チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

南太平洋・ツバルの孤島

2010年01月31日 | 京都日記
 (もんでんさんのブログ)  午後、岩倉の論楽社へ。  もんでん奈津代さんという方のツバル滞在報告を聞いた。目茶苦茶面白かった。  ツバルは、人口1万人以下、世界でもバチカンに次いで人口の少ない国だ。もんでんさんは、小さな娘さんと一緒に、ツバルの中でも、人口500人ほどのナヌマンガ島に長期滞在を続けられている。  多くの写真やビデオ映像を交えて聞くナヌマンガの話は、愉快そのもの。貨幣経済がま . . . 本文を読む

久しぶりにサマールへ

2010年01月22日 | 京都日記
 1月22日~28日は、久しぶりにフィリピン・サマールに行きます。  この間の日記は、 「チョイさんのサマール日記」をごらんください。   . . . 本文を読む

大阪で「普天間基地即時閉鎖緊急集会」

2010年01月16日 | 京都日記
 夕刻、大阪へ。  普天間基地即時閉鎖緊急集会で、新崎盛輝さんの講演を聞く。  「戦後、日米関係の本質は、対米従属と構造的沖縄差別である。」という明確な主張。 . . . 本文を読む

今回の沖縄滞在も、今日が最終日

2010年01月11日 | 沖縄日記
 今回の沖縄滞在も、今日が最終日。  昼は暖かくて、Tシャツ1枚ですごせた。寒い京都に帰るのかと思うと気が重い。  午後、「平和の街づくりシンポジウム」へ。大田昌秀さん、石原昌家さん(沖縄国際大学)、井原勝介さん(前岩国市長)、上原公子さん(前国立市長)という豪華な顔ぶれがそろった。 . . . 本文を読む

「骨のうたう」、激戦地・真嘉比の丘(ハーフムーン)で遺骨収集作業

2010年01月10日 | 沖縄日記・沖縄の戦跡
 那覇・新都心のすぐ東の真嘉比に、こんもりとした大道森(だいどうむい)」がある。米軍は、ここをハーフムーンと称していた。すぐ西のシュガーローフとともに、この一帯の攻防戦は、沖縄戦における日米最大の激戦だったといわれている。 (この付近の戦闘の経過については、http://www.okinawa-senshi.com/sugarloaf-n.htm を参照) 1945年5月12日、軍司令部のある首里 . . . 本文を読む

名護の「琉球処分・大激論会」、夜は高江の学習・交流会

2010年01月09日 | 沖縄日記
 名護へ行き、「薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分から130年と問う会」主催の「大激論会・辺野古の新基地建設は現在の琉球処分か?」に出席。  屋良朝博氏(沖縄タイムス)と、前泊博盛氏(琉球新報)の報告が興味深かったが、「沖縄は何故貧しいのか」について、宮城弘岩氏(沖縄物産企業連合会)が、「大きな理由の一つが、薩摩の時代から戦後も、通貨の切り替えの度に、沖縄が貧しくなっていった。」とい . . . 本文を読む

駐留軍等労働者労務管理機構って何?

2010年01月08日 | 沖縄日記
 買物のために那覇から北に国道58号線(復帰前は軍用1号線と言われていた。)を走っていると、こんな案内表示が目につく。  「駐留軍等労働者労務管理機構」  こんな組織があることも、沖縄に来て始めて知った。  そういえば、今日の新聞にも、案内広告が載っていた。  日米安保条約に基づき、日本に駐留する米軍に必要な労働力の確保を図るための機構で、駐留軍等労働者の雇入れ、提供、労務管理、給与 . . . 本文を読む

琉球王朝時代の「宿道」・ヒジガービラを歩く

2010年01月07日 | 沖縄日記
  (首里城から南部の島尻に続く石畳の道)  午後、タクシーで首里城の東、端泉酒造まで行く。振り返ると、首里城の石垣がそびえている。  琉球王朝時代、首里城から放射状に石畳の道(「宿道(しゅくどう)」)が各地に向かっていた。その一つ、首里城の継世門を基点として、南部の島尻に向かう幹線道路を、ヒジガービラ(ヒジ川坂)という . . . 本文を読む

平成の名水100選に選ばれた北中城村、萩道・大城湧水群

2010年01月05日 | 沖縄日記
   1月4日の午前中は、中部の北中城村へ。  ここは、中城城跡や中村家住宅等、有名な文化遺産が多い。フクギの木に囲まれた落ち着いた雰囲気が素晴らしいところだ。  この付近の湧水群は、平成の名水100選にも選ばれている。あちこちにカー(泉)があり、1960年代に上水道が設置されるまでは、村の人たちの飲料水、生活用水として使われていたという。  沖縄各地に残るヒージャー(樋川)やガー(泉)。水場 . . . 本文を読む

辺野古のハチウクシーへ。大浦湾のクマノミ城とアオサンゴ群落を見学

2010年01月04日 | 沖縄日記
 絶好の好天。今日は新年の「ハチウクシー(初興し)」で、辺野古の座り込みテントには、オジイやオバアが大勢集まっていた。大鍋で煮込んだ汁をご馳走になる。  名護市長選に出馬予定の稲嶺ススムさんもやってきて、ユンタクの輪に入っていた。  気さくな人でいい。なんとか市長になってほしい。 平和丸で海を案内してもらう。天気もよいので海も真っ青。絶好のチャンスだから、大浦湾のサンゴを見に . . . 本文を読む

初日の出、そして桜も開花

2010年01月01日 | 沖縄日記
 2010年1月1日、沖縄・那覇市の初日の出。首里城の南の辺りから太陽が昇る。  おだやかな元旦。昼、病院に義母を見舞った後、末吉公園へ。  ここは、第2次大戦の際も奇跡的に戦火を逃れた場所らしく、鬱蒼とした亜熱帯の林が整備されている。  ヤシの木の間にあるカンヒザクラが、もう開花していた。  (ワシントンヤシ(別名・オキナヤシ))   . . . 本文を読む