望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

可愛すぎて、涙が出そう(笑)

2011-09-27 10:22:36 | 暮らし・花・趣味

赤ちゃんパンダ「お昼寝中」
…今年生まれ12匹が元気に生育=成都
         <webニュースより>




きれいに整列してないのが、
また何ともたまらない

こんなヤツらがウジャウジャいたら、
あまりの可愛さに叫んじゃうだろうな。

お尻を見せて動き始めている子の、
お尻と足の裏がまたキュートで


この前出した赤ちゃんの写真を思い出しちゃいました。



どんな世界でも、
やっぱり赤ちゃんは無敵だわ
コメント

オバサン注意報 (その4)

2011-09-24 15:55:50 | 暮らし・花・趣味
 
今、歩いていたら、
近所のオバサン(オバーサン)につかまっちゃいました。

とりあえず気候の挨拶だけで逃げようとする私に、
オバサンはなおも食い下がります。


「そういえば、一昨日だったかしら。
 ご主人と夜、歩いてらしたわよね」

「ああ、あの日は外でご飯食べようか、って、
 2人で外食したもので」

「あらぁ、いーわね~、若い人は。
 外食なんて」

「あ、いえ、別に若くはないので」

「いいえ~、若いわよ。
 ご主人と外食なさるなんて。

 ホントにねェ。
 ・・・いいわよねぇ~、若い人は。
 よく外食なさるんでしょ?」

「いえ、そんなにしませんよ。
 外で食べると、つい食べ過ぎて、
 太っちゃいますしね」

「あらっ、そのトシで、そんなこと、
 まだ気にしてるの?

 まぁまぁ、おしゃれだこと~。
 もういいじゃないの、そのトシなんだから」



あの・・・、私、どっちなんでしょうか??
コメント

また買ってしまった・・・

2011-09-20 21:59:59 | 暮らし・花・趣味
 
チロル・・・だと思ったでしょ?

違うんです。


実は、これ



今日、たまたま時間がとれたので、
上野の国立博物館で、
「空海と密教美術展」を見てきました。

その中の如意輪観音がすごくセクシーで、
もう、ほれ込んでしまったので、

またしても買ってしまいました、
・・・クリアーファイル。


私ね~、クリアーファイル、好きなんです。

美術展とか、旅行とか、
行くと必ず1枚、記念に買います。



特に美術展で、今回みたいに、
好きな作品のファイルがあったりすると、
すんごく得した気分になります。


(1)値段が適当。
(2)かさばらない。
(3)思い出になる。

そしてなんといっても、

(4)実用的!

ほかの記念品と違って、
使えるところがいいんですね。


思わず衝動買いをしても、
「使えるんだから、無駄じゃないよ」
と自分で納得できる。



でもね・・・、



わかってるんです、自分でも。

これはただの言い訳にしか過ぎない、って。

クリアーファイルは、クリアーだからいいってことを。



絵がついていると、中が見えなくて、
いちいちのぞいて確認しなきゃいけない。

いや、完全に見えないのなら、まだ許せる。

あれが中途半端に透けるものだから、
外の作品と一緒になって、
見た目のキタナイことといったら 


絵のついた、クリアーじゃないクリアーファイルに、

芝居のチラシを入れたりすると、

 

きたない・・・。


で、結局、クリアーなクリアーファイルを買って、
それを中心に使っています。


安いから、それもあり・・・って、
完全に問題をすり替えてるんだけど。


でも、使わなければ、すごくきれいだし・・・って、
それも違うけど。


でも、これに代わる記念品を思いつきません。


今度はクリアーファイルをまとめて入れて、
観賞用にしちゃってもいいかな、と思ってます。

クリアーファイルをファイルに入れて保存。

・・・絶対に違うのはわかってるんだけど 

コメント (2)

たった今、交わした夫婦の会話。

2011-09-18 21:43:27 | 暮らし・花・趣味
  

私「あのね」

夫「ん?」

私「モダンタイムス」

夫「?!」

私「あの、丸いのが回って」

夫「???」

私「ほら、あの、時計の」

夫「歯車?」

私「そうっ! それが出なかったの。ありがとー」


・・・ああ、老夫婦 


頑張れ、私・・・
コメント

おいおいっ! これは詐欺だぞ!

