狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

続・米兵中学生暴行事件  似て非なるものだよ

2008-02-13 10:36:48 | ★米兵事件

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

「米兵女子中学生暴行事件」

娘を持つ親の身としては不愉快な事件だし、容疑者が「米兵」というだけで左翼マスコミが大騒ぎすることを考えても不愉快なので、

スルーしようかと思ったが、昨日は記録保存の意味で一応エントリーしておいた。

今日は琉球新報に連載中の佐藤優氏のコラム「ウチナー評論」についてイチャモンを付けてみようかと過去記事を読み返していたのだが・・・。

だが、想定内だったとはいえ、地元紙のこの事件に関する異常な報道振りに、急遽予定変更で「米兵の中学生暴行」の続編を書いてみたい。 

今朝はエントリーが遅れる~!

何しろ当初は単なる「ナンパ」と思われた事件が、日本全国、いや、世界中を駆け巡っているというから開いた口もふさがらず涎も垂れ流しの有様。(涎はウソです)

<琉球新報によると、米兵女子中学生暴行事件を受け11日、米ニューヨークタイムズ紙、ワシントンポスト紙、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙、タイム誌、報道チャンネルのCNNなど米主要メディアや、アラビア語衛星テレビ局アルジャジーラ等が、インターネットで事件を報じた。AP通信、ロイター、AFP通信など記事を配信した。(琉球新報2月12日夕刊)>

 

朝日新聞:天声人語 2008年2月13日

小さなかごに、あまりに多くの卵を入れている」。何年か前に沖縄を訪れた米国防総省の元高官は言い表した。「かご」は沖縄の本島、「卵」とは米軍基地のことだ▼国土の1%にも満たない土地に、国内の米軍専用施設の75%を抱え込む。「基地の中に沖縄がある」と言われるさまは、米国高官にも異様に映ったらしい。実際に、那覇市から車で北へ走ると、フェンス囲いの「卵」が次から次へと姿を現す▼小さなかごの中で、幾度となく繰り返されてきた米兵による性犯罪が、また起きた。38歳の海兵隊員が女子中学生に暴行した疑いで逮捕された。家まで送ると言って誘い、車内で乱暴したという。少女は泣きながら携帯で助けを求めた▼島の怒りの源流は、1955年にさかのぼる。海岸で女の子の遺体が見つかった。雨に打たれ、手を固く握りしめていた。沖縄を怒りで震わせた「由美子ちゃん事件」である。6歳の子は米兵に暴行され、殺された▼あまりのむごさに、島ではしばらく、生まれた子に「由美子」と名づける親はなかったと聞く。以来、米軍は事件のたびに「良き隣人になる」と誓いをたてた。だが、そのつど裏切る。沖縄には怒りのマグマが蓄えられていった▼そのマグマは、95年の少女暴行事件で爆発する。米軍は綱紀粛正を約束した。だが、嵐の日の約束は晴れれば忘れられるのか、その後も犯罪はいっこうに絶えない。そして「またか」の涙である。五十年一日のように事件を繰り返されては、「汝(なんじ)の隣人を愛」せるわけがない。

