ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

果物缶詰

2017年03月03日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 盆正月の楽しみ

 果物缶詰の字面では「何のこと?」となるかもしれないが、一般的にはフルーツ缶とか言っているようである。ミカンとかモモとかをシロップ漬けにした缶詰。沖縄ではパイナップルの缶詰が有名。パイナップルの缶詰工場もあったと記憶している。
 果物缶詰は私が子供の頃からあって、たまに口にもしていたので馴染み深い。値段が高かったからか、普段は生の果物でいいんじゃないのという理由からかしらないが、「たまに口にしていた」の「たまに」は年に2回ほどの「たまに」であった。
 年に2回とは盆と正月。盆(沖縄では旧盆)と正月に、何組かの親戚が我が家の仏壇にお供え物を持ってくる。そのお供え物の中にたいてい果物缶詰が含まれていた。ケーキ類の甘いものは苦手だった少年(私のこと)であったが、果物は好きであった。盆正月の仏壇に供えられている生の果物、バナナ、パイナップル、ナシ、オレンジ、リンゴなども好んで食べたが、果物缶詰はそれらよりも好んで食べた。何しろ、果物缶詰の果物は皮を剥くという手間が要らない。缶切で缶を開けるだけで食える。子供の頃から私は面倒臭がり屋だった。その性格はずっと続き、後期オジサンとなった今も続いている。

 話が逸れた。私が面倒臭がり屋なんて関係無いことであった。
 実家が無くなって当然仏壇も無くなり、トートーメー(位牌)をお寺に預けてからは親戚からの供え物も無くなった。それより前から、記憶は定かでないが、私がオジサンと呼ばれるような歳になった頃から供え物に果物缶詰は無かったと思う。あるいは、実家とは離れて暮らしている前期オジサンの私が、たくさんある供え物の中から果物缶詰をわざわざ探しだして、それを持ち帰るなんてことをしなかったということかもしれない。
 オジサンとなった私は、果物缶詰を食べたいと思ったらすぐに買えるほどの経済的余裕はいつでもあった。いつでも食えるという余裕があるとなかなか食わないもので、オジサンとなってから果物缶詰を食べたのは数回、数えるほどしかないのではないか。
 果物缶詰を食べたのはむしろ、後期オジサンとなって、リストラされて貧乏になってからの方が回数は多いかもしれない。私が子供の頃に比べ、果物缶詰の値段がずっと安くなって、モモ、パイナップルなど100円で手に入ることもある。100円なら生のそれより安いし、面倒臭がり屋にとっては手間の要らない果物なので便利なのである。
 とは言っても、オジサンは果物缶詰がさほど好物というわけではないので、果物缶詰を口にするのは2~3年に1回くらいだと思う。このブログで果物缶詰を紹介しようと思い立って、その写真を撮るために購入したが、それは2014年8月のこと。
     

 畑をやっている今は生の果物を食べる機会が増えた。私の畑ではバナナ、グヮバなどの果物が季節になると実を着けてくれる。何しろそれらは只である。缶詰は安くなったといっても100円はする。貧乏になった私は質素倹約に努めなければならないのだ。
 果物缶詰を食わなくても私には生の果物がある。3年前に挿し木したパッションフルーツも今や十分に成長していて、今年からは多くの実を着けてくれるに違いない。あと何年かかるか分からないが、モモやビワの木も3年前に植えている。それらも楽しみ。
     

 記:2017.2.23 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

ウージ液糖

2016年09月09日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 自作液糖

 自給自足芋生活を目指している私は、これはかなり困難なことと想像されるが、できれば調味料類も自給自足したいと希望している。
 若い頃はコッテリ味も食っていたが、オジサンと呼ばれる歳になってからはアッサリ味を好むようになり、使う調味料も減った。冷蔵庫からケチャップ、マヨネーズ、トンカツソースなどが消え、調味料棚からはコーレーグス(トウガラシ)など各種のスパイスが消え、私の台所に今ある調味料は味噌、醤油、チューブ入りのワサビとカラシ、塩、コショウ、砂糖、粉末の昆布だし、鰹だしなどとなっている。
 ワサビとカラシ、昆布だし、鰹だしなどの自作は無理だろうと諦めている。味噌、醤油も自作は困難だと思うが、大豆はできるので、いつかは味噌作りに挑戦したい。実家にあった味噌壺、たぶん、母が味噌作りに使っていたものをその為に捨てないでいる。
 コショウは沖縄で育つヒハツで代用できないか、塩は、畑から海は車で10分もかからない、沖縄のきれいな海水を使って何とかならないかと考えている。
 残る1つの調味料の砂糖、これは目処がついている。「砂の糖」ではなくて「液の糖」ではあるが、先日作ってみたら、その味は上出来(自画自賛)であった。
     
     
     

 さて、今週、別項で紹介している『ウージ汁』の続き、
 ウージ汁としてなら約6リットルの、そのまま使った後の残りはどうしたかというと、残りは約2500ミリリットルの液糖となって今冷蔵庫に収められている。
 ウージ汁と液糖、何が違うのかというと、ミキサーにかけ、それを搾ったそのままがウージ汁で、ウージ汁を煮詰め糖分を濃くしたものが液糖。これはしかし、社会に認められた由緒正しき分類では無い。南の島の呑気なオジサンが勝手に考えた分類。
     
     
 液糖は糖分が濃いということと、熱処理をして雑菌が死滅していることから日持ちがするであろうと呑気なオジサンは考えたのである。熱処理したので身体に良い菌も死んでいるかもというデメリットもあるが、砂糖替わりにあれこれ使ってみようという魂胆があるので、長持ちを選んだ。水で薄めれば美味しい清涼飲料水にもなるし。
     
     

 記:2016.9.7 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

島マース

2015年10月23日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 命の元

 2014年7月18日付ガジ丸通信『テキトーな科学』で塩について語った。その中から少し抜粋すると、「先日、「塩は体に必要な物、精製塩は良くないが、海水から採れた塩は血圧を上げるものでは無い」といった内容のことがラジオから流れた。・・・Iさんから塩に関する本、食に関する本を数冊借りた。」ということで、その本を読んで、「塩は体に必要な物、自然塩は他のミネラルもたっぷり含まれている」ことを確認した。

 専売公社というのが私が若い頃にはあった。いつ頃まであったのか広辞苑を引く。
 専売公社の正式名称は日本専売公社で、「もと煙草・塩など国の専売事業の実施に当たった公共企業体。従来の政府直営事業を引き継ぎ1949年設立。85年4月、日本たばこ産業株式会社に改組。」とのこと。日本たばこ産業ってJTのことだ。
 JTは「国内における煙草の独占製造権」を持っているが、私が若い頃の専売公社はタバコだけでなく、塩も専売していた。塩の専売はいつ頃まで?と調べると、「97年まで塩も同社が専売」と広辞苑にあった。何故、専売していたか?は不明。たぶん、国の安定的財源確保のための専売。勝手に作られたら税金が取れないから。
 今回調べて知ったことだが、塩課という言葉がある。「中国で、塩に対する専売税。古くから行われ、国家の重要な財源であった」(広辞苑)のこと。塩税という言葉もあり、これは「塩の消費に対する租税。最も古い間接税といわれる」(〃)のこと。これらからも解る通り、塩は税金が取りやすいのだ。塩は人が生きるに必要なもの、つまり、塩を使わない国民はいないので安定的財源となるわけだ。
 もう一つついでに、「敵に塩を送る」という言い回しがある。「(上杉謙信が、塩不足に悩む宿敵武田信玄に塩を送って助けたという故事から)苦境にある敵を助ける」(〃)のこと。塩が無いと人は生きていけない、敵国だが、塩が無くて民衆が死んでしまってはあまりにも哀れと謙信さんは思ったのかもしれない。塩は命の元だ。
     
