ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

これだけは伝えタイムマシン

2015年08月28日 | ガジ丸通信-科学・空想

 糞暑いせいで畑を休んでいるのか、最近、近所の大先輩農夫N爺様が姿を見せない。もっとも、最近雨の日が多い、私も8月に入って2日は休んだし、遅い時間に出勤ということも数日あった。N爺様も雨の日は概ね畑に来ない。そのせいでもあろう。
 N爺様からは、彼が若い頃の話をいろいろ聞いている。爺様の若い頃は戦中戦後だ、興味深い事項もいくつかあった。その話をまとまった文章にしようと思ったのだが、聞きながらノートをとるということをしていなかったので、「あれ、何でそうなったんだったっけ?」など思い出せない点がいくつかあって、まだ文章にできていない。
 4月から5月にかけて数回、N爺様とじっくり話をする機会があって、計4時間ばかり会話をした。爺様は終戦の1945年、17歳で、もう少し経てば兵隊にとられたが、その時は軍需工場で勤労奉仕していたらしい。そして、既に結婚していたとのこと。結婚したてで、しかも戦火が激しい頃で幸せな結婚生活は送れぬまま、妻を失くしている。新妻だけでなく、自分の両親も一緒に失くしている。爺様の両親と妻は北部へ疎開する道中、同じ日同じ時間同じ壕の中で米軍によって焼き殺されたとのこと。

 N爺様は淡々と語ったが、そのことに思いを馳せるように遠くを見るような眼差しをした。爺様には問わなかったが、それはとても悔しい思いをしたのだと思う。
 今度N爺様と話をする機会があったら聞いてみようと思っていることがある。「亡くなってしまったけど、両親と奥さんに伝えたいことがありますか?Nさん、そんな手紙書いてみませんか?」と。爺様の話をまとめる時に、爺様から聞いたことを私が文章にするだけだと深みが無いので、その手紙をメインにしようと思ってのこと。
 そこで、想像力の豊かな私は、これだけは伝えたいと思うことを、時代を遡って伝えることのできるタイムマシンがあればと想像した。もしも私がその場にいたら、
 「鬼畜米英なんて嘘だ、「出てきなさーい」と聞こえたら手を挙げて壕から出るんだ、命どぅ宝(ヌチドゥタカラ)だ、生きていさえすれば何とかなる」と、壕の中にいる人々を説得したと思う。もしもそこに日本兵がいて「何だとーこの野郎、臆病者が、非国民めが、黙れ!」と私に切りかかってきたら、私はその兵隊を殺してでも皆を救いたい。
          

 「日本国民なら辱めを受ける前に自ら命を断て」と日本軍国主義によって洗脳されていたウチナーンチュには、終戦を前に自決した人も多くいたと聞く。彼らにも私は、
 「生きなさい、戦争が終われば平和な世の中になる。皆が飢えの心配をせず生きていける世の中になる。戦後すぐ沖縄芝居が隆盛となり、映画に人が集まり、やがてテレビが茶の間に広がる。多くの人がマイカーを持ち、休みの日には家族そろって海辺でバーベキューパーティーをする。結婚して、家庭を持ち、子供たちが大人になり、結婚してたくさんの孫ができ、その孫が大人になって、結婚して曾孫も産まれる。あなたの未来は今と比べれば遥かに明るく、幸せに生きていける。だから生きなさい」と伝えたい。

 6月23日の慰霊の日までに「N爺様の時間旅行」のようなタイトルで一文を書いて、それをブログに載せようと思ったが叶わなかった。ならば8月15日までにと思ったがそれも叶わなかった。今度N爺様を見かけたら、声をかけ、話を聞こうと思っている。
          

 記:2015.8.28 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.8.28糞暑い中気分上々

2015年08月28日 | ガジ丸週一日記15-16

 今週月曜日は台風となった。朝起きると強風圏。畑は休んで1日中家。「部屋の大掃除をしよう」と思い付き、昼飯を済ませた後、掃除に取り掛かる。
 コンロを洗い、流しや風呂場を丁寧に掃除し、部屋は掃除機をかけ、クイックルワイパーで拭き、さらに雑巾がけもする。台風は沖縄島にはそう近くなかったようで、午後5時頃から雨風が弱まる。ベランダに出て、デッキブラシでゴシゴシする。これで大掃除終了。気分サッパリ。飲みたいところだが、しかし、休肝日とした。
 実家にあった「捨てて良いか、記録として残しておくか」迷っているモノが部屋の中に多くある。その整理をしようかと思ったが、ブログ修正作業を優先した。修正箇所はたくさんあったが、酒飲まずにだいぶ進んだ。充実した台風の一日であった。気分上々となる。
 一昨日、昨日と旧盆で位牌を預けてある寺へ行き、旧盆の行事を一人で行う。昨日は従姉のK子、従妹のT女とその息子のRが手を合わせに来てくれた。感謝。
 今日は旧盆最終日のウークイ、このあと午後、寺へ。行事を終わらせて、さらに気分爽やかになる予定。
 