2011-09-15 00:56:04 | 演劇・舞台・小劇場
 
昨日、銀行の待合室で、
目の前にあった女性週刊誌をパラパラとめくっているうちに、

あるページで「あん???」

と、手が止まりました。


それは、カラーの見開き広告、

・・・といっても、

カラーの質とか、レイアウトとか、
その他モロモロ、つまりすべてが、

昭和な雰囲気にあふれた、
よくある、いかにも胡散臭い広告でした。

第一、売っているものが「幸福のパワーストーン」!

これで推して知るべし(笑)


その広告のほとんどが、1人の女性の体験談と写真で埋められていて、

「彼氏いない歴30年の私が、信じられない!」みたいなタイトルで、

「最初、半信半疑でしたが、このパワーストーンを身に付けたら、
 なんと、2か月後にはこんな彼氏が!」

「彼は高校の体育の先生で、とってもやさしくて、なんちゃらかんちゃらで、
 来春には結婚します」

・・・てな体験談でして、


ジャージに笛をぶら下げた、典型的な体育教師姿の男性とのツーショットとか、

彼とハワイ旅行、なんてタイトルの、私が見てもすぐに合成とわかる写真とか、

何枚も2人の写真が散らしてありまして、


そのあたりには、

「こんな私が、こんなハンサムの彼をゲット!」
「幸せ過ぎて、こわいくらいです」
「パワーストーン、ありがとう!」

などという言葉も添えてあるという、

今でもこういう広告があるんだなぁ、
と感慨にふけってしまうほどの、
いかがわしいシロモノだったのですが、


私が思わず止まってしまったのは、その写真だったんです。

女性の方は「こんな私」と言ってるだけに、
たしかに「こんな私」な人でした。

で、問題は、その彼の方・・・。


なんと!

よーく知っている友人の役者ではありませぬか!

お前、なんちゅうこと、やっとんじゃ!!

この前会った時に、
「最近は事務所に入ったこともあって、
 いろんな仕事ができるようになりました」

みたいなことを言ってたのが、これかいっ!

なにが体育の先生だっ!


こんな広告でも、引っかかる人がいるからこそ出すワケで、
こんな詐欺の片棒担ぐようなことしちゃいかん!

よっぽどその場で電話してやろうかと思いましたが、
それもまた大人げない。


まぁ、今度会った時にでも言ってやります。


しかし、こういうアヤシげな広告って、
やっぱりこんなモンだったんですね。

あらためて納得しました。


こんなモンに引っかかるヤツの気がしれない、
と思っているけど、

これがパワーストーンだったから、そう思ったのであって、

「シワが消える」とか、
「10才若返る」とかだったら、

一瞬、心が揺れることも、ない、ことは、ない。


まぁ、イワシの頭も信心からだし、

これを買ったことで自信がついて、
うまくいくことだってあるかもしれないけどね。


けれど、けれども!

こんな仕事してると、役者としての品格がなくなるぞ!



なんか腹が立ちすぎて気分が悪くなったので、
その雑誌を遠くに放り投げて、別の雑誌を探したら、

こんなのを発見!



へえ~、こんな雑誌があるんだ、
とパラパラめくってみると、

面白いんだけど、妙に記事の内容が古い?

よーく見たら、3年前のものでした。
でも、調べてみたら、今でも出てるんですね。

「上方芸能」という雑誌を、ずっと昔から購読しているんですが、
これは、どちらかというとアカデミックな内容の本。

対して、こちらはもっと気楽な楽しい雑誌のようです。

生の落語を聴かなくなって久しいけれど、
こういう雑誌を見ると、やっぱり心躍ります。


よっしゃぁ、口直しだ。
じっくり読むぞ~~!


・・・と思ったところで、

無情にも自分の順番が・・・。



怒ったり、喜んだり、
ずいぶん忙しい待ち時間だったけど、

さすがに、おあとがよろしいようで・・・


コメント

オバサン注意報 (その3)

2011-09-11 15:32:12 | 暮らし・花・趣味
 
よくスポーツクラブのプールに通っているのですが、
先週、そこのお化粧スペースで遭遇した話です。


プールで泳いでお風呂から上がって、
髪を乾かそうと、空いている席に座りました。

両脇は、くたびれた感じのオバサンが2人、
かなり集中して、お化粧中。



こういう洗面所、
・・・あ、いや、お化粧スペース、
あ、いや、パウダールーム?

