覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

日本馬の秋へ

2013年10月08日 14時17分41秒 | Weblog
 体育の日、次の14日月曜に組まれた 第61回 府中牝馬ステークス このレースも既に調べが付いており、実はある 〇年前の重賞レース これがベースで行われていることを、わたくしは把握している。
 
 この対象となる連動レースは、ある年、重要な変更が下され、これを反映したのが2001年の府中牝馬ステークスだった。この年以来、去年まで12年で11回の、濃い連動を果たしている。
 
 そして、この12年間の唯一の連動しない例外の年。この折は、その連動レースと同じ週に行われる、別の重賞レースが、そのまま1・2着ゼッケン、ピタリ一緒で代用連動した。そればかりか、勝利ジョッキー、2着馬の馬主、即ち勝負服まで全く同じ。また勝ち馬同士は、競馬ファンなら誰が見ても解かる、同一の 〇・・・〇馬 であった!
 
 この例外の年の方が寧ろ、露骨な提示を直ぐ周辺に用意してあったのであり、12年で1度の例外の年の方が濃いくらいだから、向こうがこれを意識し、府中牝馬ステークスの近年を組み立ててきたことは疑いようがない。
 
 頭数的にも、今年の府中牝馬は
 
    〇枠 または 〇枠 の発射
 
 これで間違い無し。わたくしは〇枠の方だと思うが、出馬表が楽しみである。
 
 御登録は
 
     sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで
 
 『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名にて、空メールを下さい。
 
 超・長期の優遇御登録、今週以内まで、お受け致します。
 
 この日曜 3歳牝馬 秋の女王決定戦 第18回 秋華賞 御期待下さい。