チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

沖縄から京都に戻る

2010年07月31日 | 沖縄日記
 (那覇空港からは、慶良間諸島がくっきりと望まれた。) 7月31日(土)、那覇から京都に戻る。沖縄では、最高気温が32度を超えることはなかったが、京都は、連日、36度~37度というからぞっとする。 しばらくは、市教委相手の2つの住民訴訟の書面作りに追われる毎日となる。  . . . 本文を読む

飛行差止めを認めず!---普天間基地爆音訴訟控訴審で不当判決

2010年07月29日 | 沖縄日記
(法廷に入る普天間基地爆音訴訟の原告団)  午後、大雨の中、福岡高裁那覇支部の普天間基地爆音訴訟の控訴審判決へ。  判決は、一審同様に普天間基地の供用について、違法な権利侵害で普天間基地の設置又は管理の瑕疵があるとして、損害賠償請求を認め、賠償額についても一審の2.5倍を認定した。また、クリアゾーンの不備を認めて世界一危険な飛行場と認定し、低周波音による健康被害も初めて認定した。  しかし . . . 本文を読む

愛楽園で沖縄戦1フィート映画上映

2010年07月27日 | 沖縄日記・沖縄の戦跡
 (名護・屋我地島のハンセン病療養所、愛楽園の正面入口) 27日、1フィート運動の会が、愛楽園で初めて沖縄戦の映画を上映するというので、参加させてもらった。愛楽園自治会も共催なので、きっと大勢の入所者の方が集まるだろうと楽しみだ。今も、247名(2010年6月現在)の方がここで暮らしておられるという。 愛楽園には、前回の名護市長選のポスター張りの際に来たが中に入るのは初めてだ。正面入口は広々として . . . 本文を読む

高江ヘリパッド問題・裁判傍聴と沖縄防衛局交渉

2010年07月23日 | 沖縄日記
 (那覇地裁前での事前集会)  今日は、一日中、高江ヘリパッド問題で走り回った。  午前中は、国が高江住民2人が現場で反対運動することの禁止を求めた訴訟の第3回口頭弁論。  傍聴席35名に対して60名以上が並んだ。今までほとんど抽選に当たったことがないので、今日もあきらめていたのだが、なんと当選。関係者の方に譲らないといけないのかなとウロウロするが、「どうぞ入ってください」と言われて法廷へ . . . 本文を読む

コザの街へ

2010年07月21日 | 沖縄日記
 (コザ、パルミラ通りにある戦後文化資料展示室・「ヒストリート館」)  午後、東松照明、石川文洋のアフガニスタンの写真展を見るため、コザ(現沖縄市)の街へ。  コザは、極東一といわれる嘉手納基地の「門前町」として栄えたが、72年の復帰後は、円高などによる米軍の購買力の減退から、市の中心部は大きな打撃を受け、シャッター街と化している。  そんな中でも、地域の活性化のために様々な試みが続けられてい . . . 本文を読む

久しぶりの高江

2010年07月20日 | 沖縄日記
 (高江、N4の座り込みテント)  朝から久しぶりに高江へ。  選挙も終り、何時、工事が再開されるかもしれないというので、いつもより座り込みの人数も多く、やや緊迫している。  ここでなんと大阪のSさんに会う。お互いにびっくり。彼女は2週間前から来ているという。  Tシャツを10枚購入。京都に戻ったら販売するので、ぜひ、よろしく!  テントで話をしていると、米軍の巨大なヘリが、轟音をあげ . . . 本文を読む

ペリー上陸の地・泊

2010年07月19日 | 沖縄日記
 (泊の外人墓地に立つ「ペリー提督上陸の地」の碑)  今、私は、那覇の泊に住んでいるが、この辺りは、崇元寺をはじめ、古い歴史遺産が多い。泊港の外人墓地には、「ペリー提督上陸の地」の碑がある。  ペリーは、1853年、浦賀に現れる前に、琉球・那覇港に入港し、那覇を開国要求の発進基地とした。同年6月6日、ペリーは泊港に上陸した後、首里城に向かった。  (泊の外人墓地) . . . 本文を読む

木陰でゆんたく

2010年07月16日 | 沖縄日記
 (泊漁港近くの公園)  今日も沖縄はカンカン照り。  部屋から外を眺めると、沖縄は白い壁の建物が多いものだから、強い日差しに輝いてまぶしい。  こんな暑い夏でも、公園の木陰では男たちが集まって、昼間から泡盛を飲みながらゆんたくをしている。上の写真は、泊港近くの公園だが、与儀公園や末吉公園の木陰では、大勢の男たちが集まって、いつも碁やマージャンに興じている。  内地では見られない沖縄特有の . . . 本文を読む

沖縄着、さっそく自宅で「にんじん食堂」の沖縄料理

2010年07月15日 | 沖縄日記
 (ゴーヤーチャンプルー(つれあいの自作の皿)  午後、那覇に着いた。6月7日以来だから、もう40日ぶりだ。雨が続いていた京都から来ると、さすがにほっとする。  夕刻、義母を病院に見舞った後、自宅で夕食。  つれあいが、「にんじん食堂」のレシピを参考にして作ってくれた沖縄料理を堪能。  「チャンプルー」というのは、「ゴチャゴチャに混ぜる」のかと思っていたが、そもそもは、豆腐と季節の野菜を炒 . . . 本文を読む

明日から沖縄へ

2010年07月14日 | 京都日記
 今日、大阪高裁で、ジュニア京都検定住民訴訟控訴審の第1回口頭弁論も終わったので、明日(15日)から、沖縄の実家に戻ります。  京都では、毎日、雨が続き、家にいても、身体中にカビがはえてきそうですので、カンカン照りの沖縄を楽しみにしています。  7月31日に京都に帰ってくる予定。 . . . 本文を読む

知花昌一さん、本願寺へ

2010年07月05日 | 京都日記
 4日(日)は、朝9時から西本願寺へ。  「東西本願寺を結ぶ非戦平和共同行動」の主催で、知花昌一さんの講演会だ。  沖縄でしょっちゅう会っているのだが、京都で会うのも楽しい。  それにしても、彼の三線の上達ぶりには感心した。  夜は、4月の沖縄ツアーのみんなと、再々度のうちあげ会(兼、Eさんの退院祝い)で嵐山の「やもめ亭」へ。  鵜飼が昨日の大雨による増水で中止になったのは残念だったが、 . . . 本文を読む

「ウチナーのみやこびと」の義父、『通販生活』に登場

2010年07月02日 | 京都日記
  (今月号の『通販生活』)  先日の京都新聞に登場した「ウチナーのみやこびと」・G君に続いて、今度は、彼の義父・い草織職人のTさんが、『通販生活』に登場した。  沖縄のい草(ピーグ)は、内地のものより2倍も太く、その分だけ吸湿性が高いのでいつもサラサラしているという。Tさんは自分が育てたピーグを使って、伝統的な麻引織りで丹念に編み上げる熟練の職人さんだ。 『通販生活』 2010年 . . . 本文を読む
コメント (1)