フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

ボランティアの意味

2017-01-30 20:08:46 | 日常雑感

 団地を受け持っている民生委員と話した。

ゴミステーションまで行くのが難しくなった老女から、SOSが入った。

ゴミの日に、ゴミ出しをして欲しいのだけど、どうすればよいだろうかとのことである。

中学校の近くなので、中学生に呼び掛けて見ようと思い、学校に行き校長先生に会った。

すると、該当地区の生徒に声かけをすると、5人が手を上げボランティアを希望した。

2人組になって、順番にゴミ捨てをすることを頼んだ。

生徒たちは喜んでボランティアをし、老女も感謝していた。

そのことを民生委員会で報告すると、意外な反響があったとガックリしていた。

まず、親権者の了承を得ていないのはおかしいとの意見。

次に、ボランティアに頼むのではなくて、地域包括センターに報告して、

ヘルパーを送り込むべきだとの意見。

「自助、共助」をしてから、どうにもならない時に「公助」になるのではないだろうか?

若者にも、ボランティアの喜びを知らせる必要がある。

良いことは、皆に分けて体験する事が必要である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 蕗の薹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL