Fioe-gras Runner's Club(脂肪肝爆走友の会)&クールミントギャグ日誌

フォアグラ・ランナーズ・クラブ(代表すいか)のランニング活動日誌&クールミントギャグ兼こけこのたべあるき日誌。

セイコーマート季節のソフト キャラメル&コーヒー

2014年10月31日 09時00分06秒 | スイーツ
去年はコーヒー単独で…おいしかったから楽しみにしてたんだけど…。キャラメルと組み合わせたか…。食べる前からちょっとやっちゃったかな…と。それでもこのシリーズはおいしいので、季節ごとに買ってみているし、これも買ってみた。
キャラメルは薄茶、コーヒーはこげ茶のミックスタイプ。キャラメルは好きだからいいんだけど…キャラメルというには薄めで…お子様向けのコーヒー味と言われたら、そうですかと思ってしまうような味。コーヒーは苦味が強くて…たぶん去年のコーヒーよりも濃いめ。あわせてちょうどかな?ちょっと残念。キャラメル濃くして単独でだしてもいいのにね。

お願いやっぱり分けて。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回能登半島珠洲ウルトラマラソン SONO8

2014年10月31日 08時41分57秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
あとから走った感想を聞くと、山道の方がリズムを作りやすくてよかった、後半でだいぶ抜いたという。今度はトレイルランに挑戦するとかいいだした。それなら買ってまだ1度も使ってないちょっと大きめのリュックがあるしちょうどいいかも。でもトレイルランになるとシューズがまた違うはずだから…買わなきゃね。今回は60キロだからいつものシューズにしたけれど…まわりを見てもみなさん見た目は普通のシューズで、ゲルサロマとかバンドつきのシューズを履いている人はいなかったな…。でも受付の会場でウエアやシューズを売ってたおじさんが言うには、100キロ走ってる人のほとんどがこのシューズ、アシックスとミズノではなかったような気がする。よく見ておけばよかったな~。

話しはもとに戻るけど、中間地点で鎮痛剤のスプレーをかけたのがよかったという。前の日に荷物を振り分けしてたんだけど…最初いらないと言ってて…途中で気が変わっていれてよかった。使わないなら使わないでいいからね。あとは帽子、もう1つ持って来ればよかった~と。汗で臭いしべちゃべちゃだし。最後の関門で臭くてもういいと脱いで渡された。ライトも次はいらないわと言う。走り出して間もなく日の出で明るくなったそう。
初めての60キロを完走。灯台近辺の坂とかあんな難所も越えてすごかったというと、あんなのはどうでもいいそう。じゃあラケット道路がきつかったの?と聞くと、大谷峠が1番だったとのこと。あそこでみんな歩いてたと言う。
予定よりも早く帰ってきたと…珠洲焼のメダルをみんなで見て、夫をねぎらった。お義父さんは風呂、風呂と…走る前から言ってたし…。電話の所で相談しながらごそごそしてると思ったら、完走表をコピーしてた。お義父さんお義母さんの応援があったから頑張れたんですよと言うと、お義父さんが熱入れて応援したからと嬉しそうに大笑い。あとで夫に言うとびっくりしてた。感情を表にださないそうで…見たことないわと言う。

お風呂に入ってゆっくり休みそれから夕飯。56キロの最後の休憩所で、予定よりも少し早いし、まだ元気そうだし、難所も越えたし…ここまできたら完走は間違いなさそうだと、ゴール前に今のうちに買っちゃうわとお弁当を買いこんだお義母さんが、1枚ずつ広げられて売ってる牛肉を、頑張ったからと2パックも買ってくれた。夫はおいしそうに食べていた。私もちょっとおしょうばん。とろける~。
そのあと明日の朝ごはんまで持たせてくれてホテルまで送ってくれた。


