クールジャパン★Cool Japan

今、日本のポップカルチャーが世界でどのように受け入られ影響を広げているのか。WEB等で探ってその最新情報を紹介。

日本のポップカルチャーの魅力(2)

2009年04月07日 | マンガ・アニメの発信力の理由
引き続き、日本のポップカルチャーの魅力の背景に何があるかを探っていこう。すでに触れたように日本では、大人の男性が(特に知的エリート)が支配する社会形態が崩れ、「大衆・女・子ども」が、消費社会の主流にあって、みずから文化をリードしているようだ。

3)巨大な中間層、大衆が生み出す文化
日本の社会は、階層性のきわめて少ない、巨大な中間層が中心をなし、大衆を形成している社会だ。そのような大衆が生み出す価値観が、マンガの中に自ずと反映されており、それが日本のマンガが受け入れられるひとつの背景になっているかも知れない。マンガは、そうした巨大な「中間層」に消費され、そのような普通の日本人の意識や希望や挫折や喜びや悲しみを反映している。日本人には意識しにくいが、マンガには、外部から見た日本の社会の魅力が、自ずと反映している。だからこそ、それはクールと感じられ、好感ももって受け入れられるのだろう。

4)普通の庶民の価値観が反映している
日本のマンガがここまで受け容れられた背景には、欧米のコミックとのマンガのストーリーづくりの違いにある。顕著な相違点は、「強くもなく、特別でもない主人公が、試練と努力を重ね、強く成長していく」というところだ。 欧米のコミックの主人公は、特別な才能を持っていたり、タフだったりと、いかにもヒーローらしい主人公が多い。無敵の主人公に憧れるタイプのストーリー展開になっている。

その点、日本のマンガの主人公は、落ちこぼれだったり、不良だったり、ごく普通の学生だったり、と最初からヒーローでない場合が多い。普通の人間として、マンガに登場する主人公に共感できる。

この記事についてブログを書く
« 日本のポップカルチャーの魅... | トップ | 日本のポップカルチャーの魅... »
最近の画像もっと見る

マンガ・アニメの発信力の理由」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事