Fioe-gras Runner's Club(脂肪肝爆走友の会)&クールミントギャグ日誌

フォアグラ・ランナーズ・クラブ(代表すいか)のランニング活動日誌&クールミントギャグ兼こけこのたべあるき日誌。

ゴッホ展

2017年10月11日 16時40分35秒 | 美術館
美術館なんて…ものすごく久しぶり。あまりに久しぶりすぎて…最後がいつだったか…。それでもようやく…なんせゴッホ。ここをのがせばいつ…と思うと、多少の無理はしたい。ほんとうは昨日行くはずだったんだけど…。でも昨日は食事だけで帰還。帰還とは言ってもけっこう歩いたから…乗り物にも乗ったし…だから今日は起きた時からけっこう痛い。

なのに…でがけに…ひねったのか…更に悪化。美術館って歩くし、立ち止まるし…。あわやわらわわわわ。



でも行く。夫はすでにでむいている。約束は大通りで15時半だったはずなのに…勘違いしてたようで…もう18丁目、すごくならんでる~とメール。すごくって…と思ったらわぁぁ。人だかり。帰りたくなった。でも…昨日出向いてチケット忘れでの今日だからね…。

列に並ぶがいったいいつ買えるのか…。チケットを買っててもらって…トイレにいった。元の列に戻るのは不可能な感じ。途中から入れないように…しっかりとした列区切り。
ようやくチケットを買ったと思えば…次は入場の列に並ばないと…。入場したはいいけど…時間だから帰ってっていうアナウンスが流れるんじゃないのかと…だったらとっとと帰ったほうがいいな~と思いつつも…みんな並んで動かないし…。チケットはいつまで売るんだろうか…。開館時間の延長はするかしないかわからないと…最後尾札を持った係りの人が説明してる~。朝いちのほうがみやすいですよ~とも。

16時ちょいすぎにようやく入館。なのに…さらに…列が…しかもつづれ織りのように…3列か???なんだかもう疲れた…10分少々で…ようやくゴッホとご対面。これじゃあ…某所のように…止まらないで進んでくれ…かな?ゆっくり自分のペースでみられないな~と思ったら、好きなところから見ていいとのこと。今までで1番の混雑ぶり。


最初のほうにあった自画像が好き。それから…昔見たお部屋の画。なんだかベッドに人が寝てて…呼吸してるように見える。呼吸に合わせて上下に動く感じ…に、見える。見えるといえば…蝶の画も…。蝶が…ゆらゆら、ゆらゆら…あんな感じに飛んでるように見える…すごか~。あとはアイリスとか果樹園とか…素敵な画がたくさん。見応えあった。もう閉館的なアナウンスは気になったけど…帰るころにはかなりすいてきて…1周して、その後好きな画だけもう1回。あああ、行ってよかったわ~。足の痛みなんかもうどうだっていいわ~的な気持ち。



そういえば…ご夫婦できてたかた。ここってゴッホに影響を与えたっていうことで浮世絵も展示してたんだけど…。妻:ほんとうにこんな顔の長い人がいたのかしら。 夫:こういうイメージだよ。 妻:みんな同じ顔してる 夫:みんなこの画をみて実物に会いにいったんだから。

へ~知らなかった。夫さん博学ね…と感心しきり。だって、ほんとうに、みんな同じ顔に見えるよね。イメージだからなのかな。そういえばこんな顔の人っているわけないわ。お世辞にも美人には見えないし…実物ってどんな顔してたんだろう。







この記事をはてなブックマークに追加

片岡珠子展

2017年03月14日 18時15分13秒 | 美術館
夫も私もたまこさんが好きで…家ではかってにたまちゃんと呼んでいる。フリーペーパーでやってることを知り…行きた~い!!!


念願かなっておでかけ。夫と待ち合わせて夫は仕事。私はカナリヤ。そしてあきずごはん。それから…セントラル。美術館。新札幌で…夫は用をすませ…私は地下でパンを買ってるはずが…ちょっと来てくれと。そして夫の靴と靴下を買い…2人でパンを物色。それから…トップバリュー経由で帰った。さすがに疲労。