 東京暮らしをしていた大学時代の5年間(1年留年)は、たぶん専売公社の販売する精製塩(ほとんど塩化ナトリウムだけの塩)を私は使っていたが、それ以前、母や祖母が使う塩は島マース(マースは塩の沖縄語)であったと記憶している。大学を卒業して沖縄に帰ってからも概ね島マース、一人暮らしをするようになって私が買う塩は全て島マース、塩製造の自由化以降はあれこれ美味しい塩が増えて、私もあれこれ買っていた。
 母や祖母が使う島マースは、その銘柄がたいてい決まっていた。「ヨネマース」という名前。ビニール袋に入ったその表には赤色でヨネマースと書かれてある。懐かしさを感じるそのデザインは、おそらく昔から変わっていないのかもしれない。
 ヨネは与根と書き地名。沖縄島南部にある海(東シナ海)沿いの町、私もだいたいの場所は知っている。与根の塩田が『沖縄大百科』にあり、豊見城村(現在は市)与根は明治の初め頃から塩作りをしていたようだ。沖縄の伝統的塩と言える。
     
 先日、友人のOから借りた本『医者に殺されない47の心得』に「自然塩より精製塩の方が安心」とあったが、私なりに解釈すると、自然塩には不純物が多く含まれている。不純物とはミネラルなど体に良いものもあるが、海洋汚染の進んでいる昨今は体に悪い物質もある。なので、精製塩の方が安心。ということではないだろうか。
 「自然塩より精製塩の方が安心」と正直者の医者が言う。それでも私は、「うんにゃ、塩は命の元だ、命は自然の摂理で動いている、よって、自然塩が良い」と思い、今日も畑から収穫したオクラとシシトウにヨネマースを振って、焼いて酒の肴にした。
     

 記:2015.10.17 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行 


この記事をはてなブックマークに追加

ジーマーミドーフ

2011年04月02日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

  伝統の肴

 アパートの畑にはたいてい農協で買ってきた苗を植えている。1種につき2株くらいずつ植えている。アパートの畑はたくさん作るほどの広さはなく、また、食べる人は概ね私一人なので、たくさん作ってもしょうがない、などという理由からだが、ソラマメとエダマメは例外的に種を蒔いて、たくさん作っている。何故?・・・酒の肴だから。
 今年の5月、アパートの畑にラッカセイを植えた。畑をやり始めて十年以上になるが、ラッカセイを植えるのは初めて。そして、ソラマメやエダマメ同様に、ラッカセイもまた例外となる。去年、友人の脱サラ農夫Tの店から食べるために買ったラッカセイ、それがそのまま種になるとTから聞いていたので、十数個残してあったのだ。それを蒔いた。
 植えた落花生はすくすく育ち、数週間後には花を付け、4ヶ月経った今、おそらく実っている。実っているかどうか、じつは、掘ってみないと判らない。ということで先日、試に1株、掘り出してみた。1株に四十個余の莢を付けていた。思わず顔が緩む。
  ラッカセイは美味しい。蒸したり、焼いたり、塩茹でしたりして美味しい。1株から四十個の莢が収穫できるということは、十数株から15×40で、約600個の莢が収穫できる。大量だ。しかし、大量でも困らない。何故?・・・酒の肴だから。

 沖縄ではまた、酒の肴に適したジーマーミ豆腐なんて美味もある。ジーマーミ豆腐は祝いの席によく出され、「私がつくったのよ」と、自家製のものにもよく出会う。自家製のジーマーミ豆腐、せっかく大量に収穫できるので、私も作ってみようかと思う。が、料理の本を読むと、ちょっと手間がかかりそうである。それほどの手間をかけてまで食べたいと思うほど、ジーマーミ豆腐は私の好物にはなっていない。
 ということで、写真は市販のジーマーミ豆腐。黒色をしたタレをかけて食べる。タレは醤油と黒糖を主成分としたものだが、しょうが醤油でも美味しい。
      
