狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

傍若無人の反基地活動家、米軍車両の前に飛び出し通行を

2018-02-12 06:09:48 | 辺野古訴訟

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
8Feb2018
 
■本日の催し物■
 
世直し沖縄庶民の会のお知らせ

世直し沖縄庶民の会
~県民は騙されている! この集会で初めて知る事実に驚愕?!~
を以下の通り行います。

2月12日(月)18時受付 
 
うるま市 うるま市石川保健相談センター うるま市石川石崎1丁目1 地図
 
資料代:300円(上記会場にて当日お支払いください)
問い合わせ:0980-43-5343
 
                ★

名護市長選を終えて1週間経過しても、沖縄2紙は「新基地反対」と未練タラタラ。

辺野古移設の当事者である名護市民が選挙で結果を出しても「民意」ではないと、負け犬の遠吠えが続いている。

東京新聞の望月記者は、沖縄2紙の支援者のようだ。

              ★

望月記者「選挙結果が出ても民意は“基地容認”という意図とは違うんではないか」→ 菅官房長官の正論過ぎる回答「民主主義の原点は選挙です」

望月記者「選挙結果が出ても民意は“基地容認”という意図とは違うんではないか」→ 菅官房長官の正論過ぎる回答「民主主義の原点は選挙です」

▼Mi2さんのツイート

東京新聞・望月衣塑子
午前中、名護市長選について選挙の結果が全てだと。翁長知事が大勝したが結果と変わらず基地建設を推し進めた」菅義偉官房長官「先程の貴方の質問、世論調査の方が重要だという様な発言だった世論調査の方が民意を反映してるっておかしい

                     

 名護市長選の惨敗で八方塞の反基地活動家。

翁長知事が言う「あらゆる手段」とは、工事車両の前に飛び出し工事を妨害する手段と考えているのか。

彼ら活動家の車両を県警が検問のため停止させたら違法だと、翁長知事が認めた。

これでは県警に志気が低下し、沖縄は暴力革命の標的になる。

                 ★

11Feb2018

 

【動画】米軍車両の前に飛び出し通行を妨害する沖縄サヨク…相手が絶対に轢かないと信じているからこそ出来る卑怯な行為

 

【動画】米軍車両の前に飛び出し通行を妨害する沖縄サヨク…相手が絶対に轢かないと信じているからこそ出来る卑怯な行為

▼ボギーてどこんさんのツイート

米軍車両の前に飛び出し通行を妨害する沖縄サヨク、がしかし、横断歩道上であることから彼らはこれを横断中の行為だと主張し、現場にいる警察官は排除しかできない。

相手が絶対に轢かないと信じているからこそ出来る卑怯な行為。

撮影者はその後取り囲まれます。

 

ボギーてどこん プロフィール


ボギーてどこん(54)
選挙区:比例区
議員種別:国政支部長
当選回数:新人
公認 / 推薦:公認
党役職:日本のこころ 参議院比例第四支部長
HP:http://bogey-tedokon.okinawa/
Facebook:公式 Facebookページ
ボギーてどこん – 日本のこころ


 

▼動画がこちら

 

▼関連動画

▼ネット上のコメント

・赤旗で止めて何様なんだよこいつはwww

・どんな理由であろうと他人に迷惑をかける奴に「正義」は絶対にない!

・名護市と辺野古の住民が800の自治体に提出した要望書をマスコミは黙殺しているからな。

・どうやら撮影されては困るみたいですね (ノ_-;)ハア…

・悪知恵だけは働きますね。信号つけてやりましょうよ!

・産経新聞社の事を叩いてた左翼新聞とテレビは、これを記事にしないのかね。沖縄の新聞は報道しない自由を行使。本土のテレビも同じ穴の貉(笑)

・日本の恥ですな

・沖縄県警も横断中の行為だから逮捕できずに排除だけとか・・ 通行妨害行為とか何とか出来ないものか。翁長が知事ではこの横断歩道に信号付ける事も認めないだろうし・・・県警は県知事の指揮下にあるし

 

翁長がデカイ顔していられるのもあと10か月。多くの沖縄県民はオール沖縄の欺瞞に気付いています。オール日本で頑張りましょう。

・沖縄で起きていることを伝えて頂き有難うございます。いつも感謝しております。マスゴミが絶対報道しない事実を知りたいです。平和活動でなく、妨害活動を行っているのが実態ですね

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄県知事選、仲井真前知事... | トップ | 沖タイ報道、沖縄人ルーツ「... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2018-02-12 09:08:02
>名護市長選を終えて1週間経過しても、沖縄2紙は未練タラタラ。
>辺野古移設の当事者である名護市民が選挙で結果を出しても「民意」ではないと、負け犬の遠吠えが続いている。

稲嶺陣営は「渡具知事氏が争点ずらししたせいで辺野古が争点にならなかった」と言っている。
辺野古が選挙の判断基準にならなかったと、認めている。
辺野古については何も答えがでていないのだ。
なのに、民意は辺野古反対とは、何?

