狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

前航空幕僚長田母神俊雄氏 沖縄講演会

2009-05-23 07:01:22 | 沖縄

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 

来る5月30日に開催の田母神沖縄講演会まで残すところ一週間になりました。 改めて同講演会のご案内です。

 

    前航空幕僚長田母神俊雄氏 沖縄講演会

「大東亜戦争が終わりを告げてから、60年以上もの歳月が流れました。戦争によって犠牲となられた方々に、あらためて哀悼の意を表します。同時に、戦死された方々のおかげで私たちの今日があることに深く感謝の意を表します。
沖縄を含め日本は戦後、人類が歴史上経験したことのない占領政策を受けました。戦争に負けた日本は、自分たちの歴史観を奪われ、戦勝国の歴史を強制的に押し付けられてしまいました。自虐史観に基づいた日本の歴史教育は、国民から自信と希望を失わせていくものでしかありません。日本は、かつて戦勝国から奪われた歴史観を取り戻し、かつて我が国がもっていた誇りを取り戻すべきです。」
(『田母神塾-これが誇りある日本の教科書だ』(双葉社)より抜粋)

                    *

昨年10月、民間の懸賞論文へ応募した作品が日本の過去の侵略行為を正当化する内容で政府見解と対立するものであったとして航空幕僚長を更迭され、空将として定年退職した田母神俊雄氏がいよいよ沖縄にやってきます。論文の意図したものは何だったのか。今、日本にとって何が必要なのか。将来の日本と日本人はどうあるべきなのか。前航空幕僚長の田母神俊雄氏が沖縄県民の皆様に直接語りかけます。
ご多忙とは存じますが、県民の皆様方には万障お繰り合わせの上、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。          

演 題 『日本は本当に侵略国家だったのか』
    ~日本の歴史をもう一度見直そう~
【日 時】平成21年5月30日(土)        
              午前11時30分受付 正午開会~午後2時閉会
【会 場】パシフィックホテル沖縄 万座の間
                   那覇市西3丁目6番1号  電話 098(868)5162
【会 費】1000円
【主 催】田母神俊雄講演会を歓迎する沖縄実行委員会
【連絡先】沖縄実行委員会 担当 錦古里
              電話:090-9780-7272  FAX:098 (868) 3037



★懇親会(14:30~16:30)

講師を囲んで食事を含めた懇親会を行います。
お時間の許す限り、お気軽にご参加ください。

【会場】 パシフィックホテル沖縄

【会費】 5000円 (80名限定)

※懇親会に参加ご希望の方はご予約頂ければ幸いです。

 

                                                  *

           

一時講演会は左翼妨害にあったり、「県民感情」に怯える自衛隊OBたちの反対もあって一時頓挫しかかったが、熱心な実行委員の努力で何とか開催にこぎつけた経緯があります。

告知活動にも嫌がらせがあるようで、その実態を次のブログが紹介しています。

左翼の正体は、言論弾圧団体だ! 沖縄を守ろう!

沖縄の新聞の言論封殺は当日記でも再三書いてきたが、一民間人になった田母神さんの講演会は全国いたるところで大盛況と聞く。

沖縄だけで講演会が妨害されるのは沖縄の恥である。

是非とも成功させるようご協力お願いします。

 

                            ◆

昨年まで怒涛のように続いていたイデオロギー塗れの「集団自決裁判」の被告側応援本の出版も一段落ついたところ、

今年になって「集団自決の真実」を検証する 中身の濃い本が次々出版され始めた。 

これまで筆者(狼魔人)のように沖縄県人でありながら、『鉄の暴風』や『沖縄ノート』を徹底的に批判することは被告応援団にとって信じられないのか、筆者のことを「沖縄を植民地にする目的で沖縄に棲息するヤマトンチュ」であるとか、或いは「ウチナンチュの裏切り者」とかはたまた「沖縄の敵」とか、吹き出しそうなカキコミや幼稚な罵詈雑言をウチナンチュと称する複数の人物から受けた。 元々郷土沖縄を愛し、地元の若者を応援するつもりで開始したつもりの当日記が「沖縄の敵」呼ばわりされるとは、一ブロガーとして身に余る呼称と恐れ入ってしまう。

理詰めでなく論理のすり替えや口汚く罵る手法は彼らの得意技なのでまともに相手にはしないが、筆者のような無名の1ブロガーならともかく、今回の星、上原両氏のように沖縄の知名士お二人が『鉄の暴風』や『沖縄ノート』を公然と批判し始めたのだが、沖縄左翼の方々はこのご両人のことも「エセ沖縄人のヤマトンチュ」或いは「沖縄の敵」と呼ぶのだろうか(爆)。  

 何しろ彼らの論理で行けば、

沖縄人ならすべからく『鉄の暴風』と『沖縄ノート』は神聖にして犯すべからざる聖書であるべし」というのだから。  

 あぁ、恐ろしきかな、沖縄を覆う同調圧力の恐怖! 

