ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オキナワウラジロガシ

2017年09月01日 | 沖縄の草木:公園街路

 先週紹介した沖縄の草木「イタジイ」と同じ日、同じ場所、2011年9月16日、石垣島バンナ公園で出合ったオキナワウラジロガシ、イタジイと同じく、西原町立図書館から借りた本『沖縄やんばるフィールド図鑑』によると、「やんばるの森でスダジイ(イタジイの別名)に次いで多い」とある。であればイタジイと同じく、数年前まではヤンバルの森をたびたび散策していた私なので、オキナワウラジロガシにもきっと出会っているはず。きっと写真も撮って、パソコンの不明植物フォルダに入れてあるはず。
 パソコンの不明植物フォルダは「雑草」、「草本」、「木本」の子フォルダに分けられており、「木本」フォルダには約440枚の写真が収められている。1本の樹木につき写真は全体、花、葉などだいたい3枚は撮っているので、不明樹木は110種はある。その中からオキナワウラジロガシを探すのは面倒、ということで止めた。
 よって、イタジイと同じく、今回紹介する写真はヤンバル産ではなく石垣島産。「何で?」と問われたら、その答えもイタジイと同じ、ヤンバルには無かったが、石垣島バンナ公園には「これがオキナワウラジロガシ」という名札があったから。
     
 広辞苑で樫を引くと「ブナ科コナラ属の常緑高木の一群の総称。・・・同属の高木で常緑でないものをナラと総称。・・・果実は「どんぐり」。材は堅く、器具材その他として重要。」とある。オキナワウラジロガシは樫の1種ウラジロガシの変種。若い頃、樹木の支柱材として加工されたものを扱ったことがある。重くて堅かったという印象。
 
 オキナワウラジロガシ(沖縄裏白樫):公園・建築材
 ブナ科の常緑高木 琉球列島に分布する固有種 方言名:カシ、カシギ
 名前の由来、カシについては広辞苑に「イカシ(厳し)の上略形か」とあった。ウラジロについては同じく広辞苑に裏白と漢字が充てられ「葉の裏は蝋状物質を分泌し白色」とあり、「葉の裏は・・・白色」ということから来ているものと思われる。オキナワは琉球列島に分布する固有種だからで間違いないであろう。
 琉球列島に分布を細かく言うと、奄美大島、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島、西表島とのこと。山地に生育し、琉球列島のブナ林の主要構成樹木の1つ。
 材は硬く、建築材として首里城前の丸柱や守礼の門など、琉球建築に古くから利用されている。また、シイタケ栽培用原木や船舶材、薪炭材にも利用されている。
 高さは20mほどに達し、文献には「庭園樹に良い」とあったが、大名屋敷のような大きな庭ならともかく、一般の個人の庭には不向き。
 実(どんぐり)は秋~冬に熟し大型とあり、加工して食用になるとのこと。花は小さく特に目立たない。開花期は2月。方言名、宮古八重山ではカスキと呼ぶ。
 
 葉

 記:島乃ガジ丸 2017.8.3 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
 『熱帯植物散策』小林英治著、東京書籍発行
 『花卉園芸大百科』社団法人農山漁村文化協会発行
 『ニッポンの野菜』丹野清志著、株式会社玄光社発行
 『藤田智の野菜づくり大全』藤田智監修、NHK出版編
 『やんばる樹木観察図鑑』與那原正勝著、ぱる3企画発行
 『熱帯の果実』小島裕著、新星図書出版発行
 『熱帯花木と観葉植物図鑑』(社)日本インドアグリーン協会編、株式会社誠久堂発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行
 『沖縄やんばるフィールド図鑑』 湊和雄著 実業之日本社発行


この記事をはてなブックマークに追加

イタジイ(スダジイ)

2017年08月11日 | 沖縄の草木:公園街路

 西原町立図書館から借りた本『沖縄やんばるフィールド図鑑』によると、そのスダジイの説明文に「やんばるの森で最も多い樹木」とある。ちなみに、同説明文では「別名イタジイ、オキナワジイ」とあって、スダジイを代表名としているが、私が参考にしている他の文献も確認して、多数決の結果、ここではイタジイを代表名とした。
 話が逸れたが、「やんばるの森で最も多い樹木」であれば、私はこれまでに何度もイタジイを目にしているはず。数年前までは毎年のようにやんばるの森に出掛け、野山を散策して動植物の写真を撮っていた。「やんばるの森で最も多い樹木」であれば、パソコンの不明植物フォルダにおそらくイタジイはあるはず。しかし、今回紹介する写真はヤンバル産ではなく石垣島産。「何で?」と問われたら、答えははっきりしている。やんばるの森にはたくさんの樹木があったが、そのどれがイタジイなのか素人の私には判断できなかった。しかし、石垣島バンナ公園には「これがイタジイ」という名札があったから。
     

 『沖縄四季の花木』に「沖縄の山地を構成する樹木の主役」とあり、景観の主役だけでなく、ノグチゲラが営巣し、樹洞ではヤンバルテナガコガネが生活し、果実はリュウキュウイノシシ、ケナガネズミが食べ、他の鳥類の貴重な栄養源となっているようだ。
 沖縄の森の主役、今度ヤンバル(沖縄島北部の通称)へ行く機会(ガソリン代を考えると当分は無いだろうな)があれば、お目にかかって挨拶したいと思う。
 
 イタジイ(いた椎):公園・建築材
 ブナ科の常緑高木 関東地方以南、南西諸島、朝鮮に分布 方言名:シィジャ
 名前の由来は資料が無く不明。広辞苑にイタジイは無くスダジイとなっている。スダジイを引くと別名としてイタジイがあった。イタジイもスダジイも由来は不明。シイを広辞苑で引いても語源の記載は無く、よって、シイについても由来は不明。
 分布の南西諸島を細かく言うと、奄美大島、徳之島、沖縄島、石垣島、西表島となっている。山地に生育し、琉球列島のブナ林の主要構成樹木の1つ。
 高さは20mほどに達する。材は建築材、器具材、薪炭材、パルプ原料に、樹皮は染料に用いる。また、椎茸栽培の原木にも利用される。
 花は淡緑黄色で小さく目立たないが芳香がある、開花期は2月から3月。堅果(どんぐり)は卵形で13ミリ内外あり、10~12月に熟し、生食できる。
 
 葉

 記:島乃ガジ丸 2017.7.29 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
 『熱帯植物散策』小林英治著、東京書籍発行
 『花卉園芸大百科』社団法人農山漁村文化協会発行
 『ニッポンの野菜』丹野清志著、株式会社玄光社発行
 『藤田智の野菜づくり大全』藤田智監修、NHK出版編
 『やんばる樹木観察図鑑』與那原正勝著、ぱる3企画発行
 『熱帯の果実』小島裕著、新星図書出版発行
 『熱帯花木と観葉植物図鑑』(社)日本インドアグリーン協会編、株式会社誠久堂発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行
 『沖縄やんばるフィールド図鑑』 湊和雄著 実業之日本社発行


この記事をはてなブックマークに追加

ワシントンヤシ

2017年07月25日 | 沖縄の草木:公園街路

 沖縄県庁の建物は15年ほど前に建替えられた。元の建物は今とほとんど同じ場所にあったのだが、どんな建物だったか、物覚えの悪い私はほとんど覚えていない。ただ、建物の北側に面した道路沿いの、県庁の隣にあった県議会棟の近くに大きなワシントンヤシが数本あったことは覚えている。
 その頃、植物に対する興味はそれほど無かったのではあるが、県庁のワシントンヤシはじつに見事な大きさで、ガッシリとした風格があった。それで名前を覚えた。オキナヤシという別名もあるが、それも覚えた。幹は太くゴツゴツとした肌、大きな葉を垂れ下げたワシントンヤシの姿は、思慮深く人徳の高い翁に見えたのである。
 ところが、新しくなった県庁の、北側に面した道路沿いの県議会棟前からはそのワシントンヤシが1本残らず消えていた。

