フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

江の河沿線

2017-06-30 10:51:12 | 

 

昨夜は寝不足。光る・鳴る・降るの三拍子揃って、お祭りのように賑やかであった。

更に電話は鳴るし、有線は避難勧告をがなり立てたが、幸い何事も起らなかった。

昨日は三瓶温泉からの帰りに、粕淵から375号線の江の河沿いを走った。

JR三江線が無くなるので、バス代行になるのであろうが、広島県に入ると道幅も狭く走り難い。

三次に近付くと、道幅が狭く草木が道を覆っていて、道に迷ったのではないかと錯覚した。

道の拡幅工事をしている場所もあるが、手付かずの所があった。

大きな江の河を挟んで、家が山にへばり付いた格好で三江線が走っている。

静かでのんびりとした風景である。収入とか交通とかを考えないのなら、住んでも良いが・・・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクアス

2017-05-28 20:35:35 | 

 お出かけ日和である。雲一つない青空、太陽がさんさんと輝いているが、

木陰では風がさわやかである。浜田市の水族館「アクアス」に行く。

行きは景気よくお喋りをしながらであったが、帰りはぐったりで居眠りをしてしまった。

夕方はTVの「ダーウィンが来た」を見ながら又居眠りである。

疲れ易く体力がなくなっている証拠であろう。

アクアスでは動物たちのショーを観た。よく訓練されている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都太秦映画村

2017-04-03 20:42:35 | 

 生きている期間に一度は「太秦映画村」に行きたいと思い、

老男女7名が出かけた。入場料2,200円也である。

期待をしていたが、入場後にまた入館料がいる仕組みになっている。

面白そうだと思う館には行列が出来て、足の弱い老人には重労働である。

春休みでもあるので、若者や子供たちが多い。

歩いたけれども、あまり面白いものは目に入らない。

老人達が美味しそうだと思う物は、売っていない。

1時間ぐらいぶらついて、草臥れて帰ろうとのことになる。

2、200円分もビールを飲んだら、美味しいだろうに、勿体ないなー!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都の花

2017-04-02 21:13:01 | 

 東京の桜は、7分咲きとのことである。

西日本は、雪が降ったり氷が落ちたり雨になったりと、悪天候が続き、

花達も寒さに震えている。

聖護院 御殿荘門前にあるしだれ桜が、5分咲きであった。

東福寺では桃が満開であった。他の花は姿なしである。

 

 

仁和寺には沢山の桜が開花を待っている。

手入れが行き届いているので、開花時の見事さを想像できる。

苔むした庭に、数本のツツジが咲いている。

白い木蓮が、流れの早い水面を眺めながら揺れている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇部 小野茶畑

2017-03-24 20:19:22 | 

 山口県宇部市にある「小野茶畑」見学に参加した。

説明によると、西日本一の茶畑とのことである。

約100ヘクタール(100町歩)の大きさは、東京ドーム80個分の広さ、

マツダ球場の78個分の広さに相当するとのことである。想像を超えた大きさであった。

沢山の扇風機が、首を下に向けて回っている。これは霜よけだとのことである。

ここで採れた茶葉は、75%が静岡に送られて、静岡の茶として販売されている。

知名度が低いので、「小野茶」として販売する事が難しいとのことである。

ここは、個人の土地で組合組織であり、高齢化で管理出来なくなった土地は、

放棄地として伸び放題の茶木の場所もある。何とかならないのであろうかと心が痛んだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オークランド

2017-03-15 21:49:40 | 

 オークランドの街は、イギリス流の落ち着いた街である。

赤い公衆電話ボックスも、オシャレで可愛い、パーネル通りである。

湾に架かるハーバーブリッジは、霞んで見える。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊かな水

2017-03-14 20:09:53 | 

 ニュージランドは水の豊かな国である。水道からの水も飲める。

レストランでは瓶に入って水が豊富にふるまわれる。

しかし、我々は軟水に慣らされているので、市販のペットボトル水を飲んだ。

水は、色・量共に豊かで、水の芸術を感じた。

急流を流れ落ちる迫力満点のフカ滝。滝の途中に橋が掛っている。

湖で海水浴を楽しむ人々。湖が鏡のように風景を写すミラーレイク・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クライストチャーチの紙の教会

2017-03-11 20:14:44 | 

 クライストチャーチは、5年目大地震に見舞われ、多くの日本人も犠牲になった。

中心部に立っていた教会は、崩れて立ち入り禁止になっている、

修復は出来ないので、新しく建て替えることになっているそうである。

日本でも6年前の大地震で津波等も起き、大きな被害が出た。

その復旧もまだはかばかしくないし、避難生活をしている人も多い。

クライストチャーチでも、崩れたままの建物が至る所に放置されている。

人口も少ない関係もあり、日本より国力に差があるのかもしれない。

崩れた教会の替わりに、「紙の教会」が建っている。

紙で出来ているが防水も聞きしっかりしている。日本人の設計によるとのことである。

10年間は大丈夫と言われている。その間に教会の建設が出来ればよい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バラ

2017-03-10 21:11:49 | 

 ニュージランドは、イギリス領であった名残を庭に植えられたバラに持っている。

各家庭ににも、きれいに手入れをされた庭を持ち、バラが植えられている。

公園にも、公道の傍にも、バラや草花が植えられている。

 

 

日本では、庭のイメージとは松を中心とする植木である。

ニージランドでは、庭に植えられている松は見ることが出来なかった。

バラをはじめとする花々は、自然に成長している感じである。

整えられ人工的に作られた美ではない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルフォードサウンド

2017-03-09 14:37:08 | 

 南島の西南に位置し、遠い昔氷河が削ったフィヨルド地形である。

濃い色の深い海から垂直に突き出す崖の上には、いくつもの峰が並び、

落差数百mにもなる滝が流れ落ちている。

このフィヨルド地形の海を、クルーズ船に乗り、滝の直下まで行くことが出来る。

滝の水を顔や頭に浴びると、若返ることが出来ると言う。

沢山浴びたので、きっと10年ぐらいは若返ったと思うが・・・。

 

           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加