望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

『ギンノキヲク』ウラ話&ウラ写真・その5・稽古っ!

2018-10-31 18:25:01 | 舞台・ウラ話

初っぱなからのガンガン通し。
みんなしっかり台本を持って、ほとんど目線は台本に。


しかし、そんな中で、ただ1人、
台本を持っていないのが、
私の夫役、音楽家・松下役の松沢さん。



なぜなら、セリフが一言もないから。


少し説明しますと、
脳梗塞で倒れ、麻痺が残ってしまった松下は、
突然、不自由な体になってしまう。

音楽家として颯爽と活躍してきた彼は、
呂律の回らない舌で喋ったり、
食事すらうまくできない自分自身が許せない。

心の中に多くの葛藤や怒りを抱えながら、
食事もリハビリも拒否したまま、施設にやってくる。

ということで、台詞はなし。


その分、言葉に頼らずに、
多くのことを伝えねばならない、
ものすごくエネルギーを必要とする役だったのですが、

でも、大変な役なのは承知の上で、
台詞以外のことに集中できるって、
ちょっぴりうらやましかったことも確かです(笑)


そして、
稽古を見る方も、最初のころには、
やはり緊張感がありました。

この人はどんな芝居をする人なんだろう、とか。


だから、初参加のときは、
どの現場でも本当に緊張するんですが、

演じる方も緊張して、見る方も緊張するんだから、
そりゃ場が緊張しないワケがない(笑)


でも、そこから順番に稽古が進んでいって、
よけいな緊張感も消え、

あらためて返し稽古などもしながら、
だんだん作品として、形になっていく・・・。


と書けば数行で終わっちゃいますが、

実はこの数行に、
汗だくの稽古の日々が、
ギッシリ詰め込まれているのでゴザイマス。

そんな稽古場の日々。
写真と共に、もうちょっと振り返ってみます。


   <つづく>







ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

『ギンノキヲク』ウラ話&ウラ写真・その4・稽古っ!

2018-10-30 11:34:04 | 舞台・ウラ話

そして歌もダンスも続けながら、
芝居の稽古もいよいよ・・・と書きたいところですが、

いよいよ、なんて感じじゃなかった。


もう <速攻!> でした。


 なにが、といえば <立ち稽古> が・・・。


 いや、いや、ちょっと待ってよ、

  え? え? えーーーーっ??


といった気分でありました(ほとんど意味不明・笑)


もちろん、読み合わせは1回だけで、
すぐに立ち稽古に入る劇団さんもあります。

でも、その場合でも、
同じシーンを何度も何度も繰り返す、
「返し稽古」から始まるのが普通なんです。

つまり、何度か繰り返しているうちに、
慣れてくるし、イロイロと見えてくるという・・・。


なのにこちらでは、最初からどんどん先に進んで、

ほとんどノンストップの通し稽古のよう。

  えええええ?

   うおおおおお?

    うわーーーーーーっ!

って、なんか、そんな感じで、
もう意味もなくパニクっておりました。


もちろん、それには意味があって、

その理由は、後になってわかりました。


この作品の構成上、
まず全体を把握する必要があったんですね。


つまり、舞台上に、

前面と、後方に2つの部屋という、
3つのスペースがあって、



アクティングスペースが、
その3ヶ所をポンポンと移動していくため、

何よりもまず、
その流れとテンポなどの問題をチェックしないと、
作品として完成形が見えてこないんですね。


しかし!

理由はわかるにせよ、
初っぱなからガンガン通すって、

そうじゃなくても緊張している初参加組はもちろんのこと、

慣れている人たちにも、
やはり独特の緊張感が漂っていました。
(下の写真のみんなの表情、ちょっと違うでしょ?)