 数年後のこと、ある造園屋の人から話を聞いた。県庁のワシントンヤシは切り捨てられたとのことであった。見事な姿のヤシ、廃棄処分となると市民から必ず抗議がある。マスコミにも叩かれる。というわけで、事は秘密裏に進めなければならない。作業は市民にばれないよう、夜中に行われたということである。
 大きなワシントンヤシを生かして移植するのには、1本当たり、たとえば100万円かかるとすると、大きなものは廃棄処分にして、2トンダンプに乗る程度の大きさのものを新たに植えれば、3、40万円で済むらしいのである。お金の問題なのであった。
 まあ、お金を最優先させる今の世ではしょうがないことなのであろう。しかし、あの見事な姿を廃棄なんて、じつに勿体無いことをしたものである。
 
 ワシントンヤシ(華盛頓椰子):公園
 ヤシ科の常緑高木 原産分布はカリフォルニア南部、他 方言名:なし
 ワシントンという名は英語名のWashington来ていると思われるが、英語名はまた、属名のWashingtoniaから来ているのであろう。Washingtonはたぶん、アメリカ合衆国の首都であるワシントンDCのこと。この植物の原産分布はカリフォルニア南部の他、アメリカ東部も含まれている。最初の発見がアメリカ東部のワシントンDCだったのかも。
 別名にペチコートヤシ(英語名Petticoat palmから)という名前もある。枯れた葉が幹についたまま垂れ下がり、それらが何枚も折り重なっている様がペチコート(スカートの形状をした女性の下着の一種)に似ているところからきている。他にシラガヤシ(白髪椰子)、オキナヤシ(翁椰子)という別称もある。これらは、繊維状のものが葉の縁から垂れているところを、白髪を垂らした老人の様に喩えたもの。
 一見ビロウと見間違える。ビロウそっくりの掌状の葉を持つからである。ビロウの小葉は中途から折れているが、本種の若い葉は折れていない。また、本種は枯れた葉が長く残り幹から垂れ下がっているのも特徴。さらに、ビロウは葉を付け根から落とし、幹肌はなだらかであるが、本種は葉の付け根部分が幹に残って、幹肌が網目模様になっている。
 高さ20mに達する大型のヤシ。見た目ガッシリとした風格がある。陽光地を好む。乾燥に強く、耐潮風性もあるので海浜地の植栽にも適する。開花期は6月から7月。
 
 葉

 記:島乃ガジ丸 2006.1.10 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行


この記事をはてなブックマークに追加

リュウキュウハリギリ

2017年07月25日 | 沖縄の草木:公園街路

 3、4年前の春、みちのく一人旅その1(その2は去年)に出た。福島で県立美術館を見学した後、午後2時を過ぎて遅い昼飯を取る。山菜の時期だそうで、山菜を肴にビールを一杯やろうと、福島駅近くでそれらがありそうな店を見つけ、ガラガラとドアを開けて中へ入る。カウンターの向こうに60歳位のオヤジが座っていて、ジロっと睨まれた。
 オヤジはテレビを観ていたようだ。テレビは大きな音量で競馬中継をやっていた。「何で、こんな時間帯に入ってくるんだ!」といった憮然とした表情でオヤジは
 「っらしゃい」と小さな低い声で言う。馬券を買っていたんだろう。オヤジにとっては客よりも競馬中継の方が大事なようである。こっちを見てはいるが、耳はテレビから離れたくないようで、なかなか立ち上がらない。傍に立っていた奥さんと思われる人が、さっと動いて、オシボリを出し、注文を聞く。生ビールと山菜の天ぷら盛り合わせを頼む。そこでやっとオヤジは立ち上がり、天ぷらを作る。包丁を握ったところでオヤジは自分の商売を思い出したようだ。愛想笑いを浮かべて「お客さん、旅ですか」などと訊く。やっと私を客扱いしてくれたのだが、そこまで、私が店に入ってから10分ほど経っていた。
 オヤジの態度はあまり良いとは言えなかったが、天ぷらは美味しかった。特に、タラノメの天ぷらは私の好物で、それも十分に旨かった。

 タラノキは、沖縄には無い。が、それに近いものはある。従姉の亭主が私同様、酒が好きで、食い物への好奇心も強く、数年前、自分の庭にリュウキュウハリギリを植えた。リュウキュウハリギリの若芽はタラノメに近い味がすると言う。植えてから3年後くらいには十分大きくなり、新芽も収穫できるようになったのだが、沖縄の春は短い。あっというまに過ぎる。収穫できるようになった去年、そして今年と、彼も私もリュウキュウハリギリの新芽を食っていない。二人とも「好奇心はあるが、貪欲では無い」のだと褒めておこう。脳が衰えて、忘れっぽくなっているだけに過ぎないのかもしれないが・・・。
 
 リュウキュウハリギリ(琉球針桐):公園
 ウコギ科の落葉高木。基本種の原産分布は日本各地。方言名:ダラギ、ヤマギリ
 基本種のハリギリは日本の他、シベリア、中国にも分布している。リュウキュウハリギリはハリギリの変種で沖縄特有のもの。
 半日陰でもよく育ち、耐風、耐潮風性も強い丈夫な木。開花期は5月から7月であるが、花は特に観賞するほどのものでは無い。樹形を楽しむ。高さ10~20mになる。
 幹、枝に鋭い棘がある。クマゼミが好んで集まる。材は器具材に使われる。
 
 葉
 
 枝

 記:島乃ガジ丸 2005.7.3 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行


この記事をはてなブックマークに追加

ヤマドリヤシ

2017年07月25日 | 沖縄の草木:公園街路

 親しみのあるヤシをまだ紹介していなかったということで、先週に引き続いて今週もヤシ。今週は親しみのある数種の中からアレカヤシ。このページのタイトルがヤマドリヤシとなっているが、それが、アレカヤシの和名の本名となっている。
 アレカヤシはその名前で、観葉植物の鉢物として園芸店でよく見かける。若い頃、私もアレカヤシの鉢物を一つ部屋に飾っていた。だから親しみがある。また、アレカヤシは他のヤシとは見た目に大きな違いがあり、若い頃の私でも、アレカヤシをヤシという名前で一括りにしていなかった。その大きな違いとは、アレカヤシが株立ちであること。
 アレカヤシの和名の本名がヤマドリヤシであるということは後年知った。ヤマドリヤシとはなかなか面白い名前なので、今回調べてみた。
 ヤマドリというと、山取りと書いて造園用語にある。「地植えされた植物を、移植するため、根回し無しにその場で掘り取る」ことを言うが、広辞苑にもある。「植物などを、山の自生地で採集すること」である。
 造園用語の山取りにはリスクが伴う。根回し無しということは、移植後の生育が不調になる可能性が高くなるということだ。ヤマドリヤシはそのリスクが少ないからその名前が付いたのかと考えたが、確かに、ヤマドリヤシは移植が難しいということは無い。
 ヤマドリというと、もう一つ山鳥も考えられる。山鳥は「山にすむ鳥」(広辞苑)のことだが、ヤマドリヤシの葉は深い緑色で光沢があり、美しい。それを山鳥の羽に見立ててのヤマドリということなのかもしれない。正確なところは不明。
 
 ヤマドリヤシ(山鳥椰子):公園・鉢物
 ヤシ科の常緑高木 マダガスカル原産 方言名:なし
 ヤマドリヤシにはコガネタケヤシという別名もあるが、それらよりもアレカヤシという名前の方がずっと有名かもしれない。園芸店の観葉鉢物のほとんどにはその名札が付けられている。私もヤマドリヤシではピンとこないが、アレカヤシならすぐにわかる。
 アレカという名は、ジャングルを探検していた一行が、「教授、あれが目印の椰子の木です。」、「そうか、あれか。」といった逸話からきている、のでは無く、おそらく、英語名のAreca palmから。もう一つのコガネタケヤシ(黄金竹椰子)は見た目から。全体に明るい色をしていて、幹に節があって竹のように見える。ところが、肝心のヤマドリヤシの由来が不明。山鳥という字は『沖縄園芸植物大図鑑』にあった。
 高さは10mほど。陽光を好むが半日陰でも育つ。風を強く受けると葉が枯れるので、風の弱い場所に植栽する。耐陰性があるので室内の観葉植物にも向く。葉に照りがあって美しいので花屋に切り葉としても売られている。花は目立たない。
 
 花序

 記:島乃ガジ丸 2008.3.29 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行


この記事をはてなブックマークに追加