この記事をはてなブックマークに追加

第3回能登半島すずウルトラマラソン SONO7

2014年10月30日 08時54分34秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
4っつめのエイドではお義母さんが、つばきの種をみつけてくれた。あとで植えてみよう。北海道でも大丈夫かな?
それよりもコケコケとうるさいので裏にまわって見に行ったら、茶色の地鶏のつがい。けっこう大きい。ニワトリさんには親近感がわく。動物園に行ってもおながや烏骨鶏さんに表敬訪問もしにいくくらい。
4か所目のエイドでは私がスプレーを持って待機。夫が来るまでの間、辛そうな人にスプレーを貸してあげた。肝心の夫はスプレーはいいそうで…。今度応援するチャンスが来たら、スプレーを2本くらい持って行って、みんなにかけてあげたいな。

5つめの関門あたりで雨が降って来たけど…夫が滑りやすいところを走り終わったあとだったからまあいいかな。こんな雨、北海道マラソンの時に比べたら…。一生懸命走っているのに、親だけ楽しんでいいかしらといいつつ、コーヒーとドーナツを買ってくれて…車の中でごちそうになった。

それにしてもエイドの充実していること。おまけに手厚い。設置できる場所も限られてるし…走る人もそう多いわけじゃないし…道の途中で倒れられたら…という配慮もあるんだろうね。シビアなコースだし。100キロ走る人のほうが多いし。

夫が無事にゴール。まだまだだろうと油断してぼーっとしてたら、予定よりもかなり早かったので慌てた。ゴールのメダルはなんと珠洲焼。最初はびっくりした。だってメダルと言えば金属だと思っていたから、茶色いし手書きの文字で…え、何?と思ったの。よく見たら陶器。珠洲焼は割れやすいので、焼成中に割れずに残ったのは貴重なんだとお義母さんが教えてくれた。夫が知らない男性に話しかけられ、照れながら答えていた。知り合いなのかと思って御挨拶をした。たぶんこの声は…大会長さん。スタートで姿はみえなかったけど…たぶん声から想像した年齢通りのかた。「おめでとう!走りに感動しました!」と1人1人に声をかけていた。もう一方お偉いさんが来て、その人にも「札幌から来てくれたんですよ」とまるで自分の友達を紹介するかのような口調で話しかけ、そのかたも「いや~・・・」後から聞いたら初めて会ったという。休憩もされてはいたとは思うけど…それでも5時前から起きているんだろうし…。あの感じでは全員に話しかけていそうで…そこにまた感動。おそらく80代。ゴールした人にはおそばがふるまわれるんだけど…今までにいっぱい食べたからもういいという。でも私もおなかがいっぱいで…結局全部たべていた。

夫の着替えを待つ間、ゴールできなかった男性が近づいてきて…若干の恨み節でいいな~とか言って、ちょっと感じが悪かった。故障者とリタイア者の回収バスも同じ場所に来るからね…。
そういえば回収車を見たのは初めてだった。



残念だったのは、途中で預かってくれたヘッドランプ。ゼッケンナンバーを書いた袋にいれたんだけど…おばちゃんが数字を間違えて書いてしまって…。夫が受け取ってくるのを忘れて義両親がとりにいってたみたいなんだけど…数字が違うと言われ…。運の悪いことに、2人とも携帯電話を持っていくのを忘れたので連絡もできず…。家電に電話したけど…こちらも他人の家だしとっていいものだかどうだか。仕方がないのでまた戻ってきて、動けない夫の代わりにもう1回私が一緒に行って確認して、ようやく受け取れた。おばちゃん、もう~。受付の子たちは事情がわからなかったようだし、夫の父親も夫が書き間違えたと思ってたみたいで…なんだかめんどくさそうな対応されて。最後がちょっとがっかり。

でも全般的には天候も含めてかなりいい大会だったと思う。

この記事をはてなブックマークに追加

直源醤油飴

2014年10月29日 17時29分34秒 | おやつ
石川県のスーパーで見つけた。見た目で老舗の醤油飴っぽいので買ってみた。
家に帰ってから調べてみたら、金沢にある醤油工場で、工場見学とか資料館もあるみたい。醤油処 直江屋源兵近衛、販売者 直江潤一郎
なんだかものものしい。おいしいんだけど、もうちょっと醤油っぽくてもいいのにな~。

前にたべたのどこのだっけな…おいしかった。たぶん道産のコーナーでみかけたと思うんだけど…。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回能登半島すずウルトラマラソン SONO6