再編交付金は、稲嶺陣営は「稲嶺市長の方から受け取りを拒否したのだ」と。
それに対応するのが、渡具知氏の「貰えるものなら貰う=拒否しない」だ。
ここには「再編交付金を貰う=辺野古容認」はでてこない。
支給を拒否するかしないかだ。
稲嶺陣営が「辺野古反対を理由に国が支給しなかった」一辺倒だったなら「支給=辺野古容認」といっても、まぁ良いかもしれないが、「国が支給しなかったのではなく、名護市の方から受け取り拒否したのだ」では、「再編交付金の受け取り=辺野古容認」は成り立たない。

なんてことはかき消して、兎に角、渡具知市長を「辺野古容認」とレッテル貼りして、「海兵隊の国外、県外移転を求める=辺野古不要と矛盾する」と攻めたいのでしょう。
Unknown (東子)
2018-02-12 09:08:48
「辺野古移設」が「海兵隊の国外、県外への移転」の条件だったが、「辺野古移設」と「海兵隊の国外、県外への移転」は切り離すとなった。
「海兵隊の国外、県外移転」は「辺野古移設」に関係なくなって、関係するのは「海兵隊の国外、県外の移転先の移転準備が整った時」となった。

「辺野古移設」が関係ないのなら、辺野古を造る必要はない。
普天間から直接移転先に移転すれば良い。
これが煮詰まって「オール沖縄」の主張「海兵隊の国外、県外移転を求める=辺野古不要」が生まれた。

「オール沖縄」の主張「海兵隊の国外、県外移転を求める=辺野古不要」は、グアムの工事が遅れている現状では「普天間の“早期の”危険除去」を第一に考えると、「海兵隊の国外、県外移転を求める」と「辺野古不要」はイコールにできない。
イコールにすると、「普天間固定」になるからだ。
「オール沖縄」が「海兵隊の国外、県外移転を求める=辺野古不要」で渡具知市長を責めると、「オール沖縄」は「普天間固定」をどう回避するのか、説明が必要になる。

渡具知氏は「海兵隊の国外、県外移転を求める」を公約にしたのだから、大いに求めるべきだ。
でも、「辺野古反対」とイコールでない「海兵隊の国外、県外移転を求める」に並行して辺野古建設が進んでも、何ら公約違反でも、公約矛盾でもない。

「海兵隊の国外、県外移転を求める」を絡めようが絡めなかろうが、「辺野古反対」すると結局「普天間固定」につながる皮肉。
「普天間の“早期の”危険除去」を第一に考えると、どうしたって「辺野古移設」は外せない。
菅官房長官の「辺野古移設は普天間の“早期の”危険除去」に尽きる。


(1)辺野古不要
   「米海兵隊の県外、国外移転を求めるならば、辺野古移設は不要だ」
   辺野古は造らず、不明瞭な米政府の言葉に頼って、グアムの施設ができるのを待つ=普天間固定

(2)辺野古容認
   グアムの施設はいつできるか不明瞭なので、とりあえず辺野古へ移転できるようにしてグアム移転を待つ。



【参考】
「工事中断に米政府にいらだち 普天間移設の遅れ、海兵隊グアム移転にも影響 2016.3.4 21:10」
http://www.sankei.com/world/news/160304/wor1603040031-n1.html

>海軍省のマッギン次官補は3日、下院歳出委員会の小委員会で、グアム移転に必要な施設整備が26年には完了するとの見通しを表明。


「海兵隊移転不支持も グアム知事、インフラ遅れに不満 日米首脳に伝達へ 2017年4月8日 12:05」
在沖米海兵隊 米軍再編 グアム 米政府監査院
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-475166.html

>米領グアムのカルボ知事は6日、声明を出し、在沖米海兵隊移転に伴うインフラ整備に必要な労働力が不足している問題について、米連邦政府の対応に強い不満を示し、「連邦政府がグアム経済を圧迫し続けるなら、海兵隊移転計画を支持しない」と表明した。
>現地では外国人労働者への就労ビザ発給が認められない事態が続き、労働力不足が深刻化している。
>オバマ前政権の対応に不満を示し、「トランプ政権に期待はしているが、グアムは臨界点に来ている」と訴えた。
>5日に米政府監査院が公表した報告書も、海兵隊の移転計画の甘さを指摘している。
>報告書は在沖海兵隊4100人が移転する予定のグアムで、労働力不足問題の対応や絶滅危惧種の保護ができていないと指摘。


「海兵隊グアム移転に課題 輸送手段と訓練施設不足 北の脅威で航空機の配備先再検討も 2017.5.25 23:31」
http://www.sankei.com/world/news/170525/wor1705250037-n1.html

