ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イエヒメアリ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 蟻の這い出る隙

 私は東京で5年間生活した経験がある。その5年間で、「春が来た、春が来た、どこに来た。」とか、「春よ来い、早く来い。」などと歌われるような春が来た喜びや、春を待ち望む気持ちがよーく解るようになった。
 それまで、私は暑さに弱い体質だと思っていたが、それは沖縄に住んでいる限りのことであった。私は、ホントは寒さに弱い体質なのであった。東京の冬を、6回目も経験するほどの根性は無かった。何しろ、死ぬほど暑いといっても、じっとしていて死ぬことは滅多に無い。死ぬほど寒いといってじっとしていると、死ぬ。
 沖縄に帰ってからは、7、8、9月の三ヶ月、じっと我慢して過ごすことが続いたが、東京の冬をじっと我慢するよりは楽である、と感じている。沖縄の冬は、時々「ひぇー寒い」と感じる日があるが、それでも10度切るか切らないかの気温なので、屁みたいなものである。しかも、そんな日が1週間も2週間も続くことは無い。というわけで、沖縄に住んでいると春の喜びなんてものはあまり感じない。

 実は数年前から、「春は喜び」どころか、「春は嫌だなあ」と思うようになっている。春の職場が嫌になっている。「春は仕事が忙しくなるから嫌」なのでは無い。
  数年前から、職場に、それも私のデスクのすぐ傍に、サシアリが巣を作ったみたいで、デスクの周りで多数見かけるようになった。サシアリは人の皮膚を噛む。噛まれると痛痒い。イライラする。春になるとサシアリが活発に動くようになり、それに皮膚を噛まれてイライラする。よって、私は春になると嫌だなあと思うようになっている。
 目の前をうろちょろしているサシアリが、ほんの数分も経たないうちに靴下の裏側、Tシャツのお腹の辺りの内側を噛んでいる。Tシャツの布の目は、まあ、割と粗いのでアリが進入することもあろう。が、靴下の布の目は細かい。そんな細かい目からもサシアリは進入する。ごく小さいアリなのである。彼の這い出る隙間はごく小さい。

 
 イエヒメアリ(家姫蟻):膜翅目の昆虫
 アリ科ヒメアリ属 琉球列島、熱帯、亜熱帯各地に分布 方言名:アイ、サシアイ
 屋内に生息し、小さいことからイエヒメアリ(家姫蟻)という名前。ウチナーグチ(沖縄口)ではアリのことをアイ、またはアイコーと言うが、本種は人を刺す(噛む)ことからサシアイ(刺し蟻)と、特別な名前がついている。
 家の中で最も多く見かけるアリ、家の中の畳の下、壁の裏、家具と壁の隙間などに営巣する。食物を嗅ぎつけると、その巣から大量にやってくる。
 参考にしている『沖縄昆虫野外観察図鑑』には本種の紹介は無かった。同属のフタイロヒメアリはあって、その紹介文の中に、仲間として本種の名前があった。フタイロヒメアリの体長は2ミリと記載されているが、イエヒメアリの体長については書かれていない。私の経験では2ミリの長さは無い。1ミリから1ミリちょっとくらい。
 上述の通り、人の皮膚を噛む。皮膚を食べているのかもしれない。痛痒いのでとても気になる。イライラしてくるほど。このアリを見つけた際は、できるだけ殺している。

 記:ガジ丸 2007.7.15 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フタモンアシナガバチ/ヤマ... | トップ | アシナガキアリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。