2014年10月29日 17時26分39秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
寝たはいいけど…眠れない~。まだ緊張がほどけないし…、おなかもはっていて入院恐怖もでてきているからよけい。それでも寝たんだろうね…。真夜中の目覚ましの音で目覚めた。夫に起きなくていいのと聞くが、いいんだとかで…。ようやく起きて…着がえ。あとからお義母さんも起きなくていいのかとやきもきしてたと話してくれた。昔っからのんびりした子で…という。今ものんびりでギリギリになって慌てだし、遅れかけては私が悪いといいだすのと言うと…うち(夫)のと同じと笑ってた。朝は買っておいたおもちを食べてた。スーパーに行ったとき、(いつものように)買うと言うと食べないからいいといい、でも最近は北海道マラソンの時ですら、朝は食欲がないと言ってご飯はたべられないのに、60キロ走んなきゃいけないんだよというとようやく買うといい…。買わなかったら食べずに走るはめになってたところ。まったくもう。

スタート地点まで送ってもらい。そのまま御両親はお仕事に。いつものことだというけれど…。

スタート。ごちゃっといるけど500人ほど。蛍光塗料のついたタスキは全員装着。ヘッドランプは自分で用意した方が好ましいと書かれていたので準備した。えらい人の挨拶は早めに終わり。2人目だわと思ったら祝詞という。嘘だろうと思ったけど、かしこみかしこみ…と始まって…びっくり。マラソン大会で祝詞をきいたのは初めてだもの。さすがは神社が多い土地柄。神話にもでてくるしね。だって車でちょっと行くと神社、また神社。あれれここにも…。海難事故も多かったのかな。神話の里だしね。集落ごとに神社が1つある感じ。スタートを見送って…さてどうしよう。迎えに行くから電話ちょうだいねと言われていたけれど…。だって早起きしてるし、仕事してるし…。タクシーに乗ろうかと思っていたら、電話があって、もう来たよ~と迎えに来てくれて、さっきの場所にいるからと言われても…。暗くてさっぱりわからない~。じゃあ行くからとお母さんが迎えに来てくれて…完全に恐縮。家について一旦寝て、その後8時にまた応援で出かけた。

中間の30キロ地点の自然休養村。どこだか場所がよくわからないまま車できたけど…建物の上の方に名前が書いてあったのを、運よく私が発見して、ランナーが休憩してるし、ガイドする案内のスタッフもいたから、たぶんここだろうとちょっと戻ってもらったらあたってた。お隣でお祭りだか運動会だかもやっていて紛らわしい。夫はもう来たのかまだ来てないのか。とりあえず待つ。勝手が違うのでやきもきしてたけど、予定よりもちょっと早く来てくれた。15分の休憩。運んでくれた荷物の中の鎮痛剤入りのスプレーをかけて、着がえてゼッケンを付け替えてトイレ。安全ピン2ヶ所も外れてるし…。給食のおにぎりを食べつつ、お義母さんの差し入れのみかんを食べて…お腹痛くなったら走れなくなるよ、と言うのを笑い飛ばしてもう1つみかんを食べてまた走り出した。お義両親は数人に挨拶してた。息子が走ってるから応援に来た、と言った時のお義父さんの誇らしげな声。大声で頑張れ~とかいうタイプじゃないからわかりにくいけど、ゴールを含めて全4か所のエイドに応援に行ってた。

この記事をはてなブックマークに追加

今日のグリーン

2014年10月28日 09時05分40秒 | グリーン
昨日…ハイビスカスが咲いた。鮮やかでいいわ~。フクシアもまだ最後の力を振り絞って咲いている。このあいだまで斑点の多かった葉っぱが全部落ちたのか?今はきれいな濃い緑。
週末、あちらで買ったパイナップルを食べたあとの葉っぱを植えてみた。食べてすぐじゃなくて…4~5日放置してから植えるとかびなくていいんだそう。
ついでにお母さんがくれたつばきの種も鉢にまいてみた。家の中がいいのか、外がいいのか?よくわからないけれど…つばきは寒さに強いはずだからと夫がいうので、外におくことに。鉢なので水の加減がわからないけれど…外なら自然にお任せ。そうだ、1つは大きい鉢にまいてみようかな。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回能登半島すずウルトラマラソン SONO5

