フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

でんでんむしの甲羅の中身

2017-09-22 19:24:50 | 日常雑感

 公民館に行くと、知人が独りでパソコンをしてる。

「お元気ですか」と話しかけると、お喋りが始まった。

昔は水泳選手で、オリンピックに出場時代もあったとの身体を鍛えた人であるが、

現在71歳で独り暮らしで、癌の手術をしておられる事もあり、

“終活”をしなければいけないのだが・・・との考えを吐露される。

夜目覚め、今後のことを考えると眠れなくなるとのことである。自分と同じような人がいるのだ。

何事もなく穏やかな日々を過ごしているように見える人も、「でんでんむしの悲しみ」を持っているのだ。

甲羅の中には、内容こそ違え、苦しみ悲しみがいっぱい詰まっているのである。

例外はなさそうである。

家族と思っている犬や子猫の元気がイマイチの場合は、自分も何となく憂鬱で、

何事にも取り組もうとする気分が出てこない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震

2017-09-20 19:30:52 | 日常雑感

 メキシコでは、また大地震に見舞われ、多くの人達が犠牲になったらしい。

昼間だったので、子供たちは学校に行き、デパート等にも多くに人が行っていて、

正確な犠牲者は、解っていない様子である。

前回の地震からまだ立ち直っていない時に、二度目の地震が起こった。

口癖のように両親が言っていた言葉がある。

いつまでもあると思うな親と金、無いと思うな運と災難

子猫は里子に出したいと思っているが、娘は飼う気でいる。

なぜかと言えば、「おたくが亡くなったら独りになるので、猫がいると淋しさがまぎれるから」

とのことである。それまで面倒を見なければいけないのであろうか!!

自分一人の事だけでも精一杯なのに、子猫の世話まで出来るかなー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大賑わい

2017-09-19 14:02:20 | 日常雑感

 「カープ カープ カープ広島 広島カープ・・・。」何処に行っても流れている。

ニュースも中国新聞も、カープの色で真っ赤っ赤!!

朝から犬の散歩をしても、カープの話題ばかり。解散、総選挙らしいとの話題は出ない。

カープの話題でなかったら、いつから稲刈りをするかの話題である。

太陽が出ているので夏日になった。しかし、風は寒さを運んでくる。

子猫の名前は、”レモン”とのことである。名付け親にも責任者にもならない。

子猫の一生に関わることは難しいから、口出しはしない。

食慾旺盛とは言えないが、暖かい日は出てきて、

私の手のひらに乗り、玉を取ったり時には咬んでみたりして遊んでいる。

無機質のおもちゃと違い、生き物は、暖かく動き鳴くので、素晴らしいなーと感動する。

 

秋の気配で、ノボタンの紫色が、深くなりつつある。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バカの見本

2017-09-17 09:14:22 | 日常雑感

 子猫が、ネズミ取り用のモチに掛った。

娘と二人掛かりで、子猫を傷つけないように、毛を切取ったりしながら、

やっとの思いで捕りモチから放すことが出来た。

その後、シャンプーで洗っても、柔らかく引っ張っても、ネバネバは取れない。

どうするかと相談し、”命”があるのに、放置する事は出来ないとの結論に達し、

お金は掛っても夜間動物診療所に行くことにする。

二人の有り金をかき集め、高速に乗り府中町の夜間専用診療所まで急ぐ。

診察の結果、1~1.5カ月で雄の子猫らしいと分かる。すぐに洗ったので、

35度の低体温になっていたので、ドライヤーで乾かし湯たんぽをしたら、子猫フードを食べた。

「少し元気になったら、サラダオイルをたっぷり塗ってヌルヌルを取り除き、

シャンプーをしてドライヤーで乾かし暖かくして、食事を十分に与えてください」との指示を受ける。

子猫用のミルクとカンズメ、洗うためのオイルを購入して、23時頃に帰宅。

子猫に掛りっきり。夕食を何時に食べたのか解らない状態。子猫が寝たので我々も休む。

痩せこけているので、眼ばかり大きい。したがって可愛らしく見える。

元気になったら、里子に出すことも考える。

我が家だけ、一足先に台風18号が来たような夜であった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸法要

2017-09-15 20:03:42 | 日常雑感

 お寺に彼岸法要があるので、お参りをする。

すると受付にいた同級生が、「またまた、大きな台風を連れて来て・・・。」

珍しく聴聞に行ったので、冷やかしを言ったのである。

講師は、桑羽隆慈師である。有名な人であるが、お歳でもある。

話への導入は「幸福とは」である。健康・お金・家族が、調子よかったら幸福である。

しかしいつまでも幸福とは言えない。人間には必ず”生老病死”が付きまとっている。

全員が”老病死”に向かいつつある。

若山牧水の短歌に、「幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく」とあるではないか!

安定した幸福とは何であろうか??

 

T先生の土地は、草刈る人もいない。草花を刈らないので、花も茂って今が見頃である。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でんでんむしの甲羅

2017-09-14 21:18:37 | 日常雑感

 カタツムリの甲羅には、悲しみや苦しみが詰まっていると言う。

カタツムリは、人間である。若い時の悲しみや苦しみは、若さのエネルギーで跳ね返す。

同じ量の悲しみや苦しさは、歳を取るにつれて重く感じる。

歳とると諦めがよくなるので、悲しみは小さくなる筈であるが、

跳ね返すエネルギーがないので、重くなり押しつぶされそうになる。

更に鬱な気分も手伝って、立ち上がる気力まで無くしてしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

褒め言葉か憐みか

2017-09-13 09:20:28 | 日常雑感

 早朝、団地のど真ん中にある田圃の水抜きに行く。

団地の住民と、朝の挨拶と季節の変化についてお喋りをした。そして、

「年々体力が落ちるでしょう」「よくなさいますねー!家内と感心しているのですよ」

との言葉である。他人から見ても、体力不足が解るのであろうか?

ヒョコタン ヒョコタン歩くのを見て、憐れに映ったのであろうか。

でも今年できたのであるから、来年も出来る可能性がある。

しかし、来年は母の歳になる。それを考えると不安になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-09-12 20:43:45 | 日常雑感

 田圃の水を落し、稲刈りの準備に入る時期である。

周囲の草刈りも終わり、短期間ではあるが、ホッとする時間である。

中島みゆきの「時代」を聴きながら、庭の草取りをする。

    そんな時代もあったねと  いつか話せる日が来るわ

    あんな時代もあったねと  きっと笑って話せるわ

    ・・・・・・・・・・・・

それを聴きながら、昨日喋った友を思い出した。「体力が付いたら1泊2日で会おうね」と言った。

彼女の言葉に従っていたら、会う機会は無くなりそうである。

お互いに旅の終わりに近付いている。数年先か数ヶ月先かは見えないが、確実に終わりに近付いている。

うかうかしていると、この世では会えない事になる。自分の歩きも、ヒョコタン、ヒョコタンである。

それでも今なら下関まで行ける。涼しくなったら実行しよう。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半袖では

2017-09-11 15:17:53 | 日常雑感

 午後から雨降りである。ぐんぐん涼しくなり、半袖で過ごすのは寒くなった。

稲も黄色に色付き、田圃の水を落とした。雨が上がったら、溝上げをして乾いた田圃にしたい。

昨年は田圃がゆるくて、機械を入れると尻を上げたい気分になった。

今年は乾きますように!

昨日の研修会で、50代半ばに眼が不自由になった男性の講演会があった。

目が不自由になって活き活きと生きるために、何が出来るかを考えた。

ハーモニカと口笛は出来そうだと考え、練習を重ねた。

その結果方々から声が掛り、多くのに人に喜ばれているとのことである。

ハーモニカで、懐かしい曲や元気の出る曲を演奏し、会場内が和やかな雰囲気になった。

自分も白内障を持っている。いつ目が不自由になるか解らない。

その時、生き生きと目的を持ち元気に生きることが出来るだろうか?

またその時何が出来るだろうか?そのように考えると不安がつのるばかりで、ストレスになる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビックリクリの世界

2017-09-10 21:28:37 | 日常雑感

 昨日から1泊2日の研修大会に参加するために、松江に行く。

人数合わせのために今年は仕方なく出席したが、今年を最後としたい。

生涯勉強は必要と言っても、何を勉強したらよいかは年齢により違う。

我が歳になると、「死の準備教育」(曽野綾子著)などは、最重要な内容だと思う。

母子や寡婦が、今後どのように団結し自分たちの権利を主張するかは、

若い年齢の人達に任せればよい。

 昨夜は、修学旅行のように、宿泊料を安く上げるため、6人が一部屋に宿泊。。

64歳~78歳までの老女6人が1室で、大浴場はなく部屋付き浴場だけである。

お風呂・トイレ・洗面台は1つだけであるが、代わり番に使用すればよいので文句は言わない。

どうしても辛抱できない事は

1、        日付が変わる頃まで、大声でTVを掛けお喋りすること。

2、        部屋に備えつけの応接台の上に座布団を置いて、その上に寝転んだり座ったりして、

      スマホゲームで遊ぶこと。

3、        そのスマホゲームを2時過ぎまでしながら、皆のいびきの状態を調べて朝報告すること。

1泊だから我慢が出来た。自分の価値観からすると、不思議な世界である。

善悪の問題ではなく、好嫌の問題であろう。もう二度と経験する事はないだろうと思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加