                       ◇

朝日新聞は何とかして「無抵抗な少女を凶悪な米兵が拉致して強姦した」という印象操作をしたいようだ。

昨日の沖縄タイムスの「号外」に始まり、今朝の地元紙の異常とも思える過熱振り、更には朝日の巧妙な印象操作。

これらのマスコミコミ報道に、ささやかなブログで立ち向かうことは、

逆巻く怒涛に泥舟で乗り出す愚者の誹り、いや、蟷螂の斧の誹りを受けるだろう。

だが、己の非力も省みず記録保存の意味でもあえて再度書いておきたい。

琉球新報夕刊の一面に「人工衛星」というショート・コラムがある。

昨日(12日)は次のような記事があった。

<米兵におびえる生活はもう嫌。 女性徒が訴えて12年余。 再び襲った悲劇。 

                    ◇

少女の心の痛み。 察するに余りあり。 人権を平気で踏みにじる罪重く

                    ◇

「綱紀粛正」はもう聞き飽きた。 平和な島を返して。 それが県民の願い(以下略)>

                    ◆

■似て非なる三つの「米兵少女暴行事件」

思い入れたっぷりの上記名文?に水を差すようだが、今回の「事件」と12年前の「事件」は当事者が米兵と未成年者という共通項だけで、事件の本質は根本的に異なる。

上記コラムの女生徒が訴えるように米兵におびえる生活であったなら、

夜の繁華街で安易に見知らぬ米兵の誘いに応じてバイクの相乗りなんてするがずはない。

同じように冒頭に引用の「天声人語」も三つの似て非なる事件を意識的に同じレベルで取り扱っている。

>沖縄には怒りのマグマが蓄えられていった▼そのマグマは、95年の少女暴行事件で爆発する。米軍は綱紀粛正を約束した。だが、嵐の日の約束は晴れれば忘れられるのか、その後も犯罪はいっこうに絶えない。

12年前の事件とは、毎日新聞「社説:沖縄米兵事件 凶行を二度と起こさせるな」が正直に吐露するように「小学生の幼い女児を米海兵隊員3人が車で拉致して」暴行した事件であり、

これは100%罪のない小学生を米兵三人がかりで殴りレンタカーで誘拐、テープで縛って暴行を加えるという100%米兵に罪のある事件である。 言うまでもないが被害者の少女には責められるべき一点の非もない。

県民による怒りの抗議デモが各地に広がったとしても当然のことである。

同じく「天声人語」は55年前の「由美子ちゃん事件」と今回の「事件」を無理やり同列に扱おうとする。↓

 >島の怒りの源流は、1955年にさかのぼる。海岸で女の子の遺体が見つかった。雨に打たれ、手を固く握りしめていた。沖縄を怒りで震わせた「由美子ちゃん事件」である。6歳の子は米兵に暴行され、殺された

惨殺された由美子ちゃんの遺体は無残にもゴミ置場に投げ込まれ近所の人に発見されたという。 

1955年、・・・「人道的な米兵」を沖縄タイムスが賛美した『鉄の暴風』発刊の5年後の事件である。

しつこいようだがこの事件も犯人(ハート軍曹)に100%の罪があり、被害者の由美子ちゃんに一点の責められるべき非もない。

ぼろぎれののようにゴミ置き場に遺棄された由美子ちゃんと米兵の誘いにのこのこ付いて行った女子学生を同列に扱われたら、天国の由美子ちゃんも浮かばれないだろう。

翻って今回の「事件」も上記二つの事件と同じように「加害者」とい「被害者」とを「100%か0%」と罪を白黒で分けられるのか。

マスコミの必死の印象操作にも関わらず報道記事を詳細に読めば「事件」の曖昧さや「灰色部分」が炙り出されてくる。

この手の事件の報道は通常記者クラブの警察発表に始まる。

事実地元紙の警察発表への反応がこの事件の曖昧さを象徴している。

沖縄タイムスは「よくある米兵のナンパ」とでも思ったのか11日の朝刊ではこれをスルーした。(ウェブ記事)

琉球新報も記事内容は「米兵のナンパ」だが、オーバーな見出しで「拉致」としなければボツになる程度の事件だった。↓

女子中学生、車で拉致 外国人の男逃走  (琉球新報 2/11 10:54)

 < 沖縄署の調べによると女子生徒は、午後8時半ごろ沖縄市上地のミュージックタウン音市場前で、大型バイクの男に誘われて後部座席に乗り、その後、車に乗り換えたという。女子生徒は友人7、8人と遊びに来て、1人だけ行ったという。>

<午後10時50分ごろ、女子生徒は北谷町北谷の安良波公園付近で車から降ろされていたところを警察に保護された。>

ところが一夜明けて被害者の女子中学生が「強姦された」と前日の証言を翻すや、

沖縄タイムスがスルーしたロスを取り返すように「号外」を出したことは昨日触れた。

結局、焦点は「ナンパのトラブル」か「強姦」に絞られる。

朝日新聞は必死で「凶暴な米兵の毒牙にかかった罪もない少女」と印象操作に励む。

以下はその代表的記事。 

「また米兵か」憤る沖縄 少女、携帯でSOS(02/12)

