チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

名護・第1護郷隊の碑

2010年08月31日 | 沖縄日記・沖縄の戦跡
         (名護小学校にある第1護郷隊の碑) 台風も、名護の辺りではかなりの被害があったようだが、那覇ではほとんど何事もなく済んでしまった。 今日は、台風一過。午後からは太陽も出て、空にはうろこ雲が現れた。風も、心なしか、爽やかになってきたようだ。 8月28日の学習会で、陸軍中野学校と護郷隊のことを学んだが、30日に名護に行った際、名護小学校の第1護郷隊の碑を訪ねた。護郷隊は、当時の名護国 . . . 本文を読む

台風、沖縄本島を直撃

2010年08月31日 | 沖縄日記
   (午後4時頃、台風が那覇市に最も近づいたころ) 台風7号が沖縄本島を直撃した。 2年少し前に沖縄に引っ越してから初めてきた台風だ。 学校は全て休校。路線バスやモノレールもみんな運休となった。 朝からベランダを片づけたりしてバタバタしたが、午後いっぱい風と雨が時折強くなったがそれほど大したことはなかった。半ば期待もしていたのだが、やや肩透かしを食った感じだ。 それでも名護では風速50mにもなっ . . . 本文を読む

台風近づく辺野古

2010年08月30日 | 沖縄日記
 (安次富さんの話を聞く福岡からの学生グループ) 午後から辺野古へ。 やはり、台風が近づいているため、海岸の座り込テントは片づけ、奥の命を守る会の小屋で座り込みが続けられている。 それでも、ひっきりなしに来訪者が訪れていた。 まわりの荷物を片づけたり、窓に板をうちつけるなどの作業を手伝う。毎度のことなので、皆、手慣れたものだ。 夜は名護市内で開かれた「ジュゴンの里」主催の学習会「生物多様性と地域振 . . . 本文を読む

講演会「陸軍中野学校と沖縄戦」

2010年08月28日 | 沖縄日記・沖縄の戦跡
             (夕食その① うりずん豆のテンプラ) 28日(土)の午後は、沖縄市で開かれた反住基ネット沖縄の学習会「陸軍中野学校と沖縄戦」へ。 当時、沖縄北部や八重山などの離島には、陸軍中野学校出者が42名配置され、山中のゲリラ戦を担う遊撃隊(護郷隊)、住民監視なとを行う離島残置諜者などに別れて活動していたという。 護郷隊は、北部の14歳から19歳の少年ら約800名によって組織され、武 . . . 本文を読む

また沖縄へ

2010年08月27日 | 沖縄日記
 (27日、那覇の桜坂劇場で「老人と海」を見る) 8月26日、沖縄に戻ってきました。 37.5度を記録した京都から来ると、沖縄は最高気温でも32度程度。湿気はやや高いものの涼しく感じるほどです。 今回は9月6日までの短い滞在です。 27日は、桜坂劇場へ。「老人と海」という映画の最終日です。 「与那国島の82歳の老漁師が、ひとりサバニを操り、流れの速い黒潮で巨大カジキに挑む!」という映画で、カジキを . . . 本文を読む

興南・島袋君と普天間基地問題

2010年08月23日 | 京都日記
(優勝の後、インタビューに答える興南高校・島袋君(21日)) 今朝、偶然、「みのもんた朝ズバ」を見ていると、「沖縄興南高エース少年時代の素顔」という特集があった。でかける準備をしながら何気なしに見ていたのだが、普天間基地問題と島袋君のかかわりが分かり驚いた。 2004年8月に、米軍ヘリが墜落した後、9月15日に宜野湾市の主催で、抗議の市民大会が開かれた。3万人の市民たちが集まったという。 その時、 . . . 本文を読む
コメント (1)

指笛とカチャーシー・燃える甲子園

2010年08月21日 | 京都日記
  朝から甲子園の高校野球決勝戦へ。 沖縄・興南は、那覇の我が家から自転車で15分ほどのところにある高校だ。 梅田からの阪神電車には、もうオレンジのTシャツを着た興南の応援団がいっぱい乗っている。 球場には9時に着いたのに、1塁側(興南)アルプス席はもう売り切れ。1塁側内野席のチケットを求める長い列に並ぶ。1時間ほど並んで、あと数人だというところで、ああ、非情にも売り切れ。 大慌てで外野席へ。運よ . . . 本文を読む

龍谷大学・Sさんの雇い止め裁判

2010年08月20日 | 京都日記
 20日午後は京都地裁へ。 私が1998年、フィリピンから戻って中村尚司先生に学ぶために龍谷大学大学院に社会人入学したときの1年先輩だったのがSさん。 初めて出たゼミで、彼女のインドネシアの市場の女性たちを対象としたフィールド調査の報告を聞いた。市場の女性たちを単に研究の対象としてではなく、自ら小規模融資グループを立ち上げて援助を続ける彼女の姿勢には、本当に感心した。  その後、彼女は博士課程に進 . . . 本文を読む

酷暑の中で

2010年08月19日 | 京都日記
  とんでもない暑い毎日が続いているが、毎日、事務所で仕事に追われている。 今、我々は、京都市教委を相手にした訴訟をいくつもかかえている。 タウンミーティング不正国賠訴訟(大阪高裁で逆転勝訴)や、パイオニア委託事業住民訴訟(門川教育長に7168万円の損害賠償命令が出された。)は、市教委が最高裁に上告したが、まもなく最終結論が出されるだろう。 大阪高裁にかかっているのは、一審で、部分勝訴を勝ち取った . . . 本文を読む

嵐山の送り火と灯篭流し

2010年08月16日 | 京都日記
 (嵐山・渡月橋下流での灯篭流し) (鳥居形の送り火) 夜、7時半頃、Oさんから電話があり、急遽、嵐山へ。 渡月橋で送り火と灯篭流しを見た後、またまた「やもめ亭」で御馳走になる。  灯篭流しは初めて見たが、戦没者の追悼として始まったことは知らなかった。  . . . 本文を読む

各地に飛び立つ若者たち

2010年08月09日 | 京都日記
 (8月7日~8日、「『韓国併合』100年 日本と朝鮮半島の過去・現在・未来を考える」集会が開催された。写真は、シンポジウム「強制連行問題の現状と課題 その立法解決を求める」) 8月8日(日)の夜は、2人の若者の壮行会。 K君は、韓国政府の国費留学生試験に合格し、8月末から韓国の大学院に3年間の予定で出発する。 Mさんも、台湾の国費留学生試験に合格し、来週から、台湾に2年間の予定で出発する。 2人 . . . 本文を読む
コメント (1)