ま、とにかく、こういう場所での女性って、
2種類に分かれる気がします。


 まったく人を寄せつけないタイプ。
 (私に喋りかけないで! 1人でいたいの!)

 ひたすら喋りまくって(また知り合いが多い!)
  とにかく楽しげに過ごしているタイプ。
  (口よりも手を動かせよ!)


たいがい、どちらかなんですね。

私は、当然、前者。

知り合いもいないし、もともと激しい人見知りだし、
こんなところで、何の因果で喋らにゃならぬ、と、

「寄るな」オーラを出しながら、
ひたすらドライヤーを使います。


私の両脇の2人も、同じタイプのようで、
どちらも「寄るな」オーラを出しまくっていたので、

3人並んで、しずーかに鏡に向かっておりました。


ささっと髪を乾かし、
ほとんど素っぴんのまま(家が近いからいいよね~)、

さて、と立ち上がりかけたとき、



・・・なんか、視線を感じたんです。



(ん? 見られてる?)



さりげなく様子をうかがってみると、


・・・私への視線ではありませんでした。




両脇のオバサンが、鏡越しに、
相手をチラチラと見ているんです。

その視線が、ちょうど真ん中の私のあたりで交差して、
なんとなく不思議な視線を感じていたんですね。



彼女たちはまだ、お化粧の真っ最中。

アイシャドウをつけてチラッ。
眉を書いてチラッ。
ビューラー&マスカラでチラッ。


(え~、もしかしてケンカ売ってるの?
 やめてよぉ~、こんなところで)


それに、困るじゃないの、

こんなの見ちゃったら、
もうこのまんまでは帰れないでしょ!

ワクワク

といっても、ただ見ているわけにもいかないので、

またメイク道具を取り出して、
さりげなく鏡越しに両脇をチラッ、


・・・のつもりが、

結局、眉ペン握って、
視線だけが、右に行ったり左に行ったり




そのうち、

1人が突然、じーーーっと相手を凝視し始めたのです。


続いて、見られた方もじーーーっと凝視。


(なに? この空気??)

(でも険悪なものじゃないよね?)




しばらくして、1人がそっと声をかけました。

「〇〇さん?」


「あ、やっぱり? ◇◇さん?」

「あらぁ!」


 < ここで2人のかまびすしい笑い声 >


「まぁ、失礼しました~。
 〇〇さんもこちらに来てらっしゃるの?」

「そうなのよ。
 でもお目にかかったのは初めてね~。
 いつもは幼稚園でしかお会いしないから」


という会話に、あらためて彼女たちの顔を見ると・・・、



最初のくたびれたオバサンの姿は見事に消え失せ、

若々しくて、きれいな幼稚園のママ友が2人、

にこやかに談笑中・・・ 



そうかぁ!!!



素っぴんでは誰だかわからず、
少しずつお化粧をしていくうちに、

もしかして・・・、あ、やっぱり!

となったのか。



同性ながら、オンナはこわい、と思うと同時に、

あのメイク術、教えてほしい!!!

と、本気で思ったのでありました 
コメント (2)