<その時間帯、少女が連れ込まれた容疑者宅は、北中城村(きたなかぐすくそん)の高台にある一軒家。周囲の住宅街には街灯もほとんどない。少女は歩いて逃げ出したが、すぐに容疑者に追いつかれ、ワゴン車に乗せられた。

 移動中も車から降りようとしたが、逃げられなかった。北谷町(ちゃたんちょう)にさしかかった時、少女は逃げるために「ここで友達と待ち合わせしている」とうそをついた。

 沖縄本島を南北に貫く国道58号を挟んで、米軍基地の反対側。近くには米兵が集まる店もあるが、容疑者は薄暗く、人通りも少ない住宅街の裏通りに車を止めたという。 >

まるで「街灯もない高台の一軒家」に少女が暴力で引きずり込まれたかの印象を与える名文?だが、地元紙は容疑者の自宅近辺の様子を次のように報じている。

現場は住宅街

住民ショック 言葉失う

容疑者宅を捜索  <日本人女性複数出入り

近所の住人によると、ハドナット容疑者は笑顔で挨拶を交わすなど気さくな人柄。 しかし、自宅には複数の若い日本人女性出入りし、トラブルになったこともたびたびあったという。 近所の外国人女性は「犯行当日の夜、ハドナット容疑者の自宅から『ゴーホーム(帰る)』という女性の声を聞いた。 喧嘩をしている様子で、その後すぐに『プリーズ』(お願い)という声が聞こえ、車が出て行った。 こんなひどい事件になるとは思わなかった」とまゆをひそめた。 別の日本人女性は「気さくな人だったが、何時も違う女性が出入りしていておかしいと思っていた。怖いので、もうここにはもどってこないでほしい」と憤った。(留意旧新報 2月13日朝刊)

容疑者の自宅は「高台の一軒家」という印象とは逆の「隣の痴話げんか(「帰る」「お願い」)が聞こえる程住宅の密集した場所。

何よりも被害者は「天声人語」が言うように、他の二事件と同じように「暴力的に」自宅へ連れ込まれたのではなくオートバイの後部座席で運転手に抱きついてきたのだ。

マスコミは揃って建前論しか報じないが、この事件を「不良外人と不良中学生のトラブル」と断じるブログもあるが、問題は容疑者の自宅に付いて行った経緯と「やった」か「やらなかった」かで様相が異なる。

この手の事件は「犯行直後」に証拠物件が残存するわけで、当日は「トラブル」だったのが一夜明けて「強姦」を主張しても証拠が残存するのかどうか。

専門家ではないが素人考えでも不可解だ。

この種の事件で問題になるのは「犯人」の身柄引き渡しについて立ちふさがる「日米地位協定」の壁だが、95年の事件を受けて、米国側は殺人や強姦などの凶悪犯罪の場合に限って日本側に「好意的な考慮を払う」ことに同意している。

今回は米軍側の素早い対応から言って日本側での裁判が予想されるが、くれぐれも「民意」で判決を下すような愚を犯して欲しくない。

ヒル米国務次官補 沖縄米兵暴行事件で遺憾の意 加藤駐米大使に2.13 08:57

例え世間的には「不良米兵と不良女子中学生の事件」ではあっても、日本の刑法で言えば加害者と被害者だ。 厳正に法律に照らして罰するところは厳重に罰して欲しい。

歴史の書き換えを「民意」で迫ったのと同じ手法で、「民意」で判決を迫ったらこれは人民裁判になる。

だから身柄引き渡しは駄目なのだといわれないような厳正な裁判にして欲しい。

世界が注目しているのだ。 

100%米兵が悪い、米軍基地が悪いと一方的論調で大合唱するマスコミの中で、夜の繁華街を徘徊して見知らぬ米兵の誘いに安易に応じた女子中学生の非をも突くような次の発言はGJ!

渡海文科相が不快感、学校に注意喚起へ2.12 10:10

「教育の徹底を」 新岩国市長の福田氏2.11 21:42

【おまけ】

在沖米軍トップのリチャード・ジルマー四軍調整官(中将)が謝罪して大丈夫だろうか・・・。

米兵が犯した犯行だから直接の「命令や強制」が無くとも「ジルマー中将の命令で事件が起きたことは明白だ」なんて左翼マスコミが騒ぎ出したらどうするのだろう。

現に「米軍基地があるから犯罪が起きる」と言っていますよ、ジルマーさん。

 知事、再発防止訴え/米兵暴行事件

四軍調整官に抗議
 米兵による女子中学生暴行事件で、在沖米軍トップのリチャード・ジルマー四軍調整官(中将)とケビン・メア在沖米国総領事らが十二日、県庁に仲井真弘多知事を訪ね、事件について「心より遺憾に思う」と謝罪した上で、沖縄署の捜査に全面的に協力する考えを示した。仲井真知事は「こういう事件が続くと、県民の怒りが頂点に達し、今後の基地問題に深刻な影響を与えかねない」と指摘。再発防止に全力を挙げるよう求めた。一方、シーファー駐日米大使と在日米軍トップのライト司令官が十三日急きょ来県、県庁に仲井真弘多知事を訪ね、謝罪する。
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米兵が中学生暴行  沖縄タ... | トップ | 佐藤優の「丸投げ評論」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
米軍基地があるから犯罪が起きる、のではない (Unknown)
2011-12-12 22:01:35
憎むべきこの犯罪は、あなたのような考え方の人間により引き起こされる。

事件は普通の日常の中で起こる。
誰もが事件、事故に巻き込まれることを予知することなどできない。
数多出会う人間の中で、いつ誰が自分に危害を加えるか分かる人間などいない。
それが分かるなら、誰もが事件、事故に巻き込まれることなどない。
警察など必要ない。

あなたの論理では、例え、突然車道外に突っ込んできた車にひき殺されても、車が突っ込んでくる危険を予測できなかった被害者に落ち度がある。
それが、単に過失による事故ではなく、人をひき殺してみたいという欲望に駆られた人間により引き起こされたものであっても、それを予測できなかった被害者に落ち度があるということになる。

しかも、強姦などというものは、過失でも、事故でもない。
相手に隙があれば、やってもよいという身勝手な考え方に欲望を支配された人間により引き起こされる、100%加害者に責任がある凶悪犯罪だ。
例え、合意の上でホテルに入ったのだとしても、「やはりいやだ」という人間を暴力で思い通りにしたら、強姦だ。
強姦事件の被害者の落ち度を攻め立てる人間は根本的にこの辺りを勘違いしている。
やれる状況にあったら、被害者の人格を無視して良いと言う歪んだ考え方を持っている。

そのような人間が存在する以上、自己防衛ということは必要であることは間違いない。
だが、それは強姦に限らず、どのような事件、事故、災害でも同じこと。それを予知できなかったからといって、被害者の落ち度ではない。

犯罪は人種、国籍によらず、このような考え方の人間により引き起こされるもの。
何があっても他人を傷つけたりしてはいけないと思っている人間は、例えやれる状況にあったとしても犯罪を引き起こさない。
逆にあなたのような考え方の人間に、歪んだ思想を植えつけられ、育てられた子供ならば、そういう状況になったら、簡単に犯罪の一線を越えてしまうだろう。
あなたの子供が強姦事件を起こしたとして、あなたは被害者の落ち度を言い立てるだろう。極悪非道な犯罪を平気で犯した犯罪者の親達が必ず言うように。

あなたのような考え方の人間が一人でも減り、「悪いことは悪い」と言える人間が増えることを望む。
日本語読めますか? (狼魔人)
2011-12-12 23:03:39
Unknown (kirach)さん

何を怒り狂っているのですか?

よく本文を読んで書いているのですか?

強姦された上虐殺されてゴミ捨て場に投げ捨てられた由美子ちゃんと夜の繁華街で不良米人の誘いに乗って、バイクの後部座席で米兵にしがみついて行った不良女子中学生を同列に扱うあなたの「正義感」にはついていけません。

もう一度本文を読み返してください。

誰が「悪いことを良い」などと言っているのですか。

あなたの奇妙な正義感が、天国の由美子ちゃんや15年前の被害者の少女を冒涜していることに気がつきませんか?

それとも日本語が読めないのですか?