でも素敵だったな~。90歳でもあの迫力。最初落選の連続でっておうのがまた…根性すごいし…でも支えてくれる人がいるのよね。

私は…鮮やかな色使いがいいな~と思う。最初のびわとか教え子なんか柔らかな色使いなのにね…50歳すぎてからだもんね…あの色、迫力、すごいわ~。スケッチブックとかおいてたけど…走り書きのせいもあるけど…字が汚かったわ~。たまこさんもこうして大勢の目にふれるとしってたら…とか思うとちょっとお気の毒。遺品の中には質感出すのに使ったとかで油性の昔懐かしいマジックペンがあったり、画をかくことが生きることそのものだったのね。

この記事をはてなブックマークに追加

小樽市立美術館・博物館・文学館・旧日銀

2017年03月12日 09時59分28秒 | 美術館
でかけるのが遅くなり…着いたらもう15時近い。仕方がないので…わりと駅から近い美術館へ。文学館も併設されているよう。観光地のせいなんだろうか…休館日が火曜でありがたい。
それにしても古書を売ってるのに驚いたな~。献金制度。献金といえば…っセルフのカフェが併設で…これも献金だったな~。なかなか居心地のよさげなカフェ。
ひなまつりの月なので…昔のおひなさまが…。女雛の冠が…ゆらゆらしていて…韓国の王様の結婚式を思い出した。すべてあちらから伝来しているのよね…。現状いろいろとあって…あの3っつの国は好きにはなれないけど…。でもあの国がなければ日本の発展もないわけだし…。


小樽出身だったらしいサカナクションの本箱とかいうイベントをしていた。あとは小林多喜二とか…小樽ゆかりの文学者のことやら…たぶん翌日に出向いた博物館では…小樽に生息する野鳥だの昆虫だの。足概要に細長い蜘蛛が気になってたけど…雲はいなかった。昔みつけた、ブルーグレイのひな鳥は…なんという鳥なのか…気になって仕方がないけど…どこでもみたことがない。昔の野鳥は拾わないで…というポスたーにはでてたのに…。

北前船での交易のことやら、昔使ってた電話が2台あり、今でも使える。オルガンもあった。足踏みで空気をいれて…これも使える。昔懐かしい音がした。

美術館では…抽象画が…けっこうな迫力で…。大きいのはともかく…小さいのはどう閉じ込めたのか…。館内の休憩所で座っていたら…女性と…年配の男性が話してた。日常の小さな感動をためていて…と女性。もしやと思い…聞き耳をたててたが…私も近くで聞きたいわ…。でもそろそろ帰らねば…夫が見えて…帰りに素敵な絵ですね…と声をかけたらとっても喜んでくださって握手してくれた。会期中にまた行きたいな…と。

銀行さんは…中がとっても素敵。小樽の発展ってすごかったんだろうね…。1億の重さは…10キロだそう。持ってみようとしたが…重いので…プラスチックの入れ物に…双方の手首をいれて持ち上げてと言われても…な感じ。こんなの持っていく人いるのかな?


小樽には何度も来てるけど…全部初めてよった。怪我の功名。

この記事をはてなブックマークに追加

北海道立近代美術館 横山大観展

2016年05月12日 08時09分12秒 | 美術館
ヘルニアで…あんまり動きたくないんだけど…連休だし…少し長めにお散歩をしてみようかと。行けたら梅林と思ったんだけど…2人とも不調で…梅林へはたどりつけず…。ラーメンを食べて家に帰ったんだけど…その後…腰痛が悪化。連休の後半にも行くかと聞かれたんだけど…美術館にと答えた。正直言うと…美術館もけっこう歩くし…あんまり~な気分。でも…杉の目にもつきあってくれるっていうし…私もおつきあいしなくちゃね。大通りにいって…テニスボールも買いたかったし…。
美術館はびっくりした。入口でストップして動かず。有名だけど…画は何度かみてるけど…。そんなに混むか?でも中の方はまあまあすいていて見やすかった。このかた小動物を上手に書かれるのね…。リスと柿・うずら・とくさといたちがかわいかった。とかげを描いたのも良かったな~。あの青が印象的だった。龍もいた。自然を描いたものの…日本画特有のけぶるような色合いがよかった。説明文で想像させるのが得意みたいなことを書いてたけど…私には雨は見えなかったな…。
挫折した梅林の日から、そう日は経ってはいないのに…。今日はけっこう歩いて痛みがでたわりには引くのも早かった。少し自信を持てた。杉の目はおいしかったし、よくしてもらったし、おみやげまでいただいたし…。画も素敵だったし、テニスボールもパンもおやつも買えて…素敵な1日だった。