      
 植物としてのラッカセイについては、本HPの「沖縄の植物」の「ラッカセイ」の頁に詳しく(と言っても、私のことなので適当に詳しく)書いてあるが、おさらい。
 ラッカセイ(落花生):マメ科の一年草
 開花、受精した後、地面に潜って莢を発達させることからラッカセイ(落花生)という名前。方言名のジーマーミは地豆という意味、地面の豆ということ。倭人は花を見て、ウチナーンチュは実を見てということ。ウチナーンチュは花より団子だ。
 沖縄ではジーマーミ豆腐になるが、アメリカ人はピーナッツバターにする。このピーナッツバターは沖縄の戦後食文化に深く浸透し、ミミガー(豚の耳の皮)といういかにも沖縄の素材が、ミミガーピーナッツ和えという料理になった。
      
 →植物としてのラッカセイ

 記:ガジ丸 2009.9.20 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

ビーフジャーキー

2011年04月02日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 男は渋く齧る

 子供の頃、『ローハイド』というテレビドラマがあった。牛追いのカーボーイたちを主人公にしたアメリカ産ドラマだ。小さい頃だったので内容についてはほとんど覚えていないのだが、「今日もまた豆かよ!」と、カーボーイ達が料理人に文句を言いながら豆料理を食べていたのと、酒を飲みながら干し肉を齧っていたのを記憶している。
 それから時が流れ、中学生になって、西部劇大好きで、西部劇に詳しい同級生Sと親しくなった。彼の影響で私も西部劇大好き少年になった。当時流行っていたのはマカロニウエスタン、イタリア版(イタリアだからマカロニというわけ)の西部劇、そのヒーローにはジュリアーノ・ジェンマとクリント・イーストウッドの2大スターがいた。

  「知ってるか?クリント・イーストウッドはテレビの『ローハイド』にも主役級で出てたんだぜ。」とある日、Sが言う。新米西部劇ファンの私はもちろん知らない。
 「焚き火の前で、干し肉齧りながらウィスキーを飲んでたよ、カッコよかったぜ。」と言われて、そのシーンがおぼろげに思い出された。
 「あー、そうか、あれか、あれがイーストウッドか。」と知ったかぶりする。
 「俺も干し肉齧ってみたいなあ、美味そうだったなあ。」と言うSに、私も大きく肯いて同調する。美味そうだったかどうかは覚えてないが、Sがそう言うので、とても美味いものだと私も思うようになり、以来、干し肉齧りたいは、私の憧れにもなった。

  それから数年後、憧れていたわりには記憶が薄いのだが、高校生か浪人生の頃、あるいは、大学生になって帰省した時だったか、ビーフジャーキーにお目にかかる。どこからやってきたのかもはっきり覚えていないのだが、おそらく、ハワイ在住の親戚が里帰りしたときに頂いたもの。マカダミアナッツのチョコレートも一緒だった気がする。
 それらはハワイ土産の定番であったらしく、その後もたびたび口にするようになった。県内のアメリカ産食品を扱っているスーパーでもその頃から売られていた。
 以降、バーボンを飲みながらジャーキーを齧るなんてことをたびたびやる。そうやっている私を、私自身はカッコイイと思っていたが、もちろん、クリント・イーストウッドのように渋かったわけでは無い。それでモテたということは全然無かったので。
      
 ビーフジャーキー(beef jerky):保存食・酒肴
 ビーフはbeefで牛肉のこと、これはよく知られている英語。ジャーキーはjerkyと書き、英和辞典によると干し肉のこと。干し肉のことなので、ビーフに限らず、鶏や豚や馬や鹿や熊などの肉の他、鮭や鮪などの魚肉にも使える。
 私は、子供の頃から興味のある食品だったが、よく食べるようになったのは大人になってからだ。姉夫婦がアメリカ暮らしをするようになった25年ほど前からは、帰省した義兄などから毎年のように土産として貰っていた。
 沖縄には干し蛸、干し烏賊などが古くからあり、それもジャーキーの類だ。最近ではミミガージャーキーとかマグロジャーキーとかの商品も出ている。
      
 記:ガジ丸 2009.7.28 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加