フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

サプリメントなどの宣伝

2017-02-21 20:04:47 | 日常雑感

 民放からは、定期的にコマーシャルが流れる。色々な中身があり感心して眺めている。

サプリメントのコマーシャルが多い。

初回者の方のみと言って、半額になったり、無料になったり、

もう一箱お付けしますとなったりする。

「今から10分間、オペレーターを増やして対応します。早くお申し込みを。」

との言葉が、繰り返し放映される。聞いていたら、素晴らしい効能である。

飲むだけで身体全体が若くなり、認知症にもならず骨も丈夫になり、眼も良くなり、

肌も艶々になるとのことである。皆欲しくなるのは当然である。

しかし、毎日繰り返し放映されると言うことは、購入する人が少ないのであろうか?

コマーシャルの通りになるのなら、無理をしても購入することであろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信仰

2017-02-20 14:55:27 | 日常雑感

 またまた、エホバの証人の女性信仰家がやってきてお喋りをする。

今日は、信仰の話をしようとのことである。

「沈黙」の本も映画も観ていないけど、人から話を聞いたことから出発する。

この彼女の宗派は偶像を持たず、ただ聖書あるのみとのことである。

踏み絵を踏んだロドリゴは、棄教したかどうかの話になる。

逆さ釣りにされて棄教を要求されている住民たちが、ロドリゴの棄教によって救われるのなら、

との考えで踏み絵を踏む。しかし、表面的には棄教しても、最後まで信仰は捨てなかったと思う。

と答えたら、ロドリゴの意志で踏み絵を踏んだので、

神の意志ではないから、信仰を捨てたことになるのだそうである。

現在世の中は、神の意志で乱れに乱れている。神は、全権をサタンにゆずっている状態とのこと。

この状態になってもうすぐ6千年になり、神が全権をサタンから取り戻すと、

平和な世の中が訪れるとのことである。

いくら説明されても、神もサタンも信じない者には、ただの物語に過ぎない。

「そうだ。あなたは神の存在を信じていないのだ。」とニコニコ笑って、

また来ますと帰た。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙が出そう

2017-02-19 20:45:25 | 日常雑感

 春・夏・秋と、よく行った場所である。温井ダム・大泊ダムを通ってオークガーデンに行った。

加計からの道は登りで標高は高くなる。だから夏は涼しく、秋の紅葉は見事である。

その近くの事が、中国新聞記事として載っていた。安芸太田町の平見谷地区の現状である。

題は、「認知症の妻 わしが見る」である。標高が高いので雪が深く、道も閉鎖される。

そこに80歳過ぎの老夫婦が暮らしている。妻が認知症になったので、夫が面倒を見ている。

子供たちが一緒に住もうと言ってくれるが、自分がここを離れたら、皆が後に続くかもしれない、

民生委員や老人会の会長をして地域を引っ張って来た自分が、

人より先に古巣を捨てるわけにはいかないとのきもちである。

その記事を読み、胸が痛んだ。生産性も望めない場所で、

いじりながらでも、畑を作り続けなければと思っている自分と、重なる部分があった。

残り少ない人生ではあっても、この地を捨てて、この家を捨てて移動する事には、

大きな抵抗がある。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩の慣らし

2017-02-18 19:45:52 | 日常雑感

 長期間家を留守にする時、困るのは犬(ロン)の散歩と食事である。

Hの君が、大阪から帰って犬の面倒を見てくれることにはなっているが、

長期間は無理である。どうにもならない日を、S氏にお願いすることにした。

快く引き受けて頂き感謝であるが、ロンの反応が心配である。

試しに、今日夕方の散歩を試すことにする。対面した時には吠えていたが、

散歩用のリールを見せると大人しくなり、身体に触らせ散歩に出かけた。

飼い主に似て素直な犬であると宣伝して、一安心である。

留守中、元気で調子を崩さないようにして欲しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発想の転換

2017-02-17 20:30:43 | 日常雑感

 ジパング手帳の使い方。

ジパング手帳を持っている人が割引乗車券を購入して、

ジパング手帳を持っていない人に譲渡することは違法である。

しかし、ジパング手帳を持っている人に譲渡することは、卑怯な手段ではない。

ジパング手帳を持っている人が、空港までの往復切符を購入し海外旅行をしている最中に、

次に行くグループ旅行のために、座席指定券を購入したいと考えた。

本人は海外旅行をしているので手帳がない。

一般乗車券を購入しておいて、海外旅行から帰宅後に、

ジパング手帳を持参して割引を受ける方法を考えた。

それで解決と思ったが、発想の転換をするれば、他のジパング手帳を持っている人から、

手帳を借りて購入しても卑怯なやり方ではないと気が付いた。

迷惑もかけず、違法でもない方法である。これも違法であろうか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気温の変化