みんなしっかり台本を持って、

演出の主宰も、たまには自分が中に入りながら、


全員が、ほとんど目線は台本です。


でも、その中で、1人だけ
台本を持っていない人が・・・。


   <つづく>






ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

『ギンノキヲク』ウラ話&ウラ写真・その3・歌って踊って

2018-10-29 12:27:41 | 舞台・ウラ話

合唱と並行して進んだダンスレッスン。
が、ここで、意外な問題が・・・。


ラビット番長さんには劇団の稽古場があって、
いろいろな施設を転々としないで済む、
ということは、以前にも書きましたが、

どんな稽古場かといえば、

  まぁ、そりゃあ、普通の稽古場なワケで、

まぁ・・・、そんなに新しくもなく、

まぁ・・・、普通に走っただけでも、ちょっと揺れるかな、

みたいな感じの稽古場なのでゴザイマス。

  そこで50人のダンス稽古・・・


あの、あうるすぽっとでさえ、

50人で踊ると客席が揺れて、
地震かと驚いた方がいらっしゃったようで、

2日目からは前説にそれも加えてもらったほど。

地震などの災害時には、豊島区の避難所の中心施設になる、
あの、あうるすぽっとですら!

・・・揺れる人数なんです。


それを、

普通に走ってもちょっと揺れるかな~、みたいな稽古場で、
50人が本気で踊ったらどうなるか・・・。


本気で稽古場が壊れるんじゃないかと心配しました。

なので全員で踊るシーンは、
何チームかに分けて練習することに。



このぐらいの人数じゃないと、とても無理なんですね。


ラスト近くなって、
本格的な通し稽古になったときには、
さすがに分けていられないので、

  <本気で踊るな!>

  <跳ぶな跳ねるな!>

の厳命の元、踊りましたが・・・、

でもやっぱり本気になっちゃうんですよね~。

ゆっさゆっさと、
マジで震度4くらいはあったと思いますが、

とりあえず稽古場は無事で、ホッと一息。

あれ、最初から全員で踊ってたら、
本当に危なかったと思います。いや、ホントに!



これは、振り入れ中でしょうね。



つまり、振付の先生に振りを付けて頂いて、
これから懸命に、頭と身体に叩き込もうというところ。


そしてこれは何やら不思議な4人組。
これも振り入れ中。



何をやっているのかというと、本番で、



チアの使うようなポンポンを持って、
踊っていた4人組がこちらだったのです。

もちろん、これにもちゃんと振りがついていました。

しかし、何もないと、ずいぶん間の抜けた姿じゃ(笑)



そして芝居の稽古はというと・・・、


え? え? えーーーーっ??


と叫びたいような状況に・・・。


   <つづく>






ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

セールス電話

2018-10-29 11:06:19 | 暮らし・花・趣味

平日の昼間に家にいると、
ちょくちょく広告の電話がかかってくる。

今も受話器を取ってみると、

「あの・・・」

と消え入りそうな若い男性の声。

「あの、〇〇証券の〇〇と申しますが」

対するオバサンの声は、思わずデカくなる。

「で、何か?」

「ええと・・・、この度、わが社で」

「あ~、株とかそういうの、一切やらないので」

  ガチャン!

厚かましくてウルさい電話に慣れた身には、
こんな気弱な電話の主が、
後になって、可哀想になってくる。

新人なんだろうなぁ。
必死で喋っているんだろうなぁ。
喋るの、苦手なんだろうなぁ。


しかし・・・、

新卒ならもう半年たってるぞ。

それで、この状態では、ちょっと困るんじゃないの?


もしかして同情を引くための新戦法とか?

それは・・・ないよね?







ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

『ギンノキヲク』ウラ話&ウラ写真・その2・歌って踊って

2018-10-28 11:14:52 | 舞台・ウラ話

稽古が始まった、最初の頃。

私のブログネタは、芝居よりも、
ほとんど合唱とダンスが占めていました。

でもね、本当に、みんな頑張ってたんですよ~!


合唱は、まず最初、8小節~16小節程度に区切って、
少しずつ音を取るところから始めました。


これはアルトチームかな。


しかし、合唱というのは当然のことながら、
みんな違うパートを歌うワケです。

今回は三声だったので、ソプラノ・アルト・男声の3つ。

この3グループが、

  1つの稽古場で、

     違う音を練習する。

 それもてんでバラバラに、

      違う場所を歌う。

こうなるとね、ほんっとにもう・・・

集中力云々なんて問題じゃないっ!
自分が、何歌っているのかもわからないっ!


もう無理――――っと、

大声禁止の事務所の方に避難して、

「音出しませんから!」
なんて練習させてもらったりしてました。
(音出さずにどうやってやるんだ?!)



