ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

成否判明のゴールに向かって

2014年12月26日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 地震と台風が一緒に来たみたいに、いやいや、もうすぐ正月だというのにそんな縁起でもないことを言ってはいけない。妖艶な人妻とピチピチの可愛いギャルに、この貧乏オジサンが同時に惚れてしまった時みたいに・・・説明すると、私は惚れてしまうと手紙書いたり、デートに誘ったりすぐに行動するので、2人同時だととても忙しいのである、ってことを表している。いやいや、それでは判り難い。早く言えば盆と正月が一緒に来て、その準備に追われている主婦みたいに、つまりは慌ただしい12月である。

 畑仕事はいくらでもある。ダイコンや芋(甘藷:サツマイモのこと)の収穫作業、終わりのない草刈作業の他に、11月頃から手掛けている苗畑作り、これは地面部分はできあがったが、雨除け作り作業がまだ手つかずの状態。防風ネット作りは12月から始め、支柱を立て、一昨日水曜日に網を張り終えて完成。芋掘りも少しずつやっているが、掘った芋の蔓を挿し木しなければ後の芋が無くなるので芋を挿し木するための芋畑も作らなければならないが、これは手間のかかる作業で、まだ2割も終わっていない。 果樹園作りという作業もある。これも少しずつだが進んではいる。12月にオリーブ、ゲッケイジュ、アセロラ、モモ、ゴレンシ、タンカンなど予定していたものを植え終わった。でもまだ、あと20鉢ほどが果樹園に定植されるのを、今か今かと苗畑で待っている。
 草刈もほぼ毎日少しずつやっているが、これはもう、一ヶ月前に刈った草がもう伸びているので、毎日やっても終わることが無い。朝、顔を洗い歯磨きするのと同じような、生きるに必要な作業だと思ってやっている。私が暇を持て余すことは無いわけだ。
 畑仕事をしながら、地主さんの家に行き、予定していた報告書作りは断念したが、畑で採れたダイコンを手土産にこの一年の報告をしにいった。部屋の掃除や年賀状書きなど、その他の雑用もコツコツとこなしている。充実した師走となっている。
          

 そんなこんなしながら、非常に面倒臭いこともやっている。何度も書いているが、ブログの引っ越し作業。これがとても面倒臭い。「やる必要があるのか?お前のブログを見ている人なんて少ないぞ、そう役に立ってないぞ」と自問する。
 私は争いを好まない大人しい人間である、と自分で思い、おそらく周囲からも概ねはそう思われている。さらに、これは誰からも言われたことが無いので自信は無いが、自分では思慮深い方だと思っている。そんな私なので、「お前のブログを見ている人なんて少ないぞ、そう役に立ってないぞ」については「確かに」と冷静に納得はする。でも、
 でもしかし、少なくとも、ブログを書いている自分自身は書くことを楽しんでいる。人生は楽しまなきゃと思っている私なので、ブログはあった方が良い。しかも、私の日常を書いているので、将来これをまとめれば自伝にもなる。「俺も老いた、もうそろそろ冥土への旅支度をせにゃぁ」となった時、その自伝を読み返し楽しめるだろうと思う。

 2014年も終わろうとしているが、害虫にやられ、長雨に困り、台風に泣きと、素人農夫には試練が続いているが、頑張っても怠けても時は過ぎるので頑張りも怠けも私はしない。目の前の作業を淡々とやるのみ。そのうちいつかゴールが見えるはず。成功のゴールという訳では無い。成功しているか失敗しているかが解るゴールだ。それで良し。
          

 記:2014.12.26 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

ハシボソガラス

2014年12月26日 | 沖縄の動物:鳥

 騒がしい声

 私の畑なっぴばるは西原町にある。西原町は県都那覇市と接している。位置的には那覇の北東方向となる。西原町の北側には宜野湾市や中城村があり、そのさらに北に沖縄市や嘉手納町がある。学術的に確かめてはいないが、私が子供の頃、あるいは20代の頃まで嘉手納町以南にカラスはほとんどいなかったと思う。だけど、今は那覇にもいる。
 西原町にもカラスはいる。なっぴばるの北東側は森になっており、そこにはたいていカラスがいる。数羽群れて頭上を飛び回ったりする。鳴き声は大きいが、数羽なので彼らが鳴いてもそう煩くは感じない。カァ、カァとよく通る声も煩さを感じさせない。
 倭国に行くと、カラスの群れによく出合う。その群れはたいてい数羽という少数ではなく、もっとずっと多い十数羽、あるいは何十羽の群れであったりする。彼らが一斉に鳴き出すとそれはもう煩い。そして、ある時気付いたのだが、鳴き声も沖縄のカラスとは違う群れもあった。彼らの声は濁っていた。濁って大きく騒がしい声であった。 

 
 ハシボソガラス(嘴細鴉):スズメ目の鳥類 
 スズメ目カラス科の迷鳥 ユーラシア大陸北部に分布 方言名:不詳
 名前の由来、カラスについては『動物名の由来』に「カラスという名の由来は”黒し”という言葉の転であるというのが一般に信じられている」とあった。ハシボソは『沖縄の野鳥』に「ハシブトガラスに比べてくちばしが細く・・・」とあり、クチバシが細いことからハシボソ(嘴細)となった、で間違いないかろう。
 ハシブトガラスとの違いはもう一つ記されており、「くちばしと額との角度が緩やかである」とあった。くちばしの細さでは判断できなかったが、「くちばしと額との角度が緩やか」ということで、写真のカラスがハシボソガラスだと判定した。
 両者の違いは広辞苑にも別途書かれてあり、「くちばしが細い」の他、「クチバシが短い」、「全体がやや小形」など。それらについては、素人の私には判別不能。しかし、鳴き声の違いは私にも判るかもしれない。『沖縄の野鳥』には、ハシブトガラスのカァ、カァ、アァ、アァに対し、ハシボソガラスはガアー、ガアーとなっている。
 『沖縄の野鳥』に「生息場所は農耕地」とあったが、広辞苑には「人家付近に普通に見られる」とあった。そもそも、沖縄では迷鳥のようで、滅多に見られないようである。私の写真も沖縄ではなく、旅先の浜松で撮ったもの。食性は雑食性。

 記:2014.12.25 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『検索入門 野鳥の図鑑』中村登流著、株式会社保育社発行
 『野鳥ガイド』唐沢孝一著、株式会社新星出版社発行


この記事をはてなブックマークに追加

民主政治の危機?

2014年12月19日 | ガジ丸通信-政治・経済

 村の家々からその家の代表者(概ね家長)が集まって会議をした。村の家々100家族からもれなく100人の代表者による会議、その日の議題は新設するゴミ焼却炉を村のどこに造るかという話。誰も自分の家の近くにそんなもの建って欲しく無いのだが、新しいゴミ焼却炉は必要であった。喧喧諤諤の会議が続き、結局、いくつかの候補の中から多数決で設置場所は決まった。決まった後は異論を唱える者はいず、皆仲良く宴会となった。
 新設のゴミ焼却炉は真一郎オジーの畑の傍、もちろん、真一郎オジーは初め大反対したのだが、場所選定の理由が「村の最も南にあり、一年を通して風下になる日が最も多い、特にこの地方の農繁期である冬場はほとんど北風が吹くから」ということと、村人の過半数がそれに賛成したということで、承諾することになった。一度納得してしまえばもう文句は言わない。「グダグダするのは男の恥」とオジーも後は楽しく飲んで踊った。

 それから50年後、老朽化したゴミ焼却炉を廃炉にして、また新たに焼却炉を設けることになった。50年前と同じように村の全体会議が開かれた。会議は、始まる前から新設のゴミ焼却炉は今ある焼却炉の敷地内に設けるという雰囲気であった。その時、真一郎オジーは既に天国に召され、彼の孫、真三がその家の家長になっていた。真三はその雰囲気を打ち破るべく最初に壇上に上がり、自らの意見を述べた。
 「南が一年を通して風下になる日が最も多いのは確かだ。しかし、夏場は南からのゆるい風が吹き、冬場は北からの強い風が吹くことが多い。南からのゆるい風は焼却炉の煙を長く村中に留めている。北からの強い風はあっという間に煙を村から遠ざける。ここにここ5年のデータがあるが、焼却炉から出た煙の成分が村に残っている量はこの表の通り。もし村の北側に焼却炉を置いたとしたらどうなるかが次の表だ。一年を通して村に煙が留まる量は、焼却炉を北に置くより南に置く方がずっと多いということがこれで明らかになっている。というわけで、私は今の場所に焼却炉を設置することに反対する。」
 