この記事をはてなブックマークに追加

平山郁夫展

2016年03月05日 10時11分38秒 | 美術館
週末に行ってきた。この方名前は良く聞くし、おそらく美術の本の絵ではみてると思うけど…どんな絵と言われても思い出せず…。
原爆の後遺症で死にかけて仏教→シルクロード なのだそう。そういえば前にテレビか何かでそれをみて…それで行きたいと思ってたんだった。シルクロードの遺跡を保存する運動をしてたかた。会場の入口近くには仏教的な宗教画。自分で取集したものを描くのも好きだったよう。あれさっき見た気がするけど…勘違い?と思った作品がいくつかあったので…あああこういうことなのねと納得。そうよね…好きで収拾するんだもの。目の前にあったら血が騒ぐよね。
タリバンに破壊された遺跡の画と、ガザニアだったか…異国の女王がらくだで行くところ。行きと帰りなのか…きれいな青とオレンジの背景。オレンジはともかく、どうやって作りだした青なんだろう。彼が使った画材があったけど…。乳鉢と石があって…日本画って絵具は自分で作るのもあるのかな…。

思いがけず彼が収集したシルクロード関連の美術品も展示してあって…私は画そのものよりもこちらに感動。インドの仏像はたおやかで人に近い。菩薩さまになると宝飾品で飾られていたり…ちょっと不思議。同じ弥勒菩薩の半跏思惟像でも中国の像とは違っていた。ギリシア神話にでてくるトリトンとか…あちらのものまであってびっくり。小国が生まれては消えだった時代で記録がない小アジアの国々。だいたいの王様はコインに自分の肖像を彫ってるから小アジアのコインの収取物はかなり貴重なものなんだそう。なんかすごい人だな~。
画もよかったけど…思いがけずにであえた、仏教関連の美術品に感動して…ぽろぽろと…行ってよかった~。

この記事をはてなブックマークに追加

フランス絵画展

2015年08月02日 18時39分31秒 | 美術館
これは近美。モディリアーニ・ルノワールにモネにシャガール…有名どころがずらり。あんまり有名じゃないのもずらり。名前忘れたけど…暗い色彩の…あの画を書く人がよかったな~。釘付けになるような…そんな風ではなかったな~。1人の作品がいっぱいというほうが好きなのか?でも…こういう感じの時でも…。好みの問題なのか?夫もそんなようなことをいってたな~。


この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ展とカンバッチ

2015年07月29日 10時11分46秒 | 美術館
スターウオーズってそういえば見たことないわ~と思いつつ、せっかく芸術の森まで来たのでみてみた。シリーズ化されてるから、けっこうなファンもいそう。と思いつつ、あんまり人気がないのか…芸術の森の入口でバスを降りたのは私たちだけだった。でも美術館についたら…行列で…先にすすまない~。ポスターとテレビの映像と…いくつかのコスチュームとかガンとか…。とりあえずきたからには全部見る私と…興味がないから見ない夫に別れた。

そのあと…カンバッチを作る事にした~。絵なんかかけないからいいわ~としりごみしてたんだけど…絵は夫が書いてくれるそうで…。下絵を描いて…持っていくと、専用の器械で丸くカットしてくれる。それを別の器械にのせて、フィルムをかけて押さえて…おそらく紙とフィルムと金属を一体化させてた感じ。それからあまったフィルムを巻き込むのに…もう1回プッシュ。それでできあがり。恥ずかしがって作ってもらう場所にはいかなかった夫だけど…私のが終わって…けっこう楽しかったから…やるかもしれないと…手招きしたら。やってきて…。いや~とやらないと断ったけど…係の人がぜひにと言うのでやってた。あとから呼ばないでよかったのに…といってたけど…極度の恥ずかしがりやさんだからね…。でも楽しかったみたいだからよかった。世界に1つだけのカンバッジ。思い出になった~。できあがったのは2つとも私のバックに止めた。

この記事をはてなブックマークに追加

歌川国芳展

2015年06月25日 11時18分07秒 | 美術館
最初に歌川…と聞いて、近美でやってる日本画っぽいのかな?と思ったら違ってた。ほんものの浮世絵師。芸術の森までは…バスにも乗らなきゃいけないのでけっこう疲れます。

16時くらいについて…17時くらいまでは見られるだろうと思っていたら…入口で…字が多いのでのんびり見てると最後まで見られませんよ~と言われ…。でも17時半まで開いているそうなので…だったらと思ったんだけど…。どだい字が書いててもあんまり読まないしさ~。
と思ったら甘かった。説明書きは、読みたくなるし読まないと…っていうのもけっこうあった。