2017-02-16 19:43:51 | 日常雑感

 最高気温 15℃ぐらいであろうか。太陽の下では、汗ばむ陽気。

時を間違えて、カメムシも覗いている。夜は寒くて凍えるよと教えたが・・・。

午前中は掃除をする。平常は、生活に必要な部分だけしかしないので、

滅多にしない部分に掃除機を入れると、ゴミ入れに綿ゴミが溜まる。

あまりにお天気が良いと、洗濯・掃除がしたくなる。午後は畑の草取り。

しゃがんで草取りをしていると、近所の人がお喋りに来る。

お喋りは嫌いでないので、座り込んで口だけ動かす。

お天気が良いのに、無駄な時間を費やしている。

パンジー達に水をやり、花がらを摘んだ。

      

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カモがネギを持って

2017-02-15 19:06:02 | 日常雑感

? 大勢の人中や会議に出席しても、腹を抱えるほどの面白い話は、めったにない。

久々に短期間ではあるが、面白く頭が回転した。電話が掛る。

見たこともない番号であるが、非通知や012・・・ではないので、受話器を取る。

電話の女性;「〇〇さんですか?私は広島の結婚紹介所の△△です。」

 私     :「えっ!!男性を紹介していただけるのですか?うれしー!

         お金持ちで気前も良く、チョット美男子が良いです。

         食事一緒にするのなら、話も上手く顔も見苦しくないとの条件は必要です。

         どのような手続きがいるのですか?」

電話の女性;「何歳ですか?」

 私     ;「80歳過ぎです。」

電話の女性:「わが社は、70歳までです。」

電話は切れてしまった。せっかく楽しんだのに、夢はつかの間で消え去った。

70歳までは、結婚年齢なのかな?男性は何歳までなのだろか。

カモがネギを持ってくるかと楽しんだのに。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どか雪

2017-02-14 16:22:19 | 写真

 早朝目を覚ますと、外は明るい。窓を開けると雪が降りしきっている。

今日は外出日。娘も起こし大騒ぎをして、朝の準備をする。

犬の散歩をする時も、通った後から足跡は消える。

しかし、水分をふんだんに含んだ重い雪で、少し南方は雨ではなかろうかと予想される。

いくら水分を多量に含んだ雪でも、スリップする。

「ロン、引っ張らないでね。転んだら、明日から散歩が出来なくなるから。」と言いきかす。

いくら言っても、雪は大好きで、あちこちを引っ張って遊ぶ。

渋滞はお断りと、時間に余裕を持って出かける。会場に着いたら、1時間ぐらいな余裕。

会議終了後変える時には雨。帰り着いた頃には、真っ青な青空。

梅の花が、青い空に向かって花びらを向けている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春かな?

2017-02-13 15:45:34 | 日常雑感

 太陽がさんさんと降り注ぐ。自動車の中では暖房は要らない。

気温は低く、風も冷たい。部屋の中では暖房が必要である。

珍しく洗濯物が乾く。気温も10℃前後である。春がそこまで来ている。

しかし、来週は又寒気が来るとの予報である。三寒四温である。

3月初め頃までは、雪が降る可能性がある。

3月Ⅰ日の卒業式日に、雪降りになったことがあり、早朝から雪かきをした思い出がある。

椿の花が、寒さで茶色に変色し、写真に撮れない哀れな状態である。

田圃も畑も乾く暇がなく、水が溜まった状態である。いつになったら作業が出来るのであろうか?

はこちゃんが、「本年は、水不足と言うことはなさそうね。」という。

しかし、本当に水が必要な時には、毎日カンカン照りかもしれない。

何事も自分の思うようには運ばない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自立・自律

2017-02-12 19:10:52 | 日常雑感

 「寒くて風邪を引いたようなので、持ち物の整理が出来ないの!

体の調子が良い時でないと、何を持って行けばよいか考えるのが面倒ね」

女医さんは、4月にエキシティ ヒロシマのマンションに移転すると言うのに、

、持ち物の整理が出来ていない。90歳の歳から考えると、整理するのはしんどいことではある。

しかし、本人がするより仕方がない。手助けをするにも限度がある。

一人娘が奈良に居る。母親は娘を大切に育てた積りであろう。

一生涯、生活には困らないだけの貯金と年金を与えているので、娘はルンルンである。

しかし、世間並みの苦労と喜びからは、遠く離れた一生を送ることになる。

「あなたも娘に個人年金を積み立ててやったらいいのに!」とのことである。

そこまで甘やかすことはできないし、又甘やかしてはいけない。「自立せよ!!」が基本姿勢である

コメント
この記事をはてなブックマークに追加