 その後、「いや、別の場所に移してそこをまた汚すより、今の場所にあった方が良い」といった内容の意見を述べる人が何人かいて、そして、結果、多数決で現在の場所に新設するということになった。50年前の真一郎オジーと同じく、真三もまた、多数決には従うことにしたのだが、潔く従ったオジーとは違い、真三は渋々だった。なので、その後の宴会には参加しなかった。「こんなことではいけない」と真三は強く思っていた。
 真三が思う「こんなことではいけない」は、もちろん、より良い方向を目指さず「現状維持」という惰性といってもいい村人たちの姿勢にもあるが、彼が最も危惧したのは、村の大事なことを決める全体会議に不参加者が多くいたことだ。100人の内45人が「面倒、そっちで決めて」と参加しなかった。「村が危ない」と真三は思った。
          

 以上は私の作り話。さて、話は現実に戻って、日曜日の衆議院議員選挙、新基地建設に反対の私は自民大勝利に残念な思いだが、それよりも、投票率の低さが気になった。
 国民が政治に関心を持たないのは政府と官庁に責任があると思うが、「民は国に黙って従えばよい」と彼らは思っているのかも知れない。それより、「面倒、そっちで決めて」と思っている国民が増えているのであれば、それはもう民主政治の危機だと思う。
          
          

 記:2014.12.19 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

カルガモ

2014年12月19日 | 沖縄の動物:鳥

 軽いかも

 「これは秘密の話だが・・・」と前置きされて聞いた話を、私はたいてい秘密のままにしておく。「これは誰にも言わないでね・・・」と前置きされて聞いた話も、私はたいてい誰にも言わない。そういう所では、私は口が堅いと言える。
 口が軽いを広辞苑で引くと「秘密にすべき事をとかく口外しがちな性格である。おしゃべりである。」となっている。それに私は全く当てはまらない。「軽口」という言葉もある。広辞苑によると「口が軽く、何でもしゃべってしまうこと。」とか「軽い語調の滑稽めいて面白い話。軽妙な話。」とかいった意味。
 「これは秘密の話だが・・・」とか、「これは誰にも言わないでね・・・」とかの前置きがなかった場合、それが例えば、相手にとって恥ずかしいこと、あるいは、自分にとって恥ずかしいことでも私は何の躊躇も無くしゃべってしまう。そういう点で私は「口が軽く、何でもしゃべってしまうこと。」に当てはまる。軽口のオッサンである。
 軽口のオッサンはそれが理由で他人から軽く見られているかもしれない。だけど、「軽い語調の滑稽めいて面白い話。軽妙な話。」も時々あるので、親戚の子供たちからは面白いオジサンと思われている。子供達にはなかなか人気があるのだ。

 カルガモ、おしゃべりなのか知らないが、あるいは、ユーモアがあるのか知らないが、軽と名が付いている。尻軽であるという噂も聞かない。ちなみに尻軽は「女の、浮気なこと。」(広辞苑)という意もあるが、「身軽なこと。動作が機敏なこと。」(〃)という意もある。しかし、私の目に彼らは動作が機敏そうには見えない。ということで、軽の名の由来は不明。もしかしたら、ただ単に、他のカモより体重が軽いかも。

 
 カルガモ(軽鴨):カモ目の鳥類
 カモ目カモ科の留鳥、一部冬鳥 東アジアに分布 方言名:不詳
 名前の由来、カモについては『動物名の由来』に「浮ぶ鳥が浮む鳥に転じ、浮むが上略されてカムになりカモに転じたものと思われる」とあった。カルガモが広辞苑にあり、カルは軽と漢字が充てられている。その由来は説明が無い。他のカモに比べどこかしら軽く見えるのかもしれない。別名として黒鴨、泥鴨などと広辞苑にあった。
 『沖縄の野鳥』に白っぽい顔に黒い2本の線が目立つ」とあり、私の写真のものは下の線が短い。が、「くちばしは黒っぽく、先端の黄色がよく目立つ」ともあり、それは写真のものにも当てはまる。ということで、写真のものをカルガモと判断した。
 湖沼、河川、水田、内海などに生息し、沖縄県内の各地で見られ、繁殖も確認されているとのこと。鳴き声はグェッ、グェッ。県内では留鳥、または冬鳥。

