ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アシナガキアリ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 人に迷惑をかけない働き者

 私は、日本国民の中では間違いなく貧乏人(世界的に見れば金持ち)であるが、多趣味である。・・・貧乏人だが多趣味という言い方が正しいかどうか、今ふと考えた。
 趣味の多くはお金を必要とする。そして、趣味にはそれを行う時間が必要である。一般的には「貧乏暇無し」なので、貧乏人は趣味を持ちにくい。よって、「貧乏人”だが”多趣味である」の”だが”は正しい。むろん、その趣味の種類は限られているが。
 絵を描く、文章を書く、写真を撮る、畑で野菜を作る、散歩する、などが数年前、または十年前位からの私の趣味で、今も続いている。それらのいずれも暇は必要だが、お金はあまりかからない。貧乏人の全ては金がかかる趣味は持てない。向上心(金持ちになりたいという)のある貧乏人は暇も無いので趣味を持てない。私は貧乏人だが多趣味である。つまり私は、向上心が無くて、暇のある貧乏人なのである。

  貧乏暇無しという言葉がアリにもあてはまるのかどうか不明だが、アシナガキアリが貧乏なのかどうかも不明なのだが、彼らはよく働く。種族繁栄のために働いて、その目的が果たされているのであれば、彼らは、気分的には裕福なのかもしれない。
 アシナガキアリに趣味があるのかどうかも不明だが、少なくとも、今週別項で紹介しているイエヒメアリのように、人の皮膚を噛むなんて迷惑な趣味は持っていない。

 現場仕事の日は、道端で昼飯を食う機会が多い。地べたに座って弁当箱を広げる。ちょいと気をつけて地べたを見ると、アシナガキアリを発見する。「やあ、君たちも頑張ってるね。」と私は思い、ご飯粒を少々落としたりしている。

 
 アシナガキアリ(脚長き蟻):膜翅目の昆虫
 アリ科 琉球列島、台湾、東南アジア、ニューギニアに分布 方言名:アイ、アイコー
 脚が長いのでアシナガキアリ(脚長き蟻)という名前。アメイロハヤアリという別名もある。これは、体が飴色をしていて歩く速さが速いことから。
 名前の通り脚の長いのが特徴であるが、もう一つ、触角も長い。後脚は体長の1.5倍あり、触角は体長とほぼ同じ長さとなっている。
 家の中で見ることもたまにあるが、ほとんどは屋外で見る。草地、畑地、林地などどこにでもいて、屋外では最も多く見かけるアリとなっている。
 人を噛むことは無い。いつも早足で働いている。ということで、私はこのアリに愛情さえ覚える。けして殺したりはしない。餌をあげたくなるくらいである。

 記:ガジ丸 2007.7.27 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イエヒメアリ | トップ | アカアシハラナガツチバチ »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。