ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

もしもの場合を考えて

2015年02月27日 | ガジ丸通信-政治・経済

 酒が大好きな私、酒であればウィスキー、ブランデー、ジン、ラム、ウォッカ、老酒、焼酎、ワイン、日本酒、もちろん沖縄の銘酒泡盛も含め、種類を選ばず大好きであるが、中でも、日本酒は愛しているといってもいいほど好きである。
 日本酒の中では「何といっても大吟醸」と一昨年までは思っていたが、「いやいや、大吟醸よりこっちが旨い」と思うような酒を見つけた。見つけたというか、最初は自分で造った。昨年の冬、日本酒を自家醸造して、これが旨かった。吟醸というのは米を削って不純物を少なくしたものを言うが、私の造ったものは全く削らないもの、謂わば、不純物一杯の酒、これが旨いのだ、白米より玄米が旨いと感じるようなもの。

 自家醸造した日本酒の量は約1升、冬場ということもあって約1升は約1ヶ月で飲み干した。愛している日本酒が家に無いというのは寂しい、でも、それまで買っていた日本酒では物足りない、と思っていたら私の造ったのと似たような味の日本酒を見つけた。
 我が住まいから週一通っている宜野湾の職場へ行く道の途中に、有機農産物を販売している店がある。ある日、「有機米の日本酒あります」といった内容の看板につられて店へ入った。私の目は有機米の日本酒では無く、「玄米の酒」とか「精米歩合100%」とかいう日本酒に引き付けられた。両方買った、飲んだ、玄米の酒は少々きつかったが、精米歩合100%の酒は旨かった。私が造った日本酒の味に限りなく近かった。

 話はあったに(突然という意の沖縄語)飛ぶが、周辺事態の「周辺」を「世界中どこでも日本の周辺」にして、世界中どこにでも自衛隊を派遣することができるようにしたいと政府が考えているらしいことを噂に聞いた。国民生活に重大な支障の出る事態の際はそうするらしい。中東の石油が日本へ届かなくなるような事態は国民生活に重大な支障の出る事態らしい。ということはつまり、中東の石油が日本へ届かなくなるような事態が起こると予想された場合、それを阻止するために自衛隊を中東へ派遣するということなのであろうか?その際は、自衛隊の武力行使も想定しているのであろうか?
 中東の石油輸出国の国々が「お前には売りたくないので、売るとしたら他所の倍額だ」などと日本へ意地悪する、なんてことはあり得ないと思うが、ある一つの権力(おぞましきテロ国家のような)が中東の国々を支配した場合を考えると、無いとは言えない。そんなことが無いように心から祈っている。昔、日本帝国軍がやったような、アメリカが意地悪したからアメリカを攻撃した、なんてことが将来起こらないこともまた、祈る。

 もしもの場合を考えて、エネルギーは自給したい。日本は掘っても石油は出てこないので、やはりここは再生可能エネルギーに頼る。風力、太陽光、地熱、潮力、波力などなどあらゆるものを駆使して、エネルギーは他国に頼らずとも賄えるようにしたい。
 もしもの場合を考えて、食も自給したい。TPPは、輸出国にとっては安全保障の武器となるが、輸入国にとっては弱みになる。しかしそれでも、私のように「芋でいいよ」という覚悟が日本国民にあれば食の自給もそう難しいことでは無い。
 もしもの場合を考えて、私は酒も自給できるようにしたい。私好みの酒を置いてある店が「君には売らない」となっても困らぬように、今年も私は日本酒を造った。
     
     
     

 記:2015.2.27 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

猛鳥物語

2015年02月27日 | ガジ丸のお話

 ある星の話。その星にも地球と同じような陸と海があり、陸はいくつかの大陸と多数の島々に分かれていて、そのほとんどを、ある一種の知的生命体が支配していた。
 その一種の知的生命体は、見た目が恐竜に似ているので恐竜人という名前にするが。彼らは好戦的な性格をしており、大陸同士の間で戦争が絶えなかった。まあ、戦争が絶えないという点は地球も似たようなものだが。地球と違うのは、彼らが大量殺戮可能な武器を持たなかったということだ。それは、そういった武器を使うことによって、歯止めが利かなくなり、種が絶滅する、ということを彼らが恐れたことによる。
 「生きることは戦うこと」とDNAに刻み込まれているので、性格は、さっきもいったように好戦的。そして、彼らの肉体もまた、戦うのに適したようにできていた。手と足には肉を切り裂く鋭い爪を持ち、骨をも噛み潰す強力な顎を持ち、骨ごと噛み切ることのできる鋭い牙を供えていた。また、長い尾を持ち、その尾は鞭のようにしなり、岩を砕くほどの破壊力を持っていた。それらを使って、彼らは戦った。