2014年10月28日 08時50分52秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
レースの受付の時間は午後からだったので、先にドラッグストアに行き、レースで飲むドリンク類を下見。着いてから買えばいいと言ってた夫が高いとぶつぶつ。あったりまえでしょう、ね~。あとはどう違うのかと、興味しんしんでスーパーも見学。大きな桃やシャインマスカットが札幌よりも100円ほど安くて…こっちに住みたい~。普通にかますとかカワハギとかも売ってるし。

お昼はどうしようか。うどんやさんとちょっと迷ってローストビーフ丼にした。これでこのお値段は格安。うどんは次かな…。でももう1件、お豆腐丼とステーキ丼を出すお店があって…そこに、次の日行く予定が、いろいろとあって行けなかったので…。どっちと言われたら、やっぱりステーキ食べに行くかな。ローストビーフもおいしかったからまた行きたいしし…。


無事に受付終了。
スポンサーの日本製粉のかたが、夫にも私にもパスタをくれようとして…、私は違いますとお断りしたんだけど…いいからいいからと2つもらってしまった。参加相賞のTシャツめのコメントは控えようかと…。黒だけど…。

会場の横に世界各国の笛を集めた展示コーナーがあって、ちょっと見てきた。いろいろとあるもんだね。アジア系のは似てるわ。あとは変な形のとかあって笑えた。


台風が近づいていたので小雨が降り、風も強く…海がいつにまして荒れていた。こっちの海は中国から辿りついたペットボトルが多い。証拠の写メ。60キロのコースをゆっくりまわってみた。行く途中、何やらオレンジ色の実のなる木をけっこう見かけて…何かと思ってスピードを緩めてもらったら、柿だった。ずっと前に本州で、普通の庭でみかんがなっているのをみて驚いたけど…。このあたりは柿なのね。田舎道を走っていたら、いきなりかかしがあらわれて…道の両側に何体も。夜中見たら怖いよな~と思いつつ。アンパンマンかかしなんかもあってけっこう楽しめた。でも一番怖かったのは、田舎のおばあちゃん。車なんかどこふく風で、ゆうゆうと一般道を横断。たまたま1人がそうなのかと思ったら、みなさんそうで…。ひょっとすると車という存在をしらないのでは?と思うくらい。こっちを見もせずにゆうゆうと歩く。あれはひょっとすると、おばあちゃんの姿かたちをしていた野生の動物なんじゃないかと今は思う。でも野生の動物ならもっと車を恐れるかも。猫は走って逃げてたし…。ひょっとすると車の音が聞こえてないとか、あるいは見えてないとか。超俗世老人力。あるいは幽霊…。

こちらとは違う植物を楽しみながら、ラケット道路に大谷峠。灯台行く途中だって、何この坂―――という急こう配。これはもう立派な登山。40キロ走ったあとにここきて、灯台の周りを回るの???そのあと20キロって「鬼~」きっとこのコースを考えた人には角と牙があるに違いない。
岬の先端だと、ちょっと歩くと右手と左手に海が見える。飛行機降りる時に考えていた、イメージ通りの石川県。何とかの滝、窓岩、なんとか岩というホタテガイみたいな岩も見て海水浴場。砂浜が広いな~。おうちに帰ったけど…ああぐったり。何が悲しくて2時半起き?