 今年の供え
 ご先祖様たちには悪いが、供えは貧弱。菓子も果物も一人で食える分だけの量。母のワイン、父のビールとコーヒーも、どうせ私の腹に入る物、私好みとした。


この記事をはてなブックマークに追加

果実酒3

2015年08月28日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 300坪の畑ナッピバルが忙しく、長いこと放ったらかしていた宜野湾の小さな畑ナツヤ、今年6月中旬、久々に覗いてみたら、雑草が蔓延り大いに荒れていた。雑草も蔓延っていたがパッションフルーツの蔓が縦横に蔓延り、畑の面積の三分の一強を占めるほどとなっていた。そして、多くの花が咲いており、多くの実がついていた。
 6月29日、「もしや」と思ってパッションフルーツが蔓延っている中、蔓を持ち上げながら覗いてみたら実が落ちていた。30個余り拾った。7月3日と7日も同じようにして3日間合わせて100個余の実を拾った。親戚友人に少し分けて70個ほど残った。別の親戚友人にも分けようかと思ったが、ここで閃いた。「どうせ傷だらけの果実、静岡の美女Kさんに贈ることもできない、他の人にあげるくらいなら」と、70個ほどの内、熟しすぎて腐ったものなどを除いて60個程を酒にしようと仕込んだ。
 果実を割って、中身だけを取り出し、広口瓶に入れ、三温糖と水を加え寝かせる。これまでに果実酒は何度も挑戦しているが今回、今までと違うことを一つ試してみた。パン作りに用いるイースト菌を翌日に加えた。そのイースト菌が功を奏したのかどうか判らないが、7月4日に仕込んで、一週間後の11日には飲めた。8合程の量があった。
     
     
     

 7月3日と7日、落果した実を拾っている時、蔓にはまだ実が、熟するのを待っている実が多く着いているのを私は確認していた。「2週間後には100個位は収穫できそうだな、現金収入になるぜ」と思い、ニヤリと笑いを浮かべていた。パッションフルーツは小さいくせに高く売れる。売るためには表面がきれいでなければならない。落下すると傷が付く。なので、色付いたら収獲しなければならない・・・と思っていた矢先、
 7月10日、台風9号が沖縄島を襲った。12日と15日にナツヤへ行き、落果したパッションフルーツを拾った。合わせて100個余。割れているものや色付かない内に落ちたものも同じくらいあった。拾ったものも全てが表面は傷だらけだった。これらは売りものにならない。傷だらけの果実は静岡の美女Kさんにも贈れない。
 売れないパッションフルーツ、贈れもしないパッションフルーツ、どうする?と考えるまでも無く、もちろん今回もまた酒にした。使えたのは前回とほぼ同じ60個程であったが、果実が平均して大きかったのか、熟度が進んでいたからか中身の量は2割増しくらいに多かった。前回と同じく、水と三温糖とイーストを加える。1升の酒ができた。

 パッション酒、まあまあ美味しいのだが、これはしかし、いくら酒好きの私でも勿体無いと思う。傷だらけでなければ贈り物として、とても喜ばれる品だ。300~400個売ったとしたら5~6万円の収入となる。6万円なら4ヶ月分の食費だ、価値が高い。
 パッションフルーツ、農夫としては売った方が良いと認識している。それでも、何年か続けて台風の来ない年もあったが、沖縄は概ね台風が襲来する。したがってパッションフルーツも、露地栽培の場合は無傷で収穫できるのは稀と考えた方が良い。現金収入が得られないというのはとても残念だが、台風で傷付いたパッションフルーツは酒にすれば良いとなれば、酒好きの私にとって、それはそれでとても幸せなこと。
 猿酒とは「猿が木のうろまたは岩石のくぼみなどに貯えておいた木の実が、自然に発酵して酒に似た味となったもの」(広辞苑)のことだが、パッションフルーツは「自然に発酵」は期待できず、イースト菌を加え、その力で酒になる。私の理想は猿酒なのだが、とにかく酒であれば良し。それが不味く無ければ私の幸せとなる。台風で傷付いた果実も私の猿知恵によって人(私1人だけだが)の幸せに変化するのだ。めでたしめでたし。
     
     

 記:2015.8.22 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

れむれない夜

2015年08月21日 | ガジ丸通信-科学・空想

 今年は畑をほとんど休んでいない。正月明けてから畑へ行かなかったのは2回か3回あったかどうかだ。「2回か3回あったかどうか」の2回は最近のこと。今月7日、台風12号がやってくるとの予報があった日、その日は家から出なかった。
 雨の日も畑へ出ていて、ちょっとした雨なら小屋のテント下で大工仕事(台風対策にもなる物置作りなど)をやっている。雨が上がれば畑仕事、やることはいっぱいある。除草や秋播き作物のための畝準備など。雨で休んだのは今週日曜日(16日)が今年初。夜中からの大雨が朝も少し引き摺って、「今日は無理だな」と判断し、一日休んだ。
 畑仕事を始めた頃、「週に1日は休めと神様も仰っているから週休一日にしよう」と思っていたのだが、なかなか休めない。機械を使わず手作業でやっているからそうなる。作業はいつも間に合っていない。そんなわけで、夏は午前中で畑を切り上げる予定であったが、早い時でも1時過ぎ、遅い時は4時過ぎまで働いている。晴れた日は午前7時から暑い、9時を過ぎると糞暑くなり、10時を過ぎると激しく糞暑い。その後の暑さはどう表現しよう・・・地獄(行ったこと無いけど)の暑さとでも言っておこうか。
          

 家に帰ると窓を開け放し、窓の傍に置いてある扇風機をONにし、弱風から強風へ切り替え、台所の換気扇を回し、外の空気が室内を流れるようにする。それでも、それから数時間後の夜になっても、気温は30度を超えている。西日に温められたコンクリートの輻射熱のせいだ。真夏の太陽光線がいかに強烈であるかを証明している。
 一晩中窓は開け放しだが、寝る前には扇風機の強さを強風から弱風へ切り替え、向きも体から少し離す。クーラーは使わない主義の私はそういう環境で夏の夜を過ごしている。それでも、少なくとも寝付きはいい。一旦は寝る。けれど、暑くて寝苦しくて夜中何度か目が覚める。目が覚める直前はたいてい夢を見ている。なので、一晩でいくつかの夢を私は見ている。「眠りが浅いんだな、これでは十分な睡眠をとっているとは言えないな、健康にも悪影響があるんじゃないかな?」と心配になって、ちょっと調べてみた。
 レム睡眠とノンレム睡眠があるということは知っていた。広辞苑にも載っており、レム睡眠とは「急速眼球運動の見られる睡眠。一夜に4~5回出現・・・夢を見ている時にほぼ対応」で、ノンレム睡眠は徐波睡眠という名で載っていて、「ゆるやかな振動数の脳波が現れる睡眠。レム睡眠以外の睡眠。成人では一夜の睡眠の約80パーセントを占める」のこと。私の夢は「一夜に4~5回出現」なので、私の睡眠は普通だと言える。

 先週土曜日(15日)の夜、台風13号の影響がまだ残っていたのか、部屋は北向きの窓からの涼しい風が流れ込んで、いつもの暑さでは無かった。お陰さまで私はぐっすり眠ることができて、夜中目を覚ますことも無く、翌朝目覚めた時、(4~5回は見てはいるはずの)夢をちっとも覚えていなかった。久々にレムを感じない夜であった。
 思えば、若い頃はもちろん、40過ぎたオジサンになっても、肉体労働をして、家に帰ってシャワーを浴びて、酒飲んで寝た時、その日が寝苦しい夜で無ければぐっすり睡眠だった。夢を覚えていないレムを感じないままの睡眠は、翌朝の目覚めも気持ち良い。「寝たぞー」という満足感がある。ぐっすり眠ることのできた夜を「れむれない夜」と私は呼ぶことにした。私の夢は概ね楽しい、その夢を覚えていないのは残念な気もするが。
          

 記:2015.8.21 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.8.21勝利を望んだ訳

2015年08月21日 | ガジ丸週一日記15-16

 ついこの間まで「今年は雨が少ない」などと近所の先輩農夫Nさんと話していたのに、この2週間程は一転、雨が多くなった。14日間の内11日は降っている。それもたっぷり降った日が多くあって、畑の土は乾く暇がない。雑草がすくすく育っていて仕事が増えている。
 そんな中、那覇への用事が4つある。友人Fを訪ね、甥の女房Mを訪ね、桜坂劇場へ会員更新手続きに行き、そして、旧盆前の墓掃除。時間とガソリン代節約のためそれらを同じ日に済ませたいと望んでいた。
 スポーツに関心の無い私は、夏の甲子園にも関心が無く、県代表高校の試合にも興味が無い。友人からは非県民と言われているが、県代表が勝っても負けても私の幸せに何の影響も与えないからだ。が、今回ばかりは密かに県代表が決勝まで勝ち進むことを望んでいた。
 郷土の高校の試合がある時、ウチナーンチュの多くは外に出ずテレビを観たりラジオを聴いたりしている。いつもは混んでいる那覇も人出が少ない、道が空く。墓の駐車場も空く。その時が、混雑の嫌いな私が那覇へ行くチャンスなのだ。が、結果は残念、私も残念。
 
 七夕の墓掃除2015
 昨日木曜日は旧暦の七月七日、七夕だった。沖縄ではその日に墓掃除をする風習がある。で、那覇行きを決行、用事を全て済ませた。墓は今回も自由人の持ち物で散らかり放題。


この記事をはてなブックマークに追加