 記:2014.12.19 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『検索入門 野鳥の図鑑』中村登流著、株式会社保育社発行
 『野鳥ガイド』唐沢孝一著、株式会社新星出版社発行


この記事をはてなブックマークに追加

無駄の骨頂

2014年12月12日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 畑への出勤時刻、夏場は概ね6時前後で、9月を過ぎるとしだいに遅くなり、この頃、11月下旬あたりからは7時前後となっている。日の出に合わせているわけだ。
 畑からの退勤時刻は概ね4時半頃と、これは夏も冬も同じ。渋滞の中を運転するのは嫌なので通勤通学時間帯を避けているわけ。畑から図書館に寄ったりスーパーに寄って買い物したりすることもあるが、それでもだいたい5時前後には家に着く。
 家に着くと、洗濯物が溜まっていれば洗濯機を回すのが先になるが、概ねは先ず料理。翌日の弁当の準備までするので料理に費やす時間は1時間程度。その後、パソコンを開きブログ書きを30分から1時間ほどやって、シャワーを浴び、晩飯。晩飯は概ね晩酌なので時間はゆったり。ブログ書きをしながら9時頃まで続き、そして寝る準備。

 息をしている限り、肉体と精神を拘束されていない自由の身である限り、「無駄な時間というものは無い」と思うように私は心掛けている。生きているんだから、自由にものを考え、自分の意思で動いているんだからそれだけで有意義ということ。
 心掛けはそうであっても、渋滞に巻き込まれてのろのろ運転を余儀なくされている時などは「時間の無駄だぜ」と思ってしまう。朝、畑へ向かい、途中で携帯電話を忘れたことに気付き、その日何かの約束があって連絡を取る必要がある場合は取りに戻る。携帯電話に限らず、忘れ物を取りに帰る時間も「無駄だぜ」と思ってしまう。
 「生きてている限り無駄な時間というものは無い」と心掛けは立派でも、現実は「あー勿体無い」をたびたび繰り返す情ないオジサンだ、今の私は。
          

 このあいだから、勿体無い時間をたくさん費やしている。今使っているブログのサーバーが、そのサービスを停止するというので、他のサーバーへのブログの引っ越し作業をしている。私のブログはもう10年ほど続けているので膨大な量がある。ブログの引っ越しは元のサーバーが引っ越しツールというものを提供していてそう難しくない。が、元のサーバーには記事とは別に写真を収納するアルバムがあって、それには引っ越しツールというものが無い、手作業で1枚ずつ引っ越さなければならない。
 私の作ったアルバムの数は50近くある。画像の枚数は6000枚以上ある。新しいブログサービス上でも同じようにアルバムを作り、その中に6000枚以上の写真を収め、各写真にはそれぞれ名前とコメントを加える。新しいアルバムに写真を収める前に、その写真の名前やコメントを前のアルバムからコピーして置かなければならない。さらに、記事から写真へのリンクもある。これにも時間がかかる。気が遠くなる。

 朝、出勤時間が7時前後となっている今、出勤前に1時間ほどの余裕がある。その間パソコン。畑から家に帰る途中、スーパーで食い物を買うが、この頃は弁当や総菜を買うことが増えた。料理する時間を削るためだ。削った時間はパソコン。雨の日は朝からパソコン。たっぷり時間はある。だけど、歳のせいか無理が効かない。3時間も続けると目が痛くなる。痛いのを我慢して数時間やり続けているが、とてもきつい。こんなことで体を壊したら愚の骨頂。「時間をだらだら費やして病気」なんて無駄の骨頂。全然楽しくない。というわけで、ブログの引っ越し作業はのんびりやることにした。いいさぁ~。
          

 記:2014.12.12 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加