これ以上の門違いの批判は、相手にするのも疲れますのでご遠慮下さい。
犯罪を増やすのは甘え (Unknown)
2011-12-14 12:24:14
女子高生コンクリート詰め殺人事件の被害者は自分を暴漢から助けてくれた人(実は犯人の仲間)が送ってくれるという言葉を信じてついていき、加害者グループに拉致された。
あなたの論理では、自分から犯人についていった被害者に落ち度がある。
だが、自分を救ってくれたはずのその人が犯人の一味だと見抜き、逃げることなどできただろうか。
例え、超能力でもってそれを見抜いて、逃げ出そうとしたとしても、逃げ切れただろうか。
否……結局、周到に被害者を狙っていた犯人グループに捕まってしまうだろう。
運よく、逃げ切れたとしても、別の女性が被害者となるだけだ。
事実、犯人グループは、手当たり次第に被害者を増やしていた。

あなたが自らバイクに乗ったから落ち度があると責める女の子も、男が自分をレイプすると見抜き、バイクに乗らずに逃げていたら、助かっただろうか?
否……犯人はやはり逃げようとした被害者に襲い掛かっただろう。もしその子が逃げ切れたとしても、別の女の子が被害者となっていたはずだ。
相手の意思を無視しても欲望を満たそうとする人間がいる限り、時と場所、被害者が別になるだけのこと。
被害者の落ち度によって犯罪が起こるのではなく、犯罪者の欲望によって引き起こされるものなのだから。

これが奪われるものが人間としての尊厳ではなく、お金だったとしたらどうだろう?
力ずくで奪える状況にあったら、奪ってよいか?
お金は誰でも持っているし、奪おうと思えば奪える、または奪われる状況になど、いつ何時にでも遭遇する。
だが、何故、皆、それをしないのか。
奪われた被害者の落ち度を何故責めないのか。
それは金は奪ってはいけないという考えが当然だと浸透しているからだ。
逆に、男女二人でいたら、セックスして当然。レイプされても仕方がないという考えも根強い。
何故、男がセックスしたいと思ったら、女はそれを受け入れなくてはならないのか?
何故、やれる状況にした女の落ち度と、加害者側の論理で責める人間がいるのか?
例え、夫婦で、毎夜同じベッドで寝ていても、嫌がるものを無理やりしたら、それは赦されざる強姦だ。
「似て非なるもの」ではなく、「違うように見えて、根本は全く同じもの」……相手の意思を無視して蹂躙する、もっとも卑劣な行為だ。
それを理解できない偏見に凝り固まった人間が何故存在するのか。

昔、黒人を奴隷とし、同じ人間として考えられなかった白人と同じ。

被害者の落ち度を糾弾しても、この手の犯罪は減ることはない。
自分を律することができない加害者側の、犯罪に対する甘えを正していかない限り、犯罪は減らない。
それどころか、このような甘えた考えを自分で思っているのみならず、ネットでまで広め、犯罪者予備軍に犯罪にたいする考え方を正当化させ、犯罪の実行に向かわせる動機付けをする人間がいる限り、増え続ける。
読解力の問題 (狼魔人)
2011-12-14 12:43:40
Unknown (kirach)さん

性懲りもなく似非正義派をひけらかして、長々と書いていますが、本文を読み返したのですか?

どうやら日本語の読解力がないお方のようなので説明しますが、55年前の「由美子ちゃん事件」と2008年の「少女売春で補導歴のある不良中学生」と不良米兵との「ナンパトラブル」とを同列に扱う新聞の不勉強を批判しているのですよ。

正義派ぶって他人を批判する前に日本語の読解力から勉強しなおさないと、トンチンカンなことを書き並べ恥晒しですよ。

コメントを投稿

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
知らされていないこと (世にも奇妙なフツーの話)
またです。 また 沖縄で 一人の少女が米兵によって傷つけられました。 なぜ? 戦争が終わって60年も経つのに なぜ まだ 日本にア...
沖縄のレイプ事件 海外での報道 (Red Fox)
 沖縄在住の『狼魔人日記』さんから数日前に、沖縄の米軍海兵隊員による14歳少女暴行事件に関して海外のメディアで報じられていると琉球...