先生は、舞台の役と同じ、石井麻土香ちゃん。

役では歌をやめてしまったヘルパーさんでしたが、
もちろん、本人は現役バリバリの若手シンガーです。

これは男声パート。


そうでなくても声のでかい男性陣が、
全員一緒にひとつのパートを歌うので、
とにかくパワーがすごいのですが、

それだけに繊細さに欠ける部分もあったようで(笑)
麻土香先生のダメ出しは、圧倒的に男性が多かった、かな?



しかし数十年ぶりの合唱は、ひと言で言って、


   快感! でした。


わかんなきゃ口パクでいいし・・・ととと、

ま、最初はね

そんなこともやりつつ、
稽古から本番まで、心底楽しんじゃいました。


うん。
やっぱり素人って楽しいかも(笑)
芝居じゃ、こうはいかないものね~。


そして、合唱と並行して進んだダンスレッスンで、
意外な問題が・・・。


   <つづく>







ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

『ギンノキヲク』ウラ話&ウラ写真・その1・まずは読み合わせ

2018-10-27 11:57:06 | 舞台・ウラ話

さて、今回のウラ話はどんな感じで進めていこうかと思ったのですが、

久しぶりに、稽古スタートから、ゴールの打ち上げまで、

思い出話をまじえながら、
順番に写真を出していこうかなと。

とりあえず、稽古始めからスタートしたいと思います。

        

どこの現場でも同じですが、稽古始めというのは、
なんとも言えない空気感があります。

新しい台本を、ドキドキしながら開いて、
ワクワクしながら、わからないままで読み進めて、

・・・という、このドキドキワクワクは、
まさに恋人に会う気分



それも今回、この時期には、
まだ全員のキャスティングが発表されておらず、

新しい役が出てくるたびに、
「とりあえず〇〇さん、読んで」

みたいな状態で、未決定のまま読み進めるという・・・。


もっとも、再演を重ねている作品なので、
レギュラーのキャラクターは不動で、
役者さんも、基本同じ人なのですが、

実は、内容は毎回違ってる!

だから、同じ役でも、
「この前は悪役だったけど、今回は」
みたいなことも出てくる。

つまり、ベースは一緒でも、中身は違うんですね。


そして今回は・・・「福祉フェスバージョン」!


なーんて、エラそうなことを言っても、
私も大してわかってなかったのですが、


主宰の頭には「お祭りでいこう」
というプランがあったようで、

今回のバージョンは、

オープニングのドタバタや、


にぎやかに踊るダンスなど、


いつもとは違う、お祭りのノリが入ったようです。
(もし違ってたら、訂正コメントお願いします


・・・なもので、


  猛烈な暑さの中、

   芝居の稽古と同時に、


 合唱とダンスレッスンがスタートしたのでした!


   <つづく>






ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

『ギンノキヲク』ウラ話、の前に・・・今さら言っても全く意味のないことですが、ふたつ訂正させていただきます(その2)

2018-10-26 11:15:27 | 舞台・ウラ話

今さら何の意味もない訂正がふたつあって、
ひとつは<出演者の人数>でした。


そしてもうひとつは、

もっと個人的な、
いよいよもって、どーでもいい話なのですが、


   <出演者の名前> なのです。


もう覚えてはおられないと思いますが、

私、この稽古が始まったばかりの時に、

「たぶん、最後まで全員の名前は覚えられない」
と書きました。


実際、稽古が始まった当初、
どんなに一生懸命、覚えようと思っても、
全然覚えられなかったし。

それなら台詞を入れたほうがいいや、
と思って、かなり諦めていました。

もうホントに、10人くらいしか覚えてなかったんです。


でも不思議なもので・・・。

   本番近くになったころ。


気がついたら、
当たり前のように、全員の名前を呼んでいました。


ただ単純に、名前を覚えようと思っても、
なかなか覚えられないんですよね。

それは記号でしかないから。


生身の人間と接することで、
その記号がちゃんとした「名前」として昇華する。


そこで初めて無理なく覚えられるんだと、
このトシになって、初めて発見した気がします。

ちょっと青臭くて恥ずかしいような、
でも、うれしい発見でもありました。


あ、でも、

台詞も確かにそうですね。

記号のような、意味のつかみにくい台詞は、
本当に、いつまでたっても覚えられない。

ところが、

人間の温かさのある言葉で紡がれた台詞は、
ちゃんと覚えられて、体の中に落ちていく。


うん? 誰だ?
それでも覚えないくせに、とか言ってるヤツは!

