チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

高江訴訟、裁判長が対話を提案

2011年08月26日 | 沖縄日記 高江
 25日(木)の朝1番の飛行機で京都に戻ってきた。さっそく住民訴訟の弁護団会議。  これから、サマールに出発する9月4日までは、準備書面作成に追われる。  25日は、高江訴訟の集中審理の最終日だったが、裁判長が対話を提案したらしい。以下、沖縄タイムスの記事を紹介する。    東村高江への米軍ヘリパッド移設工事に関連して、国が反対派住民2人に通行妨害の禁止を求めている訴訟の尋問が2 . . . 本文を読む

高江、集中審理の2日目を傍聴

2011年08月24日 | 沖縄日記 高江
               (那覇地裁、法廷前の掲示)  今日(8月24日・水)は、今回の沖縄滞在の最終日。明日は、京都市教委相手の住民訴訟の弁護団会議があるので、早朝の飛行機で京都に戻らなければならない。  昨日、とうとう八重山地区の教科書採択地区協議会が、育鵬社の公民教科書を選定してしまった。与那国島への自衛隊配備が動き出しているが、それに向けた政治的な動きであることは明らかだ。この . . . 本文を読む
コメント (1)

高江・スラップ訴訟、集中審理始まる

2011年08月23日 | 沖縄日記 高江
                (23日午前、地裁前での決起集会)  ヘリパッド基地建設に反対する住民を相手に… 恫喝目的で… 国が起こしたスラップ訴訟  いよいよ今日から3日間、高江・スラップ訴訟の集中審理が始まった。連日、双方の証人が相次いで出廷する。今日も嬉しいことに、傍聴券の抽選に当たった。  初日の今日は、防衛局の当時の現場責任者・高瀬氏の尋問が午前 . . . 本文を読む

米軍実弾演習阻止の闘いの地---喜瀬武原(きせんばる)から恩納岳を望む

2011年08月21日 | 沖縄日記・沖縄の戦跡
 (正面が恩納岳。右側が米軍の実弾演習で禿山となった金武岳、ブート岳。県道104号線から)    沖縄に来てしばらく経った頃、海勢頭豊のコンサートに行ったことがある。その時聞いた「喜瀬武原」の歌の調べが忘れられない。この歌は、復帰直後に始まった米軍の実弾砲撃演習阻止の闘いの中で生まれたものだ。  平良修さんは、この歌について、「運動の中から私たちが生み出し、静かに深く、激しく高 . . . 本文を読む

久しぶりの高江

2011年08月18日 | 沖縄日記 高江
 18日(木)、久しぶりに高江に行った。  お盆の後も、防衛局の工事再開の動きはない。カンカン照りだったが、木陰に入ると爽やかな風が吹いて心地よい。皆と、ゆんたくをしてのんびりと過ごす。  こんな静かな日が続くといいのだが。      . . . 本文を読む

泡瀬干潟へ

2011年08月16日 | 沖縄日記
    (すぃーとさんは、第2次住民訴訟の原告)          (9月からの埋立再開に向けて準備が進む。)  16日(火)の午後、久しぶりに泡瀬干潟に行った。  広大な干潟は、ちょうど潮が引いており、沖合まで歩いて行ける。炎天下だったが、海からの潮風が心地よい。足元には、カニやヤドカリなどが走り回っていた。それでも、沖合の埋立予定地には、時折、ダンプカーが走っている . . . 本文を読む

今日は旧盆入りの「ウンケー」(お迎え)

2011年08月12日 | 沖縄日記
   (病室からの風景  那覇新港の向こうに慶良間諸島が見える)  8月4日のブログでも書いたが、●●●のため、9日朝、大浜第一病院に入院した。ここは、義母がいつも入院している病院なので何回も見舞いに来ていたが、まさか、自分が入院することになるとは思わなかった。学生時代の事故による入院以来、46年ぶりの入院だ。  午後、まるで手術室のようなものものしい検査室に寝かされ、●●●の検査 . . . 本文を読む
コメント (1)

米軍基地建設のため、ディエゴ・ガルシア島から強制退去させられたチャゴス先住民族

2011年08月08日 | 沖縄日記
 (チャゴス先住民族のリーダー、オリヴィエ・バンクールの力強い挨拶)  今日(8日)は、国際会議「占領下における対話」の最終日。一日、盛りだくさんな会議が続いた。  圧巻は、米軍基地にするため、インド洋のディエゴ・ガルシア島から全員が追放されたチャゴス先住民族のリーダー、オリヴィエ・バンクールの力強い挨拶だった。  この島は、もともとイギリスの植民地・モーリシャスの一部だった。しかし . . . 本文を読む

やっと開催された国際会議「占領下における対話」

2011年08月07日 | 沖縄日記
 (韓国済州島の海軍基地反対運動についてのシンポジウム)  8月4日(金)から、国際会議「占領下における対話」が予定されていたが、台風直撃のため、4日は中止、5日の午後になってから予定を大幅に変更して開催された。カナダ、パレスチナ、コロンビア、ワシントンに次いで、今回、5回目の会議が、満を持して沖縄で開催された。占領下における「対話」と「抵抗」を、解決への視点をもって探究することをテーマにし . . . 本文を読む

台風、やっと通過。まる2日間、暴風雨圏内に

2011年08月06日 | 沖縄日記
  (与儀公園ではガジュマルの木が倒れていた。)      (家の前の道路も、折れた街路樹が散乱)  那覇では、6日(土)の午後になって、やっと強風雨がおさまってきた。非常に遅い台風だったので、まる2日間、暴風雨圏内に入っていたことになる。  私は、本島を直撃した台風6号のときは京都にいたので、今回のような大きな台風に会ったのは、3年前に沖縄に来て以来、初めてだ。窓を密閉していて . . . 本文を読む

台風9号来襲。那覇でも瞬間最大風速43m

2011年08月05日 | 沖縄日記
            (那覇の町は、台風の真っただ中)  5日、台風9号が沖縄本島に最も近づいてきた。速度の遅い台風なので、那覇でも、昨夕から、暴風雨圏に入ったままだ。横殴りの雨が吹きつけ、窓を閉めていても、風がうなり声をあげている。  今朝は、那覇でも、瞬間最大風速43mを記録したという。一日中、何処へも出ることができない。おかげで、京都から宅急便で送った京都市教委相手の住民 . . . 本文を読む

真っ赤に燃える沖縄に台風接近!

2011年08月04日 | 沖縄日記
      (真っ赤な花をつけた鳳凰木(ほうおうぼく))  2日(火)の夜、祝島から福岡に出、サマールに来てくれていたH君らと夕食を一緒にした後、最終便で台風が近づいている沖縄に戻った。こんな時、シルバー割引は便利で助かる。  那覇の町では、7月上旬から鳳凰木の花が満開だったが、今もなお、あちこちで、その真っ赤な花が咲き続けている。沖縄に来て3年になるが、こんなに鳳凰木が鮮やかに咲いたのは . . . 本文を読む
コメント (1)