フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

桜前線

2007-03-29 22:00:36 | 写真
 広島市の北極にも桜前線がやって来た。
土手一面に植えられたソメイヨシノも、まだチラホラである。
満開は来週になるであろう。雨に降られないことを祈る。



下の写真は、バイモユリ(貝母百合)またはアミガサ百合と呼ばれる。
アミガサのような筋がある小さな花で、俯いて咲く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

各自のテレビ

2007-03-27 20:39:29 | 日常雑感
 5人と2人(2匹)の大家族になった。
特に春休みなので、子供達は一日中在宅。中には友達を呼んで遊ぶ子もいる。
ゲームをしている、テレビを見ている、犬と遊んでいる等賑やかなことこの上なし。

 夜は、お互いに見るテレビも、就寝時間も違う。遅くまで色々な音がしている。
雑音をなくし、静かにゆっくり眠るには、耳栓を使用する。
自分だけの世界に入ることが出来る。何事も工夫して住みよい環境を作る。

新芽を吹き始めた柳


雪柳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逆走

2007-03-25 21:11:29 | 中国
 中国・昆山在住のY氏からの写真である。
交通量の多い片側三車線の道路を、自転車で逆走している。しかも手放し!!
国民性であるから簡単には直らないと思う。しかし、危険である。
交通ルールはないのであろうか?
これで事故になるとどちらが悪いのであろうか?
自殺行為なので、保険もきかないと思われる。
その前に保険制度はあるのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口腔ケア

2007-03-24 18:58:48 | 日常雑感
 JA主催の「健口(けんこう)の話」を聴く。口腔ケアについてである。
歯と口腔の働きは、食べたり飲んだり味わったりすることだとばかり思っていた。
しかし、他の働きがあることを知った。特に歳を取ると大切になる働きである。
日常生活を生き生きと楽しく送るための人間関係作りである。
歯が一本でも欠けると、話すこと、笑うこと、歌うことが億劫になり、
外出を控えるようになり、他人とのコミュニケーションが少なくなる。
ついには家の中に閉じこもるようになるとの事である。


 (桃の花)

 歯が抜けるのは、老化のためではなくて、虫歯や歯周病のためである。
予防をするのは歯磨きを丁寧にし、かかりつけの歯科医院で、
定期的に検診を受けることだそうである。
目標は8020である。80歳で20本の自分の歯を持ち、生き生きした人生を過すこと。
すなわち、ピンピンコロリである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大通りを眺めると

2007-03-22 21:53:16 | 中国
 中国・昆山在住のY氏から送られた中国の道路事情を撮った写真である。
積載違反と思われる写真。タイヤがパンクするのではないかと心配。
さらに霧も深いようである。


 リヤカーによく積めたものである。
両側にはみ出している部分のほうが多いように見受けられる。


これも一種の積載違反である。重いのか軽いのか分からないが、足元が見えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

周防大島・沖家室島

2007-03-18 22:15:00 | 
 山口・大畠から大島大橋を渡ると、周防大島町である。
さらに周防大島町の南端の沖家室大橋を渡ると、沖家室島である。
島民の熱い思いに応えて、約20年前に沖家室大橋は架けられた。
写真向かって右が、沖家室島である。


写真向かって右は、大島である。隠れている左側が、沖家室島である。


 沖家室島は浄土宗・泊清寺を中心として集落が肩を寄せ合っている。
泊清寺は、「フカ地蔵」を祀ってあることでも知られている。

 
 多くの人達がハワイなどに移民をし、故郷の発展を願って多額の寄進をしていることが、
神社などの石碑にも記されている。「柳原」姓の多いのが目に付く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鈍感力」

2007-03-16 23:28:51 | 日常雑感
 小泉前首相の一言で、渡辺淳一著「鈍感力」なる本が、がぜん有名になった。
売れに売れているようである。ベストセラーになっている。
どこの本屋にも沢山置いてある。自分も立ち読みをする。
鋭くなろうとしても、鈍くなろうとしても簡単になれるものではない。
持って生まれた素質・体質が大きく作用する。鈍感と鈍感力は少し違う。
心に突き刺さる言葉を言われた時、どのように捉えて対処するかは、各々の価値観。
鋭敏に反応すると立ち上がれなくなる。鈍感になるためには鈍感力がいる。
受けた傷を少なくし、早く回復する力を「鈍感力」と言うのであろうか。
鈍感力があるとは褒め言葉である。意識して鈍感力を養おう。鈍いだけでは困る。
鋭さを鈍感力で包むとでも表現するのであろうか。


沈丁花は強い芳香を持つ。花瓶に入れると、部屋に良い匂いが漂う。


ボケの花。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン学級

2007-03-14 23:01:08 | 日常雑感
 公民館主催のパソコン初心者講習会の日である。
その時の質問。「正式なやり方はどれですか?」答え。「全部正式です」
パソコンには、正式も邪道もない。簡単で早いのが一番良い。
”終わりよければ全てよし”と言う世界である。
講習会では一つの方法だけを実行する。色々な方法をしていると、初心者には理解できない。
講師の説明される方法だけを、実行する。助手もつらいよ!!

 クリスマスローズも咲いている。12月頃から咲き始める花だと思うが、まだまだ元気が良い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクランボ

2007-03-12 22:20:11 | 写真
 3月中旬というのに、今日も雪がチラホラ。
太陽の光はあれど、風がきつく暖かさは感じられない。
しかし、植物達は春の装いである。野鳥達も花をついばみに来る。
畑の野菜も新芽を伸ばしはじめる。動物達も活動を始める。
地上からは、鹿、猪等が狙っている。空からは野鳥が狙っている。
キャベツ、レタス、チシャ、豆類は、囲いの中に入れなければ人間の口には入らない。
竹の笹にCDを吊り下げると、太陽と風によってキラキラと光る。
鳥達は怖がって近づかないかと思ったが、慣れてしまうとCDにとまっている。




ボケの蕾である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セリの香

2007-03-10 20:53:55 | 日常雑感
 寒波が治まるとと、最高気温16℃で雨になり、目まぐるしく変わる天気である。
溝に野生のセリが青々と伸びている。春の匂いである。
取って帰り、夕食の一品にする。久々の巻き寿司、茶碗蒸しである。
お汁にも活用する。暖かくなると野山に、春の味と匂いを持つ植物が顔を出す。
蓬、ふきのとう、山ウド、筍、わらび、蕗等である。
夕食の一品が見つかる春は、すぐそこまで来ている。

 百日紅の木に、松が生えている。調子のよい松である。
防府・毛利氏庭園にて撮ったものである。
人間界にも見られる情景であるが、私には程遠いなー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加