狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

何時まで続く金城重明の強弁 渡嘉敷島の集団自決

2009-07-15 20:26:00 | ★集団自決

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

沖縄タイムスの教育面で、大学生に講演する金城重明氏の記事を見つけた。 ウェブサイトにも載らない同記事を「逆風ってすばらしい!」の縁側さんが一刀両断しているので紹介したい。

◆以下引用

久々に集団自決関連の記事を。

本日の沖縄タイムスに渡嘉敷島の集団自決の生き証人と一応はいわれている(実際は単にたくさん殺した人なのだが)金城重明氏(80)が言いたい放題の講演会を開いている。以下転載。

「集団自決」実相 学生たちに語る キリ学 金城重明さん

 沖縄戦時の渡嘉敷島で「集団自決(強制集団死)」を体験した、金城重明さん(80)を招いた講演会が、11日、沖縄キリスト教学院大学で行われた。 (中略)

 金城さんは、沖縄本島上陸前になぜ米軍が慶良間諸島に上陸したか、当時天皇は神であると教えられ「天皇のために死ぬのは名誉」とたたき込まれていたこと、米軍上陸の1週間ほど前には通常では民間人の手に渡ってはいけない手りゅう弾が役場の男子職員に手渡されたことなどを説明。それから渡嘉敷島に米軍が上陸したあと、どのように人々が集められ、命令が伝わり「集団自決」が行われたか、話した。金城さんは、「殺そうとしてやったのではない。生き残ることが恐ろしかった。愛情ゆえのこと。軍の命令で追い込まれていった」と戦後64年苦しみ続けていることをゆっくりと語った。

 学生たちは、静まりかえって聴き入り、涙を浮かべる者もいた。

 上原志野さん(保育課1年)は、「資料を調べる中で軍命はなかったとするものも多く自分の中で混乱していた。お話をあらためてうかがい、「軍命はあった」とあらためて思った。自分でいろいろ調べた後で聴くと重みが全然違う」と、感想を話した。

                               (転載おわり)

う~ん。金城氏、80歳にもなってまだまだ大嘘吐き通すつもりのご様子。まぁ死ぬまで改心することはねーな。世間ではこーいう人間のことを「人でなし」というのですが・・。このじーさんの犯した罪については、SAPIOの「ゴー宣」をご覧になれば一目瞭然です。あるいは、沖縄在住の狼魔人氏の「狼魔人日記」が詳しいです。

記事に戻るが、

沖縄本島上陸前になぜ米軍が慶良間諸島に上陸したか?

:特攻艇の部隊がいることバレバレだったからさ。

米軍上陸の1週間ほど前には通常では民間人の手に渡ってはいけない手りゅう弾が役場の男子職員に手渡されたこと?

:防衛隊(地元の人間)だろ?兵役経験者だよ。

渡嘉敷島に米軍が上陸したあと、どのように人々が集められ、命令が伝わり「集団自決」が行われたか?

:地元の人間同士で集まって地元の人間同士で自決したのです。軍命?アホか!

金城さんは、「殺そうとしてやったのではない。生き残ることが恐ろしかった。愛情ゆえのこと。軍の命令で追い込まれていった」と戦後64年苦しみ続けていることをゆっくりと語った。

:いーや、殺意満々ですよ。愛情ゆえ?家族以外の人間も多数殺しておいてよく言うぜ。軍の命令で追い込まれていった?はぁ~、日本語の理解が遅すぎだぞ、金城翁よ。80だろ?大学の名誉教授だったんだろ?生き残ることが恐かった→愛情ゆえ→軍の命令で追い込まれた・・・・・。このじーさんボケてんじゃねーのか?

ところが、聴講した学生は「命令はあったとあらためて思った」だとさ。話し手もアホなら聴き手もドアホ。こいつらには思考力がないのかね?

このじーさんや過去にエントリーした宮城晴美などのせいで、「屠殺者」と呼ばれ、不遇のうちに人生を終えてしまった赤松氏。また現在90歳を超えても真実をはっきりさせるまで死ねないと頑張っている梅澤氏。言葉にならない辛いことも多々あったはずだよな。この金城は牧師だよ。大嘘つきで、人に罪をなすりつけ、それを語り続けている最低の人間が牧師なのです。

キリスト教徒の皆さん!同じ信者に人でなしがいるのですぞ。恥をしりなさい。

◆引用終了                    

                  ◇

縁側さんの的確な批判で、これ以上付け加えると蛇足になるが、

一つだけ補足すると金城氏は、「米軍上陸の一週間ほど前に手りゅう弾が住民の手に渡った」と主張しそれが軍命令の証拠というが、米軍攻撃を全く予想していなかった赤松隊長がその時期に住民に自決命令を出す根拠はない。

ちなみに米軍が渡嘉敷に上陸した3月27日の一週間前、3月20日の「陣中日誌」には次のようなのどかな記述がある。

3月20日 晴

第一次戦闘配備計画完了のため戦隊は本二十日、二十一にちの二日間を休養日とし各隊休養す。 戦隊長は村民の労を慰うため村長以下各指導者と共に会食し労をねぎらった。>(陣中日誌)

ここには軍が住民に手りゅう弾を配って自決命令を出す緊迫した雰囲気は微塵もない。

それどころか住民の協力に感謝した戦隊長(赤松)が、住民を会食で接待し労をねぎらう和やかな雰囲気しか読み取れない。 おそらくは興が乗ってカチャーシーでも出てきそうな和気あいあいとした雰囲気であったのだろう。

 

集団自決問題の入門には次のサイトが要領よくまとめてあるので参考になる。

沖縄戦集団自決命令問題

週刊新潮もSAPIOも現在沖縄で発売中のようで、その時期に学生相手に全く整合性のない「軍命論」を語らされる金城重明氏もある意味お気の毒なお方だ。

自分の殺戮行為が赤裸々に描かれているSAPIO最新号をテキストにしての講演会ならその蛮勇を褒めたいが、おそらく未だ目を通してはないのだろう。

SAPIOの告発に脊髄反応するサヨクブログも多いが、遂に当日記も「悪徳言論人」「低劣右翼」の罵詈雑言に続いて、

芥川賞作家センセから「漢奸」という身に余る呼び名を頂くことに相成った。(爆)

「漢奸」という大迎な命名をされ、思いは一瞬にして時空を越え、赤い夕日が映える満州の広野を荒馬で駆け回る川島芳子の幻影を見た。 

男装の麗人川島芳子(本名・愛新覚羅 顕シ)は、戦後「漢奸」の咎で中華民国に処刑された。

続く

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国に包容力を求める沖縄タ... | トップ | 漢奸の墓は暴いて唾棄せよ!... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼月)
2009-07-15 21:23:40
誰ですか芥川賞作家って
なるほど (さか)
2009-07-15 22:28:56

いわゆる当事者は、最強だな。聞いた学生も、記録で調べた事に対し、当事者の経験に圧倒されている。

しかし、そこがスタートじゃないか?
圧倒されて、呑まれても、調べた記録と、いわゆる当事者の経験が、比較されて、推論がなされる中で考えて行くんじゃないかな。

ここで初めて、調べた記録の真価が試される気がする。

見方をかえれば、いかに悲惨な経験をしたと言う人を、感情でなく、理性的、客観的に見る試練と言うべきか。

いわゆる悲惨な経験を捉えながらも、呑まれやすい、危険な他者の情動を扱い、使いこなし、ねじ曲げずに、噛み直し、疑問と突っ込むポイントを抑える為にも。

なんかおかしな文ですが、ありのままに書いてみました。
ままならないなら、削除して下さい。
Unknown (義挙人)
2009-07-16 00:46:58
夜分遅くから失礼します。
今、模合から 帰ってきたところです。
縁側さんのブログすでに読みました。
さすが、浪さん指摘の通り、手榴弾が渡された一週間前は、まだ戦争は始まってないですよね、何で、自決命令が発せられるでしょうか?
この爺さん、少し、、、が 入つてるんじゃないの、、、上原志野さんも可哀相です、もつと勉強して、片一方の話だけで、涙流すでなく、視野を広めて欲しいです。
事実を知って後で後悔するのは、本人ですから。
Unknown (ささん)
2009-07-16 03:04:11
おお・・・・漢奸(笑)頑張ってください!

ところで、
川島芳子処刑説って覆りませんでしったっけ?まぁ、それほどのことではないですが・・・・
Unknown (狼魔人)
2009-07-16 07:35:55
涼風さん

>誰ですか芥川賞作家って

目取真(メドルマ)俊センセです。



さかさん

>いわゆる当事者は、最強だな。聞いた学生も、記録で調べた事に対し、当事者の経験に圧倒されている。

縁側さんがご指摘のように、講師も講師なら聞く学生も学生ですね。

思考停止した集団の講演会と思えば納得です。



義挙人さん

ずいぶんご機嫌のようですね。(笑)

酔ってお帰りでも当日記に目を通していただいて感謝です。



ささん

>川島芳子処刑説って覆りませんでしったっけ?

確かそんなテレビ番組がありましたね。

まぁ、死んだはずの漢奸がゾンビのように生きていたという方がストーリーとしては面白いですがね。(笑)

昨夜は失礼しました。 (義挙人)
2009-07-16 09:29:55
毎日、本日記に目を通すのが、日課になってます。明朗快活、「朝のサンピン茶です。」
今朝のタイムスの社説、またまた、言いたい放題ですよ。
私は、読解力がないので、文字だけでしか判断できませんが、浪さんの明快な突っ込み分析 拝見できれば、幸いです。
Unknown (涼月)
2009-07-16 22:20:01
ああ、小林よしのりから逃げた人ですか
自分に好都合な真実 (擬人)
2015-05-05 06:37:00
この日記の著者、ここに投稿している人々は自分に都合の良い情報だけを真実と思い込んで語っている。
二次的な文章の字面だけを追いかけて、自身の思い付きだけで軍命はなかったと恥ずかしげもない結論を主張するが、不毛な議論である。
Unknown (東子)
2015-05-05 09:12:59
狼魔人日記「集団自決訴訟に最高裁判断 2011-04-22」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/2bc55bda226e6ce35938afdc80fc1708

>確定した大阪高裁の判決はどのようなものだったか。
>裁判の核心である「軍による命令や強制の有無」については、立証することができず、事実上の原告勝訴が確定していた。

「軍による命令や強制」が「あった」とする証拠はないということ。
「軍による命令や強制」が「あった」とする証拠はないが、それだけでは、梅沢氏と赤松氏の両隊長の名誉棄損があっても、「軍による命令や強制」が「なかった」まで言わないと、駄目と最高裁は言った。


「言論封鎖した『琉球新報』は負け、上告断念!裁判を徳永弁護士が語る 2013/10/12」
https://www.youtube.com/watch?v=VAKBs_kH1nY

「集団自決に軍の強制は、なかった」を「パンドラ訴訟」で証明できた思うと弁護士は語っている。



擬人さまが

>自身の思い付きだけで軍命はなかったと恥ずかしげもない結論を主張するが、不毛な議論である。

と思われても責めることはできない。
なぜなら、新報は、一切、負けた「パンドラ訴訟」について報道しないので、こういう事実があることさえ、擬人さまに届かない。
Unknown (Unknown)
2015-07-16 01:35:12
お前はくそだ。お前は人間じゃない。お前は鬼だ。
Unknown (東子)
2015-07-16 02:35:58
痛いニュース「【沖縄戦】「ウソをつき通してきたが…」 "日本軍の命令で自決"、実は創作  渡嘉敷島集団自決で、初証言 2006年8月27日」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/777940.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL