チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

朝は参議院選挙の応援。午後は目取真俊さんの国賠訴訟を傍聴

2016年06月30日 | 沖縄日記
  6月30日(木)、朝から国道58号線の明治橋交差点で参議院選挙の応援活動。運転手さんたちの多くが、挨拶を返してくれ、反響はいい。しかし、相手は現職の大臣、あらゆる手段を使って名前を売り続けており、決して予断は許さない。沖縄の未来のためにも、伊波洋一さんをなんとしても国会に送りたい。  午後は、4月1日に辺野古崎付近で米軍の軍属に不当拘束、逮捕された目取真俊さんが提訴された国賠訴 . . . 本文を読む

あふれる悲しみと怒り---6万5千人が結集した県民大会

2016年06月20日 | 沖縄日記
 6月20日(日)、那覇市奥武山公園で、「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し、沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会」が開催された。炎天下で凄まじい暑さだったが、6万5千人もの人たちが集まり、会場は、今回の事件に対する県民の強い怒りと深い悲しみに包まれた。  大会の冒頭、今回の事件で殺害された娘さんのお父さんからのメッセージが読み上げられた。お父さんは、「次の被害者を出 . . . 本文を読む

伊波洋一さんの勝利を目指した街宣活動。午後は、識名トンネル住民訴訟の進行協議

2016年06月16日 | 沖縄日記
 6月16日(木)、梅雨が明けたのか、朝から強い陽射しが照りつけている。午前7時半から、那覇市の国道58号線旭橋交差点で、沖縄平和市民連絡会が呼びかけた「市民ネット」の参院選に向けた街宣活動に参加した。              (那覇市・旭橋での街宣活動)  参議院選挙も6月22日の公示まであと6日と迫った。辺野古通いもあってなかなか街宣活動に参加できないが、なんとしても伊波洋一さんの勝 . . . 本文を読む

愛楽園でのフィールドワーク・「差別の傷痕を歩く」。知花昌一さんが涙ながらに読谷高校入学拒否事件を報告

2016年05月29日 | 沖縄日記
 5月29日(日)、名護市屋我地島・愛楽園で開催された「フィールドワーク 差別の傷痕を歩く」に参加した。案内をしていただいたのは、平良仁雄さん(退所者)と山城紀子さん。  私は、以前にも、1フィート運動の映画上映会(2010.7.27)の際や今年のボランティアガイド養成講座(本年2月20日)などに参加している。また、伊波敏男さんとお会いすることができて、今年3月には信州沖縄塾にも呼んていただいた . . . 本文を読む

宜野湾の市長選応援、「ひやみかち」の事務所へ。「コンクリートブロック投下先送り」の本当の意味は?

2016年01月10日 | 沖縄日記
 1月8日(金)から10日(日)まで、本土から長男と孫が来ていた。沖縄の次男たちも来て賑やかに過ごしたので辺野古行はしばらく休ませてもらった。10日は、空港まで長男らを送っていった後、すぐに宜野湾に行き、「ひやみかち宜野湾うまんちゅの会」の事務所へ。今日は平和市民連絡会の集中行動日で、いつも辺野古で会うメンバーたちが大勢来ていた。       (ひやみかち宜野湾うまんちゅの会の事務所)   . . . 本文を読む

沖縄平和市民連絡会、新春交流の夕べで報告

2016年01月06日 | 沖縄日記
 義母(96歳)の病院行きや介護のため、5日、6日(水)は辺野古行きはお休み。6日の夜は沖縄平和市民連絡会の「新春交流の夕べ」。前半は辺野古をめぐる現在の課題についての学習会が行われた。  まず、私が「辺野古新基地建設事業の現状と当面の課題」について報告。「防衛局は強気で工事を進めているようだが、実は『八方塞がり』に陥っており、工事はもう1年4ケ月も遅れている。」ということを説明した。そして、三 . . . 本文を読む

後ずさりしてはならない、彼女たちを正面から見つめなければならない---インドネシアの「慰安婦」展

2015年11月08日 | 沖縄日記
 11月8日(日)は、午前中、○○党の国会議員さんらに呼ばれ、辺野古の現状とこれからについてお話しをさせてもらった。今日も強調したのは、今、防衛局が行っている作業は埋立本体工事などではなく、旧米軍兵舎解体工事の後片付けにすぎないということを細かい資料を見せながら説明した。国政の場でも是非、追求していただきたい。  午後は大急ぎで平和祈念資料館へ。昨日からインドネシアの日本軍「慰安婦」の写真展が開 . . . 本文を読む

「マイナンバー制度」学習会(9月28日・月)の案内

2015年09月22日 | 沖縄日記
 22日(火)、緊急入院した義母(95歳)も、なんとか落ち着いてきた。月、火と辺野古行を休ませてもらったが、明日からまた海上行動に戻る予定だ。  Sさんから「マイナンバー制度」の学習会の案内チラシをいただいたので、掲載します。是非、ご参加ください。             & . . . 本文を読む

