フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

アメリカ芙蓉

2012-07-31 22:04:05 | 写真
 使うことはないと知りつつ、パワーポイントの講習会に行く。
ITボランティア講習会なので、大体の様子を知っていた方が、
話題に付いていけるかなと思い受講する。
講師も助手も、中年の女性であった。専門家は、説明がスマートで解りやすい。
今日の講師を見習いたいとおもう。
素人の自分は、受講者が何処を説明して欲しいのかが、解っていない。
いわゆるミスマッチが多いことに、気が付いた。
”かゆい所に手が届く”ような、要領を得た内容であった。
パワーポイントも何となく理解したが、
次回から、”公民館パソコン教室”での説明方法を工夫しよう。

 直径20センチメートルはある大輪の花を、同時に7個咲かせた。
見応えのあるアメリカ芙蓉であるが、一度に咲き過ぎて、明日からは蕾が少ない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン

2012-07-29 21:01:34 | 日常雑感
 パソコンは、確かに便利な機械である。
当然ながら、人間が指示を出さないと動かない。
人間の心を汲んでくれることも、周りの空気を感知することもできない。
パソコンとだけ親しくしていると、
人間もパソコンと同じような反応を示すのではないかと危惧する。
相手の心を感じることも下手であるから、「絆」なる言葉が氾濫している。
声高に、「絆」と叫んでみても、こだまも返らない。

 自治会の会合があった。
70代女性の机上に置いてある物は、”スマホ”である。
会議中もそれに触っている。機械音痴の自分はできないので、
僻んでいるのかもしれないが、何とも面白い情景である。
自分だけの世界に浸りきっている。時々思い出したように会議の世界にやってきて、
大声で意見を述べる。雰囲気を壊してしまう。

 乗り物の中でも、喫茶店でも、ほとんどの人が機械片手に自分の世界に浸っている。
話声のない、気味悪いほど静かな空間である。

ダツラは、朝咲く。真っ白である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホクシャ

2012-07-28 14:26:43 | 写真
 朝から暑い。太陽が顔を出すと、30℃以上になる。
いつまで続くのであろうかと心配になる。
秋になっても、気温が下がらないということはないであろうが。
その中で花たちは元気に咲いている。人間よりは強いのかなー。
ホクシャも次次に花を咲かせ、我を元気付けてくれる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤紫蘇ジュース

2012-07-26 14:25:33 | 日常雑感
 天気予報は連日晴れマーク。最高気温も連日真夏日。
そして”熱中症に注意”も、欠かさず書かれている。
風通しの良い部屋に居ても汗になる。
夜になっても気温は下がらず、寝苦しい夜が続く。

 このような日の飲み物は、すっきりさわやかな赤紫蘇ジュースが一番。
”国民の健康が第一”と考える者としては、
クエン酸をしっかり効かせた赤紫蘇ジュースがお勧め!
はこちゃんから、酸味の効いたジュースを頂く。
仕事から帰った娘に、健康的なジュースだよと言って勧める。
一口飲んで、「ウエー! すっぱい! まずい! 人間の飲み物ではない」。
疲労回復には、良い飲み物であるが、酸味を嫌う娘には無理であった。

大輪のアメリカ芙蓉が咲いた。蕾を沢山付けているので、次々と楽しめそうである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棚田

2012-07-25 11:04:35 | Y氏の写真集
 カテゴリーに新しく”Y氏の写真集”を加える。
Y氏は、いつもカメラを持ち歩き、感覚に触れるような情景に遭うと、
パチリパチリとシャッターを押す。山口県周南市に在住している。



 Hの君は、「高校何とか全国大会」であると言って、
3泊4日で東京に出かけ、明日夜帰る予定である。
娘は夜勤である。久しぶりの一人だけの夜である。
静かで気楽でちょっとさみしい。滅多にない夜なので、十分味わおう。

連日真夏日。今夜は熱帯夜になりそうである。
Y氏の涼しそうな写真を紹介しよう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オレンジルブラとチャーミーリップ

2012-07-24 20:43:40 | ベゴニア
 暑さにも負けず、沢山の花を付けた。
射し芽をして更新したり、更に大きな鉢に植え替えをしたりして、
命を繋いでいる。我が家に来てから十数年になるであろう。
自分の命が尽きる時には、花たちの命も尽きるかもしれない。

           オレンジルブラ


           チャーミーリップ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘却

2012-07-23 11:49:36 | 日常雑感
 いでしたカレンダー 12月を読み終わって、元の姿にすると、
表紙にも詩があった。「忘却の原理」と題されている。

 昭和29年頃、ラジヲドラマ「君の名は」が大人気であった。
冒頭のナレーションが印象深く、今でも自然に口を衝いて出る。
忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ

 高校は広範囲通学であるから、同方向からの通学者の集いを持っていた、
高校一年の時である。西も東も解らないまま集会に参加する。
上級生から、「君の名は?」と訊ねられたので、つい「まちこ」と答えてしまった。
当然のことであるが、怒られたなー! 冗談でもおちょくったのでもない。
自然に出たのである、質問の言葉がチョイっと悪かったと、責任転嫁をしている。

 いでしたカレンダー 表紙 平塩 清種氏の詩
       忘却の原理
   悪いことは忘れましょう
    忘れることも能力です
   忘れることは
    新しいことへの始まりです
   いくつになっても
   人生の始まりは
   今日この時
   さあー、いこう!
   明日はあなたのためにある
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の花・檜扇

2012-07-22 15:09:25 | 写真
 連日真夏日が続く。梅雨明けを待っていたように、檜扇が咲き始める。
葉の並び方が、「檜扇」という扇子みたいなもの(ヒノキの薄い板をとじあわせた扇)に
似ているところから名付けられたとのことである。
また花の色から、「緋扇」とも書くようである。
秋には真っ黒の種を付けることから、「烏扇」とも言われる。

 午前中の3~4時間の仕事で、一日が暮れる。
昼食後は、ワンピースなどを着て、ゴロゴロ・ボーッと して一日が終わる。
少ない残り時間を、湯水のように使っては勿体ない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いでしたカレンダー 12月

2012-07-21 14:40:57 | 日常雑感
 いでしたカレンダー 12月 平塩 清種氏の詩を紹介する。

       明日へ
   どうせ悩むなら
   不平不満の中で耐えるのではなく
   新しく何かを得るために悪戦苦闘する
   そんな生き方がいい

 そういう生き方をしたいと思うけど、
やはりつまらない非生産的なことで悩んでいる。
悩んでも考えてもどうにもならない事に、右往左往している。

ミニ朝顔が、朝露に濡れ、太陽を受けてキラキラ光る。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「生かされている

2012-07-19 21:51:26 | 写真
 小・中学校の同級生と、辛かったことを色々話していた。
”生きるのはしんどいね~”と言ったら、その同級生の返事。
「生きているのではなくて、生かされているのだから、
しんどいことはなく、ただ感謝のみよ。自力ではしんどいばかりだから、
阿弥陀様におすがりして他力になると、感謝だけになるのよ。」

彼女は、月二回のお寺参りを欠かさない熱心なご同行である。
他力と自力の違いも、彼女の言っている意味も、頭では理解するけど、
なかなか身には付かない。

陽の当らない草むらに薄紫のギボウシの姿が見える。
一時、鹿に葉も食べられてしまったので、
花は期待できないかと思っていた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加