 その星にはもう一種、知的生命体がいた。地球でいう恐竜時代の翼竜に似て顎が強い、歯が鋭い、空を飛ぶ翼が付いている。ただ、翼竜と違って翼に羽が生えているので見た目は地球の鳥に近い。なので、彼らのことは鳥人と呼ぶことにする。
 鳥人は、翼の先に人と同じような手があって、自由自在に使え、物作りができ、また、知能が発達していて非常に賢く、いろいろなものを発明してきた。見た目は鳥なんだが、彼らはただの鳥じゃない。その星で最も強く、最も賢かった。

      

 鳥人たちはその星の、一地域のいくつかの島にしか生息していない。彼らは戦闘能力においては恐竜人たちより上回っていたが、人口はその万分の一にも満たなかった。戦えば勝つのにその勢力範囲を広げないのには理由(わけ)があった。彼らはあまりに強かったのである。彼らの生存を脅かすものはいなかったのである。自分たちが生きたいように生きれば、その種が絶えるなんていう不安は微塵も無かったのである。
 鳥人たちは他の生き物を捕らえて食料としていたが、無益な戦いはしなかった。種同士の争いはほとんど無く、恐竜人たちとも戦う事はめったに無かった。恐竜人たちは不味かったので、それを食べるという目的で襲うこともめったに(ゲテモノ好きの鳥人がたまにいた)無かった。ただ、戦闘意欲の強い無鉄砲な恐竜人が鳥人に戦いを挑むことはまれにあった。その際、無鉄砲な恐竜人はことごとく鳥人に殺された。鳥人はすごく強いのであった。その強さを恐れ、恐竜人たちは彼らを猛鳥(たけとり)と呼んでいた。

 恐竜人は初めの頃、主に狩猟によって食料を得ていた。その食料を奪い合うことが彼らが戦争をする主な理由であった。よって、彼らが戦うのは生きるためなのである。戦争は絶えなかったが、ただ殺すだけの戦争というわけでは無かった。無益な殺生はしないという点では、地球人類より精神の発達は進んでいたと言える。
 また、彼らの全てが日夜戦っていたわけでは無い。戦うのは、成長して、身に付いた武器が十分役立つようになった大人の雄である。それも、時代が経って、定住農耕生活をするようになってからは、戦う兵は体の武器がより発達した強い者がなり、強くない者は農民となって働いた。戦うということについては、兵士と農民に大きな力の差があったが、兵士と農民に身分の差は無い。なぜなら、農民は兵士を養うからである。

      

 人々に身分の差が無くて、それぞれがそれぞれを尊重している、何て素晴らしき世界であることよ。歴史の早くから、少なくとも一部族間では確かにそのような素晴らしき世界であり、さらに定住農耕生活をするようになると、狩猟や採集のみに食料を頼っていたそれ以前に比べて他部族間との争いもまた減っていった。
 ところが、戦争が減ると人口が増えた。人口が増えると彼らは森を切り拓いて自分たちの生息範囲を広げていった。それによって、森の生き物たちが犠牲となった。
 森の生き物たちは、それまでも狩によって命を失っていたが、生息場所の減少はそれよりもはるかに深刻なダメージとなった。彼らは集まって相談した。その結果、恐竜人たちの人口を減らすべく、鳥人を頼ることにした。

 森の住人の代表者たちが鳥人に会いに行った。恐竜人たちの横暴をなんとか止めてくれないかと頼みに行ったのだ。鳥人の長老が応じる。
 「お前たちの話は解ったが、しかし、恐竜人たちを懲らしめたからといって、私たちには何の益も無い。私らは、お前らも食うが、恐竜人は不味いので食わない。食わないのに殺すなんて事は私らの倫理に反する。」
 「そこを何とか。」
 「何とかと言われてもだな、私らの益にはならないことだからな・・・。」
 「それは違います。恐竜人たちの増加は我々他の生き物の絶滅に繋がるだけで無く、種の減少はこの星そのものを滅ぼすことになります。」
 「うーん、そうか。なるほど、そうだな。そうなるな。」
 「長老。」とその場にいた幹部の一人が声をあげる。
 「確かにこの者達の言う通りです。恐竜人の増殖は防がなければなりません。」
 「そうだな。ちっと懲らしめてやるか。」