>在沖縄海兵隊のグアム移転計画について、移転の実現に向けた課題として、グアムで部隊を前線に送る輸送手段と訓練施設が不足していることを指摘した。
Unknown (東子)
2018-02-12 09:09:07
>・産経新聞社の事を叩いてた左翼新聞とテレビは、これを記事にしないのかね。沖縄の新聞は報道しない自由を行使。本土のテレビも同じ穴の貉(笑)

タイムス、新報は、「産経に謝罪」させて溜飲が下がっただろうが、ネットでは「おまゆう」が溢れている。
私の印象では「素直に謝った産経」の方が、株が挙がった感じ。

人々は、情報に飢えている。
マスコミが報道しない事実があると気づいたから。
だから、時には、デマに飛びつくこともあろう。
が、ネットは紙媒体と違って、即検証が入り、検証に耐えたものだけが残り、デマは淘汰されていく。

紙媒体の記事でも紙媒体だからと安心していられない。
ネットの俎上に上がり、検証される。
事実であっても、解釈等で捻じ曲げられていれば、記事の価値は無くなる。
これが、紙媒体で吠えても世論を喚起できなくなった理由。

新聞は、公平公正を求められていないだから、無理に「公正公正」を装うことはない。
特定の立場に立った所から見た「事実」を記事にする本来の新聞の立ち位置にしたら?
Unknown (東子)
2018-02-12 09:09:41
「「「危険顧みず日本人救出し意識不明の米海兵隊員 元米軍属判決の陰で勇敢な行動スルー」は削除します 2017.12.9 18:00」
http://www.sankei.com/premium/news/171209/prm1712090014-n1.html

>12月9日に配信した「危険顧みず日本人救出し意識不明の米海兵隊員 元米軍属判決の陰で勇敢な行動スルー」の記事

と前後して出した記事↓


「沖縄メディアは「壊れた拡声器」か…米軍ヘリ窓枠落下事故で「やはり辺野古移設を急ぐべきだ」の声聞こえず(12月15日) 2017.12.15 15:05」
http://www.sankei.com/west/news/171215/wst1712150042-n1.html

>八重山日報の仲新城誠編集長は以前、雑誌「正論」にこう書いた。
>「沖縄のメディアは壊れた拡声器だ。米軍基地問題では反対の声だけ異常にクローズアップして響かせ、賛成の声はほとんど拾わない」。
>辺野古反対は沖縄の民意なのか。
>まず普天間の危険をなくしてほしいと願っているのではないか。

八重山日報の仲新城誠編集長の言葉「米軍基地問題では反対の声だけ異常にクローズアップ」を借りて、タイムス、新報を含む沖縄のメディア批判。
にもかかわらず、こちらは、反論しない。

「米軍基地問題では反対の声だけ異常にクローズアップ」は、事実だからか?
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2018-02-12 10:41:59

オピニオン面に一般投稿6本(「児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「国民守らぬ国 続く異常事態」の那覇市・前田昌秀さん(65)は、昨年は2月23日、3月19日、10月12日、11月26日の4回掲載。今年は1月10日に続き2回目の掲載。
「民意分断され 選挙事情一変」の名護市・富原守和さん(70)は、昨年は2月28日、3月19日、4月24日、7月5日、8月6日、9月5日、10月20日、11月9日、12月12日の9回掲載。今年は1月6日に続き2回目の掲載。
「子への愛情が 人の基礎育む」の那覇市・田場ヨシ子さん(74)は、昨年は1月19日、2月7、25日、3月16日、5月14日、7月12日、8月3日、11月4、25日、12月22日の10回掲載。今年は1月15日に続き2回目の掲載。
「ごみ増やさぬ 観光振興策を」の豊見城市・岡村朗利さん(20)は、昨年は掲載なし。
「『要塞の島』でいいのか」の名護市・石川清司さん(69)は、昨年は7月13日、9月3日、10月21日、12月26日の4回掲載。
「宿直顚末記」の那覇市・喜舎場順さん(83)は、昨年は1月29日、2月25日、4月1、17日、5月7日、7月6、26日、9月13日、11月5日、12月30日の10回掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (普通の宜野湾市民)
2018-02-12 15:57:49
「ザ・ボイスそこまで言うか!」ニッポン放送2015年10月22日
青山繁晴×仲井真弘多(前沖縄県知事)対談

2年4ヶ月前の東京のニッポン放送で辺野古問題等、沖縄の問題を約50分にわたり本音で対談。

2年前にもYouTubeで見たが、改めて見ると仲井真さんが沖縄県知事候補に浮上するのも納得!

県知事当時に沖縄のメディア、特に琉球新報・沖縄タイムスに引き摺り降ろされたのがよく分かる。

URL添付出来ないのでYouTubeで検索を!
Unknown (Unknown)
2018-02-12 16:41:01
仲井真さんは本当に素晴らしい人だが、ハゲ頭に勝つことを考えたらダメだと思う。
佐喜真とか若い人がいい。
若者の票を取り込める人がベスト。

コメントを投稿

辺野古訴訟」カテゴリの最新記事