大浦湾に浮桟橋再設置、まもなく海上ボーリング調査のクレーン台船が戻ってくるのか

2015年07月27日 | 沖縄日記
 7月27日(月)、「美ら海」と「不屈」が出航。私はKさん、Mさんらと「美ら海」で大浦湾の作業の状況を見てまわった。マスコミ関係者らも同乗。米軍基地に対する住民の反対運動を取材し続けているアメリカから来たドキュメンタリー映像作家も。辺野古の後は、京都・丹後半島に行くという。「不屈」は福島県から来た親子ら10数名の海案内。  ここしばらく、台風の影響で海底の土砂が巻き上がり、海は濁っていたのだが、 . . . 本文を読む

懐かしい加藤さん、朝日新聞「声」欄に若者たちに寄せる投稿

2015年07月20日 | 沖縄日記
  朝日新聞大阪本社版の「声」欄に京都の加藤敦美さんが投稿されていることを知った。検索して捜すと下のような投稿が見つかった。ああ、まだお元気だと、嬉しかった。  加藤さんは、私が1986年に始めた「君が代」訴訟に駆けつけていただいた。戦争当時、特攻隊を目指す元予科練におられたという自らの体験の痛苦の反省から、「君が代」強制を絶対に許さないと語られる加藤さんの言葉にはいつも圧倒されたもの . . . 本文を読む

明日(12日)は静岡で講演

2015年07月11日 | 沖縄日記
 明日(12日)は、早朝の飛行機で那覇を発ち、静岡で講演です。  ちょうど今日の新聞には、第3者委員会が埋立承認の過程に瑕疵があったという答申を出し、それを受けて翁長知事が埋立承認を取消すという大きな記事が掲載されました。静岡では、知事の埋立承認取消の後、辺野古はどうなるのかについてお話をする予定です。  「沖縄・辺野古写真展と現地報告会」   7月12日(日)午後2時~    講演:「知 . . . 本文を読む

慰霊の日、「魂魄の塔」横での国際反戦集会へ---博治さんが来た!

2015年06月23日 | 沖縄日記
 戦後70年を迎えた「慰霊の日」。午前中、平和祈念公演前では安倍首相の参列への抗議行動が行われた。正午、黙祷をした後、車のラジオで翁長知事の平和宣言と安倍首相の挨拶を聞く。安倍首相の挨拶に対しては、参列者からのヤジや抗議が集中している。帰宅してみた金平茂紀さんのFBでは、「長年、沖縄全戦没者追悼式の取材を続けてきたが、内閣総理大臣の挨拶に、あそこまで公然と『帰れ!』の罵声が飛んだのをじかに目撃した . . . 本文を読む

「与那国島の現状とこれから」の学習会に参加

2015年05月30日 | 沖縄日記
 5月30日(土)、与那国島から「与那国町改革会議」の崎元俊男さん(町会議員)を迎えた学習会「自衛隊配備が強行されようとしている与那国の現状、そしてこれから」に参加した。  与那国島は人口1600名、有権者は1216名で、いつの選挙でも保革の差はきわめて小さい。しかし、そんな小さな島に自衛隊員160名とその家族90名(予定)が配備されれば、自衛隊員らの意向が島の政治を左右してしまう。  残念な . . . 本文を読む

山城博治さんのインタビュー記事(沖縄タイムス 2015.5.11)

2015年05月23日 | 沖縄日記
 山城博治さんが、悪性リンパ腫のためシュワブ基地ゲート前に来られなくなってからもう1ケ月が経過した。その後は曜日毎に責任団体を決めて、ゲート前の抗議行動は順調に続いているが、博治さんのあの見事なスピーチが聞かれないのはやはり寂しい。  昨夕(22日)、病院の博治さんから突然、電話がかかってきた。辺野古の状況を心配された電話だった。久しぶりに博治さんの声を聴くことができてほっとしたが、いつまでも闘 . . . 本文を読む

沖縄戦最後の激戦地・糸満南部での選挙ビラ入れ

2014年12月12日 | 沖縄日記
 12月11日(木)、12日(金)は、沖縄4区から立候補されている中里利信さんの地域ビラ入れを行った。沖縄戦の最後の激戦地となった糸満市南部の南波平、伊原、摩文仁の一帯。これらの地域では米軍に追い詰められ、住民の75%~77%が亡くなっている。当時のことを想像しながら少し緊張して歩き続けた。  知事選に続く今回の衆議院選挙。辺野古埋立を阻止するために、なんとしても沖縄の4つの選挙区から公約破りの . . . 本文を読む