ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

日本の良心

2015年04月24日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 青年の頃は「こんなオジサンになりたい」、オジサンになると「こんな爺さんになりたい」と憧れていた高倉健が昨年亡くなり、憧れていた私は感慨を深くし、『克己の人』という題の一文を書いてブログに載せた。克己とは「意志の力で、自分の衝動・欲望・感情などをおさえること」という意味。高倉健はそういう人であるといった内容。
 そのすぐ後に、菅原文太も亡くなった。私は任侠映画を好まなかったので高倉健も菅原文太もその類の映画ではほとんど観ていない。そうでない映画ならいくつか観ている。高倉健は『幸せの黄色いハンカチ』や『八甲田山』。菅原文太は『トラック野郎』の1つを確か観ている。『トラック野郎』、観てはいるが内容はほとんど覚えていない。
 菅原文太については、晩年、映画の仕事を減らして農業をやっていたということを噂に聞いていたが、それ以上の情報が私に無く、ただ何となく「この人も克己の人なんだろうな」というイメージのみ持っていた。よく知ればたぶん、憧れていたかもしれない。

 『トラック野郎』で覚えているのは、トラックが派手にデコレーションされていたのと文太の相棒が愛川欽也だったことくらいだ。2人の役名も記憶にない。映画の記憶はほとんど無いが、芸能人愛川欽也については菅原文太よりもずっと馴染みがある。
 高校生から浪人生の頃、深夜のラジオ番組をよく聴いていた。『パックインミュージック』という番組もその一つ。パーソナリティーは日替わりだったと覚えている。その1人に愛川欽也がいた。彼の担当する日は少しHで面白かった。「タマタマ」、「ポール」とかいった言葉を覚えている。女性のあそこを何といったか覚えていないが、投稿の一文が今でもおぼろげに記憶にある。聴いていて興奮したことも覚えている。
 「あそこに口紅を塗ってパクパクさせてみた」という女子からの投稿。「あそこは口紅が塗れるような形をしているのか、パクパクもできるのか」と、まだ見ぬ憧れのあそこをあれこれ想像して、悶々とした夜を過ごしたことをおぼろげに。

 愛川欽也は他にも、『なるほどザワールド』というテレビ番組で観ているが、それよりも3年前に知った『kinkin.tv』というネットテレビが印象に強い。すごく良い番組だと思い、これについても『きんきんどっとてれび』というタイトルでブログを書いている。
 そう言いつつも、じつは、私はパックインジャーナルのインターネット会員でもDVD会員でもない。2012年4月に「4月中はインターネット会員もDVD会員も無料サービス」の恩恵に与って第一回、第二回、第三回分のDVDを観たのみ。それでも、いつかは会員になろう、意見や感想もたくさんメールしようと望んではいた。
 先週金曜日、いつものようにガジ丸HP及びブログをアップするために金曜日の職場へ行く。ネットを開くと、あるニュースが目に入った。愛川欽也死去。
 「まさかこんなに早く」というのが率直な感想である。きんきんはよくしゃべるし、声も大きいし、長生きするだろうな、あと10年はパックインジャーナルやっているだろうな、日本の良心として社会に目を光らせてくれているだろうなと期待していた。
 愛川欽也は高倉健や菅原文太のような「男」、「侍」といったイメージでは無く、近所の優しくて思慮深い爺さんといった感じ。「曲がったことは嫌ぇだ」といった頑固さも併せ持つ人。日本の良心だと私は思う。その死去をとても残念に思う。合掌。
          

 記:2015.4.24 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.4.24サヨナラ旨い酒

2015年04月24日 | ガジ丸週一日記15-16

 父の死後、実家の財産を管理するため新たに財産管理口座を開設し、父の預貯金をそれに入れ、実家の管理に関わる支出(家のローン、光熱費、水道料金、盆正月の供え物代等)はそこから支払い、家土地を売却して得た金は収入として、その口座に入れた。
 財産管理口座を開設してから約5年後となった3月12日、琉銀泊支店(宜野湾からわざわざ那覇へ行ったのは顔見知りが何人もいるので安心だから)へ行き、その口座から不動産譲渡税(相続人3人分)を振り込み、4月10日の午後、またも琉銀泊支店へ行き、姉の口座へ姉の取り分を振り込み、税理士へ手数料を支払い、これで実家の金銭絡みのことは全て終了。その日空は曇っていたが心は晴々、その夜は1人祝い酒となった。
 飲んだ酒は自家醸造の日本酒。3月27日付のこの項で「残り2合」と書いたが、その後は我慢して、ちびちび飲んで、4月10日の時点で1合ほど残っていた。その夜も全部は飲まずに半分は残した。残りの半分、つまり最後の1杯は4月13日となった。これで旨い酒とサヨナラ・・・淋しい。来年も会えるかなぁ?
 