家に着いたらさざえとたこがおでむかえ。たこは味が濃くておいしかった。さざえが入ってたボールの下の方にちっちゃいふじつぼみたいなのが入ってて…さざえの稚貝?きっとちいさいぶん苦いのも一緒に食べなきゃならないんだろうと、手をつけなかったんだけど…なんとかと言う貝でおいしいんだって。食べ損ねて残念だった。お義父さんが金串を使って、殻から器用につつきだしてた。とはいっても手先を使うお仕事なので私よりもはるかに器用なのはわかってるんだけど…けっこうしっかりした指だし、男性だし…。私は目をまあるくしてみてた。あっというまに殻がやま。お母さんの神業でまた拍手。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回 能登半島すずウルトラマラソン SONO4

2014年10月27日 09時51分56秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
義父さんと義母さんがむかえにきてくれて…一緒に車でおうちまで。札幌は雨だったけど、こちらは今のところ雨は大丈夫そう。道の両脇には真っ赤なサルビア、もう終わりかけだと言ってたけどきれい。杉の深い森に時々松が…北海道ならどんな山道でも空間が見えるのに…隙間なく木が生えていて…本州なんだわ~と。そういえば、石川県って細長い半島なので、空港に降りる時は、右にも左にも海が見えると思いこんでいたけれど…夫に寝ぼけんでないと一蹴された。一般道に入り、住宅街を通ると、家がほぼ隙間なく建っていて、すぐそこに海があるのにさっぱり見えない。夫からちょっとは聞いてたけど、瓦屋根に炭を買えたかのようなこげ茶色の壁で…風情がある。道幅も狭いし、江戸時代もきっとこんな感じだったんだろうなと思う様な場所もちらほら。
夫の家には土間があり…普段使ってないみたいだけど(荷物を置いていた)、縁側もあった。ばあちゃんの家には土間があって、そこでお餅つきなんかをしてたことを思い出して懐かしかった。子どもの頃に住んでた家には縁側があったので…ちょっとタイムスリップ。
お寿司だのオードブルだのをわざわざ買ってくれて…。テーブルにはゆでたサザエがてんこもり。もらいたてだというさざえのお刺身もあり、これは初めて食べた。とれたてじゃなきゃダメなんだとか…。めずらしいもんだから、いいからいいからと言われるままに夫と2人で食べちゃった。あわびとなまこを足して2で割った様な食感で甘くておしい。お母さんはさざえを殻からはずすのがとっても上手で…神業!思わず拍手してしまった。家が広くてちょっと複雑で…道に迷って、御両親に狭い家なのに…と笑われてしまった。半分気が遠くなりながら横になり、夜はぐっすり。

次の日は大会の受付と観光の予定。
家を出る前、土間にさざえがまたてんこもり。それからたこも。あく抜きだと言ってたこにもさざえにも塩がかけられていた。さざえは水から茹でるんだって。ギギギェー、ギギギギーッさざえの鳴き声は初めて聞いた。こんなめにあわせてギギギェーってさざえが言ってるはと言うと、お義母さんがうけていた。たこはチャコールグレイみたいな色でこぶり、北海道ではみないタイプなので。夕飯が楽しみ。
塩がかなりまばらにかけられていたので、均一に混ぜたい欲求にかられたのと、たこやさざえを茹でる所をみたい欲求にかられたけど…せっかく来たから観光もしなくっちゃ。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回 能登半島すずウルトラマラソン SONO3

2014年10月26日 08時57分58秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
羽田に着いて、乗り換えのところまで歩かなきゃいかなかったんだけど…、バス→飛行機の段階ですでに身体が固まってしまい…緊張もしてたから、よけいに遠く感じた。
足は痛いし、空港は広いし…行けども行けども乗り場がみあたらず…。行き倒れるんじゃないかと心配しながらようやく辿りついた時にはめまいがしてた。

あれ、あれはひょっとすると精神科医の名越さん?似た人かもしれないけれど…でもたぶんそうだと思う。
それにしても広い、お店も多い。はじっこのほうでも売店があり…そこでちょっと甘いものを買おうかと…。朝、ばたばたとでてきたので甘いものを食べそびれてた。と思ってたんだけど、バスの中で六花亭のきなこチョコとマルセイバターキャラメルを半分ずつ食べてた。疲れたんだろうね。甘いものは夫はもういらないって言ったので、1つあればよかったんだけど…ばら売りのものがなく、やめようかと思ったら、千疋屋の売店があって、杏仁豆腐を売っていた。ばらもある。ちょっと迷ったけど、…こういう機会でもないと買わないだろうなと思って買った。さほどの量もないのにたしか1つ650円。たっか~い。

