覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

引退の真実!

2013年10月13日 17時55分39秒 | Weblog
 
 ああ!~ 厭だ、厭だ!  どこかで見たと思い、調べたら、やはりそうだった。
 
 
   1996年3月17日 中山5R 
 
   1着 1枠 1番 アラビアンナイト   牧原由貴子
   2着 8枠16番 ウインディライト    横山典弘
 
 これは一体、何のレースか! 
 
 
 私は全く反対のものを見ていた。
 
 大石内蔵助 は囃す。
 
   赤穂(あこう)でなく、阿呆(あほう)侍  ~
   大石でなく、軽石 ~
 
 
 
  先月30日付で引退。今は調教助手。
 
 
   第18回 秋華賞 
 
   1着 8枠16番 メイショウマンボ    武幸四郎
   2着 1枠 1番 スマートレイアー    武豊 
 
 ただの、1・2着入れ替え
 
 
 無駄なことはしない、と云うことだ。総て、向こうの目論むがまま
 
 
 増沢由貴子 (旧姓・牧原) 生涯初勝ちのレースなのだ。
 
 わたしは生涯、最後の勝ちレースを見て、今日、痴呆と化した。
 
 
 皆様、これでもまだ、競馬は真剣な競走だと思われるのですか?
 
 生涯そのまんま ですか 
 
 
 この土曜は、田中角栄がロッキードで実刑判決を受けた日だが、堪えられない マキコ ではないか!
 
 

Tの喜劇! 原作特定

2013年10月13日 16時51分04秒 | Weblog
 秋のGⅠレースの全体構造が解かって来ました。
 
 今週該当の61ページ この1頭を仰視している内、あの馬が遣り遂げたあとの翌年のことだと察しが付きました。
 
 明日御登録ある方々、来週中に御登録手続きくださった方に、お話します。
 
 結局は、かつて行われたあるレースと同じ結果を繰り返しているのですから。
 
 
 かなり明白です。結果を示されると、向こうのルールが読める。
 
 明日情報、冒頭。しっかり読んでくださいね。
 
 2つの、この秋シーズンのGⅠが終わりましたが、はっきりしている。先週のレースも、その予告編だった模様である。
 
 明日は、その事実をお知らせすると共に、メイン競走、必死!!
 
 絶対に獲る!!   第61回 府中牝馬ステークス 
 
 
 写真は、人間国宝 幸四郎の兄弟である。
 
 
 
 今日の結果で、巨視的に視ることができました。
 
 結局、その年、そのシーズンは何をやるのか。―― この本質が掴めるかどうかである。
 
 スプリンターズと秋華賞 これが併呑できれば、もうシーズンは勝ったも同然である。
 
 明日、この秋のグランドデザイン、本質を簡潔にお伝えします。
 
 
 

とってもいい名前!!

2013年10月13日 16時10分33秒 | Weblog

   第18回 秋華賞 

 
   1番人気 7枠14番 デニムアンドルビー 
   2番人気 1枠 1番 スマートレイアー
 
 この 1番14番 の間に、1頭が割って入るレース と云う結論で、わたくしも保険は入れたが、最も嫌っていた 8枠16番 メイショウマンボ 武幸四郎 これに勝たれ、結果的に上位3頭が最も低配当の、つまらない決着になってしまった。
 
 確かに当日のレース経過で 〇枠 また 中心と見た、7枠 の弱まりも見え、しかも7枠は 3着 7枠13番 リラコサージュ という伏兵の食込み。
 
 3連複 50030円    までも獲れませんでした。
 
 明日の競馬、第61回 府中牝馬 を仕留め、秋GⅠシステム を凝視する週とする。
 
 
 来週 菊花賞  
 
 その前に明日。もう今日のレース結果で、中心は 〇枠 で揺らぐまいと思われる、ここで、今週の儲けを取り切る。
 
 しかし、わたくしには、読めなかった、今日の 牝馬二冠達成!
 兄弟のGⅠワンツー!
 
 
 先週終わった 第92回 凱旋門賞 
 
 ここでただ2頭だけ、ゲート番とゼッケンとが一致していたのが
 
   ゲート  ゼッケン
 
   16番  16番  サハワール         11着
    1番   1番   ベリーナイスネーム    16着
 
 
 これくらいしか明瞭な手掛かりが見つからない!
 
 翌週の日本競馬の大一番へ繋ぐ   1番16番  
 
   16番 メイショウマンボ
    1番 スマートレイアー 
 
 
 厭なことをしてきやがった!