ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヨガという瞑想

2016年07月29日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 今年の沖縄は6月から糞暑い、夜も暑くてぐっすり睡眠ができていない。7月に入るとさらに暑くなって、夜も糞暑くて何度も目が覚めるグダグダ睡眠が続いている。
 時々、手首血圧計で血圧(脈拍数も)を計っているが、私は血圧が高い、元々高い、150超えが続いている。いつから150超えなんだろうと日記を調べてみた。2014年1月からだった。それ以前も高めだ、ほぼ140超えとなったのは2007年1月から、高血圧歴9年半というわけである。それ以前は130台と140台が半々であった。
 高血圧は脳や心臓疾患になるリスクが高いことも知っている。ではあるが、血圧が高いのは9年半の経験で慣れっこになっていて、今のところ、胸が苦しいとか眩暈がするとかも無いので、血圧の高さは気にしないことにしている。それよりも最近、脈拍数が多いのが気になっている。平常の私の脈拍数は60前後であるが、6月は65前後となり、7月に入ると、何と70前後になった。「これはきっと心臓の過重負荷だ」と心配。

 「そういえば最近、腹式深呼吸も瞑想もまともにやっていないなぁ」と思い出した。私の経験では20~30分程度の腹式深呼吸をやれば血圧は10ポイントほど下がる。同じく20~30分程度の瞑想をやれば心拍数も下がって行く。
 「そういえば最近」の最近は、はっきり覚えていないが、たぶん、1年くらいはご無沙汰しているはず。今年6月になって、暑苦しさで4時頃目を覚ました時があって、その時に「久々にやろう」と腹式深呼吸にトライした。10分もしない内に眠っていた。
 同じようなことが7月に入ってもあった。その時は腹式深呼吸ではなく瞑想。その時既に脈拍数が70前後となっていたので、「血圧を下げることよりは心拍数を落ち着かせることが先だ」と思ってのこと。その瞑想もまた10分と続かず私は眠っていた。

 脈拍数が多くなったのは6月から。つまり、暑くて寝苦しくてグダグダ睡眠となって、毎日が寝不足状態となってからだ。寝不足は健康に悪いはず。心臓にも負担がかかるので脈拍数が増えていると思われる。それでも、この糞暑い中、畑仕事は続けている。
 グダグダ睡眠が続いて、毎日のように寝坊して、畑への出勤が7時頃(夏農夫の予定では6時前出勤)となって、畑も暑くて11時頃にはフラフラとなって、グダグダ作業が続いて午後1時頃には家に帰って、家も暑くて、少し昼寝した後、ダラダラと引っ越し(予定、いつになるやら)準備と、そのついでのダンシャリ作業をしている。
 7月15日、「俺はたぶん疲れている」と思い、畑へはオクラ収獲のため30分ほど寄っただけで、畑仕事を久々に休んだ。そして、「健康のためには瞑想は大事だろう」と思っていて、たまたま、桜坂劇場でその類らしき映画をやっていたので観に行った。良い映画を観て、身体だけでなく心もリフレッシュしようという魂胆であった。

 その日観た映画は『永遠のヨギー』。ヨガの達人がアメリカ合衆国に渡って布教活動するというお話。ヨガに対する私の認識はずいぶん前から決まっていた。「瞑想の1種」という認識だ。しかし、『永遠のヨギー』を観て、その認識は少し変わった。主人公のヨギー(ヨガをする者)はヨガの目的は「神を感じる」ことであると語っていた。彼はまた、ヨガによる調和と愛も説いていた。ヨガは平和と愛を望む「宗教の1種」であった。
     
     

 記:2016.7.29 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2016.7.29 弱音吐く農夫

2016年07月29日 | ガジ丸週一日記15-16

 何度も何度も書いているが、書いても書いても言い表せないこの糞暑さ、炎天下でしたたか汗をかき、陰に入って休んでいても汗は滲み出て、青息吐息の状態。
 畑では1人でいることがほとんどだが、私の口からはたびたび言葉が発せられる、いわゆる独り言だ。「アチサヨ(暑さよ)!」はたびたび、「アギジャビヨイ(何たること)!」もたまに。和語の独り言もある。炎天下で草抜きなどしている時、しゃがんだその背中にギラギラの太陽がアイロンを当てる。そんな時は「もう死ぬ、もーーう死ぬ」なんてことを怒鳴るように言っている。
 根性無しの私は時々弱音を吐いたりもするが、先日、こんな弱音も吐くんだと自分でも笑ってしまうような独り言が口から出てしまった。「母さん、暑いよー、死んじゃうよー、助けてよー」と言ってしまった。
 母に助けを求めるようなことを、子供の頃なら多くあっただろうが、大人になってからは、金の無心以外に無いと思う。母の日記を読んで、1989年に私は母から50万円を借りていることを知った。私の脳にそんな記憶は無いのだが、甘えていたようだ。反省と感謝。
 