  ・・・あ、自分で突っこんでるだけか(笑)



ということで、明日からやっと、
『ギンノキヲク』ウラ話&ウラ写真、
始めたいと思います。

  <もう忘れたー>
  なんて言わないで、思い出して下さいませ~


写真は、初顔合わせのとき。


圧倒的にレギュラーメンバーの多い座組みで、
初参加の私は猛烈なアウェー感にアセっておりました。

猛暑と、緊張と、大人数の熱気で、
妙なテンションになっていたっけ。


それでは、明日から、

お付き合いのほど、
なにとぞよろしくお願い申し上げます~~m(_ _)m


   <つづく>






ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

『ギンノキヲク』ウラ話、の前に・・・今さら言っても全く意味のないことですが、ふたつ訂正させていただきます(その1)

2018-10-25 13:15:23 | 舞台・ウラ話

気がつけば、『ギンノキヲク』公演から、もうすぐ1ヶ月!

ほんっとに、まぁ


このところ、この公演で共演した方たちから、
どんどん公演のお知らせが入っています。

そうなんですよね、
もう既にかなりの人たちが、次の本番を控えている、

いや、すでに本番も終わって、
また次の稽古に入っていたりする人もいる・・・。

いつまでも『ギンノキヲク』公演を引きずっているのは、多分私だけ。

いつものように、完全に置いてかれてる

でも、これもいつものこと。
マイペースで、今ごろからウラ話&ウラ写真など、
出していきたいと思います。


ただ、その前に、
これまで書いてきた、今回の公演のブログで、

私、ふたつ、
訂正せねばならないことが発覚しました

今さら言ったところで、なんの意味もなく、
それがどうした、なのですが、

そこがマジメな性分なもので(笑)
一応、訂正させて頂きたいと思います。


まずは、

   <出演者の数>


私、ずっと<60人以上>と書いてきました。

ご来場の何人かのお客様にも、
「50人ですよね」って聞かれて、

わざわざ、
「いいえ、60人です」って修正までしていました。

でも、ちゃんと数えたら、

  51人でした・・・


公演がすべて終わった、翌日。

打ち上げの日に、共演者に言われて、わかりました。


今さらですが、私が「60人です」と訂正したお客様。
すみません、51人でした


しかし・・・、

共演者を10人も間違えてて、
気がつかないって、どんだけ多かったんだ(笑)




そして、もうひとつ、訂正点があるのでゴザイマス。


   <つづく>






ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

「友達の友達は~」なんて歌があったっけ・・・半世紀くらい前かな(^^;)

2018-10-24 21:34:25 | 演劇・舞台・小劇場

友人の芝居のお知らせをもらって、出演者を見ると、

たいがい、他にも知り合いが出ている。

もう、必ずと言っていいほど、出ている。


この世界は本当に狭いと思うと同時に、

それだけ長い間、この世界にいるんだなぁと、

なんだかシミジミしてしまう。


   *    *    *


そして、もういくら何でも、遅くなりすぎ!

はい、さすがにもう、ウラ話、始めます!




・・・と、先に宣言して、退路を断つぞ!(それほどのモンか?)





ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

中身だけ?

2018-10-23 22:07:16 | 暮らし・花・趣味

この間、ローソンで見つけて、
迷わず買ったもの。



プレミアムロールケーキのクリーム。


  つまり・・・、
  
    ロールケーキの中身のクリームだけ!


ね、ね、楽しいでしょ?

 私、好きそうでしょ?(笑)



実際、食べてみても、とっても美味!

カステラにつけたり、アイスにつけたりで、
それ自体をランクアップできる感じ。


今度はホットケーキ焼いて、つけよう!

  ・・・と思ったところで、はっと気がついた。


それなら、ロールケーキ買っても同じかも・・・。





ブログランキング参加中
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを
コメント

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