私はあんまり浮世絵見るのには向いてないみたい。パッと見てそれでいいタイプだからね…。じ~っくり見ないと面白さがよくわからない。いくつかの絵をあわせて1つの絵になってるとかさ~。でもけっこうおもしろかった。舌切り雀の妖怪とか…。水滸伝、南総里見八犬伝とか…四十七士に牛若丸とか弁慶とか。鬼もいたな~。坂田野金時とか土蜘蛛とか。前半は猫が多かったみたいで…もうちょい早く来ればよかったね~と2人で残念がったのでした。八犬伝は…その昔、NHKの人形劇でみたな~。本でも読んだ。また借りて読もうかな…と思うくらい迫力があって魅力的な画でした。

この記事をはてなブックマークに追加

アールヌーボーのガラス展

2015年05月28日 16時09分29秒 | 美術館
そういえば…始まってまもなくだけど…ガラス展を見に行ってきた。私…あんまり興味ない。きれいだな…とは思うけど…。でも、佐伯ゆうぞう?さんで失敗したので…とりあえず自分の目で確かめなきゃね…。昔は苦手だったシャガールも今は好きだったりとかいうのもあるし…。


ついたら…閉館?っていうくらい入口付近が閑散としていて…。でもやっていた。やってないわけはないけれど…。

なんとかけプフさんという女性の実業家のコレクション。


びっくりした。ガラスの指輪と…本物の宝石の指輪の違いだった。行ってよかったわ~。立派な美術品。もう1回いってこようかな…。





この記事をはてなブックマークに追加

札幌芸術の森美術館 藤城清治展

2014年11月10日 09時58分07秒 | 美術館
テレビでCMしてたのを見て、会期中に行くことは決めていた。いついくかは未定で…。どうかすると行きそびれるかもくらいの気持ちでいた。

この週末はどうしようかな~という話しになり、小樽と美術館どっちがいいかな?小樽は去年の冬が最後?それとも一昨年だったっけ。でも小樽だったらできれば3連休の時に行きたい。遠出するとちょっと疲れるし…。調べてみたら、美術館は1月まで。水族館は11月末でちょっと休館したりだから先に水族館から行ってこようかな…。
でも日曜日の朝、夫が雨とかいろいろとあってずっと走ってないというので、小樽は中止。ご飯を食べてそのあと走るわという雰囲気で大通りまででてきたんだけど…。私はオークラでげんなりしちゃって…。夫も疲れてたし…雨だし…。それじゃあ気分転換に美術館に行こうという話しになって…そのまま地下鉄→バス。地下鉄・バスも疲れるけれど…月曜日も休みだし…。じゃなかったら行かなかったと思う。バスの中から果林樹を眺め…雨じゃなかったら…とぶつぶつ。

このかた、絵本の挿絵とかでよく見ていた。メルヘンチックな素敵な作品を作る。邱永漢さんの『孫悟空』を買ったらその挿絵もこのかたで…こういう作品にも挿絵を描くのねとびっくりした記憶もある。

凄い人だかり。よくホームページをみないで来てしまったんだけど…先着100名でサイン会をしてた。人垣の隙間からちらっとのぞいてみた。こういうかたなのね。けっこうお年で、思ってたよりも体格もいい。パッと見でお年…だとは思ってたけど、90才だったんだ~。そうだよね。子どもの頃から作品は見ているし…。でも90才にはみえない。若々しい。

人が多くて、人のいない所いない所と選んでみて、最初の方の作品は1番最後にみることになってしまった。水に映った映像も含めて作品だったり、上から投影して廊下に映像を映していたり。なんかすごいな~。私のこのかたのイメージって、本の挿絵のところで止まってたんだけど…そのあとすごく変化してたのね。ものすごく精緻で繊細な作業でできあがった作品はどれも見事。数メートルっていう大作もあって、藤城さんに持ってたイメージがひっくり返った。80歳を越えて震災の後地に行き、地面に近い椅子に座ってデッサンしてたら被ばく量がほかの人よりも多くなったとか。90歳でこんな作品作っちゃうのとか…。猫が好きなのね~とか。感動して涙があふれた作品もけっこうあった。こんなことなら早めに来てサインをもらえばよかった~。残念。会期は1月までだったから、もう1回くらいは雪が降っても見に行かなくちゃ。家に帰ってネットで見たら、また北海道に来るみたいだから、今度は早めに行って整理券をもらって、並んでサインをもらわなきゃ。美術館に来て大正解。だいぶまいってたんだけど、かなり元気になったし、私ももっともっと頑張らなきゃという気持ちになった。ほんとにすごい人。