 ということで、いよいよ恐竜人対鳥人の戦いが始まる。

 鳥人は、強力な爪と嘴を武器として、素早い動きと空中からの攻撃で、1対1で戦う限りにおいては恐竜人に不覚を取ることは無かった。だが、相手が複数だと不利になる。人口においては圧倒的に恐竜人が多く、その割合は1000人対1人である。全面戦争となれば、負ける恐れもあった。よって、肉弾戦を避け、飛び道具を用いることにした。
 彼らが用いたのは弓矢、鳥人はそういった武器を発明する頭脳を持ち、そういった武器を作れる手先の器用さも持っていた。弓矢を大量に生産し、戦いに備えた。
 恐竜人を殺すことが目的では無い。恐竜人の人口が増えないようにしたいのである。よって、鳥人の矢は概ね恐竜人のキンタマを狙った。生殖不能にするためである。鳥人はこれを「恐竜人不妊化作戦」と呼んだ。そして、ついに開戦となった。

      

 鳥人は空を飛び、空中から弓矢を放った。恐竜人の戦士の全ては男である。男の一番痛い所に矢は突き刺さった。鳥人の放つ矢は強力で、その激しい痛みを恐れて一番痛い所をかばったとしても、矢は恐竜人の体を突き刺した。離れた場所から矢が飛んでくるのである。恐竜人たちは成す術も無くバタバタと倒れていった。
 恐竜人対鳥人の戦いは圧倒的に鳥人の優勢で進んでいった。ただ、人口では恐竜人の方がはるかに多い。戦いは短期で終わるものではなかった。日が経つうちに、恐竜人も鳥人の使う弓矢を真似て、作って、反撃した。上から攻撃する鳥人の優位に変わりは無かったが、そのうち、恐竜人は戦士以外の農夫が戦いに参加し、また、多くの女も参加するようになり、鳥人に向かって矢を放った。情勢は一進一退となり、戦争は泥沼化した。
 1年が経った。恐竜人の死者は開戦前の人口を半減するほど膨大な数であったが、鳥人の死者数も日を追うごとに増え、開戦前人口の2割を失っていた。

 鳥人は作戦を変更せざるを得なくなった。このまま進めば、数においてはるかに勝る恐竜人がどんどん優勢となり、鳥人の敗北になりかねない。
 「キンタマを射抜いて、これからの人口を減らす作戦だけではダメです。今現在の人口を激減させなくてなならないでしょう。」と幹部の一人が言う。
 「その通りだな。」と長老が肯き、
 「で、その方法は何かあるか?」と周りを見渡す。
 「火矢を使いましょう。彼らの住処を焼き討ちにしましょう。」と別の幹部が言う。
 「火矢か。うーん、しかし、それもすぐに真似られるな。」
 「今日のような風の強い日に、各地でいっせいに火を放ちましょう。火は瞬く間に広がって、彼らに反撃する暇を与えないでしょう。」
 「皆殺し作戦となるな。・・・しょうがないか。やるか。」

 その後、その作戦の細かい打ち合わせが行われた。失敗の許されない作戦であった。熱心に時間をかけて会議が成された。その時誰も、自分たちの住む島のあちらこちらに火矢が放たれたことに気付かずにいた。「ギャー!」と叫び声が聞こえてきた時にはもう、彼らの周りは火に包まれていた。鳥人の羽は水を弾くよう油分を含んでいた。燃え易くできていたのである。風の強い日であった。逃げる暇は無かった。
 その強さから、多少鷹揚な性質である鳥人よりも先に、好戦的な性質である恐竜人が焼き討ち皆殺し作戦を先に思い付き、それをすぐに実行したのであった。鳥人の住む島は焼けた死体で埋め尽くされた。多くの生き物たちがやってきて、焼けたご馳走を味わった。そして、猛鳥物語は、一部の地域では焼き鳥物語として伝わったのであった。

      

 強さを過信してはいけないという教訓話はこれでお終い。

 語り:ケダマン 2007.11.9 →ガジ丸のお話目次


この記事をはてなブックマークに追加

2015.2.27 畑は順調

2015年02月27日 | ガジ丸週一日記15-16

 今週月曜火曜は雨となった。2日間とも畑仕事はせず、金曜日の職場へ出かけブログ引っ越し作業。去年の11月下旬から始め早や三ヶ月が過ぎた。未だ道半ばだが、それでも「これだけは急いで」と思っていた植物写真の説明文記入は一応終わり、雨の2日間で、引っ越し失敗していたガジ丸週一日記の引っ越しも半分は済んだ。
 ブログ引っ越しは自己満足だけの問題なので、してもしなくても、どんなに遅れても何の問題も無い。期限の決められた懸案事項が別にあり、それはしてもしなくてもいいことでは全然無い。それは確定申告。これもしかし、上手く行けば明日土曜日には税理士と会え、会うことができれば来週中には何とかなりそうな気配。
 確定申告が心に引っ掛かかって気分晴れやかとはいかないが、畑仕事はコツコツと、少しずつだが前に進んでいる。畑のことだけを考えている分には気分上々。月曜火曜の雨の後、水曜日も畑の土が湿っていたせいで畑のメイン作業はせず、畑小屋の修復をした。小屋前のテントに不備があったのでそれを直した。タマネギ、ジャガイモなどの収穫もできている。いいぞ俺!
 
 修復した小屋前テント
 テントと小屋と接する部分に隙間があり、雨の日にはその隙間から雨が入ってくる。横幅が足りなくて、ドアを開けていると、室内に雨が吹き込む、などを解消できた。


この記事をはてなブックマークに追加

2015.2.20 クヮッチー週間

2015年02月27日 | ガジ丸週一日記15-16

 1月23日付のこのコラムで「肯く爺さん」という題で従姉の夫の兄上Mさんについて書き、同日のブログでは、「肯く爺さん」をモデルにした自作絵本『ウナ爺の不思議ダネ』を紹介した。ブログの引っ越し作業中、パソコンの中のブログデータからいくつかの自作絵本が見つかって、『ウナ爺の不思議ダネ』もその一つ。
 せっかく見つかった絵本、過日、印刷して製本してMさんの妻Kさんに進呈した。Mさんが亡くなった当初は「悲しみが深いだろう、そんな時こんな絵本なんか」と遠慮して差し上げられなかったが、あれからもう9年が過ぎた。Kさんは大いに喜んでくれた。
 Mさんの命日であった今週月曜日、Kさんの家でウナギパーティーがあり、私も招かれた。私の書いた絵本に喜んで、「そうだ、命日にはMの仕事だったウナギを振舞おう」と思い付いたのだそうだ。参加者はMさんのごく近い親戚10人ばかりと、遥か遠い親戚の私。
 Kさんは一人一人に私の絵本を見せ読ませた。少し気恥ずかしい思いをしつつ、私は久々、5年振り位のウナギを頂いた。クヮッチーとは御馳走の沖縄語。
 
 旧正のクヮッチー
 昨日は旧正で、位牌を預けてある寺へ。位牌の前に供え物をし、線香を点てる。供え物は父のビール、母のワインの他、重箱の御馳走。その夜も私は贅沢だった。


この記事をはてなブックマークに追加

2015.2.13 面倒がまたある

2015年02月27日 | ガジ丸週一日記15-16

 「このたび、誠に勝手ながら、「Page ON」のサービスを、2015年2月28日をもちまして終了いたします。」ということで、ブログの引っ越し作業もまだ道半ばというのに、ホームページの引っ越しもやらなければならない羽目になってしまった。今日この後、引っ越しにトライしてみるつもりだが、どうなるやら。
 今週月曜日、沖縄市の商工会へ出かけた。その数日前に税務署からの封書が届いた。去年、家土地を売却したので、それを申告しなければならない旨書かれてある。それを忘れていたわけでは無い。面倒臭がって先延ばしにしていたのだ。商工会で申告について相談できるというので、面倒は相談しなきゃと出かけたわけ。
 会場は混んでいた。1時間半待たされた。やっと会場内に入ったかと思うと、係の人に「譲渡所得の場合はこの書類に必要事項を記入する必要があります」と書類を渡される。見ると、売却時の書類を見なければ解らない、つまり、私が覚えていない事項がある。というわけで、申告の相談相手となる税理士に会うこともなく、ほんの5分で会場をあとにした。1時間半も待ったのに。
 
 畑はコツコツと
 畑は今、ニンジンとほうれん草が収穫でき、その他数種類の作物が順調に生育している。あれこれ頭を悩ませる面倒事がある中でも、畑仕事はコツコツと続けている。労働が楽。


この記事をはてなブックマークに追加