーセが掲げた青銅の蛇と同じ効果があり、死(サタン)から逃れて生きる事が出来るのです。

 モーセが掲げた青銅の蛇は、後のイエスの十字架を象ったものとされていますから、幣帛付きの注連縄は、それだけで十字架上のイエスと同じになるのです。又、門松は3本の柱と9個の輪によって造られる生命の樹を表しています。詳しく知りたい方は、飛鳥昭雄氏の『失われたキリストの聖十字架「心御柱」の謎』を御覧下さい。

 さて今回、世界で初めて発表しますが、天皇家の十六菊花紋の解き明かしをします。十六菊花紋には、イエスが獅子で象徴されたユダ族の王だったことから、「獅子=四×四=十六」という意味が隠されていたのです。菊の紋は、掬(キク=すくう)から、草冠のイエスによる救済を表すためです。菊の構成に米が入っているのは、十字架を挟んで、下の八が旧約のヤハウェ、上の八が新約のイエスを表し、ヤハウェとイエスが同じ神であるとする奥義を伝えるためです。イエスが木に掛けられたというのは、「十字架+ハの字=木」で旧約のユダヤ教(サンヘドリン)に殺されたという意味なのです。この八+八の考えからも、十六菊花紋が理解できると思います。ちなみに、米の上に十字架が加わると、イエスの再臨という意味の「来」という文字になります。イエスの再臨が「来る」だったのです。

 道という字は、イエスを証して首を切られた「洗礼者ヨハネの首の道」を表します。真っ直ぐな道を整えたヨハネの首を欲しがったサロメは、お盆にメの字で凶として語り継がれています。韓国選手はやがて、サロメをプログラムとして自らの悪を誇るでしょう。

 また、十字架上のイエスは、茨の冠を被せられ棒で叩かれました。これにより、イエスは草冠で表されるのです。ここから、薔薇(バラ)科の木が魔除けとなります。僕の経験では、猫が鼻先に突きつけられたミカンを嫌うみたいに、僕が描いた木イチゴの花の絵を恐怖の表情で見た女性を知っています。他の人が美しいと評する絵が怖いのは、憑依している悪魔が怖れたためです。また、正月のお飾りに欠かせないお餅は、出エジプトの時に食べた種入れぬパンがルーツなので、同時に食べた苦菜(大根)と共に七日に食べると良いのです。

 日本の国旗は、旗(ハタ=エジプト語の獅子)でユダ族、すなわちイエス。紅白は、旧約と新約の神、あるいは南ユダ王国の白と、北イスラエル王族エフライムの赤。金のボールは祭司レビ族を表し、竿の縞模様は北イスラエル王族エフライムの祖先ヨセフを表します。お金に余裕のある人は、真鯛を飾ってマタイを偲び、鮑(アワビ=パォ)でパウロに感謝し、餅を食べてマナの奇跡をもたらした神に感謝しましょう。マナの料理方法は、餅と全く同じなのですから。菊科の牛蒡(ゴボウ)や、下エジプトのシンボル蓮の花から蓮根も召し上がれ。

 年が明けたら、天皇家を陰で支える祭司集団、八咫烏(やたがらす)がなぜ烏なのかの説明をしたいと思います。

    エフライム工房 平御幸
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卑劣な韓国にお灸を

2007-12-19 10:54:46 | Weblog
 ファイナルの表彰式を確認できましたが、何と二位の真央ちゃんは、三位のコストナーさんより台が低く設定されていました。真央ちゃんの台が僅かに前に出ていたので、最初は目の錯覚と思ったのですが、その誤差を考慮しても二位の台の方が3㎝程度低いのです。画像はこちら↓

http://dory.mncast.com/mncHMovie.swf?movieID=10057402120071216181808&skinNum=1

 これは韓国の放送ですが、韓国では実況で大会を放送していました。これは、最初から韓国選手が真央ちゃんに勝つという前提で企画された番組です。韓国では国威発揚のため、国を挙げて日本潰しに必死なのです。そのためには手段を選ばずで、大会の費用は日本のスポンサーに出させ、美味しい所だけを全部持って行く韓国のやり方は許せません。プレゼンテーターが韓国の役員とは馬鹿にした話です。この役員が韓国選手のキスクラに座ったら、買収が成立していた証拠となります。3コケでもしない限り、何処の国の選手も勝つ事は出来ません。

 このような韓国にお灸を据えるために、少しばかり知恵を授けます。

 まず、タラソワ先生のコメントを悪用しようとする輩には、2chでも外国語専門の板に協力して貰い、問題のロシア語画像の翻訳をお願いします。この場合、外国語フォーラムだけでなく、NHKの外国語講座フォーラム、あるいはロシア人の集まるフォーラムなど、探すと色々出て来ると思います。僕は忙しくて、掲示板を頻繁にチェックするのは無理なので、時間に余裕のある方にお願いできれば幸いです。動画のURLを貼ってお願いするのを忘れずに。この方法だと、イタリア語やフランス語での解説動画も、空虚な議論を重ねなくてもすっきりします。

 次に、韓国選手のエッジ不正については、ISU幹部の主導で見逃されているので、ISUではなくて、フィギュアスケート専門誌、大会スポンサー、海外フォーラム、IMG、スケ連会長である橋本聖子の選挙事務所、スポーツ議員連盟、文部科学省、などへの抗議(メール、電話、書き込み)が有効となります。問題が大きくなればメディアは勝手に動きます。ロッテの不買運動と抱き合わせならば、経営状態の良くないロッテから動くはずです。

 以上、提案として書いてみましたが、多くの人がアイデアを出し合う事で、より効果的な活動が期待できますので、掲示板などでも建設的な方法を模索できると思います。

     エフライム工房 平御幸
コメント (44)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タンカー衝突~ノストラダムスの予言

2007-12-09 04:47:57 | Weblog
 韓国のソウルの南でタンカー衝突事故があり、大量の原油が流出しています。波が高くオイルフェンスが役に立たず、岸が近いことに加え海流の影響もあり、漁業を中心とした被害は大変なものと想像されています。

 この韓国史上最大の原油流出事故をもたらしたのは、不正経理で検察に調べられているサムスンのグループ企業のクレーン船です。詳細は分かりませんが、クレーン船を引っ張っていた艀(はしけ)が、高波の影響を受けてロープが切断され、勢いで停泊中のタンカーに衝突した模様です。一部では、衝突したのは艀の方ではないかと見られています。韓国のオイル流出事故は、サンフランシスコ湾で先頃(11月07日)起こしたばかりですが、何故たびたび事故が起きるのでしょうか?それは、ノストラダムスの予言に支配されているからです。

 ノストラダムスはイスラエル12部族のうち、五男に相当するイッサカル(五酒=五番目の祝杯)の子孫で、日本人とは兄弟関係にあります。ですから、彼の予言はイスラエルという国家のためではなく、日本を中心としたイスラエル12部族のためにあるのです。彼の予言詩の中に、次のような一節(1-16)があります。

 Faulx a l'estang joinct vers leSagittaire
 東の鎌の継ぎ目、射手座(11/24~12/22)の頃
 Enson haut Auge de l'exaltation,
 名高い飼い葉桶(Auge)の中に興奮が聞こえる…
 Pest,famine,mort de main militaire,
 ペスト、飢餓、軍隊による死
 Le siecle approche de renovation
 世紀は革新に近付く


 この詩を、今回の事件に照らし合わせてみましょう。

 Faulxは鎌で、朝鮮半島と中国大陸が作る巨大な湾の形を指しますが、同時に北朝鮮労働党など共産主義のシンボルでもあります。Estang joinct はEstangをEstとTang分解し「東・合わす(衝突)・タンカー」となります。Augeはオウジュで、事故のあった黄海の黄をオウと読んだもの。3節目のmortは死ですが、molt(原油)のアナグラム(暗号)と見ることが出来ます。

 ここまでを通して解読すると…

 射手座の頃、東の鎌の形をしたオウと呼ばれる湾でタンカーが衝突する…


 実は最初(93年当時)、この詩は黒海でのタンカーによる重油流出事故を暗示したものと考えていました。エスタンが黒海の出口に位置するイスタンブールのアナグラムにもなるからです。もちろん、黒海そのものが飼い葉桶の形をしているということもありますが。実際、一月前の11日に、「黒海とアゾフ海を結ぶロシア、ウクライナ国境のケルチ海峡で11日に発生したタンカー事故による重油流出…(日経エコロミー11月13日)」とあります。この時点で、ノストラダムスの予言は評価されて良かったのです。しかし、イスラエルの宗主国である日本人にとってはインパクトが弱かったですね。それに時期も僅かにずれていますし。

 結論から言うと、サンフランシスコ湾の事故や黒海での事故は、黄海で本番を迎える大事故の露払いに過ぎなかったのです。この予言は、タンカー事故を起こした朝鮮半島を雛形とし、オーストラリアや日本のように革新政党が台頭するのを合図として、飢餓や病気や軍隊による虐殺が、世界規模で起こる事を暗示しているのです。朝鮮半島とは、もちろん北朝鮮の軍事政権です。北朝鮮は、共産軍事国家による最終戦争の雛形なのです。革新の民主党が中国に大挙して出かけたタイミングには苦笑してしまいます。

 こうして、8-77の詩のように、27年間続く戦争の基が、今まさに据えられたのです。そして、4-95の詩のように、27年後に世界は偽キリストにより統一され、それから三年七ヶ月で本当のイエスの再臨を迎えるのです。これからの苦難の時代、もう神の導きに縋(すが)るしかないのですが、朝鮮カルトには呉々もご注意を…。

 12/12追加 「Faulxは鎌で、朝鮮半島と中国大陸が作る巨大な湾の形を指しますが」と書いた部分ですが、これはタンカー事故の海側から見た解釈で、鎌と付け根というキーワードからは、朝鮮半島自体が、ちょうど平壌の緯度を継ぎ目とした鎌の形となります。アメリカによるテロ支援国家の指定が解除されない公算が高くなった今、北朝鮮の動向に目が離せませんね。


     エフライム工房 平御幸
コメント (27)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする