ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

子供の心は空を飛ぶ

2014年08月29日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 夏の間は糞暑いので、畑へは早朝に行ってお昼前には帰ることにしている。6時出勤が目標だが、この頃歳のせいか6~7時間の睡眠では疲れが取れなくて、寝坊することが多い。6時25分前に家を出ることができるのは週に1回ほどで、週に6日は6時45分以降の出発となっている。「ん?25分から45分の間の20分は何なんだ?」と思われるかもしれないので説明すると、近所に大きな保育園があって、学校が夏休みの期間中はそこの駐車場でラジオ体操をやっている。その駐車場沿いの道は畑へ向かう通り道になっているのだが、ラジオ体操の邪魔をしてはいけないと思い、その時間帯を避けている。
  6時25分に家を出ると、ラジオ体操に向かう子供たち(大人、たぶん保護者もいる)に出会う。6時45分に家を出ると、ラジオ体操から帰る子供たち(〃)に出会う。子供たちの多くは眠そうな顔をし、嫌そうな顔をし、不幸せそうである。私が子供の頃は夏休みに早起きしてラジオ体操なんて無かったと記憶している。もしもあったとしたら、ネボスケだった私は大いに不満を漏らしたであろう。「何で、せっかくの夏休みで寝坊ができると思ったのに、やりたくもないラジオ体操をしなきゃならないんだ!」と怒って、喚いたかもしれない。眠そうな子供たちを見るたんびに私は同情してしまう。

  早起きしてのラジオ体操は、休みの日でもだらだら生活をさせないための躾かもしれない。我慢と忍耐を教えているのかもしれない。眠そうな目を擦りながらラジオ体操の会場へ歩いている子供たちは忍耐力が付き、将来、上司に逆らわない従順な部下になり、出世していくのかもしれない。あるいはもしかしたら、我慢というストレスをいっぱい溜め込んで、いつかそのうっ憤が爆発してしまうかもしれない。

 夏休み、ラジオ体操に参加したかどうか、従順な小学生だったかどうか分からないが、友人の息子KS2が独立して、商売を始めると言う。まだ25歳の若者だ。
 生まれた頃から私は彼を知っているが、素直で、芯が強く、比較的大人しい子供と私の目には映っている。比較的というのは比較する対象を彼の兄KS1とした場合である。何しろKS1ときたら、通っている保育園を「もう明日から来させないでください」と追い出されたほどの暴れん坊だったので、それと比べればKS2はとても大人しい。
  KS兄弟が子供の頃、キャンプをしたことがある。他の友人の子供たちや私の甥たちが一緒だったことも何度かある。子供たちは大いにはしゃいだ。羽目を外しはしゃいだ。私はそれを許した。他の人に大きな迷惑をかけるとか、大きな事故に繋がる危険な行為で無い限り許した。小さな迷惑はいいのだ、親が謝れば済む。小さな怪我はいいのだ、水で洗って絆創膏でも貼れば済む。手足を思いっきり伸ばして自由に飛び回ることのできる特別な日が年に数回はあってもいい。子供にとってそれは大きな幸せになると思う。
 心が自由に空を飛び回る経験は子供にとって必要なことと、子供の頃親に縛られて「勉強しろ!」とばかり言われていた私は強くそう思う。だから見ろ、親の喜ぶ顔が見たいなどとはちっとも思わない大人になってさ、後継ぎもこさえず、家も消えてさ。

 なんていう話では無かった。KS2が独立して商売を始める。彼の心は今も自由に空を飛んでいる・・・という話のつもりだったが、それはまた後日ということで。
          
          
          

 記:2014.8.29 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

老化の印

2014年08月29日 | ガジ丸通信-環境・自然

 半年ほど前から「おや?」と思うことが我が身に起こっている。朝、靴下を履く際、私はたいていコーヒーを入れながらその合間に履いているが、ドリップにお湯を少しずつ注ぎながら、立ったまま片足ずつ履いている。それまで平気でできていたのに、片足立ちになるとグラグラするようになった。最初の足は右でも左でもまだいいのだが、靴下を履いた足の片足立ちになると特にグラグラする。それはたぶん、裸足だと指が床を掴むようにして立てるが、靴下を履くとそれができないからであろう。それにしても、去年まで(記憶力も衰えているのでもっと前からかもしれない)はなかったこと。老化だ。
 それはまだいい。友人に訊くと、「もうだいぶ前からそんな曲芸はできない」と言うので私はたぶん、同年代では体のバランス感覚、足腰の筋肉は若い方なのだ。それは自信を持っていいのだ。がしかし、先日、「大丈夫か俺?」と驚くことがあった。
  ベッドの縁に腰掛け、パソコン作業をしていると、私のすぐ傍、ベッドの上に一匹の蚊がいた。すかさず叩き潰した。叩き潰した蚊はたっぷり血を吸っていたようで、ベッドに赤いしみが付いた。部屋の中に赤い血を持っている動物は私しかいないので、蚊がたっぷり吸った血の、元の持ち主は私だ。蚊は私の血を吸ったのだ。しかし、私は彼が私の血を吸うのに気付いていない。どこも痒く無いのでどこを刺されたかも分からない。蚊に刺されても気付かないほど私の肌は感覚が鈍っているみたいである。そのうち、殴られても気付かないようになるのではないかと、少し怖くなった。これも老化か?
          

  老化はもちろん、目にあり、歯にあり、脳にもある。空間認識能力が衰えていることも私は感じている。ここにあるはずのものを、以前は見ないでも掴まえたが、今は見ないと掴めない。でっぱりがあることを知っていて、頭を引っ込めて通ろうとするが引っ込め方が少なくて、頭をぶつけたりする。食器を洗って食器乾燥機にしまおうとした時、乾燥機の高さを誤認して、その縁に手をぶつけ、食器を落としたりする。忘れ物はもう言わずもがなだ、いろんなことを忘れるが、例えば、買い物に行く際、買うものを忘れないようにメモしても、そメモを見るのを忘れる。そんなことが我が身に起こっている。
 まあ、しかし、老化は誰にでもあること、当然のこと。しょうが無いと諦める。いいのだ、老いて、そのうち死ぬだけのこと。正しい自然現象だ、問題無い。
          

 去年(2013年)の夏は6月19日からの2ヶ月ほどほとんど雨の降らない大干ばつだった。それが一転、今年の夏は、全国的にも大雨が多く、大きな災害も起きているようだが、沖縄も雨が多い、梅雨明け6月下旬からの去年と今年の降水量を比べると、
 13年6月中旬 32.0 下旬 0.0 7月上旬  0.0 中旬4.0 下旬 0.5 8月上旬 17.0 
 14年6月中旬189.5 下旬88.5 7月上旬411.0 中旬1.5 下旬81.5 8月上旬115.0
となっている。この間を合計すると、13年は53.5ミリ、14年は887.0ミリだ。変化が大き過ぎる。地球に何かが起きている。地球が老化しているのかもしれない。
 ラジオのニュースからは聞こえてこないが、このどうかしている気象は日本だけではなく、きっと世界規模で起きているに違いない。大陸の内陸部などでは大干ばつとかになっていないだろうか?大雨も日照不足も干ばつも農作物に影響を与える。食糧難になるかもしれない。食糧難は暴動を生む、暴動は戦争に発展しかねない。恐ろしや。
          

 記:2014.8.29 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

オキナワテングスケバ

2014年08月29日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 イバヤーでは無い

 イバヤーとは威張るの語尾「る」をERにして「威張る人」という意の沖縄語。沖縄語におけるERの法則は別項に譲る(いつになるか不明)として、イバヤーには傲慢な人という意味も含まれている。傲慢者には別にウグイムンという言葉もある。傲慢はそのままゴーマン、またはチーワクと言い、高慢はタカウチャギと言う。ちなみに断っておくが、ウグイムンもチーワクもタカウチャギも、今回、沖縄語辞典を見て私は初めて知った。威張ることでは無いが、私はウチナーグチに精通しているわけでは全く無い。
 沖縄語辞典をさらに調べてみた。で、知ったのだが、威張る、傲慢、高慢に相当する沖縄語はあるが、謙虚、謙遜に相当する沖縄語が無い。何故かと考えてみた。

  「クヌメェ(前)ーや、難儀しとぅらちニフェーどー。」
 「ヌーンアランさ、あぬアタイや朝飯めぇやさ。」
 「さすがやっさー、ィヤーが腕や日本一あらに?」
 「アンスカーアランよ、日本三とか四アタイやがら。」

 以上、友人の大工に仕事を頼んだ際の会話を想像してみた。和語に訳すと以下。
 「このあいだは、難儀してくれて有難うな。」
 「何でも無いよ、あれくらいは朝飯前さぁ。」
 「さすがだな、お前の腕は日本一じゃないか?」
 「それほどでもないよ、日本三番とか四番くらいかなぁ。」

  「それほどでもないよ・・・」は、文頭だけみると謙遜に聞こえるが、全体的には大工として日本国で三番目か四番目の腕前であると大層な自慢をしている。例えば、
 「さすがだな、お前の腕は村一番じゃないか?」と問うたら、
 「あたいめぇーてー!」と不機嫌になりかねない。そういった性格の人間が沖縄には多いと思われる。謙遜は倭国の美徳であり、南国の呑気な沖縄ではあまり流行らなかったのかもしれない。ちなみに、私は高慢では無い。が、謙虚とも全く言えない。

 テング(天狗)には「高慢なこと」という意味もある。オキナワテングスケバはテングと付いているが、けしてイバヤーでは無い。私の畑の作物を荒らすことは無い。畑の端っこの木陰になる辺り、そこの葉上などにいつもひっそりととまっている。

 
 オキナワテングスケバ(沖縄天狗透翅):半翅目の昆虫
 テングスケバ科 沖縄諸島、先島諸島に分布 方言名:不詳
 名前の由来は資料が無く正確には不明だが、スケバは翅が透けているから、テングは頭部が前方へ突出していて、天狗のようであるから、オキナワは沖縄に生息しているから、ということでオキナワテングスケバという名前だと思われる。。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「サトウキビやイネの害虫。ススキ、ハイキビなどのイネ科雑草にも多い。」とある。サトウキビやイネの害虫であるならば、ウチナーンチュにとってどうでもよい虫では無い。しかも、沖縄に生息しオキナワと名前もついているからには方言名があるはずだが、しかしながら、どの文献にもその記載は無かった。
 畑にハイキビは無いが、ススキ、チガヤ、メイシバ、オヒシバ、エノコログサなどのイネ科雑草は多くある。したがって、時期(春から梅雨時)になると本種をよく見る。小さいけれども、鼻が突き出たような独特の形をしているので、すぐにそれと判る。
 体長は13ミリ内外。成虫の出現は4月から10月。寄主はイネ科植物、シマグワ。
 
 横から

 記:ガジ丸 2014.8.16 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『沖縄釣魚図鑑』新垣柴太郎・吉野哲夫著、新星図書出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行
 『水族館動物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団監修・発行
 『磯の生き物』屋比久壮実著・発行、アクアコーラル企画編集部編集


この記事をはてなブックマークに追加

ニイニイゼミ

2014年08月22日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 ハーフ?

 1972年の本土復帰までアメリカの施政下のあった沖縄、その頃、周りには異人さんがいっぱいいた。インド人も中国人もフィリピン人もいたが、当然のことながらアメリカ人がいっぱいいた。アメリカ人の多くは兵隊で、兵隊の多くは若者で、若者の多くは下半身に抑制が効かない者たちで、したがって、沖縄の娘と恋に落ちる者も多くいたに違いない。本物の恋ではなく、下半身だけの恋というのも多くあったに違いない。
 というわけでその頃、私の周りには混血児が少なからずいた。混血児を当時は合の子と呼んだ。合の子、差別用語だろうか?と思って広辞苑を引く。「混血児。また、異種の生物の間に生まれた子」とある。「異種の生物の間」とは随分な表現だ。人種が違うと異種の生物ということになるようだ。まてよ、そもそも人種って何だ?
 広辞苑に「コーカソイド(類白色人種群)・モンゴロイド(類黄色人種群)・ネグロイド(類黒色人種群)の三大人種群に分類されるが、オーストラロイド(類オーストラリア人種群)・カポイド(コイサン人種群)を加えた五大分類も行われている」とあり、白色人種、黄色人種、黒色人種と大別されている。なるほどそういうことかと納得。

 今年(2014年)6月、畑の向かいにある森に分け入った際、小さなセミが目の前に止まった。見たことの無いセミだったので写真を撮り、図書館から図鑑を借りて何者か を調べた。ニイニイゼミの類と見当はつけていて、確かに、ニイニイゼミの類のいずれにも似てはいた。似ていたが、どれであると特定はできなかった。
 体の色、でっぱりの形はニイニイゼミだが、前翅の特徴、生息場所はクロイワニイニイである。「どっちだ?」と悩んだが、ここではニイニイゼミということにした。
 でも、もしかしたら、私が見た両方の特徴を併せ持つ個体、ニイニイゼミとクロイワニイニイの混血かもしれない。もしかしたら、アメリカ人と日本人の混血で、髪の毛の色は黒、目の色は青、肌の色は白、鼻は高く脚も長いが、目は一重の混血児がいるかもしれない。そうそう、混血児とか合の子とか言うよりも、もっと優しく、聞こえの良い言い方が今はあったね。瞼は一重の切れ長だけど、瞳の色は青色のハーフ、いるかな?

