椿峰のまち

所沢・椿峰ニュータウンでのまちから見えてくるものをお伝えするブログです。

2021年4月 青森へ その4

2021-04-16 00:55:06 | 高齢化社会

4月8日 晴れ 

片づけ1日目 4人の男性の方たちに作業をしていただきました☆

ベッドが解体されました。下のじゅうたんは水をたっぷり吸っている状態です。

じゅうたんはよく切れるハサミではずして ↓

この日はまだ暖かでした。

1階の和室と2階はどうにか無事だったので、遺品の片づけは半分ほどになっています。

女のひとはバッグがどうしてこんなに必要なのか、といつも思うそうです 

コメント (1)

2021年4月 青森へ その3

2021-04-14 19:15:20 | 高齢化社会

出発前に、高校時代の友人が最近、実家の家じまいをしたときに依頼してよかったというトータルプロデュ―ス・モコという会社に片づけを依頼したところ、忙しい時期のようで、4月7日見積もり、8,9日の2日間の作業となるとのこと。

また、長男の知人の青森の建築設計事務所の稲見さんと工務店STKさんにどのようにしていくのか相談に乗ってもらうことにしました。

 

4月7日 晴れ

朝、実家の玄関をこわごわ開けてみました。

納戸が一番ひどく、ダイニングと居間(高齢になって両親は数年間ベッドを2つ置いていました)の床が水で濡れていて、照明のカバーが落ちたり、水が貯まったまま外れかけていたりしていました。

 ・午前10時 モコさんの作業見積もり

 ・午後2時 水道屋さんに1階台所と1階トイレだけ水道を開けてもらう

 ・午後4時 稲見さんとSTKさんに会ってお話しする

暖かな日だったので、合間に納戸にあった水を吸って膨らんだトイレットペーパーなどを外に出したりしました。

容器という容器には水がいっぱい入っている状態でなんと重いこと・・・・

少しでも乾かしたいと思ったのですが・・・・ほんの一部です。

とはいえ、水害にあわれた方に比べれば、この程度で嘆いてもいられませんね

コメント (1)

2021年4月 青森へ その2

2021-04-12 18:55:34 | 青森

いつものようにホテル青森へ宿泊。朝食つきと海の見える窓がありがたいです。

こちらは12階の部屋の窓からです。

17階の朝食の部屋からです。向こうにみえるのは津軽半島です。

朝食の部屋の隣の部屋から八甲田山が見えます。

この日は遠くに岩木山が見えました。

一昨年秋に母が亡くなって、昨年少し長めに青森に滞在して家の片づけを予定していましたが、コロナと神戸の義姉のあれこれで片付けができずにおりました。

昨年の秋に一周忌で帰ってもう一度来れるかと思っていたところ、神戸に出かける用事ができてすっかり水道の確認を忘れてしまいました(泣

 

コメント

2021年4月 青森へ その1

2021-04-11 23:51:11 | 青森

4月6日の夕方の東北新幹線で青森へ。

桜前線を越えて移動することになりました。

 

福島のあたりではモモが花盛りでした。

青森の実家が冬の間、水道栓を開いたままにしていたため水道が凍ってしまい、破裂して水浸しになっているとのことで、片付け業者に作業の予約をして、4月6日から4泊5日の予定でした。

警備を依頼しているALSOKの方と、長男の知人の建築設計の方に写真を送ってもらっていたのですが、1階の天井部分に水が溜まっているらしく、カビも発生しているとのこと。

どうなることやら、と思いつつ、夜の青森に到着しました。

コメント

さくら さく まち

2021-04-02 09:40:01 | 樹木

どういうわけかサクラも自粛中にも感じられます。

気合を入れて撮ったつもりなのに・・・・・

もしかして、樹木は気持ちに寄り添うことができるということでしょうか。

コメント (7)