この記事をはてなブックマークに追加

徳川美術館展

2014年07月18日 09時37分11秒 | 美術館
動物園かこちらか…ちょっと迷ってこっちにした。先週からみつからないものがあり…いったいどこに消えたのか。

とりあえず近美へ。思いのほか混んでる。すごいわ~。みなさんガラスの前から動かないし…。16時くらいにいったほうがいいかも。公的な部分と私的な部分で展示が分かれてました。囲碁・すごろく・将棋のセットととか…香道のセットとか…。武家のたしなみで絵も習うんですね~。刀はすごかった。刃だけの展示でもすごみがあるというか…。あと気になったのはかんざしみたいなの。これで刀の手入れをしたっていうんだけど…。どう使ったのかしら?夫に聞くと学芸員さんに聞いたら?恥ずかしくて聞けないわ~。




この記事をはてなブックマークに追加

近美 常設展

2014年05月10日 14時06分11秒 | 美術館
私の体調がいまいちなので…でもせっかくのゴールデンウイークだしと、常設展に行ってきた。

今回は…国貞と言う人の浮世絵。

江戸時代の女性ってみんなこんな顔?全員同じに見えてしまう。

この記事をはてなブックマークに追加

ミュッシャ展

2014年04月21日 08時23分19秒 | 美術館
夫と一緒にお出かけ。

あんまりミュッシャは好きではないんだけど…あまり気乗りのしなかった人の展覧会をあとから、いけばよかったかな~と後悔したことがあったので…。テレビでも初公開がどうとかいっているし…。


やっぱりミュッシャはミュッシャだったかな…。でもあのポスターチックな画よりも、普通の油絵のほうがはるかに好み。普通の絵から幻想と普通の中間くらいの絵があって…。不思議な画家さんでした。














この記事をはてなブックマークに追加

フィンランド・デザイン

2013年10月28日 11時11分08秒 | 美術館
夫がつれていってくれた。フインランドってスゥエーデン王国の下にあったのね…。最初はスゥエーデンの影響を受けてけど、しだいにオリジナルになってきたみたいな感じのことを書いてたけど…スゥエーデンの作品がないから、どのあたりが影響を受けてるのかはちょっとわからなかった。
作品自体はガラスだけにとてもきれい。氷山を模したものとか、トナカイのラウンドアップとか数種類の鳥がいっぱいいるオブジェみたいなのとか…。でも鶏さんのつがいがかわいらしかった。あとは途中でちょっと折れ曲がらせたような水差しみたいなの。これはみてるだけで笑っちゃうようなユーモラスな感じがしてよかった。あとはガラスのふく前のかたまりとか木型とか、けっこうおもしろいのもあった。

でもこの日は香水おばさんがいて…その人は長めのショールをはおって感慨深げに作品みてるんだけど…でも作品見る前に、自分をなんとかしなさいよ!って言う感じ。その人、最初は私の前にいたの。逃げて最後尾に並びなおしたんだけど、順番に見て行って、いたあたりの作品をに近づくともう臭くて臭くて…。仕方がないから。いくつかあるお部屋の一番最後から見ることに…。

ほんとに臭かったわ。最近は化学物質過敏症の人もいて、柔軟剤がダメなんだそう。洗濯してそうな家のそばには近づかずに別ルートで帰るって新聞にでてたけど…。香水つけてて気分がいいのはその人だけだもんね。

そういえば〇〇には香水おじさんがきてた。この人は、美術館の人の数十倍のにおいをさせていたっけな~。誰かを捕まえては〇〇に関するうんちくを語る。でもおんなじ話ししかでてこない。頭の中で復唱できるくらい。みんな辟易して近づく人は少なかった。〇〇のえらいさんだったみたいだけど、昔の栄華が忘れられずに、スーツにいかにも重そうな仕事用の皮の鞄をもっていたっけ。

この記事をはてなブックマークに追加

シャガール展

2013年08月09日 09時11分16秒 | 美術館
シャガール展がとてもよかったので、2度目の訪問。前回は遅い時間だったけど、今回はそこそこの時間だったので混んでいて…。人につかれた。それでも作品は素晴らしく…。でも混んでない時のほうが見やすくていいな。

この記事をはてなブックマークに追加