また飛行機。身体が硬直。降りた時には…う、う、う、この痛みは小腸だ~。痛い~。飛行機きっついな~。機内では2人ともコンソメスープをもらった。コーヒーの飲み過ぎで、夜眠れなくなっても困るしね。ようやく降りられたけど…荷物がなかなか来ない。それでもようやくレーンが周りだし…でもなぜか荷物がでてこなくなり…これで終わり?まだ待ってる人はいるけれど…と、不安になってたら、空港の方が一緒に探してくれると言ってくれて…。それからややしばらくしてから荷物がようやくレーンを通って出てきた。空白の時間は思いのほか長くて、空港の方もちょっと焦り気味だった。4っつの荷物を受け取れたけど、トランクやボストンはともかく、紙袋に入ってたものはちょっとくしゃっとなっていて…係の人がいなかったら、自分のものと認識できたかどうか。自分たちのじゃないな~と思ってぼーっと見てたら、ああこれだと言って取り出してくれた。違うと言いかけて、ああこれだと、違うと言わなくてよかった。そのあともゲートの外まで持ってあげますよといってくれたんだけど…連れがいるのでと、ちょうどその時夫が戻って来たのでお礼を言ってそこを出た。
小松空港のかたは皆さん感じがよかった。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回 能登半島すずウルトラマラソン SONO2

2014年10月24日 21時03分25秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)
朝も必要物品をつめながら…キリキリ、キリキリ。でかける間際でシューズをいれる靴箱をくれとか…。それは昨日のうちに言ってちょうだい!!!!!キーキーキー。完全切れまくり。飛行機乗れなかったらどうするの!!!!!

おまけに雨だし…重い荷物を持って、傘をさしながら30分。だからお土産だけでも送ればよかったのに…きりきりキリキリ、ぶつぶつブツブツ、キーキーキーキーキーキーキー!!!!!!!

なんとか間に合いバスに乗ったはいいけど…。夫がチョコをくれというので、ひとつ前の荷物置き場においた座席の荷物をとろうとして立ち上がったら運転手に怒られ。夫は横で笑ってるし…。あんたのせいでしょう!!!!!うっかりマナーモードにし忘れていたため、夫の母からのメールの着信音が鳴って夫に怒られたり…。まあいいけど。隣の席には女性が1人。40代くらいかな…。一生懸命レースのコースをみていた。でも同じコースを走るのかしら?同じ日の別のレースもあるだろうから、たぶん違うんじゃないのかと…。だってあんなに遠いし、北海道からわざわざ行く?

空港についた時点でもう疲れ果てていた。チケットを受け取った時に荷物のことを言うが…係の人がけげんな顔で対応。夫が再び荷物のことを言うと、慌ててメモ帳を広げて、研修生だったのでよくわかっていなかったよう。危ないところだった。
私は飛行機で乗り換えなんてしたことないのでよくわからない。乗り換えの人の荷物は飛行機の会社の人がちゃんと目的地まで運んでくれるそう。そのあと飛行機に乗せる荷物を預けたんだけど、これもスーツケースは先に預けるというのを私が覚えていたのでよかった。でもみなさんカウンターで何か受け取ってるけど…どっちが先なの。聞いてみたら荷物が先だった。なんだろうと思った紙は荷物の預かり票。荷物をチェックして、預ける時に紙を渡されるのね。その後手荷物チェックを受けて…登場口前に移動。時間が来たら、バーコードを所定の位置にかざして、飛行機に乗り込む。

携帯の電源を切らなきゃいけないのが残念だったけど仕方がない。おまけにブルートゥースも駄目だった。わざわざウオークマン持ってきたのに~。でも充電足りなくて聞けなかったから結局は意味なかったんだけど…。充電は結構長持ちするんだけど…2日続けて不眠で…寝ながら聞いてたので、きっと思いのほか電池を使ってたんだろうね。

飛行機の中でコーヒーをもらって…夫はじゃがバタスープ。このスープ私はちょっと…苦手だった。夫が窓際に座り私は通路側の席だったんだけど、夫はずっとウオークマンを聞いていて、外の景色には全く興味がなさげだったので…トイレにも行ってたし、今度は私が窓際に座るかな。

この記事をはてなブックマークに追加

キーボードが…

2014年10月24日 20時45分01秒 | にわのこけこ
朝は使えたのに…突然キーボードが使えなくなった。マウスは使えるからパソコンの問題ではないと思うんだけど…。

ちょっと使いたいことがあって、今日壊れられたら困る。


どうしよう~。

そうだ前のキーボード、だめもとで修理屋さんにみてもらおうか。
それで前にみてもらったことのある修理屋さんまで持って行った。

夫がコーヒーをこぼして…といった時点で、ダメです。ワイアレスだからよけいにだめなんだそう…。




夫にメールして…。

家に帰ってパソコンを立ち上げて…あああ、パスワードさえいれられない。


夫が帰ってきて、これ抜いたからだわと。


ちょっとテレビの修理関係の人が家に来ていて…その時、邪魔にならないようにあちこち片付けたんだけど…。その時たしかに抜いた。

このキーボード、ワイアレスなので…これ単独で使えるものと信じ込んでいた。使ってるコードみたいなのって、音を遠くにとばす器械のためのものだと思い込んでた。

無事に使えるようになって助かった。

この記事をはてなブックマークに追加

今日のグリーン

2014年10月23日 20時54分00秒 | グリーン
家にハイビスカスをいれてから3日目…ようやく花が咲いた。小さなつぼみは20数個あるし…、まだ10月だし…、まだしばらくは楽しめそう。
きっと大量の葉っぱをすいてあげたのもよかったんだな。

これだけつぼみがあると、肥料をあげたくなるけれど…、去年つぼみはつくけど寒すぎて落ちてしまったので…このまま様子見。それにしてもハイビスカスは丈夫。華やかだし…。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回 能登半島すずウルトラマラソン SONO1

2014年10月23日 10時14分24秒 | フォアグラ・ランナーズ・クラブ(F.R.C)

ある日夫が深刻な顔で…60キロマラソンに出ようと思っている。(私の)体調もあるから1人で行く、もう10年も帰っていないし…と言いだした。来てほしいなら来てほしいと言えばいいのにと思いつつ、一緒に行くと答えたはいいけど…。でも遠いからね。飛行機降りてから車で4時間か、飛行機乗り換えのどっちがいいと聞かれても…。

夫の両親のところに2泊もするから…ボロが出たらどうしよう。私は石川県には昔1度行ったっきりだし、夫にしたってその2年後くらいに、別の所に行くのにちょっと立ち寄っただけだったし…。夫の両親がこちらに何度か来てくれたけど、会ったのだってほんの数回。しかも数時間。長時間いた時はうちの親も一緒だったりで…4人でずっと一緒なんていうのは初めて。
おまけに2人とも飛行幾に乗ったのはいつだったっけと言う状況。なんだか緊張してしまって9月の下旬くらいからピリピリしてきて、しなくていいところで口げんか。夫の方は会議だの休むぶんのカバーだので…帰りは遅くなるし…仕事のストレスも大きくなるし…だからよけい。それに加えて、初めての60キロマラソン。しかも地元だし…という気負いと不本意だった北海道マラソンでのリベンジという気持ちもあるようで…休日は走って来ると言うと、いったいいつ帰ってくるのか?仕事帰りも時々走って帰ってくるので、お腹をすかしすぎた私とまたけんかをしたり。石川県に行く前にひょっとすると離婚するんじゃないかとひそかに心配していたくらい。

出発の前日も仕事で遅くなり…それから待ち合わせてお土産を買い…。これにしようと思っていたものはそのお店では取り扱いが無いと言われ…げんなりしながら別のを買ってきてた。でも食べたことがないお菓子なので…味が心配。まあ無難な味だとは思うんだけど。それからパッキング。よくよくチケットを見ると、乗り換えの時間が1時間しかなくて…。だって荷物は受け取らなきゃいけないし…間に合うのか?それもあって、遅くに寝たのによく眠れなかった。