 
 ニイニイゼミ(にいにい蝉):半翅目の昆虫
 セミ科 日本全国、南西諸島(沖縄島が南限)、台湾に分布 方言名:不詳
 名前の由来、広辞苑に「じいじいと鳴く」とあり、「じいじい」が「にいにい」となって、ニイニイゼミなのだと思われる。蝉はおそらく漢語だが、発音のセミの由来は、蝉の和音か、鳴き声からか、はっきりしていないとのこと。
 クロイワニイニイとよく似ている。『沖縄のセミ』によると本種はクロイワニイニイに比べ体が一回り大きく、体の模様がクロイワニイニイは緑色だが、本種は茶色がかっており、目の後ろのでっぱりがやや大きく、角ばっている。また、前翅の透明な部分が狭い。私が見たのは、体の大きさは比べていないが、「茶色がかっている」、「目の後ろのでっぱりがやや大きく、角ばっている」という2点ではニイニイゼミだが、「前翅の透明な部分」の広さにおいてはクロイワニイニイである。さらに、『沖縄のセミ』によると、日本では沖縄島が南限で、沖縄島でも「沖縄市以北でしか見られません」とある。私が見たのは西原町、沖縄市以南にある。でも、体の特徴はニイニイゼミに近い。
 というわけで、写真の個体、どちらか迷うところだが、総合的に見て、図鑑の写真をよく見比べて、ニイニイゼミの雌ということにした。
 体長は20~26ミリ(クロイワニイニイは17~21ミリ)。成虫の出現は6月中~9月上(クロイワニイニイは4月~11月)。鳴き声はチィーとかシィー。方言名、クロイワニイニイにはシーミーグヮーと付いているが、本種は不詳。シーミーグヮーはシーミー(清明)の頃から鳴き声が聞こえるのでということだが、本種の出現する頃はシーミーをずっと過ぎているので、見た目が似ていてもその名はつけられない。
 
 斜めから
 
 大きさ

 記:2014.8.11 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『沖縄のセミ』佐々木健志他著、新星出版株式会社発行


この記事をはてなブックマークに追加

ミナミアオカメムシ

2014年08月22日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 米は食うけどキビは?

 私の畑ナッピバルの北隣はウージ(さとうきび)畑である。広さはナッピバルより小さい。目測で200坪ほど。持ち主は複数人いる。代表者らしき人はSさん、私がナッピバルを始めた頃から挨拶を交わし、時々ユンタク(おしゃべり)もしている。
 「代わる代わる何人も来るけど、何の仲間ですか」とある日訊いた。
 「模合シンカだ、みんな仕事持っているので、それぞれが休みの日に来ている」とのことであった。ちなみに、模合はモアイと読み、相互扶助的私的金融組合のようなもの、寄合(ユーレー)とも言う。シンカはたぶん、漢字で臣下と表記されると思うが、王様とか親分みたいな者がいて、その家来という意味では無く、単に仲間という意味。

  ウージはあまり手間のかからない作物のようで、Sさんとその仲間達はそれぞれ平均して月に1度か2度やってくるだけだ。耕して、畝立てして、キビを挿して、除草して、肥料を混ぜながら土を被せ、何度か農薬を撒く。農薬は農協から指定されたものを決められた時期に決められた量を使い、必ず使わなければならないらしい。
 「必ず農薬を撒かなければならないんですか?」
 「言う通りにしないと収穫した際に買い取ってくれない可能性がある」とのこと。

 私の畑にもウージが数本ある。自家用だ、自家で何するかというと、いつかウージの汁で酒を作ってみようと思っている。よって、数本でも害虫に食害されて枯らされたら困るのだが、今のところ私のウージに虫害の痕跡は見当たらない。なので、ウージの害虫がどういうものかもまだ調べていない。ミナミアオカメムシはイネの害虫らしい。同じイネ科であるウージも食害するかどうかは不明。なるべく、敵で無いことを祈る。私の畑は農薬を撒かないので、敵はできるだけ少ない方が良い。

 
 ミナミアオカメムシ(南青亀虫):半翅目の昆虫
 カメムシ科 本州~南西諸島、台湾、東南アジア、他に分布 方言名:フー
 名前の由来、資料は無いがだいたいの想像はつく。ミナミ(南)は日本では南の方に多く見られるから、アオ(青)は体が緑色をしているから。カメムシは広辞苑にあり、亀虫と漢字表記され「頭部の突き出た形がカメに似ていることから」。
 「日本では南の方に多く」と書いたが、分布は広く、本州~南西諸島、台湾、中国、東南アジア、オーストラリア、アフリカ、南ヨーロッパ、南北アメリカとのこと。
 「体が緑色をしているから」と書いたが、体色や斑紋によって緑色型、黄帯型、無紋黄色型、緑紋型の4つに分けられるとのこと。最も普通に見られるのは緑色型で、私の写真もそれ。ちなみに、青を広辞苑で引くと、その第二義に「緑色」とある。
 体長は13~16ミリ。成虫の出現は3~11月。寄主はマメ科植物、及びイネ科植物で、イネの穂にに寄生して黒変米を起こさせる害虫とのことだが、水田の少ない沖縄ではその被害も少ないらしい。個体数も少ないと思われる。私は今回初めて見た。

 記:2014.8.12 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行


この記事をはてなブックマークに追加