ブルブル。               

ところで、今朝の沖縄タイムスに地元大手書店・BOOKSきょうはんが『うらそえ文藝』の広告を出している。 

内容紹介は沖縄タイムスに遠慮してか、小さな文字で「対談;集団自決について」とだけ書かれているが、

同書店のHPによると『うらそえ文藝』は数ある沖縄本の中で現在8位のベストセラーらしい。

【おまけ】

昨日のエントリーで『うらそえ文藝』に触れたブログを紹介したが、こんなものがあったのを忘れていた。(笑)

コメント欄がオモシロッ! ↓

「沖縄集団自決裁判」騒動から遠く離れて…。

早く読まないとコメント欄削除のおそれあり!


 

★イデオロギー塗れの「集団自決本」を一気に粉砕する

【集団自決の真相解明のための三点セット】

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

 

あばかれた「神話」の正体
鴨野 守
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

 

 

 

 

この三点セットをご購読いただいたら、沖縄戦の「集団自決」に軍の命令も強制も無かったということがよくわかり、『鉄の暴風』や『沖縄ノート』がデタラメなウソ塗れの本であることがよくわかる。

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル賞作家への配慮が裁... | トップ | 沖縄県警vs米軍調査団 「... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
田母神俊雄講演会 (エム)
2009-05-23 11:34:58
 日曜日以外休めないので残念。

 ところで自称評論家、あまりに幼稚ですね。

 彼らからすれば、私のような島グァーも

 裏切り者になるんでしょうね。


 
Unknown (涼太)
2009-05-23 19:17:32
狼魔人様

今まで保守の論陣が組織だって反論しなかったので、「自分達の主張は何でも通る。」と勘違いしているようです。ヒステリックに喚き散らす人間ほど
攻めには弱いものです。威勢のよかった、太田元知事も、国ががちょっとお灸をすえたら、あっさり退陣に追い込まれました。ここにいたって保守論客の足並みも揃ってきました。この裁判の経過を観ても、沖縄の左翼団体の、卑しさだけが目立った裁判でした。国民はそれを見抜いています。
そんなこと書くと「ヤマトンチュが沖縄のことに口出しするな。」といわれそうです。「ウチナンチュの裏切り者」と同じ意味にも取れますね。曽野綾子さんが25年前にご指摘された「日本悪、沖縄善。沖縄を非難するものは悪。」と何ら背景は変わっていません。そういうのを進歩が無い。と言いませんか。
Unknown (涼太)
2009-05-23 19:28:48
狼魔人様

言葉不足でした。補足します。
「日本悪。沖縄善。沖縄を非難するものは悪。」そういう物の考え方は、単純バカと言えませんか。
単純バカが跋扈する沖縄の言論界は、とても異常です。
Unknown (涼月)
2009-05-24 03:25:48
売れない自称評論家のコメント欄は有志によって適宜保存されているみたいですよ。
Unknown (狼魔人)
2009-05-24 08:04:03
エムさん

私の周辺にも「裏切り者」は数多くいますよ。(笑) 沖縄県民を秘密結社かなんかと勘違いしているようですね。

彼らの論理で言えば、沖縄人なら沖縄をお互いに「褒めゴロシ」すべきであり、沖縄を批判する場合は戸籍抄本を提示しなければいけないことになりますね。(笑)

彼らは自分等が沖縄の民意をリードしているつもりですが、最近の沖縄紙のデタラメぶりに読者が離れ出し、狼狽し始めたようです。



涼太さん

仲間由起江の出世作「トリック」で沖縄らしい離島で事件が起きるが、事件が起きて村びとの証言をつき合わすと、理屈では考えられない減少がおきる。 証言者は村長から駐在さんまで同じなので、謎は深まるが、実は村中で口裏合わせをして事件の真相を隠蔽していた、ということで一件落着したが・・・

そのときウソに耐えかねて真実を語ろうとした村びとに浴びせた言葉が
「裏切り者!」でした。

ながーいたとえ話で失礼。

彼らにとって沖縄人で真実を語る、少なくとも「タイムス史観」を否定するものは「裏切り者」なのでしょう。

オソロシイ! ブルブル。



涼月さん

このセンセのコメント欄を蒐集してブログ解説している希少生物蒐集家もいるようですね。

保存しているとプレミアが点くかもしれませんね。(爆)

コメントを投稿

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【フルアクティブ支援】「危機をチャンスに変えろ」麻生首相の経済認識 (帝國ブログ)
当方も所謂「ニコ厨」で概ね(時間が許せば)1日1回はマイリストランキングを興味のある動画だけざっと1位~100位まで流すという習慣が定着してこのブログを開設するまでに至っています。以下に貼らせて頂きました動画もほとんどニコ動で話題になると同時に視聴し...
日本は本当に侵略国家だったのか (沖縄ゆんたく)
田母神俊雄さんの講演があるんですね。これはいかなきゃ!!先ほど友人からメールが送られてきて速攻「行く!絶対いく!」と返信し、詳細を知りたく検索していました。調べると結構酷いことされているんですね。言論の自由ってないんですかね・・・orz左翼の正体は、言論...