新手の迷惑メール

2011-09-08 00:02:09 | 暮らし・花・趣味

先月から始まった携帯への迷惑メールは、
少しずつ減ってきていますが、

近頃はなぜか、PCにも迷惑メールがよく来ます。


迷惑メールの内容は、

ピンク系が100%の携帯に対して、

PCはピンク系、投資系(そんなに儲かるなら自分がやれよ!)、

はたまた「おめでとうございます!貴方様が当選しました!」
みたいな、勘違いを狙う系、

と、だいたいそんなところなんですが、

今日、新手の迷惑メールがやって来ました。



PCの場合、
迷惑メールは最初から「迷惑メールフォルダ」に入ってきます。

だからポンポンと受信拒否の通知をすれば、
勝手に消えてオシマイ、なのですが、

ぬあんと、今回のヤツは、
普通の受信トレイに紛れ込んできたのです。

こういうヤツが・・・、




----- The following addresses had permanent fatal errors -----

送信できませんでした。
送信先が送信を受ける状態ではないため、
メールの容量を超えた扱いとなっています。

Mailbox full


・再度送受信し直して下さい http://blog.goo.ne.jp/ana23132




メールアドレスじゃないところが弱いけど、

忙しいときとか、たくさんメール送ったときに来たら、
思わずクリックしてしまいそう。

少なくとも、私はかなり危ないな・・・


あっ、ちなみに上のアドレスは、このブログのものです。
危ないアドレスを出すのはイヤなので変えておきました。



でもね、これ見てて、ふっと思ったんです。

作ってる方は面白いだろうな~、って。

だって、

<どうすれば引っかかるか>

を一生懸命考えるワケですよ。

人間の欲とか勘違いを上手に利用して、
その心理のツボをつかんで引っかける。

そりゃぁ、面白いでしょう。

それでたくさん引っかかったときには、
かなり充実感があるだろうし。




・・・うん、まぁ、ね。

  その頭をもっと別のことに使えよ、って話だけど(笑)
コメント

ダメ犬 LOVE

2011-09-05 18:46:20 | 暮らし・花・趣味

私、ダメっぽーい動物が好きなんですが、
特にダメ犬に弱いんですね。

<マジメで一生懸命なんだけど、やってることがダメ>

みたいな犬を見ると、もう愛おしくて、
とんで行って抱きしめたくなります。


今日も今日とて、新聞を読んでいたら、
柴犬で初めて警察犬になった二葉さん(メスで大人だから、さん付け)の、
不合格だった時の話が、コラムに載っていて、



「過去2回は、“待て”の命令に待てなかったり、
 高跳びで障害物に頭をぶつけたりで不合格・・・」


・・・高跳びで、障害物に頭をぶつける犬、って・・・


思わず想像して、あまりに愛すべきダメぶりに、
大笑いしてしまいました。

合格自体は7月の話で、ニュースでも見たんですが、

あらためて検索してみて、
他にもイロイロなワンちゃんを見つけました。




6年も警察犬の試験に落ち続けて、やっと合格した「きな子」は、
映画にもなって有名ですが、
実際の彼女の映像も、さすがさすがのダメっぷり。

もうたまりません。




でも、お利口な警察犬でも、
慣れない場面では緊張するようで・・・、


これは、子供を救助した功績で、
感謝状をもらうことになったワンちゃんの、その贈呈式。



両手(両前足?)で、訓練士さんの手をギュッと握って・・・、
犬でもこんな姿をするんですね。

クールでデキるヤツが、なんかの拍子にかわいく固まる姿、
これもまたたまりません。





勢いで、もう1枚、こんな写真を見つけました。





いるいるいるいる~~~、こんなオバサン。

こんな感じで店番してる!





その勢いで、もう1枚、



今度は人間!
親戚から送られてきた赤ちゃんの写真。


おまえはいったい何なんだ??(笑)



彼のご両親へ
・・・犬と一緒に出してごめん!

あんまりかわいかったもんだから・・・。
コメント

子供は正直(笑)

2011-09-03 11:52:29 | 暮らし・花・趣味

今、TVを見てたんですが、
そこで、イタリアの小学校の授業風景が出たんですね。

その地方にすごく有名なキリスト復活の絵があって、
それが村の誇りであり、唯一の観光資源。

だから地元の小学校では、
特別に授業の中で、この絵を教えるんだそうです。


で、

たぶん小学校の1年か2年くらいかなぁ。
教室で先生が、イロイロと、
どれほど素晴らしい絵かを教えて。


著名な画家も、この絵を絶賛しているという話から、

先生「彼はこの絵を世界で最も素晴らしい絵と言っています。
   ・・・何か質問は?」

生徒「はーい」

先生「なあに? マルコ」



生徒「その人は世界中の絵を見たんですか?」



ぶふっ。思わず吹き出しました。

だから子供に、
いい加減なことを言っちゃいけないんだよ、先生。


しかし中年の女の先生は、あわてず騒がず、


先生「・・・いい質問ね」


・・・って、それだけかいっ!



しかし、この絵の1時間番組でありながら、

つまり、この絵が主役の番組でありながら、

この質問をカットせずに出した、
制作者のセンスに拍手でした。


さすがBBC。

どこぞの国営放送なら、流れを壊すからって、
絶対にカットだろうな(笑)
コメント

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