チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

とうとう門川京都市長を法廷に引きずりだした!(写真追加あり)

2010年06月23日 | 沖縄日記
   (我々は、京都地裁で、市教委相手の多くの住民訴訟を争っている。)  6月17日(木)の夜、サマールから京都に戻ってきた。  体重を測ると、やはり下痢のせいだろう、出発前よりも2.5Kgも痩せていた。  このまま維持できればいいのだが。  22日(火)は、市教委相手の住民訴訟の一つ、門川宣伝本違法公金支出住民訴訟の口頭弁論が開かれた。  前回の市長選では、当時、教育長だった門川大作が立 . . . 本文を読む
コメント (1)

マニラのロラズハウス(戦時性暴力被害者のセンター)訪問

2010年06月17日 | マニラ・ロラズハウス
 (マニラのロラズハウス。ロラは帰った後でおられなかったが、リッチーさんらが陽気に迎えてくれた。左は、ロラ・ピラールさんの孫娘) 早いもので今回のサマール滞在も今日(16日)で終り。早朝の飛行機でマニラに飛ぶ。マニラで1泊して、17日には帰国する。 下痢はまだ続いているので、気が気ではない。 マニラでJAPSAMの卒業生・Mさんが働いているマニラ新聞社を訪問。Mさんも、今では、もう中堅記者としてバ . . . 本文を読む

暑さと「暴飲暴食」のせいか、それとも歳をとったのか?

2010年06月14日 | サマール日記
   サマールは今日も快晴。すさまじい暑さが続いています。  私の部屋の窓からは、サマールの海が真っ青に輝いて見渡せます。(遠くに見えるのは、レイテのビリラン島)  14日は平日ですが、今年の独立記念日が土曜日だったので、今日は振り替え休日。長かった夏休み(フィリピンでは4月~5月が夏休みです。)の最後を目いっぱい楽しもうと、汐の引いた浜では、大勢の子どもたちが集まり、でんぐり返りをして遊ん . . . 本文を読む

雨が降らない! 乾くサマールの大地

2010年06月13日 | サマール日記
  (雨が全く降らず、畑の野菜などもすっかり枯れ始めた。)  サマールでは、今日(13日)も晴天で、うだるような暑さが続いている。  灼熱の太陽に、昼の間は、とても外に出る気がしない。ひたすら水(ビール?)を飲んで、じっと耐えている。  エルニーニョの影響とかで、今年の1月頃からほとんど雨が降らないという。畑の野菜も枯れ始め、木々の葉もうなだれて、まるで元気がない。  深刻なのは、ソルソゴ . . . 本文を読む

カライマンのバランガイナイト(フィエスタ前夜のパーティ)へ

2010年06月12日 | サマール日記
 (フィエスタの恒例のコラッチャの踊り。)  夕刻から、バイオガス事業をすすめているカライマンというバランガイ(村)へ。  フィエスタの前夜には、バランガイナイトという村のパーティがある。  村の多くの人たちに挨拶できる貴重な機会だ。  (村長さん(中央)ら、村の名士たち。)  (図書館を手伝ってくれるようになった高校生のインダイ。)  午前中は、ソルソゴンへ。  JAPSAMの . . . 本文を読む

フィリピン・サマールに到着(追記、補正あり)

2010年06月11日 | サマール日記
(以下、「チョイさんのサマール日記」と同じものですが、こちらにも転載します。)  (フィエスタが近づくカライマンにて。イダイさんに誕生祝を渡す。)  6月10日、昼前の裁判(京都市教委相手の住民訴訟)を終えて、大急ぎで関空へ急ぐ。  マニラ着は、夜の10時半。ホテルにチェックインをしたのはもう午後11時半をまわっていた。3時間ほど寝ただけで、翌朝、午前4時には国内線の空港へ。  カルバ . . . 本文を読む

久米島、日本軍による住民虐殺事件の跡をたどる

2010年06月06日 | 沖縄日記・沖縄の戦跡
 (久米島・宇根の集落に残る防空壕) 6月4日~6日、沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会が主催する久米島戦跡巡りに参加させてもらった。 久米島では、大戦当時、鹿山曹長を隊長に、30数名の日本軍が駐屯していた。沖縄での組織的な戦闘が終わった6月26日、米軍が島に上陸。その後、鹿山部隊は、4回にわたって、スパイときめつけた21名の住民を虐殺。生後数カ月の乳児まで惨殺し、家に火をつけるというこの凄惨な . . . 本文を読む

明日から久米島へ

2010年06月03日 | 沖縄日記
 (泊港から久米島に向かうフェリー)  明日(4日)から、久米島に向かいます。  「沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会」の主催で、久米島での戦跡巡りと沖縄戦記録フィルムの上映が行われます。    久米島では、戦争当時、島民ら20名が日本軍によって虐殺されるという大変な事件が起こりました。日本軍は、何の根拠もないままスパイと決めつけた島民を、大人だけではなく、生後数カ月の乳児まで殺し、その後 . . . 本文を読む

鳩山退陣

2010年06月02日 | 沖縄日記
 (国際通りで配布された琉球新報の今朝の号外)  鳩山首相が突然、退陣してしまった。 沖縄選出の照屋寛徳議員は、「ユーシッタイやさ(いい気味だ)」と言ったというが、 同じ辞めるのなら、アメリカにきちんと普天間基地の県外・国外移設を主張するべきだったのに。  朝、社民党の福島党首が街頭演説に来るというので国際通りに行ったのだが、彼女は、那覇空港でとんぼ返りしてしまった。  昼前、昔、フ . . . 本文を読む

東御廻り(アガリウマーイ)を巡る

2010年06月01日 | 沖縄日記
 (テダ御川(テダウッカー))  首里城から沖縄南東部、知念・玉城の拝所巡礼を「東御廻り」という。有名な斎場御嶽もその途中にある。琉球王朝時代は、国王自らが聖地巡拝を行ったという。  今までに、玉城グスクやミントングスク、受水・走水(ウキンジュ・ハインジュ)などを訪ねたが、今日は、絶好の快晴に誘われ、佐敷グスクからテダ御川をまわった。  知念の知名崎の先端にあるテダ御川は、勝連半島から久高島 . . . 本文を読む