この記事をはてなブックマークに追加

どんぐり

2014年10月22日 15時10分13秒 | パン
パンを買って、帰ろうとしたらけっこうな時間だったので夫と待ち合わせてみた。待ってる間、ろくに朝も昼も食べていなかったので…買ったパンを少し。う~ん。
で、もう1つだけどんぐりでお買いもの。

特性バタール。これは夕方限定品。どーんと大きいので存在感あり。うちはけっこう好き。遭遇することはそんなにない。つい最近見かけて…買おうとしたら…はじっこのしかなかったので断念。今回は焼き立てが売ってたので即買った。


上にダイスカットのチーズをばらまいてから焼いたようで…それがちょっとサクといった食感を生んでいた。チーズたっぷりだし…ブラックペッパーが効いていてとってもおいしい。家に着いた時はさめてたけど…。それでも生地がもっちもちしっとりでおいしかった。

この記事をはてなブックマークに追加

眼が痛い その2

2014年10月22日 11時16分30秒 | にわのこけこ
病院に行ってきた。やっぱりものもらい。他人にうつさないから、それだけでもありがたい。使えない薬剤は…と聞かれ…なんだっけな~、ニューキノロン系、ペングローブと同じグループで…。フルクトサミンじゃなくて…。医者もう~んと言ってたら、看護婦さんがレボフラキサシンといい、ああ、それそれ。

困ったな~。どうやら眼科のお薬はこれ以外にないみたいで…。効かない薬よりも…内服だと困るけど、副作用も呼吸困難とかなら使えないけど…このくらいの量ならたぶん大丈夫だろうと…。。中国と北朝鮮みたいな関係の薬だけど…。最初は気をつけてつかってねといいつつ点眼薬と眼軟膏とを出すという。それにしても北朝鮮と中国って…。


病院で使い、あとは2次かの気位と言われ…。家ついて使ってみたら、ちょっと滲みて…ほどなく落ち着き。大丈夫っぽいな~と思っていたら、痒くなり…こりゃあダメだと思ったらしばらくして治まり。様子を見てたらまた痒く…以後落ち着く。麦粒腫の基本の症状がこれだから…判断はちょっと難しく、目のかゆみや充血が強く…と言われたってもともとがそうだからね…。

そして寝る前にもう1回。でもやっぱり滲みて痒くて治ってまた痒く…のパターンは同じ。怖いので眼軟膏はやめてみた。左目はものもらいじゃあないけれお、初期症状のこともあるから…といわれつつ出された抗アレルギー剤は使わずに様子を見てみた。


疲れてたので…21時すぎには寝て。


そしたら23時半。痒くて痒くて…今までに経験したことがないくらいの刺すような痒み。いったいこれはなんなんだ~しかも両目だし…。おまけに両目が同じくらい赤くなってる~。こんな痒みは蕁麻疹の時だって経験したことないわ~。間違いなく薬の副作用。だって両目だし…。しっかりかきむしるわけにもいかないし…。ややしばらくしてから落ち着いて…そのあとは寝られたんだけど…。

朝起きたら口が渇いてどうしようもなく…。



で、病院行ってきた。
を使い続けて、眼軟膏も使ってかまわないからと。痒みの原因は麦粒腫とは別にアレルギーが起きたんだろうという。今度はステロイドも処方されて…。抗アレルギー剤は使わないようにとのこと。先生の言うことも一理あるけれど…あの痒みを1回経験してたら、こう軽くは言えないんじゃないのかと。口の中も乾いてしぶがついたみたいだし…。それを言うと涙嚢おさえて点眼して。


薬局のお姉さんがとってもいい人で…親身になってくれたので、少し気分が晴れた。


どうしようか迷ったけど…とりあえず点眼のみ。涙嚢を抑えて点眼するくらいじゃどうにもならないけれど…。



よかったあの痒みは起きなかった。でもだんだん口の中が苦くなってきて…。ほんとうにどうしよう。どんより~。前はそれが治るのに結構時間がかかったしな~。

やっぱり迷って…早く治したいし、使ったり使わなかったりが1番悪いので…。朝は薬を使い…午後から別の病院に行ってこようかな。

この記事をはてなブックマークに追加