狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

地元と米軍摩擦深刻 普天間騒音激化 広場を封鎖

2010-10-08 22:08:02 | 金武町流弾事件

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

 

地元と米軍摩擦深刻 普天間騒音激化 広場を封鎖
市民感情 悪化の一途
社会 政治  2010年10月8日 09時41分     


 外来機飛来による騒音激化や米軍嘉手納基地の滑走路改修に伴う代替使用など普天間飛行場の機能強化につながる動きが相次ぎ、米軍と地元との摩擦が深刻化している。5日にはF15の飛来に伴い、過去5年間で最大となる123・6デシベルの猛烈な爆音を宜野湾市内で記録。市民団体の集会では「ヤンキー・ゴー・ホーム」といった攻撃的な言葉も聞かれるようになった。一方、米軍は、市民に開放してきた基地内の広場を封鎖するなどして抗議行動に対抗し、火に油を注ぐ結果に。基地の安定運用とはほど遠い状態が続いている。

 米軍は9月21日、嘉手納基地の滑走路改修に伴って緊急時には普天間に目的地を変更(ダイバート)すると通告。「ダイバートが行われないよう最大限の努力をする」としたが、今月5日にはF15戦闘機2機が2度にわたり飛来した。着陸こそしなかったものの、滑走路すれすれを低空飛行し、心臓を病む市民から「命にかかわる」との苦情も市に寄せられた。

 戦闘機が主力の嘉手納基地の方がヘリ基地の普天間より、単純な騒音レベルは通常は大きい。だが、普天間は住宅地との距離が近く、いったん戦闘機が飛来すれば嘉手納をしのぐ爆音が発生する。先月後半はFA18ホーネットの飛来も集中し、9月22日から10月5日の2週間に100デシベル以上が27回記録され、「ジェットエンジンの近く」に相当する120デシベルを超えることもあった。

 こうした騒音激化に加え、オスプレイ配備や、代替施設建設が進まなかった場合は普天間を強化する計画なども明らかになり、米軍に対する市民感情は抜き差しならない段階まで悪化しつつある。基地前の抗議行動は過熱し、道交法などの順守を求める警官隊と、「基地の違法状態を放置している日米両政府こそ悪質」と主張する市民団体との間で小競り合いも起きた。

 一方、米軍は1日に開かれた抗議集会を受け、1970年代から市民に開放している広場を治安上の理由で突然封鎖。一時は数百台の車が閉じこめられ、市民からは「八つ当たりとしか思えない」「米軍は恥ずかしくないのか」と非難が巻き起こった。米軍はその後も平日の閉鎖を継続しており、広場を使っている少年野球やグラウンドゴルフにも影響が出ている。地元の少年野球のコーチは「ほかに練習する所もない。早く開けてほしい」とうんざりした様子で話す。(中部支社・鈴木実

                                                                                                                                              ◇

【追記】 10月9日

伊波宜野湾市長とプロ市民達が、またしてもお笑いネタを提供してくれたが、で過去に二度も関連エントリーをしているので、コメントは省略し、沖縄タイムス記事のみで鑑賞していただこうと思ったのだが・・・。

コメントもいただいていることだし、一言蛇足を。

「世界一危険な基地」の中の空き地を宜野湾市は「市民広場」と、のどかな名前をつけて無料駐車場に利用していたことが沖縄タイムスの記事で暴露されたが、今度はこの「世界一危険な空き地」を、あろうことか少年野球やグランドゴルフに使っていたことを暴露してしまったことになる。

その「市民広場」を封鎖されたことに逆切れしたプロ市民の怒りの言葉を、沖縄タイムスが大きく取り上げているようだが、語るに落ちるとはこのことではないか。

「世界一危険な基地」は少年野球もできる安全な広場(市民広場)ということになるのではないか。

もし市民広場が「世界一危険な広場」だったら、教育委員会が黙っているはずが無いではないか。

それに「危険な広場」を締め出されたことに沖縄タイムスは市民感情 悪化の一途」と書いているが、危険回避をした米軍に対し感謝こそしても「市民感情悪化」はおかしいのではないか


それにしても、笑いのネタが尽きない伊波市長とそのお仲間ではある。



  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

                                                                                                                                    

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尖閣は日本のもの!【動かぬ... | トップ | 今世紀最大のブラックジョー... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-10-09 05:40:03

、、、だから、言ったじゃない。(怒)
すべての責任は、、
移設に反対した伊波市長にある。
たしかにうるさい (縁側)
2010-10-09 09:50:35
狼魔人さま おはようございます

 私は普天間フェンスの側に親類がいるので、その家に行ったらやはりハンパないですね。あの騒音は凄い。記事にもあるとおり、普天間は嘉手納と違い住宅密集地がフェンスの側にある。よって嘉手納以上の騒音になりますね。輸送機やヘリはたいしたことなかったのですが、戦闘機はヤバいですね。精神状態おかしくなる人が出ても不思議じゃないくらいの騒音です。それに伊波は文句つけてるようですが、「オマエが言うな!」と市民が声をあげてほしいところですね。
騒音について (タケ坊)
2010-10-09 12:53:53
以前の狼魔人様のエントリーでコメントさせていただいたクリアゾーン議論の中で出てきた国立国会図書館の報告書『米国における軍事施設周辺の土地利用対策―軍事能力維持と地域社会との調和を両立させる試み―』

※できれば私がコメントした狼魔人様のエントリーをご覧いただけたら幸いです。
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/7d7c231991de55b252760785d2b22b6f

の中でも出てきておりまして、そこでは『昼夜平均騒音レベル』という言葉が出てまして、
それを表す単位として『Ldn』『DNL』『dBDNL』などが紹介されてまして、それでまたググると
日本では『WECPNL』という単位が採用されておりましたが、現在は『Lden』という単位に移行中だそうです。
対して記事中の沖タイに限らずよく聞くのが『dB』≒『ホン』だと思います。

カンのいい人はなんとなく違いがわかったと思いますが、dB・ホンはその瞬間の音の大きさを表す単位で、Ldn・DNL・dBDNLはそれに時間や頻度や昼と夜で人間が感じる感覚の違い等を加味した単位だと私は理解してます。(私は専門家ではないので間違ってたらスミマセン)

軍民問わず飛行場や道路沿いに住む住民の騒音問題を論ずる際は昼夜平均騒音レベルなどの加重等価平均感覚騒音レベルを用いて議論するのが世界の常識のようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E9%87%8D%E7%AD%89%E4%BE%A1%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%84%9F%E8%A6%9A%E9%A8%92%E9%9F%B3%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB

ですので沖タイが鬼の首を盗ったように騒いでいる単なる瞬間の音の大きさであるdBだけでは住民が本当に騒音で困っているのかどうか、またその範囲までは言えないのではないかと思います。

尚、狼魔人様・Unknown様・縁側様、リンク先のメア総領事や今までの議論を理解されておられる読者の方々ならおわかりの通りすべての責任は自治体側にあり、その長である伊波は万死に値すると言わざるを得ません。
Unknown (狼魔人)
2010-10-09 14:23:06
◆Unknownさん

仰るとおり、伊波市長の責任です。




◆縁側さん

私も普天間基地の近くに住んでいますので、この数日ジェット機騒音がうるさいのには気がついていますが、1日10秒から長くて20秒くらいの騒音がい昼間1~2回程度で、我慢できないほどではありません。 沖タイがいう「心臓病云々」は明らかにオーバーです。ちなみに私も心臓病は抱えていますが・・・。

それより、前に那覇市の国際通り界隈、浦添市の国道界隈に住んだことがありますが、夜通し騒音を撒き散らす暴走族に比べたら、普天基地騒音は継続しないだけ、ほとんど気になりません。



◆タケ坊さん

騒音について詳しく調べていただいて感謝します。

>ですので沖タイが鬼の首を盗ったように騒いでいる単なる瞬間の音の大きさであるdBだけでは住民が本当に騒音で困っているのかどうか、またその範囲までは言えないのではないかと思います。

私自身が普天間基地近くに住んでいますので、仰る意味を実体験で理解できます。

人間は隣のピアノの音でも継続して続くと我慢できませんが、今回のジェット機騒音は多くて一日二回程度でそれも10秒~20秒の瞬時ですので全く気になりません。

今日(9日)は午後20分現在、騒音は一回も無く静かなものです。

仰るとおり、選挙目当ての伊波市長のパフォーマンスに沖タイが」行き合うっているものとりかいしています。

お返事どもです。 (タケ坊)
2010-10-09 19:42:20
とりあえず新報はWECPNLについては認識しているようですね、新基準のLdenについて理解しているか、ある程度の記者に浸透しているかは定かではないですが・・・
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-141175-storytopic-10.html
しかし、この前の騒音の裁判も真面目に取材しているのであれば少なくともWECPNLについては知っていなければならないわけで、付け焼刃の素人に罵倒されることはないと思うのですが・・・

狼魔人様の見るところ 新報>沖タイ なんでしょうか?まぁドングリの背比べでしかないのはわかってますが(笑)
Unknown (nisikawa)
2010-10-09 22:28:13
毎回読ませていただいてます。
最近日増しに中国が勢いづいておりますが沖縄の状況はどうなのでしょうか?

香港の新聞などでは沖縄はもともと中国固有の領土などと言っておりますが、当の沖縄のかたがたはどう受け止めていらっしゃるのでしょうか?

日本はあまりに長い間沖縄を放置してきたように思います。香港のように自由港として中国の庇護をうけながら発展していくのがよいという考えている人もいるのではないかと杞憂しております。
騒音(爆音?) (半世紀)
2010-10-09 23:59:48
友達が「お笑い」のような話を言ってました。
親戚に基地の近くに住んでる一家が神戸の友達の家に遊びに来てたそうです。六甲の山並みが見えるところでのんびり(まあ2泊3日ですけど)して欲しいと思ってたのに、飛行機やヘリコプターの音でやたら騒ぐので、何故なのか聞いてみたら、米軍は最新型だから安心だけど、神戸の上空にいるのは落ちてきそうなくらいボロボロだそうです。神戸空港が出来てから、飛行コースが変わり、八尾空港に戻る小型機が低空飛行してるような状況です。その上、ご丁寧なことにその日は「某総本家」(神戸市灘区)に警察がガサ入れしたので、マスコミのヘリが六甲小学校の運動場の上をずっと旋回してたので、かなりの爆音だったそうです。冷房も防音設備も無い普通の小学校なので、友達の親戚は「あの小学校の子供達が可哀想」って同情したそうです。ギャグみたいな話で爆笑しましたが、、、私の母校でした。
同情いたします (愛国志民)
2010-10-10 10:36:12
かつて神戸は、あの阪神淡路大震災の際にマスゴミのヘリコプターがやかましく飛び回ったせいで
瓦礫の下の多くの被災者の救出が遅れたという苦い経験がありますから
お気持ちは良く解ります。
沖縄とて戦中戦後に米軍が多くの住民を保護した事実が
あるにもかかわらず偏向が横行しております。
また在日外国人参政権推進派の方に在日米軍人への参政権はどうなるのかを
聞いてみたいものです。特定アジア人にのみ参政権を与えるのであれば
彼らが忌み嫌う差別政策に他なりませんから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL