狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

消えた自民票!

2013-07-25 07:18:41 | 県知事選

 人気blogランキングへ クリックお願いします

今回の参院選は全国的に自民党の追い風が吹いたのも関わらず、沖縄では自民党後任候補が敗北した。

沖縄だけは自民党旋風が吹かなかったのか。

いや、そうではない。

自民党旋風は、紛れもなく沖縄にも吹いていた。

比例区の支持政党得票数では、沖縄でも自民党支持が他を圧していた。

では自民党旋風の票は何処へ消えたのか。

消えた自民党への追い風の行方を検証してみる。

 

敗因は自民党県連の選挙戦略の失敗にある。

それを指摘した八重山日報のコラムを再度紹介する。

◆安里氏は自民公認にもかかわらず、党本部の意向にさからって普天間飛行場の県外移設を掲げたが、有権者の信頼を得られなかった。そればかりか、普天間移設が選挙戦で争点にならないという弊害も生んだそもそもの選挙戦略にボタンの掛け違いがあったのではないか。

沖縄2紙を敵に回すことを極度に恐れた県連幹部が、民意を取り違、自民党本部の「辺野古移設」に反旗を翻したのが最大の敗因といえる。

昨日のエントリーで紹介したように、自民党県連の影響力の少ない八重山地区は、安里候補が圧勝しているし、「沖縄のヒトラー」として全国に勇名を馳せた慶田盛竹富教育長が牛耳る「サヨクの島竹富町」でさえ、自民党への投票が勝っているのだ。

 沖縄タイムス掲載の「参院選・比例代表・開票結果」により、竹富町の政党別支持得票を検証してみる。

竹富町の政党別支持得票

■糸数慶子(社民、共産、生活、みどり)

社民⇒212

共産⇒147

生活⇒27

みどり⇒25

■安里政晃(自民、公明)

自民⇒518

公明⇒572

つまり糸数候補を公認した政党の合計得票数は、411票

一方、安里候補を公認した政党の合計得票数は、1090票

なんと沖縄紙が報じる「サヨクの島竹富町」は「保守系の島」という真逆の結果がでているではないか。

 

一般的に政治家は政治部記者に媚を売るという。

沖縄の政治家が新聞社の政治部記者の恫喝に弱いことは、良く知られた事実である。

政治部記者に「コラムに書くぞ」などと恫喝されると意気地もなくひれ伏してしまうという。

朝日新聞の磯貝記者が「コラムに書くぞ」と恫喝した様子を橋下徹日本維新の会共同代表がネットで公表している。

【動画】 橋下徹 - (20130720) 朝日の政治部の磯貝記者。一体何様のつもり?

先ほどの、沖縄タイムス掲載の「参院選・比例代表・開票結果」により、今度は沖縄全権の政党別支持得票を検証してみる。

  参院選・比例代表・開票結果(政党別)

★①糸数慶子支援党  172,531

社民党 107,301

共産党 51,346

生活の党 11,471

みどりの風  2,413

 

★安里政晃支援党(自民党+公明党)= 231,214

 自民党 140,234

公明党 90,980

 

なんと、ここでも58,683票という大差をつけて保守系得票が勝利しているではないか。

さらに「辺野古移設」を主張して日本維新の会公認の儀間光男氏が、比例区で当選した事実を考慮し維新の党の「得票数を保守系得票に加えると、127,875票の大差をつけて保守系の勝利ということになる。

日本維新⇒69,237

 では、これらの保守系票は何処に消えたのか。

紛れもなく、棄権か、自民党県連の批判票としての白票として消え去ったか、さもなくば糸数候補に流れたことも充分考えられる。(事実筆者の知人でも、そのような心境で糸数候補に投票をした人物が複数存在する)

今回の敗北を雨降って地固まると前向きに捉えるなら、W翁長ら自民党県連を牛耳る勢力を引責辞任に追い込んで、新生自民党県連の誕生が可能になったということだ。

「オール沖縄」の妄想で県民を惑わした翁長那覇市長も、この期に及んで県知事選の出馬を通常は諦めるもも。

だがこの人物の思考は通常ではない。

恥を知らないこの男は、「オール沖縄第二弾!」などと妄言を撒き散らし、知事選出馬も充分考えられる。

自民党県連は今回の参院選の引責辞任で、幹部の総入れ替えを断行すべきである。


自公参院選圧勝 より謙虚な政権運営を 県内移設は撤回のとき

琉球新報社説 2013年7月22日  

<沖縄に民主主義を

 普天間飛行場の返還問題に対する沖縄の民意は明解だ。糸数氏も、自公が推した安里政晃氏も県内移設に一貫して反対した。最新の琉球新報の世論調査でも74%が県内移設にノーの意思を示した。
  自民党本部は、自民県連の「県外移設」の意向を無視して、党公約に辺野古移設を明記した。政権与党は、沖縄の民意や自然環境の保護を求める世界潮流も直視し、日米合意の破綻を悟るべきだ。
  繰り返し指摘してきたが、県知事や県議会、県下41市町村の全首長、全市町村議会が辺野古移設に反対している。民主的手続きを一顧だにしないのはアンフェアであり、民主国家とは言えない。日米は民主主義、基本的人権の尊重を共通の価値観だと盛んに喧伝(けんでん)する。ならば、沖縄にもその民主主義をきちんと適用してもらいたい。
  尖閣諸島や竹島の領有権問題では、中国、韓国と対立したままだが、そろそろ首相自ら問題解決に乗り出すべきだ。その場合、武力による解決は国際法上も禁じられており、選択肢になり得ない。
  安倍首相は領土ナショナリズムの沈静化に努めつつ、尖閣、竹島問題の平和的解決に向けて中韓首脳に会談を働きかけるなどリーダーシップを発揮してほしい。「戦争宰相」ではなく、「平和宰相」として名を残してもらいたい。>


                             ☆

>普天間飛行場の返還問題に対する沖縄の民意は明解だ。糸数氏も、自公が推した安里政晃氏も県内移設に一貫して反対した。最新の琉球新報の世論調査でも74%が県内移設にノーの意思を示した。 

糸数選挙対策事務所の関係者が「圧勝ではない。薄氷を踏む思いの勝利だ。 選挙戦があと1週間も続いたら逆転もありえた」と正直に反省するように、新報の言う「74%が県内ノー」は真っ赤な嘘である。

安里候補の惜敗は、自民党県連の選挙政策の失敗にあり、糸数候補の当選はいわば「敵失」による勝利というのが的を射た分析だろう。

その根拠は比例区における支持政党は、圧倒的に政府与党の自公に投票しているし、野党ではあるが「辺野古移設」を主張した日本維新の会公認の儀間光男氏の当選というおまけまでついているではないか。

> 繰り返し指摘してきたが、県知事や県議会、県下41市町村の全首長、全市町村議会が辺野古移設に反対している。

沖縄2紙の恫喝を背景に「オール沖縄」で「全首長、全市町村議会が辺野古移設に反対」を強要したのがW翁長であり、その「オール沖縄」が瓦解したことの証明が今回の安里候補の敗退ではなかったのか。

>民主的手続きを一顧だにしないのはアンフェアであり、民主国家とは言えない。日米は民主主義、基本的人権の尊重を共通の価値観だと盛んに喧伝(けんでん)する。ならば、沖縄にもその民主主義をきちんと適用してもらいたい。

民主主義国の日米を批判し、一党独裁の専制国家の中国を礼賛する琉球新報に民主主義の講釈を受けようとは笑止な話である。

 それにしても、「辺野古移設」を主張した儀間候補の記事がほとんど沖縄2紙には掲載されないのは、「不都合な真実」だから?

沖縄2紙の行動はわかりやすい。


 

 

【おまけ】

雑誌『正論』で、毎月NHK批判の健筆を振るわれている皇學館大學講師の本間一誠さんのメールを紹介いたします。

         ★

先刻、録画しておいた7月22日(月)22:00~22:55放送の「プロフェッショナル・全国から指名が殺到!
沖縄のカリスマバスガイド 笑いと涙のバスツアー 伝えたい島人ぬ命」を見ました。
所謂「平和教育」で訪れる小学校や中学校の修学旅行生に反戦を語る、ベテランのバスガイドが登場しました。バスの中で、ガマに逃れた赤ん坊が泣き出し、日本兵がうるさい、黙らせろといって、その赤ん坊の頭に銃剣を突きつけた、親は口をふさいでその子は死んだと涙ながらに語ります。
NHKの沖縄番組は全て反戦番組になります。
見ながら実に憂鬱になりました。
殆ど絶望的と言ってもいい気分です。
沖縄への修学旅行が殆どこういう語りで行われるとしたら暗澹たる気持ちになります。
もし再放送があればご覧下さい。
 

 【おまけ】2

沖縄の反政府・反米デモは韓国主導だと日テレが大暴露wwwwwww

 

 

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 『パンドラ訴訟』の高裁判決は、7月29日に下されます。

 ※訴訟の性格上、原告、被告どちらが勝訴しても上告が予測されます。

■カンパ協力のお願い■
琉球新報の言論封殺に戦いを挑んでいる上原正稔さんの訴訟へのカンパ協力は支援団体の三善会へお願いしております。
------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ

人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつくⅡ 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・昭和天皇と沖縄、空手の普及 | トップ | 沖縄のヒトラー、高裁で敗訴... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-07-25 08:34:48
昨日のエントリーからランキング表に更新が掲載9されていない。

何者かの妨害ですか?
平和ガイド (安仁屋正昭)
2013-07-25 11:29:14
1,977年になり安仁屋政昭を始めとする左翼識者等が戦跡ガイドにクレームを付け、戦争を美談で終われせてはならないと言い出しました
第1回の平和ガイドの研修は、沖縄国際大学で行われたと聞きます

今回レポート頂いている援護法に必ず必要だった「軍の命令によって」という文言をことさら悪い方に取り上げて、
残虐な日本軍、赤鬼や青鬼の如き日本軍を造り上げました

平和資料館では、この歪められた史実をしりながら、教OBらが修学旅行生等に 負傷兵の隣でミルクに青酸カリを混ぜていますね、怪我をした兵隊は役にたたなくなったからあのように殺したのです などどとんでもないことを教えています

見かけた時には、少々大きな声で「今、なんと言った!でタレ目を教えて済むと思っているのか!」と注意すると
スミマセンとそそくさと退散して行きます

このOB等は嘘であることを知っていて行う確信犯です
Unknown (宜野湾より)
2013-07-25 13:43:35
西村真悟氏のブログより
コピペ開始~

本日の産経朝刊にある田久保忠衛さんの「正論」は、この度の参議選挙の結果を、的確に、かつ、見事に「国際政治の流れに沿った新生日本の歴史的うねりが始まった」と大観され、安倍総理に歴史的使命を果たせと促されている。

さらに、「危険な政治家はどちらか。参院選で国民は真贋を見分けたと私は考えている」と田久保さんは述べられている。

その通りだと思う。但し、沖縄は違う。沖縄は、まことに残念だ。「危険な政治家」が選ばれた。
 
参院選挙は、「内政問題」だと思い込んでいたら危険だ。我が国、特に沖縄は、「内政干渉」に曝されているからだ。そして、沖縄を奪おうと目論む敵が喜ぶ選挙結果が出たのだ。
 
田久保さんは、今日の「正論」で、直ちに、集団的自衛権行使の憲法解釈変更を行うことと、日本版NSC(国家安全保障会議)を設置すべしと書かれている。全く同感だ。
 
しかし私は、沖縄の選挙結果を見て、NSCと同時に「スパイ防止法」の制定も急務中の急務だと思う。

何故なら、例えばNSC一つをとってみても、これが機能するか否かは、NSCの決定過程に外国の干渉がないということと、決定過程の内部情報が敵に筒抜けになっていないということが確保されていることにかかっている。

しかし、現在、日本は「スパイ天国」で、その保障はどこにもない。

安倍内閣と与党内さらに野党を含む全政界が外国のスパイ活動のターゲットにされ、その内部にスパイが「うようよいる」ならば、やっと始まった「新生日本の歴史的うねり」が如何に歪(いびつ)に変容させられるか分からないではないか。

この度の参院選挙においても、パチンコ店の駐車場フェンスに政党のポスターが貼られていた。しかし、目に見えるのはこれくらいで、外国勢力が如何に我が国の選挙に関与しているか、スパイ防止法がないので全く分からない。
 
我が国を弱体化させる急所は沖縄と原発である。そして、反基地と反原発の街頭パフォーマンスを観ていて感じたのは、日本人的ではないということだ。

スパイ防止法の制定は、我が国の再興のために死活的に重要である。

最後に、沖縄についての思い出と今月初旬に沖縄を訪問した時のことを書いておきたい。

昭和四十三年八月の末、二十歳の私は、一人で北海道西北端の稚内から船に乗って樺太に最も近い島である礼文島に行った。

その礼文島の宿で沖縄から来た同年代の男と泊まりあわせた。日本最北の島で日本最南の島から来た男に会ったのだ。
 「沖縄って、どんなとこや」と私は尋ねた。
 「日本であって、日本でないとこだ」と男は答えた。まだ、沖縄は本土復帰前だった。

北海道から大阪に戻ってしばらくすると、新聞に、沖縄のアメリカ軍基地の前で演説をしていた社会大衆党のちょび髭を生やした安里積千代という小柄な初老の政治家が、銃剣を構えたアメリカ兵に押されてのけぞっている写真が掲載された。

沖縄では、未だにアメリカ兵が銃剣を構えて島民を蹴散らすのかと怒りがこみ上げると共に、敗戦以来未だに続く沖縄県民同胞の苦労を思った。

その年の末、大阪で沖縄復帰を求める集会があり、弁士にその安里積千代さんが沖縄から来た。登壇した積千代さんが、小柄な体からは予想できない大声を出した。そして、迫力ある演説をした。我々は、断じて沖縄を取り戻そうと思い決した。以上は、昭和四十三年のことである。

本年(平成二十五年)七月一日、私は沖縄に行った。集会の講師を頼まれたからである。目的はもう一つあった。参院選挙で比例区の中山恭子さんへの投票依頼だ。

沖縄に着いてから、沖縄の友人から、選挙区選挙の立候補者が、あの安里積千代さんの孫だということを知った。沖縄返還に燃えた二十歳のころの記憶が甦った。そして、集会では、比例区は中山恭子さんを頼み、選挙区では安里さんを頼んだ。

この集会のおおよその模様は既に本時事通信で書いたが、集まった人々が、安里さんの名前を私から聞いた時の反応のなかに安里さんの敗因があるように思う。

この集会に集まった人々は、安里さんの名を聞いてしらけていた。何故なら、この人々は、普天間基地を速やかに日米合意通り辺野古に移すべきだという考えを持っていたからだ。

ところが、自民党沖縄県連は、辺野古移転を明言せず、安里さんも明言しない。従って、ここの人々は沖縄の自民党は、「自由共産党」だと苦笑しながら言っていた。

つまり、沖縄では自民党の候補者である安里さんも、「反基地」を言っていたのだ。これでは、「反基地」運動の本家本元に勝てるはずがない。
 
安里さんは、敵(支那)の狙いは何か、沖縄を守り日本を守るためには、何が必要か、これを明確に訴えるべきであった。私の接した沖縄の皆さんは、それを待っていた。自民党と安里さんが、それを語らなかったので、しらけていたのだ。

とはいえ、沖縄県民の日本人としての本音を封殺し、あたかも「特殊な島」であるかのような情報のみを発信する沖縄のマスコミは、何にコントロールされているのか。

天皇皇后両陛下の沖縄行幸に際し、七千名以上の県民が日の丸と提灯を持って両陛下をお迎えしたことを一切報道しない沖縄のマスコミは、事実を伝えるマスコミではなく、一種の「政治運動の機関誌」である。

では、その「政治運動」の本体は何処にあるのか。これらを、スパイ防止法によって突き止めねば、我が国の危機は止めどなく進行する。もはや、一刻の猶予もならない。

~コピペここまで
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=873

参考:産経7月23日「正論」 田久保忠衛氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130723/plc13072303120005-n1.htm


エントリーにあげられた琉球新報7月22日社説で「繰り返し指摘してきた」と新報がいう
>県知事や県議会、県下41市町村の全首長、全市町村議会が辺野古移設に反対している。民主的手続きを一顧だにしないのはアンフェア

は、「地元のことは地元の判断を最優先にしろ」という認識があるから出る言葉。
あら、安全が脅かされる最前線の地元・八重山におられる皆さんの判断は一顧だにしないで「沖縄に民主主義を」とは?
そうそう、八重山教科書問題での社説では実質、竹富町の判断は石垣市と与那国町それぞれの地元判断より重いのだといい、それでいてより「地元」の意味が拡がる県教育庁が判断するのはよしとしてたっけ。
ならば、領土領海領空の保全や安全保障全般は国家主権の問題であり、それが争点に含まれる選挙で判断するのは日本が地元の日本人有権者全員であるから、より大きい「地元」の判断が重んじられることに異存はないはず~。
(ちなみに琉球新報は尖閣買取についての社説で「領有権をめぐって国際紛争に発展しかねない危機的状況というのであれば、それは国家主権の問題である」っていってた)
都合によって社説で「地元」の優先基準を変えても気付かないとか平気とかだから、沖縄2紙は知的欠陥があるって言われる。
知的欠陥ゆえに敵方に与し、知的欠陥ゆえに気付かれる。
Unknown (ま゛)
2013-07-25 20:08:04
儀間候補のニュ-スなど、こちらでもまったく報道されていません。この記事を見て、儀間候補って誰?と調べたくらいです。
Unknown (涼太)
2013-07-25 22:34:12
狼魔人様

確かに沖縄の人達も覚醒してきていますね。と言うかサイレントマジョリティーが物を言い始めました。
基地の過重負担と言いながら、国の負担軽減策を妨害しているのは、自民党の沖縄県連です。
そうした自己欺瞞に県民も嫌気が差してきたのでしょう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL