チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

基地問題で沖縄県と交渉

2011年06月10日 | 沖縄日記
             (平和市民連絡会等の対県交渉)   今回の沖縄滞在も今日(10日)が最終日。明日には京都に戻る。  午前中、普天間基地移設問題に関する平和市民連絡会の県交渉に参加した。北沢防衛相の来県までに、急遽、交渉を入れたため、相手は、返還問題対策課長と基地対策課長の2人。  ちょうど防衛省がオスプレイの沖縄配備を通告したばかりで、交渉もこの問題に集中した。今日、 . . . 本文を読む

辺野古から高江、安波へ

2011年06月10日 | 沖縄日記 高江
 (辺野古・キャンプシュワブのフェンスには、京都行動の大きなバナーも)    沖縄は、今日で梅雨明け。観測史上一番の早さだという。  Nさんと一緒に、辺野古から高江、そしてヤンバルを一周した。高江は、7月にも予想される防衛施設局の工事再開を前に、次第に緊張が高まっている。2月はまだ涼しかったのだが、7月の炎天下での攻防は大変だろう。次回のフィリピン行の日程にもよるが、なんとか、 . . . 本文を読む

伝説の神の島・浜比嘉島へ

2011年06月08日 | 沖縄日記
 フィリピン・サマールに来てくれていた中国出身のNさんが、昨日、沖縄にやってきた。  義母の具合もまずまずだったので、連れ合いと3人で、沖縄中部の浜比嘉島へ。彫刻家・金城実さんの生まれ故郷。伝説の神の島というだけあって、静かな集落の佇まいが素晴らしいところだった。    帰途は、勝連城跡へ。このグスクは、琉球王国に最後まで抵抗した阿麻和利の居城。高度差があって壮大なグスクだ . . . 本文を読む
コメント (1)

このブログの写真が単行本に

2011年06月06日 | 沖縄日記
   嘉手納基地の前の米兵用のパブ。ここはいったい何処の国なのかと思う。  以前、このブログ(2009.12.23のブログ)に掲載した写真だが、何処で知ったのか、この写真を発行予定の沖縄の本に使わせてくれという依頼が来た。沖縄の街には、まるでアメリカのようなところがあることを紹介したいとのことだった。  承諾して、もう一度写真を撮りに行き、サイズの大きな写真を編集者に送った。しばら . . . 本文を読む

珊瑚舎スコーレ、今年も馬天ハーリーで堂々の入賞!

2011年06月05日 | 沖縄日記
              (珊瑚舎スコーレ、今年も堂々の4位入賞(手前))   梅雨の合間の快晴。バスで与那原から馬天へ行く。今日は、恒例の馬天ハーリーの日、那覇のフリースクール・珊瑚舎スコーレが2チームを出艇させるというので、応援に行った。    珊瑚舎スコーレ  ハーリーは、古く中国から伝わったもので、海人たちが、漁の安全と豊漁を祈願して行われるという。この時期は、沖 . . . 本文を読む

沖縄、街の色が一晩で一変

2011年06月01日 | 沖縄日記
     今朝の沖縄タイムス、1面下のコラム。  「まちの色が一晩で一変した。生き生きとした緑は、痛々しい焦げ茶色になっていた。台風とつきあって40年余。初めて見る光景だ。」  先日の台風は、那覇でも瞬間最大風速55mと強烈なものだったが、雨はほとんど降らなかったという。そのため、強風で運ばれた海水が木々に付いて、洗い流されなかったための塩害らしい。  普段なら梅雨の真っ最中なので、木々は . . . 本文を読む
コメント (1)