ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

あいさつ

2010年11月26日 | インポート

Entyuaisatu

ユクレー島の瓦版
シバイサー博士の発明の紹介は
ゑんちゅ小僧が報告します。

ゑんちゅ小僧のプロフィール

ユクレー島へのメール

Kedamanaisatu_1

ケダマン見聞録
週刊ケダマン

毛魔ケダマンが語る。

ケダマンのプロフィール


この記事をはてなブックマークに追加

島の住人

2010年11月26日 | インポート

ガジ丸
シバイサー博士
ユーナ
チシャ
モク魔王
ハル
ゑんちゅ小僧
ウフオバー
ジラースー
ケダマン
アッチャン
マミナ先生
桃田マナ
デンジハガマ


この記事をはてなブックマークに追加

浦添運動公園

2010年11月26日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 友人Hの店の近くには浦添運動公園と浦添大公園があり、浦添大公園は時々、浦添運動公園はたまに散歩している。数年前までは、その散歩のついでにHの店に寄ることが多かったが、ここ2、3年は、Hの店に行ったついでにそれらの公園に寄ることが多かった。そしてごく最近は、Hの店に行っても、散歩はしていない。
 Hの店に行くのは、インターネットを利用するために私自らの都合で行くことが多いのだが、稀には、H、またはHの女房E子に呼ばれて行くこともある。彼らの用件は概ねパソコンSOSだ。その稀な事が9月の初めに4日連続して起こった。4日連続Hの店に行ったにもかかわらず、散歩は一度もやっていない。この間、雨の日が多かったということもあるが、時間に余裕がなかったせいでもある。
 「時間に余裕が無いから」ということは正当な理由だ・・・とは思うが、逆に、そんな時こそ、野山を散歩すれば、心に余裕を取り戻すことができるのではないかと、涼しくなって、扇風機も要らなくなった秋の夜、ふと思った。
 ということで、9月早々、久々に散歩、浦添運動公園を歩いた。

 浦添運動公園(うらそえうんどうこうえん)
 所在地:浦添市仲間
 面積:146,000 ㎡
 運動施設:陸上競技場、野球場、体育館、屋内運動場、屋外運動場、プール
 その他、園内には駐車場、休憩施設、遊具施設、売店などもある。 

 浦添運動公園へは、平均して年に2回ほど、私は訪れている。Hの店に行ったついでだったり、沖展を観に行ったついでだったりだ。沖展とは、沖縄の美術展で、毎年、公園内の施設の一つ、浦添市民体育館で開催されている。
 野球好きな人には、東京ヤクルトスワローズのキャンプ地として有名で、野球場、サブグランド、体育館などの施設が利用されているとのこと。キャンプの頃には見学客で賑わうそうだ。私は見に行ったことは無い。野球好きでは無いので。
 園内には樹木も多く植えられている。特に珍しい ものは見えないが、クロヨナ、ハクチョウゲの生垣などガジ丸写真館の写真はここで撮ったもの。
 浦添のこの辺りは、浦添カルチャーパークと名付けられ、北隣に以前紹介した浦添大公園があり、東隣には浦添美術館がある。また、一帯は琉球の歴史上重要な場所であり、浦添城跡、浦添ようどれ(王の墓)などの重要な文化遺産も近くにある。
     
     
     

 記:2010.10.23 ガジ丸 →沖縄の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

疲労感だけの一週間

2010年11月26日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 日曜日(11月21日)、美女Sさんの家でパーティーがあり、私は飲み過ぎて酔ってしまった。帰る頃からの記憶が無い。同席した友人のHによると、「俺も酔っていてよく覚えてないが、お前がタクシー呼んで、それでみんな一緒に帰ったと思う」とのこと。酔って乱れるようなことは無かったようだが、飲み過ぎの報いは翌日現れた。
 目覚めると、酷い二日酔いだった。頭痛を抱えたまま実家へ行き、仏壇にお茶を供え、一服して郵便局へ行き、父の残した貯金の受取り手続きをし、受け取った現金を持って銀行へ行き、新たな口座を作ってその金を振り込む。その後、相続手続きの担当者とその日予定していた相続の最終処理の話をした。すると、「書類がまだできていないので、今日手続きはできません」と平然とした顔で言う。少し収まっていた頭痛がぶり返した。

  その日の夕方、前日Sさんの家に忘れたカメラを取るためSさんに会う。会って、カメラを受け取って、その後少し話をする。その時、その程度は親しくなったであろうと勝手な思いでちょっと不躾な質問をし、彼女を怒らせてしまった。にもかかわらず帰り際に、「今度は二人だけで飲みに行きましょう」とノーテンキなことを言ってしまう。
 Sさん、笑顔ではあったが、目が笑っていない。「それは絶対あり得ないです」ときつく言われた。「絶対あり得ない」なんて、そんなきつく言わなくてもと思いつつ、「オジサンの恋も終わったな」と寅さんの気分になる。収まっていた頭痛がぶり返した。 
          

 翌火曜日の朝、出勤すると会社に誰もいない。事務所のカギも閉まっている。社長に電話する。「今日は勤労感謝の日だから休みです」とのこと。零細建設業の概ねがそうであるように、我が社も祭日は休みとなっていない。だけど、子供の日と勤労感謝の日は休みにしていた。週に二日しか出ないということもあって、そんなこともすっかり忘れていたのだ。昨夜、焼け酒を飲んで、朝寝坊して、慌てて支度して、コーヒー飲まず、雲子中途半端で何とかやっと時間に間に合っただけに、何てこった!と力が抜ける。

  自産自消イモ生活計画が大幅に遅れている。1月に芋を植付け、4月には第二段、7月には第三段、10月には第四段の植付を行う予定であったが、第二段の植付が延期され続けていた。先週になってやっと、植付個所の準備(除草、堆肥撹拌)を終えた。
 会社が休みとなった火曜日に植付を行う。八ヶ月遅れたことになる。植付の前に、1月に植えた芋を一部収穫する。一月の芋は水腐れしていた。そこから枝分かれした個所に芋はできていたが、それらはまだ小さかった。「芋の収穫もダメか」とガックリ。

 昨日、相続手続きの最終処理に銀行へ行く。「今日で全てが終わるぞ」と思っていたのだが、銀行からの書類を受け取って法務局へ行くと、承認されるのは来週の月曜日だとのこと。「まだ続くのか」と思いつつ、登記移転受領書を持って、銀行へ行く。
 「月曜日でやっと終了できますね。後は、お父さんの通帳が使えなくなるので、自動引き落としされてるものの変更手続きですね」と仰る。どこが引き落としているか調べて、自分でそれらの手続きしろって仰る。やい、若造、「やっと終了」しねぇじゃないか!と怒鳴る前に、「ウー、あ、頭が・・・」と頭痛がし、疲れがどっと出た。
          

 記:2010.11.26 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

不感の達観

2010年11月19日 | ガジ丸通信-社会・生活

 表題は「四十にして不惑」の不惑では無い。不感症の不感、「感覚が鈍かったり慣れてしまったりして感じないこと」(広辞苑)のこと。達観は「何事にも動じない心境に到ること」(〃)のこと。不感の達観はつまり、「感じないから動じない」となる。

 銀行の、父が残した債務の相続手続きで、銀行側に長い期間(もう半年だ)振り回されている。銀行から要求された書類の全てを出し終え、これで終わったと思って、「はーーーれたそらーーー」なんて歌う気分になって、そんな気分を一文にして、このガジ丸通信に書いたのは10月22日。その後、「書類に足りないものがありました」と銀行の担当者から連絡があり、それから4週間、なおも振り回され続けている。

 「抵当権の名義もお父さんからあなたと弟さんへ変更する必要があります。それが済んだという証拠になる登記謄本がなければ、債務相続の承認がおりません。」という。で、法務局へ行き、相談係に相談して、抵当権変更のための資料を貰い、資料を読み、登記申請書と登記原因証明情報なる書面を作成する。時々、どう書いていいのか判断に悩むと、ちょっとイラっとして、煙草に手が伸びる。お陰で煙草の量が増えてしまった。
  「これで、肺癌にでもなったら銀行のせいだからな」などと思いながら書き進めていたのだが、その途中、登記原因証明情報なる書面を書いている時に大きな矛盾に気付いた。で、すぐに銀行へ電話し、矛盾点(具体的に書くと長くなるので省略)について説明を求める。答えは、「よくわからないので、もう一度調べてみます。」であった。
 その日(先々週月曜日)、上記の銀行との電話は昼過ぎで、その後、友人Hの店へ出かけた。そこにたまたま大学の大先輩(15、6年先輩)のAKさんがやってきた。
 AKさんは誰もが知っている倭国の大手銀行、その東京の本店に長く勤め、幹部までなった人。銀行の仕事に関してはプロ中のプロだ。で、「怒ったり怒鳴ったりしないから舐められているのか、貧乏人だからと侮られているのかしらないけど、銀行の若造に振り回されて難儀しているんですよ。」などと愚痴を聞いて貰う。
 「債務相続や登記移転などの相談は銀行の業務として普通にあること、そのやり方についてお客へ適切な助言ができないなんて、それは銀行マン失格だ。」とのこと。やい、聞いたか若造、・・・なんて言ったって、若造がこのブログを読むことはあるまい。
          

 先週月曜日、銀行へ行き、若造と協議する。その前に法務局で「債権者の住所が変わっている。その変更手続きも別途やらなければならない。」と言われていたので、その旨報告すると、「あっ、そうですか、それも必要なんですか。」なんて仰る。
 債権者は沖縄振興開発金融公庫だ。ウチナーンチュのほとんどが家を建てる時には世話になっている所だ。「銀行員ならそこの住所が変わっており、債務相続手続きの際にはその変更が必要なんてことは当然知っておくべきことだろう!それを、あーそうですかで済ますつもりか!」なんて普通は怒鳴るところかもしれないが、私は怒鳴らない。
 私は怒鳴らない。法務大臣がバカ発言しても怒らない。怒るのが面倒なのだ。面倒は楽しくない。楽しくない事はやりたくない。そうやっていつのまにか、私の心は不感症になっているのかもしれない。感じないから怒らない。これがつまり、不感の達観。 
          

 記:2010.11.19 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加