 最後の一杯
 自家醸造の旨い酒の最後の一杯の肴は、スーパーで買った国産大豆の島豆腐と、畑のキャベツとの煮物がメインの料理。ポン酢で食う。サッパリと酒に合った。


この記事をはてなブックマークに追加

ある幸せ、無い幸せ

2015年04月17日 | ガジ丸通信-社会・生活

 3週間ほど前の日曜日のお昼前、私は朝から畑仕事、その日は畝の草抜きと土ほぐし作業、エダマメを植える準備だ。作業そのものは単純で疲れる労働だが、エダマメを収穫して、茹でて、ビールの肴になることを想像しながらなので気分は楽。
 作業している畝は畑小屋に近いNO3畝(小屋から順に道路に向かってNO12まである)、作業に熱中している時、ふと、人の気配に気付く。顔をあげると、そこに近所の大先輩農夫N爺様がいた。道路側での立ち話はよくあるが、N爺様が畑の中、小屋近くまでやってくるのは珍しい。もう一つ珍しいことにN爺様は作業服では無かった。
 「今日は畑仕事じゃないんですか?」と訊くと、
 「うん、今日は教会、その帰りだ。」と答え、その後、息子への愚痴を言い、そして、
 「もう死んでしまいたいよ、疲れたよ。」と弱音を吐いた。

 先週木曜日、私は朝から畑仕事、その日は道路から最も遠い南東側の角、ゴーヤーを植えるための除草と土ほぐしをしていた。しゃがんでの作業、時間がかかり腰の痛くなるきつい作業だ。でも、コツコツとやる。その時声を掛けられた。黙々と作業を続ける私の後ろに立っていたのはN爺様であった。まだお昼前の11時頃であった。
 「何している?」と訊くので、
 「ゴーヤーの種播きの準備です。」と答え、そして、「たまにはのんびりコーヒーでも飲んで行きませんか?」と誘った。それまで誘っても「コーヒーは夜眠れなくなるから」などと言って断っていたのに、その時は、「そうか」とすんなり応じた。
 小屋前のベンチに座って、お湯が湧く間、世間話をする。コーヒー(インスタント)を入れ、それを飲みながら、私は敢えて、爺様の若い頃の話を話題にした。座ってじっくりとN爺様と話をするのは初めてだ。爺様の方がじっくりのんびり話するのを好まなかったのだと思う。「先が短いんだ、のんびりしている暇は無いよ」なのかもしれない。
 でもその時は1時間半も座っていた。1時間半の話題はほとんど、爺様の若い頃、戦中戦後の話となった。私からそう仕向けた。初めてコーヒーに応じ、初めてゆっくり会話となったのはおそらく、爺様が話をしたかったのだと思う。息子と何かあって、そのこと、あるいは、息子への不平不満を吐き出したかったのかもしれない。そうは思ったが、そういった話は聞いていて楽しくないので、また、そういった話を語る爺様の心も暗くなるだろうと思ったので、敢えて私は、爺様の若い頃の話を話題にしたのであった。
          

 N爺様は財産持ちである。今住んでいる家土地の他に100坪ほどの宅地があり。私が聞いただけでも畑地は1000坪以上ある。その宅地を息子が勝手に人に貸し、返せと言っても応じてくれないらしい。これが息子との諍いの種となっている。奥さんはもう亡くなっているが、爺様には息子3人と娘1人の子がいて、聞いてはいないが、たぶん、孫も曾孫もいるであろう。だけど爺様は独り暮らしだ。時々息子がやってくるが、「あいつは家にやってきて、勝手なことばかりしている」と、これも愚痴の種になっている。
 財産があり子や孫がいる。普通なら幸せな老後だと思うが、だけど、時々耳にする爺様の愚痴を聞くと、あんまり幸せそうじゃない。私のように失うものが無い、子や孫との愛憎も無い、そんな呑気な生き方が幸せとなる場合もあるみたいだ。
          

 記:2015.4.17 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.4.17冬の忘れ物

2015年04月17日 | ガジ丸週一日記15-16

 4月に入ると温かくなり、「夏か?」と思うような暑い日も続いていたが、今週火曜日までの数日間は肌寒い日となった。その数日が冬の名残りであろう、翌日からは温かくなり、「そろそろ夏」の気候となっている。
 3月下旬から始めた部屋の模様替え、そのついでに普段やらない箇所の掃除、部屋の整理整頓もやった。書棚、書類ケース、押し入れの中を整理、冷蔵庫の中、台所関連(食器や食料品を置いてある)の棚も整理した。
 書棚や書類ケースからは古い領収書、電化製品の保証書、結婚式の案内状、銀行や保険会社からの封書などが見つかり、処分。押し入れからは前の会社にいた時の作業着、ボロボロのやつが上下2組見つかり、処分。
 台所関連の棚に、実家から「とりあえず」と箱詰めして持ってきたその箱を「何だっけ?」と開ける。カチンカチンに固まった三温糖、塩が見つかる。これらは処分せず、乾燥させ、サラサラにして使用する予定。
 同じ棚の別の箇所から数種のレトルト食品やカレールー、シチュールーなどが見つかった。それらは自分が買ったもの、冬の食材として買い、忘れたもの。
 
 冬の食べ忘れ
 写真に写っている他に、ふかひれスープ、クリームシチューのルーなども出てきた。次回の冬(11月頃)まで置いておくか、汗をかきながらでも食うか、迷っている。


この記事をはてなブックマークに追加

一夫多妻特区

2015年04月10日 | ガジ丸通信-社会・生活

 先々週のガジ丸通信『結婚しないと罰金』の最後に「子供一人、大卒まで育てるのに一千万円程かかると聞いた。現在でも「そんな金稼げ無ぇよ、無理」と思う人は多かろう。この先、格差社会が進めばそんな人がもっと増える。すると、少子化はさらに進む。で、少子化対策をもう一案考えた。それは次回。」と書いたが、次回となる先週は別の話になったので1週遅れとなった。で、その「もう一案」が表題の『一夫多妻特区』。
 ちなみに、特区とは「構造改革特別区域計画(構造改革特区)」の略で「法律などで定められた規制を内閣府が地域限定で緩和する」(現代用語の基礎知識)のこと。
 一夫多妻特区はつまり、「一夫多妻制度を認める地域を設ける」ことであり、そうすれば子供が増える。よって、少子化対策となる。これについては「そりゃあそうだろう」と誰もが納得するはず。誰もが『一夫多妻特区』という題だけで理解するはず。なので、説明不要と思うのだが、何故そういう考えが私に浮かんだのかというと、

 「頑張る人が報われる社会」を目指すと言ったのは現総理だったっけ?ただ、良く言えばそうなのだが、彼が目指しているのは競争社会で国全体が強くなること、国が強くなるためには強い人が目一杯力を出せばいい。それはそれでいいのだが、その反面、弱い人は足手まといとなり、頑張らない人は不要な者となる。ということはだ、「頑張る人が報われる社会」を悪く言えば、「頑張らない人は切り捨てる社会」となる。
 身体障害などで頑張れない人はしょうがないと、総理もきっと彼らのことは考慮してくれるであろう。毎日畑で肉体労働をして、「働く」という意味では頑張っているが「金儲け」という意味ではちっとも頑張っていない私のような者はたぶん、「お前なんかこの国に存在する価値は無い」と切り捨てられるだろう。それはともかく、総理が目指す「頑張る人が報われる社会」とは、格差がどんどん広がっていく社会ではないだろうか。
          

 働く人が100万人いる国で、100万人の内の10万人は年収1000万円を超え、80万人は年収400万円程で、残りの10万人は年収100万円程しかない。年収100万円程では家族を養えない、したがって彼らは概ね独身である。独身なので彼らには子供がいない。その後、その国は「頑張る人が報われる社会」を目指して突き進んだ。
 30年後、国全体の収入も増えたが、格差は広がった。100万人の内の30万人は年収1000万円を超え、20万人は年収400万円前後で、残りの50万人は年収100万円ほどしかない。年収100万円の彼らには子供がいない。当然、少子化となる。これでは国が成り立たなくなる。どうする?ということで思い付いたのが一夫多妻特区。
 年収1000万円以上の30万人が、それぞれ金力と精力に応じて2~10人の妻を持ち、金力と精力に応じて子を成す。1人平均10人の子を成せば300万人となり、貧乏な50万人が平均3人生むかもしれなかった150万人を遥かに超える。少子化は無くなり、国は働き手が増え、彼らが一所懸命働いて、国はさらに栄えるという寸法だ。

 一夫多妻特区は当然、金持ちの多い大都市に設けられる。貧乏な沖縄はそんな特区には全く縁遠い。しかし、沖縄では貧乏でも子を成す家族が多くいて、そんな家族は互いに助け合い、隣近所も助け合い、昔ながらの人情厚き社会となる・・・どっちが幸せ?
          

 記:2015.4.10 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加