 沖縄の太陽の凄さ
1ヶ月以上前から背中に痒みが時々出た。それを近所の先輩農夫Nさんに話したら、「背中が日焼けしてるんだよ」とのこと。写真は私の後姿、汚いの見せて申し訳ない。


この記事をはてなブックマークに追加

トウガン

2016年07月29日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 染まる美味しさ

 今年(2016年)3月13日、1株のシブイ(トウガン)の苗を畑に植えた。肥料を与えない私の畑では成長はゆっくりである。蔓はゆっくりとだが順調に生育し、6月になると花が咲き、実も着けるようになったが、まだ長さ3~4センチにもならない内に虫に食われでもしたか、いくつもがいつのまにか消えてしまっていた。それが、6月23日になってやっと1個の実が、長さ5~6センチにまで成長していた。
     
 その実は、その後も順調に生育し、7月の始め頃には長さ10センチほどにまで成長した。「よし、20センチ超えたら収穫しよう、あと1週間か2週間後だろう」と期待していたのだが、7月10日、そのシブイの実を確認したら何者かに食われていた。
 シブイを食った犯人はすぐ傍にいた。犯行現場を見たわけではないが、その食い痕から犯人はこ奴だと判断できた。アフリカマイマイである。食い痕にはヤスデの類が着いていたが、シブイの堅い皮をヤスデは食い破れないはず。アフリカマイマイなら堅い皮も容易く齧るし、その齧りっぷりも「さすが大物」と思わせるもの。
     

 苗を植えてから4ヶ月が経ってもまだシブイを収穫できない。「チクショウ!アフリカマイマイめ!」と思うのだが、薬を使わない限り奴らの駆除は難しい。「あーぁ、この先もシブイの収穫は難しいだろうな」と半分諦めかける。ところが、
 7月23日、特に期待すろこともなくシブイを植えた畝を見回っていたら、葉の隙間から1個のシブイが尻を少し見せていた。葉を掻き分けると、何と、長さ20センチを超えるシブイが実っていた。さっそくその日の内に収穫し、その日の酒の肴となった。
 「なぜ、このシブイはアフリカマイマイの餌食にならなかったんだろう?」という疑問は、近所の先輩農夫Nさんに答えて貰った。「実が小さい内はまだ皮が軟らかいのでアフリカマイマイも齧ることができるが、大きくなって皮が硬くなるとアフリカマイマイでも齧ることができなくなる」とのこと。今回実ったシブイは、まだ小さい内の間、アフリカマイマイに見つかること無く、密かに育ち、アフリカマイマイが気付いた時には、もう奴らの歯が立たないほどに十分成長していたのだろうと想像される。
     

 シブイ、和名トウガンは沖縄でよく食される野菜の1つ。汁物のテビチ汁、ソーキ汁、肉汁などに入っていることが多い。煮物でもよく出される。生でも食えるらしいが、私はその経験が無い。焼いたり炒めたりすることもない、ほぼ全て煮て食っている。
 植物のトウガンを紹介しているページに「トウガンは奥床しいので、いろんな味に染まる。味に個性が無いといえばそうであるが、その食感には揺ぎ無い個性がある。口の中に入れ、軽く噛むとふにゃっと崩れ、染まった味がじわーっと広がる。美味いと思う。」と私は書いているが、そのページを書いてから9年経った今でも同じ感想。
     
     
     
         

 トウガン(冬瓜):果菜
 ウリ科の蔓性一年草 熱帯アジア原産 方言名:シブイ
 果実は品種によって球形、楕円形とあるらしいが、沖縄で見るものは楕円形がほとんどである。貯蔵期間の長さも特徴だが、その大きさもまた目立つ。近所のスーパーに並ぶ野菜の中では最も大きい果菜である。『沖縄園芸百科』には「長さ30センチ~130センチ、重さ3キロ~15キロ」とあった。

 記:2016.7.27 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

ラジオの世界

2016年07月22日 | ガジ丸通信-社会・生活

 2011年7月の地デジ化以降私はほとんどテレビを観ていない。他所の家に行って、そこのテレビが点いていて目の片隅に映ったことが数度あるが、数度全部足してもおそらく、2時間に満たないと思う。地デジ化以前も、オジサンと呼ばれる年齢になってからはテレビを観る時間は少なかった。なので、地デジになって、「よし、今日からテレビとはおさらばだ」という決心は、「よし、きょうから禁煙だ」という決心よりもはるかに緩い決心であり、左うちわの朝飯前の楽勝であった。ちなみに、「よし、きょうから禁煙だ」という決心をしたことが無いので、どの程度緩い決心だったかは正確には不明。

 テレビを観なくなって、世間の情勢を伝えるニュースはもっぱらラジオからとなる。地デジ以前もラジオはほぼ毎日聴いていた。ニュースは主にテレビからだったが、夜7時半から9時過ぎまではラジオを聴く(NHKFMの番組)ことが多かった。勤め人になって日中の時間を束縛される以前は、他のラジオ番組もよく聴いていた。
 高校時代浪人時代は深夜放送の「セイヤング」、「オールナイトニッポン」、「パックインミュージック」など、ただ、その中で覚えているのは愛川欽也のパックインミュージックだけ。女のあそこを何と言ったかは記憶にないが、男のあそこは「ポールタマタマ」と呼んでいたのを覚えている。Hな話に興奮したのも覚えている。
 沖縄のローカル放送で沖縄民謡を紹介する「民謡で今日うがなびら」も若いから聞いていた。平日の3時から4時までの放送で、大学を卒業して沖縄に帰ってからプー太郎だった頃、配送の仕事をしていた時などにはよく聴いていた。民謡が好きだからというよりも上原直彦、八木正夫、北島角子らのユンタク(おしゃべり)が好きだった。沖縄の文化を誇らしく思い、我が生まれ島沖縄を好きになるようなユンタクだった。
     

 大学を卒業して沖縄に帰ってからプー太郎だった頃、配送の仕事をしていた時など、ラジオを聴く時間の多かった頃には他にも好みのラジオ番組があった。
 記憶は正確ではないが、たぶん夕方にやっていた『小沢昭一の小沢昭一的こころ』、同じくたぶん夕方にやっていた『タモリの美女対談』、そして、これはたぶん午前中にやっていた『永六輔の誰かとどこかで』。タモリは元々タモリのファンだったので、小沢昭一はスケベな粋が好きで、永六輔はスケベで無い粋が好きでそれぞれ楽しんでいた。
 タモリはテレビの人という印象が強いが、小沢昭一と永六輔は、私にとってはテレビの人では無くラジオの人であった。小沢昭一は「明日の心だー」という締めの言葉が耳に残っている。永六輔は「知らない町を歩いてみたい・・・」の歌を思い出す。

 「ラジオの人」、先日、永六輔氏が他界したと聞いて、その言葉が思い浮んだ。ご本人がどう思っていたかは知らないが、私にとっては、氏は「ラジオの人」であった。
 5年前からテレビを観なくなった私には今「ラジオの人」がたくさんいる。ラジオにも有名人が多く出てくるが、5年以上前から有名人でテレビにも出ていた人は、「あー、あの人か」と顔を思い浮かべることができるが、そうでない人はどんな顔だか分からない。ラジオ局のアナウンサーなども顔が出てこない。出てこないけど、声としゃべり方を聴いてその顔を想像する。ラジオの世界は私の想像が多く占める世界となっている。
     

 記:2016.7.22 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2016.7.22 夏農夫の午後

2016年07月22日 | ガジ丸週一日記15-16

 夜暑くてグダグダ睡眠が続いて、毎日寝不足。ぐっすり睡眠が身体をリセットすると私は考えているので、今の私は、朝リセットされていない。リセットされない身体は疲れが溜まる。朝起きてもグダグダしている。
 グダグダの私はほぼ毎日遅刻している。畑への出勤が7時頃(予定は6時)となっている。その分遅くまでやっているかというと、この糞暑い中「そんなわきゃあ無ぇだろ!」と、ついつい怒鳴ってしまうが、この糞暑い中、12時前にはたいてい引き上げている。
 休憩の回数は多くなり、1回の休憩時間も長くなっている。休憩している時、陽の射す畑へ出ていくのには強い意志を要する。「よし!死んでも良い」という決心をしてから日向に出ていく。そんな日々が続いている。
 12時前には畑を引き上げ、家で何をやっているかと言うと、引っ越し準備をしている。引っ越し先のアパートはまだ見つかっていないが、「近い内に必ず引っ越してやる」という私の強い意志の現れである。
 西日の射す私の部屋は糞暑い、そんな中での荷物の整理作業、ここでも私はしたたか汗をかいている。
 
 引っ越し準備
 日常使っていないモノを段ボール箱に詰め、畑に持って行き、小屋や物置に置いている。この作業を始めたのは今月16日からだが、段ボール箱は今日迄に20箱を超えている。


この記事をはてなブックマークに追加