狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

キチガイにペン

2007-11-13 18:42:34 | 教科書

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄タイムス 2007年11月11日(日) 朝刊 24面  
 
新聞使い調べる力向上/NIEフォーラム

 NIE(教育に新聞を)週間を記念し、教育現場での実践を紹介する県内初のNIE実践フォーラムが十日、那覇市天久の琉球新報社ホールで開かれた。県NIE推進協議会(山内彰会長)が主催。報告では、新聞を教材に取り入れている教諭らが教育効果の高さを強調した。中学生がその場で新聞紙面を作るモデル授業も行われ、参加した教員や学生、教育行政関係者など約六十人が熱心に聞き入った。
 協議会アドバイザーの兼松力教諭(与那原中学校)は、前任の長嶺中や東風平中で生徒が記者として地域ニュースを取材し、沖縄タイムス、琉球新報両紙に記事を掲載した取り組みを紹介。「生徒たちの調査能力、コミュニケーション能力が上がり、紙面の裏側を理解したりするメディア・リテラシーの力も付いた」と報告した。

 モデル授業では、長嶺中の三年生四人が両社の移動編集車「ワラビーGO!」と「りゅうちゃん号」を取材し、両車で新聞を作り会場で配った。仲吉輝さんは「その場で新聞ができてびっくりした」と驚き、船道陽子さんは「不安だったが、間に合ってよかった」とほっとした様子だった。

 末吉沙矢香さんは、記者体験について「身近にあるけど詳しく知らないことなどを取り上げた。いろんな反響があってうれしかった」と振り返り、花城鮎美さんは「絵を描いたり、文を書くのが好きなので、新聞記者になれたらいいなと思った」と話した。また石嶺中の新城健教諭と三和中の新垣光史教諭がこれまでの実践を報告した。

 参加した座間味小中学校の大嶺拡教諭は「難しく考えず気軽に取り組めることが分かり、目からうろこが落ちた。学校で実践できるかどうか考えてみたい」と話した。

                                                ◇

バカとはさみは使いよう、という言葉がある。

うまく活用すればその能力を充分に発揮させることが出来るということだが、

新聞が本来の使命に目覚め社会の木鐸の務めを果たしているのなら、

学校教育の教材としての潜在能力があることは素直に認めよう。

だが、振り返って我が地元の沖縄タイムス、琉球新報両紙の最近の狂乱報道を見て、尚且つこれを学校教材に使用するという教師がおればその教師は、狂師の誹りを受けても仕方ないだろう。

キチガイに刃物という例えがあるが、刃物より危険なペンという凶器で事実を捏造し学校・生徒を狂乱の政治活動へ扇動した沖縄の新聞。

まさに「キチガイにペン」の例えが相応しいだろう。

その狂気の報道を学校の教材に取り入れる前に、教師の教育、そして新聞記者の教育が先決ではないのか。

尤も新聞記者の教育は望み薄。

だとしたら「触らぬ紙にタタリ無し」だ。

沖縄の新聞は一切読まないのが一番の教育ではないか・・・これは皮肉ではない。

全国最低の基礎学力。

序列をつければどこかの県が最下位の不名誉を浴するのは当然だが、沖縄の最下位はブービー賞を通り抜けてダントツの最下位だという。 

せめて「普通の」最下位になって欲しいものだ。

沖縄の学力問題は「有名大学に何に入るか」といったレベルの問題ではない。 

似て非なるもの、基礎学力の問題なのだ。

長年、県立工業高校の数学教師を勤めた友人の1人は、四月に新入生に先ず教える事は数学の授業に困らない程度の読み書きだと述懐していた。

読み書きもままならぬ新入生を高校に迎え、数学どころの騒ぎでは無いと嘆いていた。

彼が嘆くには基礎学力の無い生徒を高校に送り込んだ中学の責任だという。

で、中学にその責を問えば、・・・責任転嫁は果てしなく続く。

 

最近の新聞報道で目に付く記事は「集団」といってもも「集団自決」ではなく、

「集団飲酒」がやたらと目に付く。

かくして責任転嫁は家庭環境・社会環境にまで及ぶ。

生まれた家庭が悪いのか、それとも社会が・・・。
   
少年7人集団、飲酒補導 八重瀬  (11/11 9:55)

中高生ら集団飲酒 那覇署補導

たまりかねて沖縄県議会がこれを決議したと言うから沖縄県議会は決議がよっぽど好きなのだろう。 県議会 未成年飲酒防止を決議  (10/15 16:03)


仲村教育長が先ずやるべきと学力向上の簡単な施策。

それは教師や生徒を「政治活動」と偏向新聞から遠ざけること。

それを事もあろうか、生徒を狂乱の政治活動に扇動した元凶の偏向新聞を学校の教材にするとは。

こんなことばかりしているから、「教科書にウソを書かないで下さい!」

と叫ぶ幼稚な高校生が生まれるのだ。⇒授業前10分 教科書検定問題学ぶ/南風原高

≪高校生の視点で検定問題を考えようと、国語科の仲村将義教諭を中心に数人の教諭らが沖縄タイムスなどに掲載された記事をピックアップ。八時五十分から十分間の「読書タイム」に、黙読し各自で問題の背景などを考えている。≫(沖縄タイムス)

左翼新聞を左翼教師が教材に使う!

ブルブルッ!


沖縄の新聞を学校の教材に使うには10年いや、20年早いと思う方
クリックお願いします。↓

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簡にして明!産経抄の大江批... | トップ | 倒産おやじが英雄に 左翼教... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼月)
2007-11-14 03:51:09
ペンは剣よりも強いといいます。

だから連中はその最強の武器を思う存分ふるっていたわけですね。これまでは。
使い方 (ヒロシ)
2007-11-14 18:33:18
刃物は使い方を間違えると怪我をします。
ペンは剣よりも強いので使い方を間違えると大怪我をします。
人を傷つけ、国を傷つけていることに気付かないマスコミ。
反論を許さない彼らは「ペンという武器」を使って「県民の深層心理に『旧日本軍が全て悪かった』と書き込んでいる」

赤松・梅澤両氏ならびに親族の方々がどれだけつらい目に遭ったか。

吉武氏のおっしゃる通り沖縄県を挙げて謝意を表す事ができるようにならなければいけない。
Unknown (狼魔人)
2007-11-14 19:39:49
◆涼月さん

キチガイにペンほど始末に終えない者はありません。

先日の大阪法廷に作家先生なんかはこの例えがピッタリだと思うのですが。


◆ヒロシさん

沖縄タイムスの記事を教材にするということは「キチガイにペン」の恐怖を教えるつもりなのでしょうか。

アイツ (a)
2011-06-04 12:41:48
光○ウザいww

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL